第百一章

わたしはわたしの経営を妨げたり、わたしの計画を壊そうとしたりする者を容赦しない。すべての者が、わたしが言う言葉からわたしの意味することを理解し、わたしが話していることについて明確に理解すべきである。現在の状況を考慮してみると、誰もが自分自身を吟味するべきである。あなたはどんな役割を果たしているのか。あなたはわたしのために生きているのか、それともサタンに仕えているのか。あなたの行動はどれもわたしから出ているのか、それとも悪魔から出ているのか。わたしの行政命令に違反して、わたしの激しい怒りを引き起こすことにならないように、これはすべて明らかでなければならない。今振り返ると、人々はいつもわたしに不忠実で、親不孝者であり、無礼で、さらには、わたしを裏切ってきた。これらの理由から、このような人々は今日わたしの裁きを受けるのだ。わたしはただの人間であるかのように思われるが、わたしが承認しない者(あなたはここからわたしの言う意味を理解しなければならない。それは、あなたがどれほど美しく見えるか、あなたがどれほど魅力的であるか、ということではなく、わたしがあなたを予め定め、選んでいるかどうかということである。)はみな、わたしによる淘汰の対象となる。これは絶対に真実である。何故なら、わたしは人間に見えるかもしれないが、わたしの神性を理解するには、わたしの人間性の向こうにあるものを見る必要があるからだ。「普通の人間性と完全なる神性は、完全なる神自身の切り離すことのできない二つの部分である」とわたしは何度も言った。しかしながら、あなたはまだわたしを理解しておらず、あのぼんやりしたあなたの神のみを重視している。あなた方は霊的な事を理解しない人々である。しかし、そのような人々がまだわたしの長子になりたがっている。何と恥知らずなことか。彼らは自分の身分が本当はどのようなものかをわきまえていない。彼らはわたしの民となる身分でもないのに、どうしてわたしと一緒に王となるはずの長子になれるというのか。このような人々は自分自身を知らない。彼らはサタンの類いである。彼らはわたしの家の柱となるに値せず、それどころか、わたしの前で奉仕する価値もないのだ。それ故、わたしは彼らを一人ずつ取り除き、一人ひとりの真の顔を露わにする。

わたしは勝利を得て、全宇宙を王として統治してきたので、わたしの働きは邪魔されることなく、一歩一歩前進し、何の妨げもない。(わたしがここで言及しているのは、悪魔とサタンを倒した後、わたしは新たに権力を回復したということである)。わたしが長子たち全員を得ると、勝利の旗がシオンの山に掲げられる。すなわち、わたしの長子たちはわたしの勝利の旗、わたしの栄光、わたしの誇りである。彼らはわたしがサタンを辱めたことの印であり、また、わたしが働く方法である。(わたしが予め定めた後、サタンによって堕落させられたが、わたしのもとへ新たに戻って来た一群の人々を通して、わたしは赤い大きな竜を辱め、すべての反逆の子たちを取り扱う。)わたしの全能性はわたしの長子たちにあり、彼らはわたしの不変で議論の余地のない大きな成功である。わたしの経営(救いの)計画を完成させるのは、わたしの長子たちを通してであり、これこそが、「すべての国とすべての人々をわたしの玉座の前に戻すのは、あなた方を通してである」と以前わたしが言ったとき、わたしが意味したことである。さらにそれは、「あなた方の肩の重荷」という言葉でわたしが意味したことである。それは、はっきりしているだろうか。あなたには分かるだろうか。長子たちはわたしの経営(救いの)計画全体の結晶である。それ故、わたしはこの集団を優しく扱ったことが一度もなく、常に厳しく訓練してきた。(この厳しい訓練とは、世の悲惨、家族の不幸、および両親、夫、妻、子供たちに見捨てられることである。要するに、世から見捨てられ、時代に捨てられることである。)そのようなわけで、あなたは今日、わたしの前に来るという幸運を得ているのだ。これが、「なぜ他の人たちはこの名を受け入れなかったのに、わたしは受け入たのだろう」と繰り返しあなた方が思い巡らした問いへの答えである。これで分かったことだろう。

今日、過去と同じようなものは何もない。わたしの経営(救いの)計画は新しい方法を採用した。わたしの働きは過去のものとはさらに違っており、わたしの言葉は今やもっと前例のないものになっている。それ故、わたしは、あなた方は適切にわたしに奉仕すべきであると繰り返し強調したのである(これは効力者に向けて言われている)。自らを否定的に扱ってはならない。熱心に追求し続けなさい。いくばくかの恵みを得るのは喜ばしいことではないか。それは世で苦しむことより遥かに良いことである。わたしはあなたに告げる。あなたが心からわたしに奉仕せず、それどころかわたしが義ではなかったと不満を抱くなら、明日はハデスと地獄に落ちるだろう。早死にすることを望む者はいない、そうではないか。たとえ寿命が一日だけ延びたとしても、その一日は意味があるので、あなたはわたしの経営(救いの)計画に自らを完全に捧げ、その後わたしの裁きを待ち、わたしの義なる刑罰があなたに下るのを待たなくてはならない。わたしが言っていることがばかげていると思ってはならない。わたしは、わたしの義とわたしの性質から話し、更にわたしは、威厳と義をもって行動する。人々はわたしが義ではないと言う。それは彼らがわたしを知らないからである。それは、彼らの反抗的な性質の明らかな現れである。わたしには感情はなく、代わりに義、威厳、裁き、怒りだけがあるのだ。時が経てば経つほど、あなたはさらにわたしの性質を見るであろう。現在は過渡期であるので、あなた方はそのほんの一部分しか見ることができず、いくつかの外側のものしか見ることができないのである。わたしの長子たちが現れたら、わたしはあなた方にすべてを見せ、すべてを理解させる。誰もが心で確信し、言葉でそれを表現するだろう。わたしは、あなた方が口を開いてわたしに対して証しし、永遠にわたしを讃美し賞賛するようにする。させるだろう。これは避けることができず、誰にも変えられない。人々はそれを信じることはおろか、想像することさえできない。

長子である者たちはビジョンについて、ますます明確に理解し、彼らのわたしへの愛はさらに大きくなっている。(これはサタンのわたしに対する誘惑であるロマンチックな愛ではなく、見抜かなければならない。それ故、過去にわたしは、わたしの前で自分の魅力を見せびらかす人たちがいたことについて述べたのだ。このような人々はサタンのしもべであり、わたしが彼らの外見に惹き付けられると信じているのだ。何という恥知らずな。最低の惨めな者よ。)しかし長子ではない者たちは、わたしがこの期間に語ったこれらの言葉をとおして、ますますビジョンについて不明瞭になり、わたしという人間への信仰を失ってしまった。その後、彼らは最終的に倒れるまで、徐々に無関心になってゆく。これらの人々はそうせざるを得ないのである。それは、わたしがこの期間に言っていることの目的であり、誰もがこれを見るべきである(わたしは長子たちに言っている)。また、わたしの言葉と行動をとおして、わたしの素晴らしさを見るべきである。なぜわたしは平和の君、永遠の父と呼ばれ、わたしは不思議であり、わたしは指導者であると言われているのか。これをわたしの身分、わたしの言葉、または、わたしが為していることから説明するのは、あまりにも表面的である。それは言及する価値もない。わたしを平和の君と呼ぶ理由は、わたしの長子たちを完全にするわたしの力、サタンへのわたしの裁き、そして、わたしが長子たちに授けた無限の祝福である。言い換えると、長子のみがわたしを平和の君と呼ぶ資格を持っているのだ。何故なら、わたしは長子たちを愛しており、「平和の君」という呼び名は彼らの口から発せられるべきだからである。彼らにとって、わたしは平和の君である。わたしは、わたしの息子たちとわたしの民には、永遠の父と呼ばれている。わたしの長子たちが存在し、わたしの長子たちはわたしと共に王権を振るい、すべての国とすべての民族(わたしの子らと民)を支配することができるので、子らと民は、わたしのことを、長子の上にいる神自身という意味である「永遠の父」と呼ぶべきである。わたしは、わたしの子、民、そして長子ではない人々には不思議である。わたしの働きの不思議さのために、未信者はわたしを全く見ることができず(わたしが彼らの目を覆ったからである)、わたしの働きをはっきりと見ることが到底できないので、彼らにとってわたしは不思議なのである。すべての悪魔たちとサタンにとっては、わたしは指導者である。なぜなら、わたしが行うすべてのことは彼らを恥じ入らせるように働くからであり、わたしが行うことはすべてわたしの長子たちのためであるからだ。わたしの一歩一歩は円滑に進み、わたしは一歩踏み出す度に勝利を収める。さらに、わたしはサタンのすべての策略を見抜き、その策略を使ってわたしに仕えさせ、それを否定的な面から、わたしの目的に仕えるための対象にすることがでる。これが、わたしが助言者であることの意味であり、誰もそれを変えることはできず、また、誰もそれを完全には理解できない。しかし、わたしの本質から言えば、わたしは平和の君であり、永遠の父であり、同時に助言者であり、不思議である。これには真実でないものは何もない。それは反論できない不変の真実である。

わたしは言いたいことがたくさんある。それは実に比べようのないものである。それ故、あなた方は忍耐強く待つことが必要である。何をするにしても、衝動的に行動して立ち去ってはならない。あなた方が過去に理解したことは、今日古くなっているので、もはや適用することができない。そして、現在は変化の時である―王権の交代のように。それ故、あなた方は自分の考え方と古い観念を変える必要がある。これが「義の聖なる衣を着る」ことの真の意味である。わたしだけが、わたし自身の言葉を説明することができ、わたしだけが、わたしの取り掛かろうとすることを知っている。それ故、わたしの言葉だけには不純なものがなく、それはまったくわたしが意志するものであり、したがって、それは義の聖なる衣を着ることなのである。人間の観念による理解は単なる想像である。彼らの理解は不純であり、わたしの心を達成することができない。それ故、わたしが自ら語り、わたしが自ら説明する。そしてこれは、「わたし自身が働きを為す」という言葉の背後にある意味である。それは、わたしの経営(救いの)計画の不可欠な部分である。そして、すべての人々がわたしに栄光を帰し、わたしを讃美しなければならない。わたしの言葉を理解することについては、わたしは人々にその力を与えたことは一度もなく、彼らはそのための能力を全く持っていない。これは悪魔を辱めるわたしの方法の一つである。(もし人々がわたしの言葉を理解して、すべての段階でわたしの考えを探ることができれば、サタンはいつでも人々を自分のものにすることができ、その結果、人々はわたしに逆らい、わたしは長子を選ぶというわたしの目標を達成できなくなるだろう。もしわたしがすべての奥義を理解し、誰も推し量ることのできない言葉をわたしという人間が話すことができたとしたら、わたしもまたサタンのものになり得るであろう。これが、わたしが肉の中にいるときは、わたしは全く超自然的でない理由である。)これらの言葉の意義をはっきりと理解し、わたしの導きに従って物事を行うことは、誰にとっても必要なことである。自分ひとりで深遠な言葉や教義を理解しようとしてはならない。

前へ: 第百章

次へ: 第百二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第二十七章

人間の行いがわたしの心を動かしたことは一度もないし、貴重だという印象をわたしに与えたこともない。人の目には、わたしがいつもその人に対して厳格で、いつも権威を振るっているかのように映っている。人のあらゆる行為のうち、わたしのためになされるものはほとんどないし、わたしの目の前で確固た…

唯一無二の神自身 3

神の権威(2) 本日は、引き続き「唯一無二の神自身」について説教します。この主題について、これまで既に2回にわたって説教しました。1回目は神の権威に関するもの、2回目は神の義なる性質に関するものでしたね。これら2回の話を聞いて、あなたがたは神の身分、地位、そして本質について新たな…

第三十二章

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりは微塵もなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の観念に向けられているのではなく、人を遠ざけ…

終着点について

終着点に関する話になると必ず、あなたがたはその話を特に真剣に受け止める。あなたがたは全員この話題について特に敏感である。好ましい終着点に辿り着くために、神にひれ伏すのを切望する者もいる。あなたがたが切望する気持ちはわたしにも理解でき、それを言い表すことは不要である。あなたがたは自…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索