第百二章

わたしはある程度まで話し、ある程度まで働いた。あなたがたは皆、わたしの旨を把握し、程度の差はあるものの、わたしの重荷を考慮することができなければならない。現在は肉が霊の世界に移り変わる転換期であり、あなたがたは、時代を渡り歩く先駆者、宇宙と地の隅々まで駆け巡る宇宙の人間である。あなたがたはわたしの最愛の者である。わたしが愛するのは、あなたがたである。あなたがた以外にわたしが愛する者はいないと言ってよい。何故なら、わたしのこれまでの辛苦の努力はすべてあなたがたのためだからである──あなたがたがそれを知らないことなどあろうか。どうしてわたしはすべてのものを創造するのか。どうしてわたしはすべてのものを動員して、あなたがたに仕えさせるのか。これらはすべてあなたがたへのわたしの愛の表現である。山々と山々にいるすべてのもの、地と地の上にいるすべてのものがわたしを賛美し、わたしに栄光を帰す。それは、わたしがあなたがたを獲得したからである。まことに、すべてのことが成し遂げられた。そして、さらにすべてのことが完全に完了した。あなたがたは、わたしのために力強い証しをして、悪魔であるサタンをわたしのために辱めた。わたし以外のすべての人々、出来事、物ごとが、わたしの権威の下に服従し、わたしの経営(救いの)計画の完成により、全てはそれぞれの種類に加わる(わたしの民はわたしに属し、サタンの類はみな火の池へ行く──彼らは底なしの穴に落ち、そこで永遠に嘆き、永久に滅びる)。「滅びること」と「その時から彼らの霊、魂、そして肉体を取り去ること」について話すとき、わたしは彼らをサタンに渡して、踏みにじらせることを言っているのだ。言い換えれば、わたしの家に属さないすべての者が滅びの対象となり、彼らはもはや存在しなくなるのだ。これは、人々が想像するように、彼らがいなくなってしまうことではない。そして、わたしの見方では、わたしの以外のものは何も存在しないとも言える。それが滅びの本当の意味である。人間の目にはまだ存在しているように見えるが、わたしの見方では、彼らは無に帰し、永遠に滅びるだろう。(誰であれ、わたしが働きかけない者、また、わたしの外にいる者に重点が置かれている。)人間の中では、どのように考えても、これを解明することはできず、どんな見方をしても、それを見破ることはできない。わたしが啓示を与え、照らしを与え、あからさまに指摘しない限り、誰も明確に理解できない。さらに、誰もがそれについて曖昧になるばかりで、さらに空虚になり、ますます行くべき道がないと感じるだろう──彼らはほとんど死人のようである。今、ほとんどの人々(長子を除くすべての人々を意味する)がこの状態にある。わたしはこれらのことを非常にはっきりと言うが、これらの人々は、まったく反応がなく、いまだに肉の快楽を求めている──彼らは食べては眠り、眠っては食べ、わたしの言葉を熟考することはない。たとえ彼らが活力を得ても、それはしばらくの間続くだけで、その後はまた前と同じままで、彼らはあたかもわたしの言葉をぜんぜん聞いていないかのように、まったく変わらないのである。彼らは、重荷を負わない典型的な無能な人間である──最も明らかな居候である。後で、わたしは彼らを一人ずつ見捨てる。心配しなくてもよい。わたしは彼らを一人ずつ底なしの穴に戻す。聖霊はこのような人間に働きを行ったことがなく、彼らが行う一切のことは、彼らが受け取った賜物から生じる。わたしがこの賜物について話すとき、これはいのちのない者、つまり、わたしの効力者を意味している。わたしは彼らのうちの誰も要らない。そして、わたしは彼らを排除する(しかし、今はまだ彼らは少しは有用である)。効力者であるあなたがた、聞きなさい。わたしがあなたを用いているからといって、わたしがあなたに好意を持っていると思ってはならない。これはそんなに簡単なことではない。わたしがあなたに好意を持つことを望むなら、あなたは、わたしに承認される者、わたしが自ら完全にする者にならなければならない。わたしが愛するのは、このような人間である。たとえ人々が、わたしが間違いを犯したと言っても、わたしは決して約束を破らない。あなたには分かるだろうか。奉仕する者たちは牛や馬である。どうして彼らがわたしの長子になれるというのか。それは馬鹿げたことではないだろうか。それは自然の法則を破ることではないだろうか。誰であれわたしのいのち、わたしの資質を持っている者は、わたしの長子である。これは合理的なことである──誰もそれを反証することはできない。それはそのようでなければならない。さもなければ、その役割を果たせる者は誰もおらず、それに代わることができる者も誰もいないだろう。これは感情によって行動するようなことではない。何故なら、わたしは義なる神自身であるからだ。わたしは聖なる神自身である。わたしは威厳のある、背くことの許されない神自身である。

人間にとって不可能なことでも、わたしにとっては円滑かつ自由にすすむ。誰もそれを止めることはできず、誰もそれを変更することはできない。小さな悪魔であるサタンはもちろんのこと、この広大な世界は、わたしの手の中にある。もしわたしの経営(救いの)計画とわたしの長子たちのためでなければ、わたしは死の悪臭が充満した、邪悪でふしだらなこの古い時代をずっと昔に滅ぼしていただろう。しかし、わたしは礼儀を守って行動し、わたしは軽々しく話さない。一度わたしが話すと、それは達成される。たとえそうでないとしても、そこにはわたしの知恵の側面があり、それがわたしのためにすべてを成し遂げ、わたしの行動のために道を開くのだ。わたしの言葉はわたしの知恵であり、わたしの言葉はすべてであるからだ。人々は根本的にそれらを理解することができず、それらを解明することができない。わたしはしばしば「火の池」について述べる。それはどういう意味であろうか。それは「火と硫黄の池」とどう違うのであろうか。「火と硫黄の池」はサタンの影響を指し、「火の池」はサタンの支配下にある世界全体を指している。世界のすべての者が火の池で燃やされるいけにえとなる対象である(すなわち、彼らはますます堕落してゆき、堕落がある程度に達すると、わたしによって一人ずつ滅ぼされる。それはわたしにとって簡単なことであり、それには、ひとつの言葉だけで十分である)。わたしの怒りが大きければ大きいほど、火の池全体の炎はさらに激しく燃える。これは人々の悪がさらに増すことを意味している。わたしの怒りが爆発する時はまた、火の池が爆発する時となるだろう。つまり、それは宇宙と世界全体が滅びる時である。その日、わたしの国は地上で完全に実現し、新しい生活が始まるだろう。これはもうすぐ実現されることである。わたしが話すので、すべてのことが目の前で成就される。これは人間の観点から見たことであるが、わたしの見方では、わたしにとってはすべてが簡単なので、物ごとは事前に完了している。わたしが話せば、それは成し遂げられ、わたしが語れば、それは確立される。

あなたがたは毎日わたしの言葉を食べ、わたしの神殿で豊かさを楽しみ、わたしのいのちの川から水を飲み、わたしのいのちの木から実を摘み取る。それでは、わたしの神殿での豊かさとは何であるのか。わたしのいのちの川の水とは何であるのか。いのちの木とは何であるか。いのちの木の実とは何であるか。これらの一般的な句は、全く混乱し、それらを無責任に話し、無謀に用い、手当たり次第に適用している全ての人間には理解できない。神殿の豊かさは、わたしが話した言葉も、わたしがあなたがたに与えた恵みも意味しない。それでは結局のところ、それは何を意味するのか。昔から、わたしの神殿で豊かさを味わえる幸運な者は誰もいなかった。ただ終わりの日にだけ、わたしの長子たちの間で、人々はわたしの神殿の豊かさが何であるかを見ることができる。「わたしの神殿の豊かさ」で言及されている「神殿」とは、わたしの本質であり、それは、シオンの山、つまりわたしの住むところを指している。わたしの許可がなければ、誰もそこに入ることも、そこから出ることもできない。「豊かさ」とは何を意味するのか。豊かさとは、体の中でわたしと共に支配することの祝福を指している。一般的に言えば、これは体の中でわたしと共に支配している長子たちの祝福を意味しており、これを理解するのは難しくない。いのちの川の水には二つの意味がある。一方で、それはわたしの存在の奥底から流れ出る生ける水、つまり、わたしの口から出て来る一つひとつの言葉を指している。また一方、それは、わたしの行動の知恵と謀略、および、わたしの存在そのものと、わたしの持っているものとを指している。わたしの言葉の中には、無限の隠された奥義があり(奥義はもはや隠されていない、ということは過去を対照として語られているが、未来の公の啓示に比べれば、それらはまだ隠されている。ここで言う「隠されている」ということは、絶対的ではなく、むしろ相対的である)、それは、いのちの川の水は常に流れているということである。わたしの中には無限の知恵があり、人々は決してわたしの存在そのものと、わたしの持っているものとを少しも理解できない。すなわち、いのちの川の水は絶えず流れているのである。人間の視覚では、多くの種類の物質的な木があるが、誰もいのちの木を見たことはない。しかしながら、今日それを見ているにもかかわらず、人々はまだそれを理解していない。そしていまだに、彼らはいのちの木から実を食べることについてさえ話している。それは本当にばかげている。彼らはそれを見境なく食べる。何故わたしは、今日、人々はそれを見ているが、理解していないと言うのだろうか。わたしは何故そう言うのか。わたしの言葉の意味を理解しているだろうか。今日の実践の神自身とはわたしという人間であり、またそれはいのちの木である。人間の観念を使ってわたしを測ってはならない―外からは、わたしは木のようには見えないが、わたしがいのちの木であることをあなたは知っているか。わたしの一つひとつの動きと発言と態度は、いのちの木の実であり、それらはわたしの本質である──それらはわたしの長子たちが食べるべきものであり、最終的に、わたしの長子たちだけがわたしとまったく同じになるのだ。彼らはわたしを生ることができ、わたしを証することができるようになる。(これらは、わたしたちが霊の世界に入った後に起こることである。体の中でのみ、わたしたちは全く同じになることができる。肉ではほぼ同じになることができるが、わたしたちにはまだ自分特有のものがある。)

わたしは長子たちの中にわたしの力を示すだけでなく、長子たちがすべての国々とすべての民族を治めることによって、わたしの力を示す。これはわたしの働きの一つの段階である。今が鍵であり、今は何よりも転機であるのだ。すべてのことが成し遂げられると、あなたがたはわたしの手の業とは何かを見、わたしがどのように計画し、どのように経営しているかを見るであろうが、これは曖昧なことではない。世界各国の動向によれば、それはあまり遠くない。それは人々が想像できないことであり、さらには、彼らが予知できないことである。あなたがたは、祝福され報われる機会を逃さないために、絶対に不注意になったり、怠ったりしてはならない。神の国の展望が見え始め、全世界は次第に死に倒れつつある。底なしの穴、また火と硫黄の池から、泣き叫ぶ声が溢れ出し、人々を恐怖に陥れ、恐れと恥を感じさせている。誰であれ、わたしの名によって選ばれ、その後で取り除かれた者は、底なしの穴に落ちるだろう。だからわたしが何度も言ったように、わたしは排除の対象を底なしの穴に投げ込む。全世界が滅ぼされると、滅ぼされたものはすべて火と硫黄の池に行く──つまり、それは火の池から火と硫黄の池に移される。その時、すべての者は永遠の滅び(わたしの外にいるすべての人々を意味する)、あるいは永遠のいのち(わたしの中にいるすべての人々を意味する)のいずれかに定められる。その時、わたしとわたしの長子たちは神の国から現れて、永遠の中に入るだろう。これは後で成就されることであり、わたしが今言っても、あなたがたは理解しないだろう。あなたがたはただ、わたしの導きに従い、わたしの光の中を歩み、わたしの愛の中でわたしに伴い、わたしの家でわたしと共に楽しみ、わたしの国でわたしと共に統治し、わたしの権威の中でわたしと共にすべての国々とすべての民族を支配することができる。わたしがここで述べたことは、わたしがあなたがたに与える尽きることのない祝福である。

前へ: 第百一章

次へ: 第百三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第二十三章

わたしの声が響き渡り、わたしの目が火を放ち、わたしは全地を見渡す。わたしは全宇宙を見ている。人間はみな、わたしに向かって祈り、仰ぎ見て、怒りを鎮めるよう懇願し、もう逆らわないと誓っている。しかし、今はもう昔ではない。これは今のことだ。誰がわたしの心を元に戻すことができるのか。人間…

唯一無二の神自身 9

神は万物のいのちの源である(3)この期間、神を知ることに関する様々な主題を話してきましたが、最近はそれに関係する極めて重要な主題を話しました。その主題は何ですか。(神は万物のいのちの源である、です。)わたしが語った要点と題目は、みなさんにはっきりした印象を与えたようです。前回は神…

神は人間のいのちの源である

産声を上げてこの世に生まれてきた瞬間から、あなたは自分の責務を果たし始める。神の計画と定めの中で自分の役割を果たして、人生の旅を始める。背景が何であれ、また前途がどうであれ、天の指揮と采配から逃れられる者はいない。また自分の運命を支配できる者もいない。なぜなら、万物を支配するその…

神の働きの過程について

外見的には、神の現在における働きの過程は完了し、すでに人間は神の言葉による裁きと刑罰、強打、精錬を受け、効力者の試練、刑罰の時代の精錬、死の試練、引き立て役の試練、そして神への愛の時代といった段階を経ているように見える。だが、各過程における非常な苦しみにもかかわらず、人は神の心意…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索