第百四章

わたしの外にあるすべての人々、出来事、物ごとは過ぎ去り、無に帰するであろう。その一方、わたしの中のすべての人々、出来事、物ごとは、わたしからすべてを得て、わたしと共に栄光の中に入り、わたしの住まいであるわたしのシオンの山に入り、永遠にわたしと共に存在するであろう。わたしは初めにすべてのものを創造し、最後にわたしの働きを完了させ、また永遠に王として支配するであろう。またその間に、わたしは全宇宙を導き、指揮する。誰もわたしの権威を奪うことはできない。それは、わたしが唯一の神自身であり、また、わたしの長子たちがわたしと共に統治することができるように、わたしの権威を彼らに渡す力を持っているからである。これは永遠に存在し、決して変更することはできない。これはわたしの行政命令である。(わたしは自分の行政命令について議論するたび、わたしの国で起きることと、永遠に存在し、決して変えることができないものを指している。)誰もが心から確信し、わたしが愛するそれらの者の中に、わたしの大いなる力を見なければならない。誰もわたしの名を辱めることはできない──あなたがたは皆ここから出て行かなければならない。わたしに憐みがないわけではないが、あなたは不義である。もしあなたがわたしの刑罰に反するなら、わたしはあなたを処分し、永遠にあなたを死なせるだろう。(もちろん、これはわたしの長子ではない人々に向けられている)。わたしの家には、そのようなゴミは要らない。急いでここから出て行きなさい。一分、いや数秒たりとも遅れてはならない。あなたはわたしが言うことをしなければならない。さもなければ、わたしはあなたを一つの言葉で滅ぼすだろう。あなたはもう躊躇しない方がいい。あなたはもう欺かない方がいい。わたしの前にでたらめを並べる者、わたしの面前で嘘をつく者よ──直ちに立ち去れ。このようなものに使うわたしの時間は限られている。(奉仕をする時であれば彼らは奉仕し、去る時なら彼らは去るだろう。わたしは、一分一秒の誤差も、ほんの僅かもずれることなく、知恵によって物事を行う。それはすべて義であり、全く正確である。)しかし、わたしの長子たちには、わたしは無限に寛容であり、最後まで永遠に彼らを愛し、あなたがたがわたしと共に永遠に素晴らしい祝福と永遠の命を楽しむことができるようにし、その間、決して挫折や裁きに耐えなくてもいいようにする。(これは、あなたがたが祝福を楽しみ始める時を指している。)これが、わたしが世界を創造したときの、わたしの長子たちへの無限の祝福と約束である。あなたがたはその中にわたしの義を見るべきである──わたしは、わたしが予め定めた者を愛し、わたしが見捨て取り除いた者を永遠に憎む。

わたしの長子として、あなたがたは自分の本分に留まり、自分の地位に立ち、わたしの前に引き上げられる最初に熟した実となり、わたしの個人的な吟味を受け入れるべきである。その結果、あなたがたがわたしの栄光の姿を生きることができるようになり、わたしの栄光の光があなたがたの顔を通して照らし出され、わたしの言葉があなたがたの口から広げられ、わたしの国があなたがたよって支配され、わたしの民があなたがたによって支配されるためである。ここでわたしは、「最初に熟した実」と「引き上げられる」という言葉に言及した。「最初に熟した実」とは何であろうか。人々の観念によれば、それは引き上げられる最初の人々の集まり、あるいは、それは勝利者たち、または長子である人々を指していると考えられている。これらはすべて虚偽であり、わたしの言葉の誤った解釈である。最初に熟した実は、わたしから啓示と権威を得た人々である。いわゆる「最初に熟した」とは、わたしによって所有され、予め定められ、選ばれていることを指している。「最初に熟した」とは、順序の最初を意味するのではない。「最初に熟した実」は、人間の目で見える物質的なものではない。いわゆる「実」とは、香りを放つもの(これは象徴的な意味である)を指している。つまりそれは、わたしを生き、わたしを表し、わたしと永遠に生きることができる者たちである。「実」と言うとき、わたしは、わたしのすべての子らとわたしの民のことを言っているが、「最初に熟した実」は、わたしと共に王として統治する長子たちのことを指している。したがって、「最初に熟した」は権威を帯びていることとして説明されるべきである。それがその真の意味である。「引き上げられる」とは、人々が想像するように、低いところから高いところに連れて行かれることではない。これは大きな間違いである。「引き上げられる」とは、わたしの予定、そして選択を指しているのだ。それはわたしが予め定め、選んだすべての人々を対象としている。長子、子ら、または民の地位を得た者は皆、引き上げられた人々である。これは人々の観念と最も相容れないものである。将来わたしの家を分かち合う者は、わたしの前に引き上げられる人々である。これは絶対に真実であり、決して変わらず、誰も反論することはできない。これはサタンに対する反撃である。わたしが予め定めた者は、誰でもわたしの前に引き上げられるだろう。

人は「聖なるラッパ」をどう説明するだろうか。あなたがたはこれをどう理解しているだろうか。どうしてそれは聖なるものと言われ、それはすでに鳴り響いたと言われているのだろうか。これはわたしの働きの段階から説明され、わたしの働き方から理解されるべきである。わたしの裁きが公表される時は、わたしの性質がすべての国々とすべての民族に現される時である。それが聖なるラッパが鳴り響く時である。つまりそれは、わたしの性質は聖なるものであり、犯し難いものである、とわたしがしばしば言うことである。それ故に、「ラッパ」を言い表すのに「聖なる」という言葉が使われているのだ。このことから、「ラッパ」とは、わたしの性質を指しており、わたしの存在そのものと、わたしの持っているものとを表していることが分かる。また、わたしの裁きは毎日進行し、わたしの怒りは日々注がれており、わたしの呪いはわたしの性質に適わない一つひとつのものの上に毎日降りかかっていると言ってもよい。そして、わたしの裁きが始まる時が、聖なるラッパの鳴り響く時であり、それは一瞬たりとも止まず、一分、一秒たりとも止まることなく、毎日鳴っていると言える。これから聖なるラッパは、大きな災害が徐々に降りかかるにつれ、ますます大きく鳴り響くであろう。つまり、わたしの義の裁きの啓示と共に、わたしの性質がますます公にされ、わたしの存在そのものと、わたしの持っているものが、わたしの長子たちの中にますます加えられるだろう。これが将来のわたしの働き方である。一方で、わたしの愛する者を支え、救い、また一方で、わたしの言葉を使って、わたしがさげすむ者を全員露わにする。憶えておきなさい。これこそがわたしの働き方、わたしの働きの段階であり、それは絶対に真実である。これは創世以来わたしによって計画されており、誰にも変えることはできない。

わたしの言葉には人々が理解しにくい部分がまだたくさんあるので、わたしは、わたしの話し方と奥義を明らかにする方法をさらに進化させた。言い換えれば、わたしの話し方は、日々違った形式と方式により、毎日変化し、進化している。これらはわたしの働きの段階であり、誰にも変えることはできない。人々はわたしが言うことに従ってのみ発言し行動することができる。これは絶対に真実である。わたしは、わたしの存在とわたしの肉においての両方で、適切な采配を下した。わたしの人間性による一つひとつの行動と業の中に、わたしの神性の知恵のひとつの側面がある。(人類は全く知恵を持っていないので、長子たちがわたしの知恵を持っていると言うのは、長子たちが自らのうちにわたしの神としての性質を持っていることを指している)。長子が愚かなことをするのは、まだあなたがたの中に人間性の要素があるからだ。だから、あなたがたは人間性の愚かさを取り除き、わたしが愛することを行い、わたしが憎むことを拒まなければならない。誰でもわたしから来た者は、わたしの中に戻らなければならない。誰でもわたしの中で生まれた者は、わたしの栄光の中に戻らなければならない。わたしが憎む者は見捨てられ、一人ずつわたしから断ち切られなければならない。これらがわたしの働きの段階であり、わたしの経営であり、また六千年にわたるわたしの創造の計画である。わたしが見捨てる者は皆、従順に従い、わたしから去らなければならない。わたしが愛する者は皆、わたしが彼らに授けた祝福の故に、わたしを賛美しなければならない。それによってわたしの名がさらに栄光に満ち、わたしの栄光の顔に栄光の光が加わり、彼らがわたしの栄光の中でわたしの知恵で満ち、わたしの栄光の光の中で、わたしの名にさらに栄光を帰すようになるのである。

前へ: 第百三章

次へ: 第百五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第十一章

人間は誰もみな、わたしの霊による観察を受けなければならない。自分のすべての言葉と行動を細かく調べ、さらに、わたしの驚くべき行いを見なければならない。神の国が地上に来るとき、あなたがたは、どのように感じるだろうか。わたしの子らと民がわたしの玉座に流れ込んで来るとき、わたしは大きな白…

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよい…

神の国の時代は言葉の時代である

神の国の時代、神は言葉を用いて新たな時代の到来を知らせ、その働きの方法を変え、その時代全体の働きを行う。これが言葉の時代における神の働きの原則である。神はさまざまな視点から語るために肉となって、肉に現れた言葉である神を人間が真に目のあたりにし、神の知恵と驚くべき素晴らしさを目にで…

第六章

霊の内のことについては、細心の注意を払わなければならない。わたしの言葉を注意深く、慎重に聞きなさい。わたしの霊と肉の体、わたしの言葉と肉の体とを切り離すことのできない単一のものと見ることができる状態に至るように努め、わたしの前で全人類がわたしを満足させることができるようにしなけれ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索