第百十五章

わたしの心はあなたのために大いに喜び、わたしの手はあなたのために喜び踊る。また、わたしはあなたに終わりのない祝福を与える。なぜなら、あなたが創造に先立ちわたしから来たからだ。今日、あなたはわたしの側に戻らなければならない。なぜなら、あなたは世や地に属するものではなく、わたしのものであるからだ。わたしは永遠にあなたを愛し、永遠にあなたを祝福し、永遠にあなたを守る。わたしのもとから出た者たちだけが、わたしの旨を知り、わたしの重荷を考慮し、わたしが望むことをする。今、すべてのことはすでに達成されている。わたしの心は火の玉のようであり、わたしの愛する子らが早くわたしと再会し、わたしの存在が間もなく完全にシオンに戻ることを切望している。あなたは、このことをすでにある程度は理解している。わたしたちは、しばしば霊において互いに従うことはできないが、しばしば霊において互いに伴い、肉において会うことはできる。父と子たちは永遠に切り離すことができず、両者は密接につながっている。シオンの山へ帰る日まで、誰もあなたをわたしの側から連れ去ることはできない。わたしはわたしから来るすべての長子たちを愛し、わたしに敵対するすべての敵を憎む。わたしは、わたしの愛する者たちをシオンに連れ戻し、わたしの憎む者をハデスに、地獄に投げ入れる。これがわたしの行政命令全体の主要原則である。わたしの長子たちが言うこと、行うことはすべて、わたしの霊の現れである。誰もが、それを明確に理解して、わたしの長子たちを証ししなければならない。これはわたしの働きの次の段階であり、もし反抗する者があれば、わたしは愛する子らに頼んで彼らを処分させる。今、事は違っている。わたしはすでにわたしの長子たちに権威を渡しているので、わたしの愛する者たちが裁きの言葉を一言話すならば、サタンは直ちにハデスで死ぬであろう。すなわち、今からは、わたしの長子たちとわたしが共に支配する時である。(これは肉の段階におけることであり、体において共に支配することとは少し異なる。)心の中で背く者は、わたしという人間に反抗する者と同じ運命に苦しむだろう。わたしの長子たちは、わたしが扱われるのと同じように扱われるべきである。それは、わたしたちがひとつの体であり、決して切り離すことはできないからである。今日、わたしの長子たちは、わたしが過去に証しされたように、証しされるべきである。これがわたしの行政命令の一つである。すべての者が立ち上がって、証ししなければならない。

わたしの国は地の果てまで広がっている。そして、わたしの長子たちは、わたしと共に地の果てまで旅する。あなた方の肉が邪魔するために、わたしの話す多くのことをあなた方は理解できず、それ故に大部分の働きはシオンに戻ってから成し遂げられなければならない。わたしの言葉から、このことは遠い先のことではなく、今にも起ころうとしていることが分かる。だから、わたしは常にシオンとシオンの事柄について話しているのだ。あなた方は、わたしの言葉の目的が何であるか知っているだろうか。あなた方は、わたしの心の中にあるものを知っているだろうか。わたしの心は、すぐにシオンに戻り、古い時代をすべて終わらせ、地上でのわたしたちの生活を終わらせ(わたしは地上の人々、事柄、ものを忌み嫌い、肉の生活はさらに憎んでいるからである。また肉による妨害は大きいので、すべてはシオンに帰った時にのみ繁栄するからである)、神の国でのわたしたちの生活を回復させることを切望している。わたしの最初の受肉の目的は、わたしの二度目の受肉の基礎を築くことだった。これは歩まなければならない道だった。わたし自身を完全にサタンに明け渡して初めて、わたしはあなた方を最終段階でわたしの体へと贖い出すことができた。(わたしの最初の受肉を通してでなければ、わたしは栄光を受けることはできなかった。また、わたしは罪のための捧げ物を取り戻すことができず、あなた方は罪人としてこの世に来たことだろう。)わたしには無限の知恵があるので、そしてわたしがあなた方をシオンから導き出したので、わたしは必ずあなた方をシオンに連れ帰る。わたしの偉大な働きはずいぶん前に成し遂げられたので、道を塞ごうとするサタンの試みは成功しない。わたしの長子たちは、わたしと同じようであり、彼らは聖なるものであり、傷の無いものであるので、わたしは尚もわたしの長子たちと共にシオンに戻り、わたしたちが離されることは決してない。

わたしの経営(救いの)計画全体が徐々にあなた方に明らかにされている。わたしはすべての国とすべての民族の間で、わたしの働きを始めた。これは、わたしがシオンに帰るその時がもう遠くないことを証明するに十分である。なぜなら、すべての国とすべての民族の間でわたしの働きを実行することは、シオンに帰った後に成し遂げられることであるからだ。わたしの歩調は徐々に速くなっている。(わたしがシオンに戻る日が近づいているので、わたしは、わたしが帰る前に地上でのわたしの働きを終わらせたいと願っている。)わたしは、わたしの働きで、ますます忙しくなりつつあるが、地上で私が為すべき働きは、徐々に少なくなってきており、もうほとんど残っていない。(わたしの忙しさは、霊の働きに向けられており、人間の肉眼では見えないが、ただわたしの言葉からだけ探り出すことができる。わたしの忙しさは、肉の中にいる時ほどではないものの、わたしが多くの仕事を計画したことを指している。)これは、わたしが言ったように、地上でのわたしの働きはすでに十分に完了しており、残りの働きは、わたしがシオンに戻るのを待たなければならないからである。(わたしが働くためにシオンに戻らなければならないのは、未来の働きは肉においては達成できないからであり、もしこの働きが肉において為されたら、わたしの名を貶めるからである。)わたしが、わたしの敵を倒してシオンに戻るとき、生活は幾時代か前の生活よりもいっそう美しく平和になるだろう。(これは、わたしが世を完全に克服し、わたしの最初の受肉と二度目の受肉のおかげで、わたしが完全に栄光を受けたからである。わたしの最初の受肉では、わたしは部分的に栄光を受けただけだが、二度目の受肉では、わたしの存在は完全に栄光を受けるので、サタンが利用できる機会はもはやない。それ故、シオンでの未来の生活はいっそう美しく平和である。)赤い大きな竜を辱めるために、私の姿はいっそう栄光に輝いて、この世とサタンの前に現れるだろう。これがわたしのすべての知恵の中核である。わたしが外面的なことを話せば話すほど、あなた方はもっと理解できるが、人間に見ることができないシオンのことを話せば話すほど、あなた方には、これらのことがより空しく思われ、それらを想像するのがいっそう難しくなり、あなた方は、わたしがおとぎ話をしていると思うだろう。しかし、あなた方は注意深くあらねばならない。わたしの口には空しい言葉はなく、わたしの口から出る言葉は信頼できる。あなた方の考え方からは理解するのが難しいだろうが、これは絶対に真実である。(肉における限界のために、人間は、わたしの言うことを完全かつ十分に理解することができない。また、わたしが言った多くのことは、わたしはまだ完全には明らかにしていない。しかし、わたしたちがシオンに戻るとき、私が説明する必要はなく、あなた方は自然に理解するだろう。)これは真剣に受け止められるべきことである。

人間には肉と観念の限界があるけれども、わたしはまだ、明らかにされた奥義を通して、あなた方の人間的な考え方を改善し、あなた方の観念に反撃したい。なぜなら、これがわたしの働きの一つの段階であるとわたしは何度も言ったからである(この働きはシオンに入るまで止まらない)。それぞれの人間の心の中にはシオンの山があり、それは各々によって異なっている。わたしはシオンの山のことを言い続けているので、わたしはあなた方に、それについての一般的な情報を伝えて、あなた方がそれを少しでも知ることができるようにしよう。シオンの山にいるということは、霊の世界に戻ることである。それは、霊の世界を指しているが、人間が見ることも触れることもできない場所ではなく、これは体のことを指している。それは見ることや触れることが絶対にできないものではない。なぜなら、体が現れるときには形や姿があるが、体が現れないときは形や姿がないからである。シオンの山では、食べ物、衣服、日常の必要と住居の心配はなく、また結婚や家族もなく、性別もなく(シオンの山にいる者は皆わたしの姿であり、ひとつの体であるので、結婚、家族、性別などはない)、わたしの姿が話すことはすべて実現されるだろう。人々が見張っていないとき、わたしの姿は彼らの間に現れ、人々が注意を払っていないときは、わたしの姿は消えるだろう。(肉と血からなる人々はこれを達成できないので、今あなた方がそれを想像することは難しい)。将来もなお太陽、月、物理的天と地があるが、わたしの存在はシオンにあるので、太陽や昼間の猛暑はなく、自然災害に苦しむこともない。神がわたしたちを照らしてくれるので、もはやあかりも太陽の光もいらない、とわたしが言ったとき、わたしはシオンにいることについて話していたのだ。人間の観念によると、宇宙の中のすべてのものが取り除かれなければならず、人々はみなわたしの光の中に住む。彼らは、これが「神がわたしたちを照らしてくれるので、もはやあかりも太陽の光もいらない」ということの真の意味だと考えているが、それは間違った解釈である。「その木は毎月、十二種の実を結ぶだろう」と言ったとき、わたしはシオンの事柄について言及していたのだ。この句は、シオンでの生活に関するすべてのことを表している。シオンでは、時間は限られておらず、地理や空間の制限もない。だから、わたしは「毎月」と言ったのである。「十二種の実」とは、あなた方が今日生きているふるまいを表すものではなく、シオンにおける自由の生活を意味している。これらの言葉は、シオンにおける生活の一般化である。このことから、シオンの生活は豊かで多様であることが分かる(なぜなら、ここでは「十二」は「充足」を意味するからである)。それは悲しみも涙もない生活であり、搾取することも弾圧もなく、すべてが解放され、自由となるだろう。これは、わたしの存在の中にすべてが存在し、誰もそれらを切り離すことができず、すべてが美しさと永遠の新しさの光景となるからである。それは、すべてが整うときとなり、シオンへ帰った後のわたしたちの生活の始まりとなるであろう。

地上でのわたしの働きはすでに十分に完了したが、わたしにはまだ、わたしの長子たちが地上で働くことが必要なので、わたしはまだシオンに帰ることはできない。わたしはひとりでシオンに戻ることはできない。わたしは、わたしの長子たちが地上で働きを終えた後、彼らと共にシオンに戻る。このようにして、それは共に栄光を得ること、と呼ぶことができ、これはわたしの姿の完全な現れとなるのだ。(わたしの長子たちはまだ現わされていないので、地上での彼らの働きはまだ完成していない、とわたしは言う。この働きは忠実で正直な効力者たちによって行われなければならない。)

前へ: 第百十四章

次へ: 第百十六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第七章

西面の枝はみな、わたしの声を聞きなさい。 過去、あなたがたはわたしに忠実だっただろうか。あなたがたはわたしの優れた助言の言葉に従ってきただろうか。あなたがたは、曖昧で不確かなものではない、現実的な希望をもっているだろうか。人間の忠誠、愛、信仰は、すべてわたしから生じているものであ…

救いを得る人は真理を進んで実践する人である

正しい教会生活を送ることの必要性については、説教の中でよく触れられている。それなのになぜ、教会生活はいまだに改善されておらず、相変わらず昔のままなのだろうか。なぜまったく新しい別の生活様式が存在していないのだろうか。90年代の人間が、過ぎし時代の帝王のように生きていることは正常と…

受肉した神の職分と人間の本分の違い

あなたがたは神の働きのビジョンを知り、神の働きの一般的方向を把握しなければいけない。これが前向きにいのちに入ることである。ひとたびビジョンの真理を正確に理解したなら、あなたの入りは確かである。神の働きがどのように変化しようと、あなたの心は堅固で、ビジョンについて明確であり、入りと…

キリストの本質は父なる神の心への従順

受肉した神をキリストと呼ぶ。キリストは神の霊が肉をまとった姿である。この肉はいかなる肉ある人間とも異なる。キリストは肉と血でできているのではなく、神の霊が受肉したものだからである。キリストは普通の人間性と完全なる神性の両方を持っている。キリストの神性はいかなる人も持っていないもの…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索