第百十四章

わたしは宇宙世界を創造した。わたしは山と川とすべてのものを造った。わたしは宇宙と地の隅々も形づくった。わたしはわたしの息子たちとわたしの民を導いた。わたしはすべての物と物質に命じた。今、わたしは長子たちを導いてシオンの山に帰らせ、わたしが住んでいる所に戻らせる。そして、これはわたしの働きの最終段階となるであろう。わたしが為したすべてのこと(創世の時から今に至るまでのすべてのこと)は、わたしの働きの今日の段階のためであり、さらにそれは、明日の支配、明日の神の国のためであり、また、わたしとわたしの長子たちが永遠の喜びを得るためである。これが万物創造におけるわたしの目標であり、それは創世におけるわたしの最終的な成果なのだ。わたしが言うこと、行うことの背後には目的と計画があり、何事もやみくもに行われることはない。わたしにとってはすべてが自由で解放されている、とわたしは言うが、それでも、わたしがやることにはすべて原則があり、わたしが為す全ては、わたしの知恵と性質に基づいている。あなた方は、これについて何か見たことがあるか。創世の時から今日に至るまで、わたしの長子たちのほかには、誰もわたしを知ることがなく、誰もわたしの本当の顔を見たことがない。わたしが長子たちのために例外を設けたのは、彼らが本質的にわたしという存在の一部だからである。

わたしが世界を創造したとき、わたしの要求に従って、人を四つの階級の部類に分けて造った。それは、わたしの子ら、わたしの民、効力者、そして滅ぼされる者である。なぜわたしの長子たちはこの中に入っていないのか。それは、わたしの長子たちが創造されたものではないからである。彼らはわたしから生まれたものであり、人類から来たものではない。わたしは肉になる前に、わたしの長子たちのために全てを準備した。彼らがどの家庭に生まれるのか、誰がそこで彼らのために奉仕するのか──これらのことが全てわたしによって計画された。わたしはまた、彼らのうちの誰が、いつわたしによって再び得られ、最終的にわたしと一緒にシオンに戻るのかも計画した。これはすべて創世以前に計画されていたので、それを知っている者はひとりもいない。また、それはシオンの事である故、どの本にも記録されていない。さらに、わたしが肉になったとき、わたしはこの能力を人間に与えなかったので、誰もそれらのことを知ることはなかった。シオンに戻ると、あなた方は、あなた方が過去にどのようであったか、今どのようであるか、また、あなた方がこの世で何をしたのかを知るだろう。今のところは、わたしはあなた方にこれらのことを明瞭に、そして、少しずつ伝えているだけのことである。そうでないと、あなた方は、どんなに努力しても理解できず、わたしの経営を妨害するからだ。今日、わたしは肉という点において、わたしのほとんどの長子から離れているけれども、わたしたちの霊はひとつであり、わたしたちの肉体的外観は異なるかもしれないが、わたしたちは、始めから終わりまで、一つの霊である。しかしながら、サタンの子孫が、この機会を悪用することはない。あなたがどのように偽装しようと、それは表面的なままであり、わたしは承認しない。それゆえ、このことから、表面的なものに重点を置き、わたしの外見を模倣しようとする者は、100パ-セント確実にサタンであることが分かる。彼らの霊は違っており、彼らはわたしの愛する者には属さないので、わたしをどんなに模倣しても、彼らはわたしのようにはならない。さらに、わたしの長子たちは本質的にわたしと霊を一つにしているので、たとえ彼らがわたしを模倣しなくても、彼らはわたしと同じように話し、行動し、彼らはみな正直で、純粋で、率直である(知恵が欠けている者に関しては、ただ世での彼らの経験が限られているからである。したがって、知恵が欠けているのは、長子たちの欠点ではなく、彼らが体に戻れば、すべてはうまくいくのである)。だから上記の理由から、ほとんどの人々は、わたしが彼らをどのように取り扱っても、自分の古い性質を変えようとしない。しかし、わたしの長子たちの場合は、わたしが彼らを取り扱わなくても、わたしの意図に服従する。それは、わたしたちが霊を一つにしているからだ。彼らは自分の霊の中で、わたしのために喜んで全力を尽くしたいと思っている。それ故、わたしの長子たちを除いて、わたしの意図を真実に心から考慮する者はいない。彼らが喜んでわたしのために奉仕するのは、わたしがサタンを征服した後だけである。

わたしの知恵とわたしの長子たちはすべてのものの上に立っており、すべてのものの上に君臨しており、どんな物も、人間も、事態も、立ちはだかることはない。さらに、彼らの上に君臨できる人間も、事態も、物も、存在せず、むしろ、すべてのものはわたしの存在の前で従順に服従する。これは、人の目の前で起こる事実であり、すでにわたしが達成した事実である。誰でも不従順であり続ける者は(未だに不従順な者とは、サタンのことを指しており、サタンによって占拠されている者は間違いなくサタンである)、わたしが必ず根こそぎにして滅ぼし、将来問題が起こらないようにする。彼らはわたしの刑罰により、直ちに死ぬであろう。この種のサタンは、わたしに奉仕する意欲がないものであり、創世以来、これらのものは常にわたしに対して頑固に敵対し続けてきた。そして、今日も彼らは頑なにわたしに背き続けている(それはただ霊に関することなので、人々はこれを見ることができない。この種の人間はこのような類のサタンを表す)。わたしは、他のすべてのことが準備される前に、まず最初に彼らを滅ぼし、厳しい罰による懲らしめを永遠に受けさせる(ここで言う「滅ぼし」は、もはや存在しなくなることを意味するのではなく、むしろ彼らが受ける容赦ない仕打ちの程度を指しており、ここで言う「滅ぼす」とは、破壊される者に使われる「滅ぼす」という言葉とは区別される)。そして、彼らは、終わることなく、永遠に泣き叫び、歯ぎしりするであろう。人間には、その光景を想像することはまったくできない。肉なる人類の思考では、霊的なことを理解することはできない。したがって、あなた方は、シオンに帰った後に、初めてもっと多くのことを理解するだろう。

わたしの将来の家には、わたしの長子たちとわたしを除いて誰もいないだろう。そして、その時になって初めて、わたしの目標は達成され、わたしの計画は完全に実現されるだろう。何故なら、すべては本来の状態に戻り、それぞれはその種類に応じて分類されるからである。わたしの長子たちはわたしに属し、わたしの子らと民は被造物の間に属し、効力者と滅ぼされた人々はサタンに属する。世界を裁いた後、わたしとわたしの長子たちは再び神聖な生活を始め、彼らは決してわたしのもとを去らず、いつもわたしと一緒にいるであろう。人間の心によって理解できるすべての奥義は、少しずつあなた方に明らかにされるであろう。歴史を通して、自分自身を完全にわたしに捧げ、わたしのために殉教した人々が数え切れないほどいるが、結局のところ人間は造られた存在であり、彼らがどれほど良くても、神としては分類できない。これは避けられない傾向であり、誰にも変更することはできない。結局のところ、すべてを創造するのが神である一方、人間は造られたものであり、サタンはつまるところ、わたしが滅ぼす標的であり、わたしの憎むべき敵である──これが「山や川は動いて変わることがあっても、人の本性は変わらない」という言葉の真の意味である。この状態と段階の中にあるということは、今わたしとわたしの長子たちがやがて安息に入ることの前兆である。何故ならこれは、世界におけるわたしの働きは全て完成しており、わたしの働きの次の段階を完了するためには、わたしが体に戻ることが必要になるからである。これらがわたしの働きの段階であり、わたしはずっと昔にそれらを計画した。この点をはっきりと理解しなければならない。さもないと、ほとんどの人々がわたしの行政法令に違反することになる。

前へ: 第百十三章

次へ: 第百十五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを享受することができず、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めてきた者は…

第三十八章

人類に本来備わっている特徴、すなわち、人類の真の姿を考えてみると、今日まで人類が存続できたことは本当に簡単ではなかった。そしてこのことを通して初めて神の偉大な力が明らかになった。人の肉の本質、およびこれまでの赤い大きな竜の腐敗に基づいて考えると、神の霊の導きがなければ、人が今日生…

七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

わたしは異邦人の国々に働きを広めている。わたしの栄光は全宇宙に閃く。わたしの旨は星のように点々と散らばる人々の中に具現化され、皆がわたしの手によって導かれ、わたしが与えた仕事をしている。この時点からわたしは新しい時代へと入り、すべての人々を別の世界へ連れて行く。わたしは自分の「故…

唯一無二の神自身 7

神の権威、神の義なる性質、および神の聖さの概論祈りを捧げ終わったとき、あなたがたは神の前で心の静寂を感じますか。(感じます。)心を静められるとき、人は神の言葉を聞いて理解し、真理を聞いて理解することができます。心を静められず、心が絶えずさまよっていたり、いつも他のことを考えていた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索