全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百十二章

「言葉と現実が共に並んで前進する」ということは、わたしの義の性質の一部であり、これらの言葉から、わたしは必ずすべての者にわたしの性質のすべてを見せる。人々は、これは達成できないと思っているが、わたしにとってそれはたやすく、喜ばしく、何の努力も要らない。わたしの言葉が発せられると、誰にも見える現実が直ちにそこに存在する。これがわたしの性質である。わたしが何かを言えば、それは必ず達成される。そうでなければ、わたしは何も言わないだろう。人間の観念では、「救い」という言葉はすべての人々に語られているが、これはわたしの意図と一致しない。過去にわたしは、「わたしはいつも無知な者、また熱心に探し求める者を救う」と言ったが、その中の「救い」という言葉は、わたしに奉仕する者について言っており、それはわたしがこのような効力者を特別に扱うことを意味していた。言い換えれば、それは、わたしがそれらの人々の罰を減らすということである。しかしながら、あれらの曲がった欺瞞に満ちた効力者たちは、滅びの対象に入るだろう。つまり、わたしは彼らに厳しい罰を科す。(彼らは滅びの対象に入るが、滅ぼされる者たちとは大きく異なる。彼らは永遠の厳しい罰を受けるであろう。そして、その人たちが受ける罰は、サタンである悪魔が受ける罰である。これもまたわたしが言ったことの本当の意味である。つまり、その人たちは赤い大きな竜の子孫だということである。)しかし、わたしは長子たちについてはこのような言葉を使わない。むしろわたしは、わたしが長子たちを取り戻すので彼らはシオンに帰る、と言う。それゆえ、わたしはいつも、わたしの長子たちとはわたしに予め定められ、選ばれた者たちである、と語った。わたしの長子たちはもともとわたしに属し、彼らはわたしから来たので、わたしのいるここへ戻って来なければならない。また、子らと民を長子たちと比較すると、それは本当に天と地の違いである。子らと民は効力者よりもはるかに優れているが、彼らは断じてわたしに属する者ではない。子らと民は人類の中から、付加えとして選ばれるとも言える。それゆえ、わたしはいつも長子たちにわたしの労力を注いだ。そして、わたしは長子たちに、これらの子らと民を完全にさせよう。これらがわたしの将来の働きの段階である。今あなた方に話しても無駄なので、わたしはそれを子らと民にはめったに言わなかったが、長子たちだけにこれらのことを繰り返し話し、繰り返し言及してきた。これはわたしが話し、働く方法である。誰もこれを変えることはできない──わたしひとりがすべてのことについての決定権を持っているのだ。

わたしは毎日あなた方の観念に対して戦っている。わたしは日々あなた方を一人ひとり分析している。わたしがある時点まで話すと、あなた方は逆戻りして、再びわたしの人間性をわたしの神性から切り離す。この時点で、人々を露わにする時が来たことになる。彼らは、わたしがまだ肉の中に住んでおり、神自身などではないと思っている。わたしがまだ人間であり、神はやはり神であり、神はわたしとは何の関係もないと考えている。何と堕落した人類だ。以前わたしは、ほんとうにたくさんの言葉を話したが、あなた方は長い間それらをまるで存在しないもののように扱ってきたので、わたしはあなた方を骨まで憎み、あなた方を忌み嫌った。わたし──完全なる神自身──つまり、わたしの人間性とわたしの完全な神性の統合を、誰が敢えて侵害するのか。自分の思考の中で、だれが敢えてわたしに抵抗するのか。わたしの壊滅的な災害が降りかかり始めると、わたしは彼らを一人ずつ罰し、誰も放免しないで、むしろ彼らをみな厳しく罰する。わたしの霊は人の中で働くが、それはわたしが神自身ではないことを意味するのではなく、まったく逆に、それはわたしが全能なる神自身であることを意味している。人々はわたしを知らない──彼らはみなわたしに抵抗し、わたしの言葉からわたしの全能性を見ることがなく、その代わりに、わたしの言葉の中に何かわたしの不利になることと間違いを見つけようとする。わたしが長子たちと共にシオンに現れる日、わたしはこれらのものを取り扱い始める。この時期、わたしはおもにこの働きを行う。わたしがある時点まで話したときには、大多数の効力者たちが退き、長子たちも様々な苦難を経験しているだろう。これらの二つの段階の進行により、わたしの働きは終結するだろう。それと同時に、わたしはわたしの長子たちをシオンに連れて帰る。これらがわたしの働きの段階である。

わたしの長子たちはわたしの国の不可欠な部分である。このことから、わたしの本体がわたしの国であることが分かる──わたしの国はわたしの長子たちの誕生と共に生まれた。言い換えれば、わたしの国は世界の創造以来存在しており、わたしの長子たちを得ること(わたしの長子たちを取り戻すことを意味する)は、わたしの国を回復させることである。このことから、長子たちが特に重要であることが分かる。わたしの長子たちが存在する場合にのみ、わたしの国が存在し、そのとき権力による統治の現実が現れ、新しい生活が訪れ、すべての古い時代は終わりを迎えることができるだろう。この傾向は避けられない。長子たちがこの地位に就いているので、つまり、長子たちが、世界の破壊とサタンの破滅、効力者の本性の暴露、赤い大きな竜は子孫がなくなり、火と硫黄の池に落ちることを示すので、権力を振るう者たちと、赤い大きな竜の子孫であるすべての者たちは、繰り返し妨害し、繰り返し抵抗し、繰り返し滅ぼす。しかし、わたしは長子たちを繰り返し奨励し、繰り返し証しし、繰り返し現す。何故なら、わたしから出た者だけにわたしを証しする資格があり、わたしを生きる資格があり、彼らだけがわたしのために美しい勝利を得るための基盤を持っているからである。わたしから離れている者たちは、わたしの手の中にある小さな粘土の塊に過ぎず、彼らはみな造られたものである。子らと民は、造られたものの中から選ばれたより優れた者に過ぎず、彼らはわたしには属さない。したがって、長子たちと子らの間には途方もない違いがある。子らは長子と比較される資格はまったくない──彼らは長子たちによって治められ、支配されている。今あなた方は、このことについて完全明瞭に理解すべきである。わたしが話した言葉はすべて真実であり、決して偽りではない。これはすべてわたしの本体の現れの一部であり、それはわたしの言葉である。

わたしは空しい言葉を話さず、間違いを犯さない、とわたしは言った。それはわたしの威厳を示すのに十分である。しかし、人々は善と悪の違いを区別することができず、わたしの刑罰が彼らの上に下るときのみ、彼らは完全に確信する。さもなければ、彼らは反抗的で頑固であり続ける。だから、わたしは全人類に反撃するために刑罰を使うのである。人間の観念では唯一の神自身しか存在しないのであれば、なぜわたしから出た長子たちが大勢いるのか。わたしはそれを次のように言うことができる。わたし自身の事については、わたしは、わたしが言いたいことを言う。それで人々はわたしに対して何をすることができるだろうか。次のように言うこともできる。長子たちとわたしは同じ一つの姿ではないが、わたしたちは同じ霊であるので、彼らは皆わたしと一致して働くことができる。わたしの本体のすべての部分をすべての人々に非常にはっきりと見えるようにするほど、わたしたちは同じ一つの姿ではない。したがって、わたしは、わたしと共にすべての国々とすべての民族を治めるための司法権を長子たちに持たせる。これはわたしの行政命令の最終章である(わたしが言う最終章とは、わたしの口調が穏やかで、わたしは子らと民に語り始めるという意味である)。ほとんどの人々は、この側面に疑問を抱いているが、彼らはあまり懐疑的になるべきではない。わたしは、すべての人々の観念を一つずつ暴露し、人々に恥を知らせ、屈辱を感じさせる。わたしは宇宙の果てまで旅し、宇宙の全体像を観察する。わたしはあらゆる種類の人間を調べる──わたしの支配から逃れられる者はひとりもいない。わたしはあらゆることに介入し、わたしが直接対処しないものは何もない。わたしの全能性を否定する者などいるだろうか。わたしについて十分に確信しようとしない者などいるだろうか。わたしの前で完全にひれ伏さない者などいるだろうか。わたしの長子たち故に、すべての天が変転し、さらには、わたしとわたしの長子たちのために全地が激しく揺れ動くであろう。すべての人々がわたしの本体の前にひざまずいて、万物が何の誤りもなく、わたしの手の中で支配される。誰もが十分に確信しなければならず、すべてのものはわたしの家に来て、わたしに奉仕する。これがわたしの行政命令の最後の部分である。今から、わたしの行政命令のすべての項目は、異なる人々を対象にして、成果を挙げ始める(それは、わたしの行政命令が完全に公表され、あらゆる種類の人間とあらゆるものに対して適切な采配が下されたからである。わたしの行政命令のために、すべての人々はそれぞれの適切な位置に就き、あらゆる種類の人間の真相が暴露されるであろう)。これが真実の、実際の行政命令の到来である。

今わたしは、わたしの働きの段階に従って、わたしが言いたいことを語る。だから誰もが真剣にそれを受け止めなければならない。時代を通じて、すべての聖徒たちの口は「新しいエルサレム」について言及してきた。誰もがそれを知っているが、この言葉の真の意味を理解する者はひとりもいない。今日の働きがこの段階に進んだので、わたしはあなた方にこの言葉の真の意味を明らかにして、それを理解させよう。しかし、わたしには限界がある―わたしがそれをどのように説明しようと、どれほど明瞭に語ろうと、あなた方は決して完全には理解できない。何故なら、この言葉の現実に到達できる者はひとりもいないからである。過去に「エルサレム」が指していたのは、わたしの地上の住まい、すなわち、わたしが歩き、活動する場所であった。しかし、「新しい」という言葉はこの用語の意味を変えるので、それはもう全く同じではない。人々はほんの少しもそれを把握することができない。ある人たちは、それがわたしの国を指していると考える。またある人たちは、それがわたしという人間のことだと思っている。それが新しい天と地であると思っている人たちもいる。また、それは、わたしがこの世界を滅ぼした後に現れる新しい世界だと考える人たちもいる。たとえ人の心の想像力が豊かでも、また人の心が非常に複雑であっても、人はなお、それについて何も理解できない。時代を通じて、人々はこの言葉の真の意味を知り、悟ることを望んできたが、その望みを叶えられることはなかった──彼らはみな失望し、彼らの強い願いを後に残して死んでしまった。わたしの時はまだ来なかったので、わたしは誰にも簡単に伝えることができなかったのだ。わたしの働きはこの段階まで完了したので、わたしはあなた方にすべてを教えよう。「新しいエルサレム」には、次の四つのことが含まれている。わたしの怒り、わたしの行政命令、わたしの国、そしてわたしの長子たちにわたしが授ける無限の祝福である。わたしが「新しい」という言葉を使う理由は、これらの四つの部分が隠れた部分だからである。誰ひとりわたしの怒りを知らず、誰ひとりわたしの行政命令を知らず、誰もわたしの国を見たことがなく、誰もわたしの祝福を享受したことがないので、「新しい」は隠されているものを指すのである。新しいエルサレムは地上に降臨したが、誰も新しいエルサレムの現実を個人的に経験したことがないので、わたしが言ったことを完全に理解できる者はひとりもいない。わたしがそのことをどんなに入念に話しても、人々は十分には理解しないだろう。たとえ誰かが理解したとしても、それは彼らの言葉であり、彼らの心であり、彼らの観念である。これは避けられない傾向であり、誰も逃れることのできない唯一の道である。

前へ:第百十三章

次へ:第百十九章

他のお気に入り