全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百十一章

すべての国々は、あなたの故に祝福されるであろう。すべての人々は、あなたの故にわたしに歓呼し、賛美するであろう。わたしの国は繁栄し、発展し、永遠に続く。誰もそれを踏みにじることは許されず、わたしに服従しないものは何ひとつ存在できない。何故なら、わたしは威厳のある、背くことの許されない神自身であるからだ。わたしは誰にもわたしを裁くことを許さず、わたしと一致しないことを許さない。このことは、わたしの性質とわたしの威厳を示すのに十分である。誰かがわたしに抵抗するときは、わたしは、わたし自身の時にその人を罰するだろう。わたしが誰かを罰するのを、何故誰もまだ見たことがないのか。それはただ、わたしの時がまだ来ておらず、わたしの手がまだ本当に動いていないからである。大きな災害が注がれたが、これは大きな災害には何が伴うかを物語るだけで、大きな災害の現実はまだ一人の人間にも降りかかっていない。あなた方は、わたしの言葉からまったく何も把握しなかったのか。わたしは今日、大きな災害の現実を解き放ち始めるであろう。この後、わたしに抵抗する者は、誰でもわたしの手によって打たれる。過去にわたしは、特定の人々を露わにしただけで、大きな災害は到来しなかった。今日は過去とは異なる。わたしは大災害に何が伴うのかをすべてあなた方に話したので、定められた時に大きな災害の現実を公に発表する。その前は、誰一人として大災害を被っていないので、ほとんどの人々(つまり、赤い大きな竜の子ら)は無謀、かつ、いい加減に行動し続けてきた。現実が到来するとき、これらのことは完全に確かなものとなるであろう。さもなければ、すべての者がわたしについて確信できず、誰もわたしについてはっきり理解しないだろう。これがわたしの行政命令である。このことから、わたしの働き方(すべての人々の中でのわたしの働き方を指す)が変わり始めていることがわかる。赤い大きな竜の子孫たちの中で、わたしは、わたしの怒りを示し、わたしの裁きとわたしの呪いを示している。そして、わたしの手は、わたしに抵抗するすべての人々を罰し始めた。長子たちの中では、わたしは、わたしの憐みとわたしの愛を示している。そしてそれ以上に、長子たちの中で、わたしの聖なる犯し難い性質を示し、わたしの権威を示し、わたしの存在を見せている。効力者たちは、わたしに奉仕するために落ち着き、わたしの長子たちはますます知られている。わたしに抵抗する者たちを打ち倒すことによって、わたしは、効力者たちが恐れ慄いてわたしに奉仕するように、彼らにわたしの容赦のない手を見せる。また、わたしの長子たちがいのちにおいて成長するように、彼らにわたしの権威を見せて、わたしをもっとよく理解させる。わたしが最後の期間に話した言葉(行政命令、預言、あらゆる種類の人々への裁きを含む)は順番に成就し始めている。すなわち、人々はわたしの言葉が彼らの目の前で実現されるのを見、わたしの言葉には一つとして実を結ばないものはなく、すべてが実践的であることを見るだろう。わたしの言葉が成就される前には、それらが成就されていないという理由で、多くの人々が去るだろう。これはわたしが働く方法である──それはわたしの鉄の杖の機能だけではなく、わたしの言葉の知恵である。このことから、人はわたしの全能性を見ることができ、赤い大きな竜へのわたしの憎しみを見ることができる。(これは、わたしがわたしの働きを始めた後にしか見ることができない。今、ある人たちは露わにされている──それはわたしの刑罰のほんの一部分であるが、大きな災害の中に含まれることはない。これを理解するのは難しくない。したがって、わたしの働き方は、これから人々にとって、さらに理解し難いものになると言ってよい。今日、わたしがあなた方にこう言っているのは、その時が来るとき、このためにあなた方が弱くならないためである。これが、あなた方にわたしが委ねることである。何故なら、人々が昔から見たこともないこと、人々が自分の感情と独善性を捨てることが難しくなるようなことが起こるからである。)赤い大きな竜を罰するために、わたしが異なった手段を使う理由は、それがわたしの敵であり、わたしの敵対者であるからだ。わたしはそのすべての子孫を滅ぼさなければならない──そのとき初めて、わたしは憎しみをわたしの心から取り除くことができ、そのとき初めて、わたしは赤い大きな竜を徹底的に辱めることができるのだ。これのみが、赤い大きな竜を完全に滅ぼし、火と硫黄の池、底なしの穴の中に投げ込むことである。

昨日だけでなく、今日も、そしてもっと重要なことに、明日も、わたしは、わたしの長子たちにわたしと共に統治させ、わたしに加わって、すべての国々を治め、祝福を享受させる。わたしは、わたしの働きを成功裏に為し遂げた──わたしはずっとそう言い続けてきた。また、創世の初めからそう言い始めたと言ってもよい。しかし、人間はわたしの言っていることを理解しない。創造の時から今に至るまで、わたしは直接働かなかった。言い換えれば、わたしの霊が人間の上に完全に下って話し、働くことはなかった。しかし、今日は過去とは異なっている。わたしの霊は宇宙と世界のいたるところで、直接働いている。終わりの日にわたしは、わたしと共に権威を振るって統治する一群の人たちを得たいので、まず初めに、わたしと一致し、わたしの重荷を考慮する一人の人間を得る。その後、わたしの霊は完全にその人の上に下り、わたしの声を表明し、宇宙世界にわたしの行政命令を発布し、わたしの奥義を現すだろう。わたしの霊は直接彼を完全にする。わたしの霊は直接彼を訓練するだろう。彼は普通の人間性の中で生きているので、誰も明確に見ることはできない。わたしの長子たちが体の中に入ると、わたしが今やっていることが、現実であるかどうかが完全にはっきりするだろう。もちろん、人間の目、人間の観念では、誰も信じないし、誰も従順になることはできない。しかしこれは、人々へのわたしの寛容である。現実はまだ来ていないので、人々は信じることができず、理解することができない。人間の観念では、わたしの言葉を信じる者はまったく誰もいなかった。人々は皆このようである。彼らは、ただわたしの肉が言っていることだけを信じるか、わたしの霊の声だけを信じるかである。これは、人々において対処するのが最も難しいことである。自分の目で何かが起こっているのを見たことがないなら、誰も自分の観念を棄てることができず、誰もわたしの言うことを信じることはできない。だから、わたしは、わたしの行政命令を使って、それらの不従順の子らを罰するのだ。

わたしはこのようなことを前に言った。わたしは初めであり、終わりであり、最初から最後まで、すべてのことを司っている。終わりの日に、わたしは14万4千人の勝利した男子を得るだろう。あなた方は、この「勝利した男子」という言葉について少しは理解しているが、「14万4千」については、はっきり分かっていない。人間の観念では、数は人の数やものの数を指さなくてはならない。「14万4千人の勝利した男子」の中の「勝利した男子」を修飾する「14万4千人」に関して、人々は14万4千人の勝利した男子がいると考えている。さらに、ある人々はそれが予型であると考え、「14万」と「4千」を別々に説明する。しかし、これらの二つの説明は間違っている。それは実際の数を指しているのではなく、さらに、それは予型を指しているのではない。人間には、これを見貫くことができる者はひとりもいない。過去の世代の人々は皆、それが予型かもしれないと考えていた。「14万4千」は、勝利した男子たちに関連している。このように、「14万4千」は、終わりの日に統治する人々の群を指し、わたしが愛している者たちを指している。つまり、14万4千人はシオンから来て、シオンに戻る人々の群と解釈される。「14万4千人の勝利した男子」の完全な説明は、次のとおりである。彼らはシオンから出て世に来て、サタンによって堕落させられたが、最終的に、わたしによって取り戻され、わたしと共にシオンに帰る人たちである。わたしの言葉から、人はわたしの働きの段階を見ることができる。つまり、あなた方が体に入るのは、遠くのことではない。だから、わたしは繰り返しこれについて説明し、あなた方に思い出させた。あなた方は、はっきりと見て、わたしの言葉から実践の道を見出だすであろう。わたしの言葉から、あなた方はわたしの働きのペースを見つけ出すだろう。聖霊の働きのペースを見つけ出すには、わたしが明らかにする奥義から、それを識別しなければならない(聖霊の働きは誰にも見ることも、見破ることもできないからである)。だから、わたしは終わりの日に奥義を明らかにするのだ。

わたしの家では、わたしと一致しないものは何もないであろう。そして今から、わたしは少しずつ除去し、清め始める。人々の間では、誰も介入することはできず、誰もこの働きをすることはできない。これは、わたしが何故終わりの日に人となって働いているのかを明らかにする。そしてこれが、あなた方はただ楽しんでいればよい、指一本動かす必要はない、とわたしがあなた方に繰り返し言った理由である。これによって、わたしの力が明らかにされ、わたしの義と威厳が明らかにされ、人々が解くことのできないわたしの奥義のすべてが明らかにされる。(人々は、わたしの経営(救いの)計画について、何の知識も持ったことがなく、わたしの働きの段階を少しも理解することがなかったので、それらは「奥義」と呼ばれている。)終わりの日に、わたしが得ようとするものと、わたしが為そうとすることが奥義である。わたしが世界を創造する以前から、今日わたしが為していることを、わたしは一度もしたことがなく、わたしの栄光の顔、またはわたしの本質の一部を人々に見せたことは一度もなく、ただ私の霊がある人たちの上に働いていただけであった。(創造以来、誰もわたしを表すことはできず、誰もわたしを表現することはできなかったので、わたしは、人々がわたしの本質を見ることを許したことは一度もなかった。そして、私の霊がある人たちの上に働いたのだ。)今日になって初めて、わたしは、わたしの栄光の姿とわたしの本質を人々に見せ、今になって初めて、彼らはそれを見たのである。しかし、あなた方が今日見ているものは、いまだに不完全であり、それはまだ、わたしがあなた方に見せたいものではない。わたしがあなた方に見せたいものは、体の中にだけあり、今はまだ誰もこの条件を満たす者はいない。言い換えれば、体に入る前は、誰もわたしの本質を見ることはできない。それ故わたしは、わたしの本質をシオンの山から宇宙と世界に現すと言うのだ。このことから、シオンの山に入ることが、わたしの事業の最後の部分であることが分かる。シオンの山に入る時、わたしの国は成功裏に建て上げられるだろう。言い換えれば、わたしの本質が神の国である。長子たちが体に入る時こそが、まさに神の国が実現する時である。だから、わたしは長子たちがシオンの山に入ることについて、繰り返し話したのである。これは、これまで誰ひとり把握しなかった、わたしの経営(救いの)計画全体の中心点である。

いったんわたしが、わたしの働き方を変えると、人間の思考の及ばないことがさらに増えるだろう。だから、この点では注意しなさい。人間の思考の及ばない物事があるが、これはわたしの言うことが間違っていることを意味するのではない。それはただ、人々には苦しむことがさらに必要であり、わたしと協力することがさらに必要であるということである。ふしだらで抑制がなかったり、ただ自分の観念に従ったりしてはならない。ほとんどの効力者は、この点で躓くからである。わたしは人間の本性を暴露し、人間の観念を露わにするために、わたしの言葉を使っている。(しかし、効力者たちは、わたしが彼らの観念を変えなかったので、ただ倒れる。一方、わたしは長子である者たちの観念を変え、それをとおして彼らの考えを取り除いたのである。)だから最終的には、わたしの長子たちは、わたしが明らかにした奥義故に、みな完全にされるであろう。

前へ:第九十四章

次へ:第十四章

他のお気に入り