第百五章

わたしの言葉の原則、あるいは、わたしの働きの方法の故に、人々はわたしを否定する。これこそが、わたしが長い間語ってきた目的であった(それは、赤い大きな竜の子孫について語られたのである)。それは、わたしが働くときの知恵のあるやり方であり、赤い大きな竜に対するわたしの裁きである。これはわたしの戦法であり、それを完全に理解できる者はひとりとしていない。岐路に立つ毎に、つまり、わたしの経営(救いの)計画の移行期毎に、一部の人々が排除されなくてはならない。彼らはわたしの働きの順序に従って排除される。唯一これのみが、わたしの経営計画全体における働きの方法である。わたしが取り除きたいと思っている者をひとりずつ投げ捨てると、わたしはわたしの働きの次の段階を開始する。しかしながら、今回の排除が最後の排除となる(それは中国の教会内で為される排除である)。そしてそれは、世界が創造されて以来、移行期における人々の排除としては最も多くの人々が排除される時である。歴史を通じて、人々が排除される時はいつでも、その後の働きへの奉仕のために一部の人達が残されていたが、今回はこれまでとは違う。それは迅速で整然としており、今までで最も厳しく、かつ徹底的である。わたしの言葉を読んだ後、ほとんどの人々は自分の心にある疑いを払い除けようとするが、最後にはそれを克服することができず、最終的に困難に陥る。そうなるかどうかを決めるのは人間ではない。なぜなら、わたしが予め定めた者たちは逃れることができず、予め定めていない者たちに対しては、わたしはただ蔑むだけだからである。わたしが好意的に見る者たちだけがわたしに愛される人たちである。そうでなければ、自由にわたしの国を出たり入ったりできる者は一人もいない。これはわたしの鉄の杖であり、これのみが、わたしの行政命令執行の力強い証しであり、その完全なる表明である。これは当然、生き生きとした心を持っているかどうかという問題ではない。わたしはなぜ、サタンは弱くなり、倒れたのだ、と言ったのか。初め、サタンには力があったが、わたしの手の中にある。わたしが「横になれ」と言えば横になり、「立ってわたしのために奉仕せよ」と言えば必ずそのようにする。サタンが進んでそうするのではない。わたしの鉄の杖がサタンを支配しており、その時にだけ、サタンは口先だけでなく、心から納得するのである。わたしの行政命令がサタンを統治しており、わたしには力があるので、サタンは完全に納得せざるを得ず、全く抵抗することのないまま、わたしの足台になって踏み躙られなくてはならないのだ。過去に、わたしの子たちに対して奉仕していた頃は、サタンは極めて厚かましく、意図的にわたしの子たちをいじめてわたしを辱めようとし、わたしには能力がないと言わんばかりであった。何と盲目なことか。わたしはお前を踏みつぶして息の根を止める。お前はまたしても暴れるのか。お前はまたしてもわたしの子たちに冷たくするのか。人々が誠実になり、わたしの声に耳を傾け、わたしに服従すればするほど、お前はさらに彼らをいじめ、さらに孤立させる(これは人々を誘い出して徒党を組ませることを意味する)。今お前が暴れる日々は終わろうとしている。わたしは、少しずつお前との勘定を精算し始めている。そしてわたしは、お前を大目に見ることなど少しもないのだ。権力を握るのは、サタン、お前ではない。わたしがその権力を取り戻したのだ。そして、子たちを呼び出して、彼らにお前を取り扱わせる時が来た。お前は従わなくてはならず、全く抵抗することはできない。過去に、わたしの前どれ程立派に振る舞うことがあったとしても、それは今、何の役にも立たない。お前がわたしの愛する者のひとりでなければ、わたしはお前を望まない。一人多過ぎても受け入れられず、わたしが予め定めた通りの人数でなければならない。ひとり少ないのは尚更良くない。サタンよ!邪魔をするな。わたしが誰を愛し誰を憎むのか、わたしが心の中ではっきりしないということなどあるだろうか。それをお前に思い出させてもらう必要があるだろうか。サタンはわたしの子たちを生むことができるだろうか。全ての者が馬鹿げている。全ての者が卑劣である。わたしは全ての者をことごとく、完全に捨て、ひとつも欲するものなどない。全ては出て行かなければならない。六千年の経営計画は終わりを迎えている。わたしの働きは終わり、わたしはこの野獣と畜生の群れを一掃しなければならない。

わたしの言葉を信じてわたしの言葉を行うものは、間違いなくわたしの愛するものであり、わたしはひとりとしてその者たちを捨てず、ひとりとして手放さない。だから、長子である者は思い煩うことはない。それはわたしにより授けられたものであり、それを取り上げることは誰にもできないからである。そしてわたしは、わたしが祝福する者に、必ずそれを与える。わたしが認めた者たちを(世界の創造以前に)、わたしは祝福する(今日)。これがわたしの働く方法であり、わたしの行政命令の各条項の主要な原則でもあり、だれもそれを変更することはできない。一行たりとも、ひと言たりとも追加されてはならず、ましてや一行たりとも、一語たりとも削除されてはならない。わたしは過去に、わたしの本体があなたがたに現れる、としばしば言った。では、本体とは何なのか、それはどのように現れるのか。単にわたしという人間を指しているのか。単にわたしの語る言葉ひとつひとつという意味か。これら二つの側面は、欠くべからずものであるものの、それは、ほんの一部にしか過ぎない。つまり、それがわたしの本体のすべてを現わしてはいないということだ。わたしの本体は、肉におけるわたし自身、わたしの言葉、わたしの行いを含むが、最も的を射た表現は、わたしの子たちとわたしがわたしの本体である、ということである。つまり、統治し、権力を握る、団体的基督者の一群は、わたしの本体だということである。それだから、長子のひとりひとりはかけがえのない者であり、わたしの本体の一部である。それゆえ、わたしは、長子たちの数は一人多すぎても(それはわたしの名を辱めることである)、もっと重要な事には、一人少なすぎてもいけない(この場合、わたしを完全に現わすことができない)ことを強調する。そして繰り返しわたしは強調する。わたしの長子たちはわたしの最も大切な宝であり、わたしの六千年に及ぶ経営計画の結晶であると。長子たちだけが、完璧で完全なわたしの現れであり、わたしのみの場合は、ただわたしの本体の完全な現れであり、長子を伴なう場合のみ、完璧で完全な現れと言えるのである。そのような訳で、わたしの長子たちに関しては、わたしは厳格に要求し、何も見逃すことはしない。そして長子以外のものは全て繰り返し切り離し殺す。これがわたしの言ったことの根源であり、わたしの言ったことの究極の目標である。更に、わたしは、彼らはわたしに認められた者たちでなければならないこと、世界の創造以来、わたしが直接選んだ者たちでなければならないことを何度も強調する。それでは、「現れる」ということを今、どのように説明するのか。それは霊的世界に入る時であるのか。ほとんどの人達は、それは肉におけるわたし自身が油を注がれる時だとか、肉におけるわたし自身を見る時だなどと信じているが、どれも間違っている。それは見当違いもはなはだしい。「現れる」はその語源から理解するならば何も難しいことはないが、わたしの意図に沿ってそれを理解するのは、ずっと難しい。次のように言うことができる。わたしが人類を造ったとき、わたしはわたしの愛する一群の人々にわたしの素質を注ぎ入れ、彼らをわたしの本体とした。別の言い方をするならば、わたしの本体はその時すでに現れているのだ。わたしの本体はこの名を受けてから現れたというより、むしろわたしがこの一団の人々を予め定めた後に現れたのである。なぜなら、彼らはわたしの素質(彼らの本性は変わることがなく、今でもわたしの本体の一部である)を持っているからだ。だから、わたしの本体は世界の創造から今日まで、ずっと現れているのである。ほとんどの人は、肉におけるわたし自身がわたしの本体であるという観念を信じているが、それは全くの間違いである。その考えは人々の思考と観念から生じるものに過ぎない。もし肉におけるわたし自身だけがわたしの本体であるならば、サタンを辱めるには不十分である。わたしの名に栄光を帰すことはできず、むしろ逆効果で、それゆえわたしの名を辱め、時代を超えてサタンがわたしの名前を辱める印となる。わたしは知恵ある神自身であり、決してそのような愚かなことはしない。

わたしの働きは成果を挙げねばならず、それ以上に、わたしは様々な方法を使って言葉を語らなくてはならない。わたしの言葉とわたしの発言の全ては、わたしの霊に従い、わたしはわたしの霊がすることに従って語る。従って全ての者は、わたしの言葉を通して、わたしの霊を感じるべきであり、わたしの霊がしていることを見、わたしがしようと望むことがいったい何であるのかを理解し、わたしの言葉に沿ったわたしの働き方を知り、わたしの全経営計画の原則が何であるかを知るべきである。わたしは宇宙の全体像を注意深く見る。全ての人、出来事、そしてあらゆる場所は、わたしの命令に従う。わたしの計画を無視しようとするものはいない。わたしが指示した通りに、全てのものは段階を追って前進する。これこそが、わたしの力であり、わたしの全計画を経営する知恵はここにある。全てを理解できる者はひとりもなく、明確に語れる者もいない。全てはわたし自身によって直接行われ、わたしひとりによって支配される。

前へ: 第百四章

次へ: 第百六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

わたしは地上において、わたしの追随者となる多くの者を求めてきた。これらの追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、神の子、神の民、奉仕をする者たちがいる。彼らがわたしに示す忠誠に基づき、わたしは彼らを分類する。すべての者が種類に準じて分類されたとき、つまり、人間のそれぞ…

信仰においては現実に焦点を合わせなければならない——宗教的儀式を行うことは信仰ではない

あなたは宗教的慣習をいくつ守っているだろうか。神の言葉に逆らって、自分の道に行ってしまったことが何回あるだろうか。神の重荷を真に考慮し、神の旨が成就されることを求めて、神の言葉を実行したことが何度あるだろうか。神の言葉を理解して、それを実行に移しなさい。すべての行動と行いに原則を…

一人ひとりが自らの役割を果たすことについて

現在の流れにおいては、神を真に愛するすべての人に、神によって完全にされる機会がある。若かろうと年老いていようと、心の中で神への従順を抱き、神を畏れる限り、そのような人は神によって完全にされることが可能である。神は人の様々な役割に応じてその人たちを完全にする。自分の全力を振るい、神…

祈りの実践について

あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索