ペテロの一生

ペテロは神が掲げた人類のための模範であり、あらゆる人に知られている著名人である。なぜ彼のような目立ったところのない人が神に模範として高く揚げられ、後世に称えられているのだろうか。言うまでもなく、これはペテロが神への愛を表現したことや彼の神を愛する決意と切り離せない。ペテロの神を愛する心がどのように表現され、彼の生涯における経験は実際どのようなものであったかに関しては、恵みの時代に戻って当時の習慣を見直し、その時代のペテロを再検討しなければならない。

ペテロは普通のユダヤ人農民の家庭に生まれた。両親は農業で家族全員を養い、ペテロは長子で四人の弟妹がいた。もちろん、これは今から話すことの主題ではない。ペテロが私たちにとっての中心人物である。ペテロが五歳の時、両親は彼に読むことを教え始めた。当時、ユダヤ人の学識はかなり高く、特に農業、工業、商業などの分野において進歩していた。社会的環境の結果、ペテロの両親はどちらも高い教育を受けていた。彼らは地方出身だったが教育程度が高く、今日の平均的な大学生に匹敵した。明らかに、そのような好ましい社会条件のもとに生まれたことは、ペテロにとって恵みであった。彼は賢く、理解が早く、新しい考えを容易に習得した。学業を開始すると、授業中に物事をよく理解した。ペテロの両親はそのような賢い息子をもったことを誇りに思い、学校に行かせるためにあらゆる努力を払い、彼が頭角を現し、社会でなんらかの公職につけることを望んだ。一方ペテロは知らず知らずのうちに、神に関心をもつようになっていた。そのため、十四才になり高校に入ると、学んでいた古代ギリシャ文化の履修、特に古代ギリシャ史に登場する架空の人物や事柄にうんざりするようになった。その時以来、ちょうど青春の入り口にいたペテロは、人生や広い世界についてさらに知ろうとした。両親が払った労に報いなければならないといった良心の呵責を感じることはなかった。なぜなら、人はみな自分をごまかしながら生き、無意味な生き方をしており、名誉と富を勝ち取るために人生を台無しにしていることをはっきりと知っていたからである。彼の識見は、おもに彼が置かれた社会環境に関連していた。人が知識を持てば持つほど、人間関係や人の内面的世界は複雑になり、そのため、人はますます虚空に存在するようになる。このような状況下で、ペテロは時間のある時はあちこちに人を訪ねるようになった。訪ねたのは大半が宗教関係者であった。人間世界の不可解なことのすべてを宗教が明らかにできるのではないかと心の中で漠然と感じていたようである。そのため、彼は近くの礼拝堂をしばしば訪れ、礼拝に出席した。両親はこのことに気づいていなかった。まもなく、常に性格がよく学業も優れていたペテロが、学校へ行くことを嫌いだした。両親の監視のもと、彼は辛うじて高校を卒業すると、知識の海から岸へと泳ぎ着き、深呼吸した。それ以降は誰も彼をもはや教育したり制限したりしようとはしなかった。

学校を卒業後、彼はあらゆる種類の本を読み始めた。しかし、十七才の彼にはまだ広い世界の経験が欠けていた。学校を卒業した後、農業で自活する一方、できるだけ多くの時間を見つけて読書し、宗教の礼拝に参加した。両親は彼に大きな期待を寄せていたので、この「反抗的な息子」についてしばしば天を呪った。しかし、それさえも、義に飢え、かわいていた彼を妨げることはできなかった。彼は数多くの失敗を経験して苦しんだが、飽くことのない心を持っていたので、雨の後の雑草のように成長した。まもなく、彼は「幸運にも」宗教界の長老的人物に何人か出会った。彼の切望する気持ちが非常に強かったので、長老たちとの付き合いは頻度を増していき、時間のほぼすべてを彼らのもとで過ごすようになった。そのように幸福感に浸っていた時、彼は突然長老たちの大半の信仰は口先だけのものにすぎず、信仰に心を捧げていないことに気がついた。正直で純粋な魂を持つペテロがこのような打撃にどうして耐えることができようか。彼は自分が付き合っているほとんどすべての人は人間の衣装を身に付けた獣であることに気づいた。つまり、人間の顔つきをした動物だったのである。その頃のペテロは非常に世間知らずだったので、幾度か彼らに心から懇願した。しかし狡猾で悪賢い宗教者たちが、どうしてこの情熱的な若者の懇願に耳を傾けるであろうか。ペテロが人生の真の虚しさを感じたのはその頃だった。人生の舞台上の第一歩で、挫折した…… 一年後、彼は礼拝堂から距離を置き、独立した生活を始めた。

この挫折のおかげで、十八歳のペテロは以前に増して成長し、教養を深めていった。若さゆえの世間知らずな部分はすでになく、若者らしい無邪気さと飾り気のなさは、経験した挫折によって無情にもみ消された。彼は漁師として生活するようになった。その後、彼が釣舟から説教するのに耳を傾ける人々の姿が見られるようになった。漁師として生活しながら、行く先々で説教をしたのである。彼の説教を聞いた人はすべて説教に魅了された。彼の話すことは庶民の心に響き、人々はみな彼の正直さに深く感動したからである。彼が人々に繰り返し教えたのは、心から相手に対応し、あらゆることにおいて天地万物の主を頼りにし、自分の良心を無視したり、恥ずかしいことをしたりせず、あらゆることにおいて心の中で愛する神を満足させよということだった……人々は彼の説教を聞いた後、いつも深く感動した。人々はみなペテロに鼓舞され、よく涙を流した。当時、ペテロは彼に従っていた人たちみなから大いに称えられていた。彼らはみな極貧で、当時の社会的状況のせいで当然ながら数は少なかった。ペテロはまた当時の社会における宗教界から迫害を受けたりもした。このようなわけで、二年間にわたり絶えず住処を変え、ひとりで生活した。特異な経験をしたこの二年間にかなりの識見を養い、以前は知らなかった多くのことを学んだ。その結果、ペテロは十四才の頃とはまったくの別人になり、以前の彼と現在の彼との間には共通するものは何もないようだった。この二年間、彼はあらゆる種類の人に出会い、社会についてのあらゆる類の真実を見た。その結果、彼は次第に宗教界のあらゆる儀式から抜け出していった。当時の聖霊の働きの展開にも深く影響を受けていたのである。その頃には、イエスもすでに長年にわたって活動していたので、ペテロはまだイエスに出会っていなかったものの、ペテロの働きもまた当時の聖霊の働きの影響を受けていた。そのため、ペテロは説教している時、過去の何世代にもわたる聖徒たちにはなかったことを多く獲得した。もちろん、当時、彼はイエスについて少しは知っていたが、直接会う機会はまだなかった。彼は聖霊から生まれた天の人に会うことをただ望み焦がれるだけだった。

ある日の夕暮れ時、ペテロは舟で漁をしていた(当時ガリラヤ湖として知られていた岸辺近くで)。彼は釣り竿を手にしていたが、心にはほかの事があった。沈む太陽が水面を照らして、広い血の海のようだった。若いのに落ち着きがあり冷静なペテロの顔に光が反射した。深く考え込んでいるように見えた。その時、そよ風が吹いてきて、彼は突然、自分の人生の孤独さを感じ、たちまち侘しい気持ちになった。湖岸に押し寄せる波が光に輝くにつれて、漁をする気分でないのは明らかである。考えに耽っていると、突然背後で誰かが、「ユダヤ人シモン・バルヨナ、あなたの暮らす日々は孤独だ。わたしについてくるか」と言うのを聞いた。ペテロは非常に驚き、持っていた釣り竿をすぐに落とし、釣り竿はたちまち湖底に沈んだ。ペテロが急いで振り返ると、舟の中に男がひとり立っていた。ペテロはその男をしげしげとながめた。男の髪は肩までかかっていて、太陽の光で少し明るい黄色に見え、着衣は灰色、中背で、頭の先からつま先までユダヤ人としての身なりをしていた。黄昏の光の中で、男の灰色の着衣はやや黒っぽく見え、顔は少し光沢があるように見えた。ペテロはこれまで何度もイエスに会おうとしてきたが、できないでいた。この時ペテロは魂の奥深くで、この人は確かに自分の心にある聖なる方だと信じた。そこで彼は舟の中で平伏して言った。「天国の福音を伝えるために来られた主はあなたでしょうか。私はあなたの経験したことについて聞いていますが、今までお目にかかることはありませんでした。私はあなたに従いたいと思っていましたが、あなたを見つけることができませんでした」。その時にはイエスはすでにペテロの舟の船倉にまで来て、静かに座っていた。イエスは言った。「起き上がって、わたしの横に来て座りなさい。わたしがここにいるのは、わたしを本当に愛する人を見つけるためである。わたしが来たのは特に天国の福音を広めるためで、わたしと心を一つにする人探し求めて各地を巡ることになる。あなたはわたしに従うか」。ペテロは答えた。「私は天の父に送られてきた人に従わなければなりません。私は聖霊に選ばれた人を認めなければなりません。私は天の父を愛していますから、どうして進んであなたに従わないことができましょうか」。ペテロの言葉には宗教的観念があふれていたが、イエスは微笑み満足げに頷いた。その瞬間、ペテロへの父親の愛のような感情がイエスの心の中で育った。

ペテロは何年にもわたりイエスに従い、他の人にはない多くのことをイエスに見た。一年間イエスに従った後、ペテロはイエスに十二使徒の中から選ばれた。(もちろん、これをイエスは声高に言ったのではなく、他の人はこのことにまったく気づいていなかった。)生活において、ペテロはイエスのすることすべてを基準にして自己を評価した。イエスの説教は特にペテロの心に刻まれた。ペテロはイエスに徹底的に献身して忠実であり、決してイエスに対する不平不満を口にしなかった。そのため、彼はイエスが行く先々で忠実な同伴者となった。ペテロはイエスの教え、イエスの穏やかな言葉、食べもの、着もの、宿、旅の仕方を観察した。ペテロはあらゆる点でイエスを見習った。ペテロは独善的ではなく、時代遅れになったことをすべて投げ捨てて、言動においてイエスの例に従った。ペテロが天地万物は全能者の手の中にあることを感じたのはその頃で、そのため、彼には個人的な選択はなかった。ペテロはまたイエスという存在のすべてを吸収し、それを見本とした。生活を通して、イエスが行動において独善的ではなく、自慢するどころか、人を愛によって動かすことが見て取れた。さまざまなことがイエスという存在を示し、そのためペテロはあらゆることにおいてイエスを見習ったのである。経験により、ペテロはますますイエスの素晴らしさを感じ、ペテロは次のようなことを言った。「私は全宇宙で全能者を探し求め、天地万物のふしぎを見た。それゆえ私は全能者の素晴らしさを深く実感した。しかし、私は心に純粋な愛を抱いたことはなかったし、全能者の素晴らしさをこの目で見たこともなかった。今日、全能者の目に、私は好意的に見られている。私はついに神の素晴らしさを感じた。人類が神を愛するようになるのは、神が万物を創造したからだけではないことが、ようやくわかった。日常生活の中で、私は神の無限の素晴らしさを見つけた。それが現在見えることだけに限られることなどどうしてできようか」。時が経つにつれて、愛すべきことの多くがペテロからも表出した。彼はイエスにとても従順になり、もちろん、かなりの挫折に苦しんだ。イエスが説教のためにペテロをさまざまな場所に連れて行くと、ペテロはいつも謙虚にイエスの説教に耳を傾けた。長年イエスに従っているからといって、高慢になることは決してなかった。イエスがペテロに、自分がこの世に来た理由は十字架につけられてその働きを終えることだと語った後、ペテロはしばしば心に苦悩を感じ、一人でそっと泣いた。しかし、あの「不運な」日がやって来た。イエスが捕えられた後、ペテロは自分の釣舟に乗って一人で泣き、このために多くの祈りを唱えた。だが、心の中ではこれは父なる神の旨であり、誰も変えることはできないとわかっていた。彼はその愛ゆえに、苦悩したままで目に涙をたたえていた。もちろん、これは人間の弱点であった。そのため、イエスが十字架に釘で打ち付けられると知った時、ペテロはイエスに尋ねたのである。「あなたが去られた後、私たちのもとに戻ってきて、私たちを見守ってくださいますか。私たちはまたあなたにお会いできるでしょうか」。この言葉は非常に幼稚で、人間的観念に満ちていたが、イエスはペテロの苦しみの辛さがわかっていたので、愛ゆえにペテロの弱さを思いやった。「ペテロ、わたしはあなたを愛してきた。それがわかっているか。あなたの言うことには何の道理もないが、父はわたしが復活した後に、四十日間人々に現れることを約束した。わたしの霊が何度もあなたがた全員に恵みを与えることを信じないのか」。これにペテロは少し安心したが、まだ何かがひとつ欠けていると感じた。そこで、復活後、イエスは初めにペテロの前に公然と現れた。ペテロが自分の観念に固執し続けないように、ペテロがイエスのために用意した豪華な食事を拒絶し、あっという間に姿を消した。その瞬間から、ペテロはついに主イエスをより深く理解し、さらに愛するようになった。復活後、イエスはしばしばペテロの前に現れた。四十日経って昇天した後も、イエスはペテロの前にさらに三度現れた。イエスの出現は毎回必ず聖霊の働きがまもなく完了し、新しい働きが開始される時であった。

ペテロは全生涯を通して漁師として生計を立てたが、それ以上に説教するために生きた。晩年には、ペテロの第一と第二の手紙を書き、当時のフィラデルフィア教会に数通の手紙を書いた。当時の人々は彼に深く感動した。自分の資格を利用して人々に説教することはなく、ペテロは人々に相応しいいのちを施した。一生を通じて彼はイエスが去る前に与えた教えを決して忘れず、その教えに鼓舞され続けた。イエスに従っている間、ペテロは主の愛に死をもって報い、あらゆることにおいてイエスの手本に見習うと決意した。イエスもこれに同意し、そのためペテロが五十三才で(イエスが去ってから二十年以上経ってから)、ペテロの望みをかなえるためにイエスは彼の前に現れた。それから七年間、ペテロは自己を知ることに日々を費やした。その七年間が終わろうとしていたある日、彼は逆さ十字の刑を受け、その数奇な生涯は幕を閉じた。

前へ: 第六章

次へ: 第八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第三十二章

人々がわたしと共に集う時、わたしの心は喜びで満たされる。直ちにわたしは手の中にある恩恵を人々に授け、人々がわたしと集うことができるようにする。わたしに従わない敵ではなく、わたしと共に生きる友人になるようにするのだ。したがって、わたしも人に心から接する。わたしの働きの中では人をハイ…

第六章

霊の内のことについては、細心の注意を払わなければならない。わたしの言葉を注意深く、慎重に聞きなさい。わたしの霊と肉の体、わたしの言葉と肉の体とを切り離すことのできない単一のものと見ることができる状態に至るように努め、わたしの前で全人類がわたしを満足させることができるようにしなけれ…

唯一無二の神自身 7

神の権威、神の義なる性質、および神の聖さの概論 祈りを捧げ終わったとき、あなたがたは神の前で心の静寂を感じますか。(感じます。)心を静められるとき、人は神の言葉を聞いて理解し、真理を聞いて理解することができます。心を静められず、心が絶えずさまよっていたり、いつも他のことを考えてい…

第二十八章

わたしがシオンから来た時、あらゆるものがわたしを待っていた。そして、わたしがシオンに戻る時、すべての人間に迎えられた。わたしが往来する時、けっして敵意あるものに歩みを妨げられることがない。したがって、わたしの働きは滞りなく進んだ。今日、わたしがすべての被造物の間に来ると、すべての…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索