全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百三章

雷鳴のような声が発せられ、宇宙全体を揺るがし、人々の耳をつんざき、彼らが逃れるにはもう遅すぎる。そして、ある者は殺され、ある者は滅ぼされ、また、ある者は裁かれる。それは本当に誰も見たことのないような光景である。耳を澄ましてみなさい。雷鳴の轟きといっしょに泣き叫ぶ声が聞こえてくる。その声はハデスから聞こえ、地獄から聞こえてくる。それは、わたしによって裁かれた反逆の子らの苦々しい声である。わたしの言うことを言わず、わたしの行うこと行わない者は厳しく裁かれ、わたしの怒りの呪いを受ける。わたしの声は裁きと怒りであり、わたしは誰も容赦しないし、誰にも憐みを示さない。わたしは義なる神であり、わたしは憤っており、燃えており、清めており、滅ぼしているからである。わたしの中では何も隠されておらず、感情的なものは何もなく、むしろすべてが開かれており、すべてが義であり、公平である。わたしの長子たちは既にわたしと共に玉座に就いて、すべての国々とすべての民族を支配しているので、それらの正しくない不義のものや人々は、今裁かれつつある。わたしは、何一つ見逃すことなく、完全に暴露して、彼らを一人ずつ探るであろう。何故なら、わたしの裁きは完全に明らかにされ、完全に公開されており、留められるものは何ひとつないからである。わたしは、わたしの旨に適わないものは何であれ投げ棄て、底なしの穴で永遠に滅びるようにする。わたしはそれが底なしの穴で永遠に燃えるようにする。これがわたしの義であり、わたしの公正さである。誰もこれを変えることはできず、それはわたしの命令に従わなければならない。

ほとんどの人々がわたしの言葉を無視し、言葉は単なる言葉であり、事実は事実だと思っている。彼らは盲目である。彼らは、わたしが真実な神自身であることを知らないのか。わたしの言葉と事実は同時に起こる―これはまさに真実ではないだろうか。人々はわたしの言葉を理解しておらず、啓示を受けた者だけが本当に理解できる―これは事実である。人々は、わたしの裁きが下るときはもちろんのこと、わたしの言葉を見るやいなや、仰天してしまい、あちこちに隠れる。わたしが万物を創造したとき、わたしが世界を滅ぼすとき、そして、わたしが長子たちを完全にするとき、これらのすべてのことは、わたしの口から出る一つの言葉で成し遂げられる。というのは、わたしの言葉そのものが権威であり、裁きであるからだ。わたし自身が裁きであり、威厳であり、誰もこれを変えることはできないと言ってよいだろう。これはわたしの行政命令の一面であり、わたしが人々を裁くための一つの方法である。わたしの目には、すべての人々、すべての出来事、すべての物―実にあらゆるもの―がわたしの手の中にあり、わたしの裁きの下にあるのだ。誰であれ、何であれ、無闇に自分勝手に行動することは許されない。すべてはわたしの口から発せられる言葉に従って成し遂げられなければならない。人間の観念では、すべての者がわたしの言葉を信じている。わたしの霊が声を発すると、人々は疑いを抱く。彼らはわたしの全能性を全く知らず、わたしのことを不当に非難する。わたしはあなたに告げる。誰であれ、わたしの言葉に疑問を抱く者、わたしの言葉を軽視する者こそ、滅ぼされる者であり、永遠に地獄の子である。このことから、長子は極めて少ないことが分かる。何故なら、これがわたしの働き方であるからだ。わたしが言ったように、わたしは指一本動かすことなく、わたしの言葉を使ってすべてを達成する。つまり、ここにわたしの全能性があるのだ。わたしの言葉の中には、誰もわたしの発言の根源と目的を見つけることはできない。人々はこれを達成することができない。彼らはただわたしの導きによってのみ行動することができ、わたしの義によってわたしの旨に従うことによってのみ、すべてのことを行うことができるのであり、その結果、わたしの家族は義と平和を持ち、永遠に生き、永久にしっかりと、揺るぐことなく立つことができるのである。

わたしの裁きはすべての者に下り、わたしの行政命令はすべての者に及び、わたしの言葉と人間の存在はすべての者に現される。これはわたしの霊の大いなる働きの時である(この時、祝福される者と災いを受ける者が区別される)。わたしの言葉が発せられるやいなや、わたしは祝福される者と災いを受ける者を区別する。それは完全明瞭であり、わたしはそれを一目で見ることができる。(それはわたしの人間性について述べられているので、わたしの予定と選択とに矛盾しない。)わたしは山と川とあらゆる物と宇宙空間を行き巡り、あらゆる場所を観察し、すべての場所を清める。それは、わたしの言葉によって、それらの汚れた場所と堕落した地がすべて消えて無くなり、燃え尽くされ、無に帰すためである。わたしにとっては、すべてが容易である。もし今が世界を滅ぼすようにわたしが予定した時であるなら、わたしはそれを一つの言葉で呑み込むこともできるが、今はその時ではない。わたしの計画を混乱させ、わたしの経営を妨げることがないように、わたしがこの働きをする前に、すべてのことが準備されなければならない。わたしは合理的にそれを行う方法を知っている。わたしにはわたしの知恵があり、わたしの采配がある。人々は指一本動かしてはならない―わたしの手によって殺されないように気をつけなさい―それはすでにわたしの行政命令に触れることである。このことから、人は、わたしの行政命令の厳しさを見ることができ、次のような二つの側面を含む、わたしの行政命令の原則を見ることができる。一方で、わたしは、わたしの旨と一致しないすべての者とわたしの行政命令に違反するすべての者を殺す。また一方では、わたしの怒りの中で、わたしは、わたしの行政命令に違反するすべての者を呪う。これらの二つの側面は不可欠であり、それはわたしの行政命令の方針原則である。すべての人々は、どんなに忠実であろうと、感情を伴わずに、これらの二つの原則に従って取り扱われる。これはわたしの義を示し、わたしの威厳とわたしの怒りを示すのに十分であり、それは、地上のすべてのもの、世のすべてのもの、そして、わたしの旨と一致しないすべてのものを焼き尽くすだろう。わたしの言葉の中には隠された奥義があり、またわたしの言葉の中には明らかにされた奥義があるので、人間の観念、人間の心の中では、わたしの言葉は永遠に理解することができず、わたしの心は永遠に計り知れないのである。言い換えれば、わたしは人間から観念と思考を追い払わなければならない。これはわたしの経営(救いの)計画の中の最も重要な項目である。わたしの長子たちを獲得し、わたしがしたいことを達成するためには、わたしはこのようにそれを行わなければならない。

世界の災害は日増しに大きくなり、わたしの家族の間では、壊滅的な災害はいっそう激しさを増している。人々は本当に隠れるところがなく、恥じ入って顔を見せることもできない。今は推移の時であるため、次はどこへ足を踏み出せばよいのか誰も分からない。それはわたしの裁きの後になって初めて明らかになる。憶えておきなさい。これがわたしの働きの一つの段階であり、わたしの働き方である。すべてのわたしの長子たちのために、わたしは彼らを人一ずつ慰め、彼らを一歩一歩引き上げる。すべての効力者に対しては、わたしは彼らを人一ずつ排除し、見棄てる。これがわたしの経営(救いの)計画の一部である。すべての効力者たちが露わにされた後に、わたしの長子たちも明らかにされるだろう。(わたしにとっては、これはあまりに容易である。それらすべての効力者たちは、わたしの言葉による裁きと脅威のもとで徐々に退き、残される者は、わたしの長子たちだけになるだろう。これは任意のことでも、人間の意志によって変えられることでもなく、むしろ、わたしの霊が個人的に働いているということである。)これは遠くの出来事ではなく、あなた方は、この段階でのわたしの働きと言葉から、それをある程度理解できなければならない。どうしてわたしがそれほど多くのことを語るのか、人々には測り知れないし、また、それは予測できない。わたしは、長子たちには慰めと憐みと愛の口調で話す(何故なら、わたしはいつも彼らに啓示を与え、わたしは彼らを離れることがなく、わたしは彼らを予め定めたからである)。一方、わたしの長子以外の者には、厳しい裁きと、脅威と、脅しによって扱い、彼らが常に怯え、彼らの神経が常に働いている状態にさせる。状況がある程度まで進展すると、彼らはこの状態から脱するだろう(わたしが世界を滅ぼすとき、これらの人々は底なしの穴に落ちる)。しかし、彼らは決してわたしの裁きの手から逃れることはなく、この状況から抜け出すことは決してないだろう。つまり、これが彼らへの裁きである。これは彼らへの刑罰である。外国人たちが到来する日、わたしはこれらの人々を一人ずつ露わにするだろう。これはわたしの働きの一段階である。わたしが以前それらの言葉を述べた理由の背後にある意図を、今あなた方は理解しただろうか。わたしの見解では、成就されていないことも、すでに成就されたことであるが、すでに成就されたことは、必ずしも達成されたことではない。何故なら、わたしには知恵があり、人間には見当も付かないわたしの働き方があるからだ。わたしがこの段階で成果を出すとき(わたしに抵抗するすべての邪悪な者たちを露わにしたとき)、わたしは次の段階を開始するだろう。それは、わたしの旨は妨げられることがなく、誰もわたしの経営(救いの)計画を邪魔しようとはせず、何ものも障壁を作ろうとはしないからである―彼らは道を空けなければならない。赤い大きな竜の子らよ、聞きなさい。そして、わたしの長子たちを獲得し、あなた方の父を辱め(これは赤い大きな竜の子孫に向けられている)、わたしの長子たちを支え、わたしの長子たちに対して行われた悪を正すために、わたしはシオンから来て、この世で肉となった。だから再び野蛮になってはならない。わたしは、わたしの長子たちにあなた方を処分させる。かつてわたしの子らはいじめられ、虐げられた。そして、父は子らのために権力を行使するので、わたしの子らはわたしの愛の腕の中に戻り、もはやいじめられたり、虐げられたりすることはない。わたしは不義ではない。このことはわたしの義を示しており、それはまさに「わたしは、わたしが愛する者を愛し、わたしが憎む者を憎む」ということである。わたしのことを不義であると言うのなら、あなた方は急いで出て行くべきである。恥知らずにも、わたしの家族の中で居候してはならない。わたしがもうあなたを見ないでいいように、すぐに自分の家へ帰りなさい。底なしの穴が、あなた方の終着点であり、そこがあなた方の休み場である。あなた方がわたしの家族の中にいるなら、あなた方は荷役用の牛や馬なので、あなた方には居場所がないだろう。あなた方は、わたしが使用する道具である。あなた方を使用しなくなると、わたしはあなた方を火の中に投げ入れ、焼き尽くすであろう。これはわたしの行政命令である。わたしはこのようにしなければならない。そして、ただこれのみが、わたしの働き方を示し、わたしの義とわたしの威厳を示すのだ。もっと重要なのは、このようにしてのみ、わたしの長子たちに、わたしと共に権力によって支配させることができるということである。

前へ:第百二章

次へ:第百四章

他のお気に入り