言葉は肉において現れる

目次

皆が自らの役割を果たすことについて

現在の流れにおいて、神により完全にされる機会は、神を真に愛する者各人にある。そうした者は、若いか年老いているかを問わず、神に対する従順さと敬愛がその者の心にある限り、神により完全にされることが可能であろう。神は、各人の様々な役割に従って、人間を完全にする。あなたがたは、全力を尽くし、神の業に服従する限りにおいて、神により完全にされることが出来るであろう。現時点において、あなたがたのうち完全な者は一人も居ない。あなたがたは、1種類の役割を果たすことが出来る時と、2種類の役割を果たすことが出来る時がある。あなたがたが神のために全力を尽くし、神のために自らを費やす限りにおいて、最終的にあなたがたは神により完全にされるであろう。

若者には人生哲学が比較的少ないが、知恵と識見が欠如している。神は人間の知恵と識見を完全にするために存在され、神の言葉は、そうした者に欠如している知恵と識見を補完する。しかしながら、若者の性情は不安定であり、そうした性情は、神により変化される必要がある。若者には宗教的観念や人生哲学が比較的少ない。若者は考え方が単純であり、若者の検討は複雑では無い。若者の人間性が未だに形成されていない側面は、それである。それは望ましい側面であるが、若者は無知であり、知恵が欠如している。あなたがたが分別を身に付け、多くの霊的な物事を明瞭に理解できるようになり、漸進的に神により用いられるのに適した者へと変化してゆくために、神により完全にされる必要のある側面は、それである。比較的高齢の兄弟姉妹もまた、ある程度の役割を果たすことが可能であり、そうした兄弟姉妹は神により見捨てられてはいない。比較的高齢の兄弟姉妹にも、望ましい側面と、望ましくない側面がある。比較的高齢な兄弟姉妹には人生哲学や宗教的観念が比較的多く、そうした兄弟姉妹の行動は厳密な形に囚われており、そうした兄弟姉妹は自動的に規則に従い、規則を機械的に適用する。そうした兄弟姉妹は柔軟性に欠け、極めて硬直している。これは望ましい側面ではない。しかしながら、比較的高齢な兄弟姉妹は冷静であり、何があっても落ち着いている。そうした兄弟姉妹の性情は安定している。そうした兄弟姉妹は気持ちの乱れが無く、一貫している。そうした兄弟姉妹は物事を受け容れるのに時間を要するが、それは大きな欠陥ではない。あなたがたは、自分を服従させて神の実際の言葉を受け容れることが出来る限りにおいて、自分を服従させて付き従うことをためらわず、非難したり、その他の悪い考えを抱かず、神の言葉を受け容れ、それを実践し、神の言葉を研究せずに自ら服従するのであれば、完全にされることが出来るであろう。

あなたがたは、老若男女を問わず、自分が実行すべき役割を心得ている。年下の者は傲慢では無い。また年上の者は受動的では無く、退歩することも無い。こうして年上の者と年下の者が互いの長所で違いの短所を補い合い、一切偏見無く互いの為になることが出来る。年上の者と年下の者の間に、友情の架け橋が築かれる。神の愛のおかげで、あなたがたは相互理解を深めることが出来る。年下の兄弟姉妹は年上の兄弟姉妹を見下すことなく、年上の兄弟姉妹は独善的でない。これは、調和の取れた協力関係ではないだろうか。こうした決意が、あなたがた全員にあれば、あなたがたの世代の間に、神の旨が必ず実現されるであろう。

今後、自分が祝福されるか呪われるかは、現在自分が取る行動により決まる。あなたが神により完全にされるのであれば、今この時代がその時である。今後再びその機会が来ることは無いであろう。現在において、神はあなたがたを完全にすることを真に望んでおり、それは話だけの事では無い。今後あなたがたにどのような試練が降りかかるか、何が起こるか、どのような災いが降りかかるかを問わず、神はあなたがたを完全にすることを望んでいる。これは絶対的であり、疑う余地のない事実である。それは、どのようにして理解できるであろうか。それは、様々な時代と世代の間における神の言葉は、嘗て現在ほどの高水準に達したことが無い、という事実から理解できる。神の言葉は最高領域に入っており、全ての人間に対する聖霊の現下の業もまた前例が無い。従来の世代の者で、こうした状態を経験した者は、まず存在しないであろう。イエスの時代でさえも、現在のような黙示は無かった。あなたがたに対して述べられた言葉や、あなたがたが理解している物事、あなたがたが経験する物事が、極めて高水準に達している。あなたがたは試練や罰の最中に立ち去ることが無いが、そのことは、神の業が嘗て無い輝かしさに到達していることを証明するに十分である。これは人間が為し得る事でも、人間が維持している事でもなく、神自身の業である。したがって、神の業に関する多くの事実から、神が人間を完全にすることを望み、神があなたがたを完全にすることが出来ることは確実であることを理解できる。あなたがたが、このことを知り、この新たな発見を実現することが出来るのであれば、あなたがたはイエスの2度目の降臨を待つことなく、今の時代において神が自分を完全にすることを許すであろう。したがって、あなたがたは、自分が神により完全にされるために、それぞれ出来る限りを尽くし、努力を一切怠らないようにすべきである。

現在において、あなたがたは否定的な物事に気を取られてはならない。まずあなたがたは、否定的に感じさせる物事を、すべて無視する必要がある。物事に対処する際は、追求と模索の精神と、神に従う精神を維持する必要がある。自分に何らかの弱点があることに気付き、しかしそれに左右されることなく、自分が果たすべき役割を果たすのであれば、それは好ましい進歩である。たとえば、年上の兄弟姉妹には宗教的観念があるものの、祈りを捧げ、服従し、神の言葉を食べ飲みし、聖歌を歌うことが出来る、といった状態である。つまり、あなたがたが実行可能な物事や役割は、それが何であれ、全力でそれを完全に活用する必要がある。受動的に待っていてはならない。第一歩は、神の満足のために自分の本分を尽くすことが出来ることである。しかる後に、あなたがたが真理を理解し、神の言葉の現実に対する真摯な取り組みを行うならば、あなたがたは神により完全にされるであろう。