全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第百六章

わたしの言葉を知らない者たち、わたしの持つ普通の人間性を知らない者たち、そしてわたしの神性に反抗する者たちはみな、破壊されて無と化さなくてはならない。例外は一人もなく、全ての人がそこを通らなければならない。何故ならこれは、わたしの行政命令であり、それはわたしの命令の中でも最も厳しい条項であるからだ。わたしの言葉を知らない者たちは、わたしがはっきりと指摘したことを聞いていながら、それを理解できない者たちである。つまり、霊的な事柄を理解できない者たちである(わたしはこの器官を人間の為に造っていないので、人間に多くを求めることはしない。ただ彼らがわたしの言葉を聞き、実践することのみ求める)。彼らはわたしの家の人々ではなく、わたしと同じ種類ではない。彼らはサタンの領域に属する。それ故わたしは、霊的な事柄を理解しないこのような人々をひとりも求めない。以前あなた方は、わたしがやり過ぎだと感じていた。今日あなた方は理解するだろう。獣が神と会話することなど出来るだろうか。それは馬鹿げたことではないだろうか。わたしの持つ普通の人間性を知らないものは、自分の観念を使って、人間性の中でわたし行う事を測る者である。服従する代わりに、彼らは自分たちの肉の目でわたしのあら探しをするのである。わたしの話しは無駄だったのだろうか。わたしは、わたしの普通の人間性は、完全な神自身であるわたしになくてはならない部分であり、またこれは、わたしの普通の人間性と完全な神性が調和して働く正しい方法である、とわたしは言った。わたしが普通の人間性を通して為す事が人間の観念に合わない時、わたしに反抗する者たちや、わたしの心に適わない者たちが露わにされる。その時、わたしは人間性を通して、わたしの完全な神性を用いてわたしの声を発し、このようにして一部の人たちを扱う。たとえわたしのすることがあなたに理解できなくても、あなたが従うなら、わたしはそのような人を罪に定めず、その人に啓きを与える。わたしはこのような者を愛し、あなたの服従ゆえに、わたしはあなたを啓く。わたしの神性に逆らう者たちの中には、わたしの言葉を知らない者たち、わたしの普通の人間性とは相容れない者たち、また、わたしが神性において行うこと(例えば、わたしが怒ることや教会を建設すること等)を認めない者たちなどが含まれる。このようなことはわたしの神性に対する反抗の現れである。だがわたしには強調すべきことがひとつだけある。そして、あなた方は皆このことに留意しなければならない。それは、今日のわたしという人間と相容れない者は、わたしの神性に反抗しているということである。わたしという人間は完全なる神自身である、とわたしが繰り返し述べるのは何故か。わたしという人間の性質が、神聖な性質の全てであるからだ。人の観念を用いてわたしを測ってはならない。わたしが普通の人間性を有しているので、わたしのする事は必ずしも全てが正しいとは限らない、と言う人々が未だにいる。そのような人たちよ――あなたはただ死にたいのか。このような者たちはわたしの言うことをひとつも理解せず、間違いなく盲目な者の子孫であり、赤い大きな竜から生まれたものである。全ての者にもう一度言う。(そして、これからはもう同じことは言わない。これに背く者は誰であれ、必ず呪われる。)わたしの言葉、わたしが笑うこと、わたしが食べること、わたしが住むこと、わたしが話すこと、そしてわたしの振る舞いなどは全て神自身であるわたしがすることであり、その中には人間によって混ぜ合わされたものが一切ない。全くないのだ!みな心理戦を止めて、けちくさい計算を止めるべきである。あなたがそんなことを続ければ続けるほど、あなたはさらに絶望的になる。わたしの助言に耳を傾けなさい!

わたしはいつでも一人ひとりの心の奥底を吟味し、ひとつひとつの言動を調べ、わたしが好む者と嫌う者を一人ずつ明確に分ける。これは人々には想像できないことであり、それを達成することは尚更できない。わたしは多くのことを語り、多くのことを行ってきた。わたしの言葉とわたしの働きの背後にある目的をはっきりと説明できるような者がいるだろうか。明確に語れるものなどひとりとしていない。今後、わたしは更に語る。一方でそれは、わたしが嫌う人々を排除し、もう一方では、この事に関してあなた方をもう少し苦しめる。そうする事で、あなた方がもう一度死人の中からの甦りを経験するようになるためだが、それは今まで以上の厳しさを伴う。これは人間によって決められることではなく、誰もそこから逃れることはできない。今そのことを承知していても、時が来たらその苦しみを避けることはできない。なぜなら、それがわたしの働き方だからである。わたしの目的を達成させるために、そしてあなた方の上にわたしの旨を満たすために、わたしはこのように働かなければならない。それが、「あなた方が体験すべき最後の苦難」と呼ばれるのはそのためである。あなた方の肉体はその後、二度と苦しむことはない。なぜなら、赤い大きな竜はわたしによって滅ぼされ、二度と暴れることがないからだ。これが、体に入る前の最後の段階であり、移行の段階である。だが恐れてはならない。度重なる危機の中、わたしはあなた方を確実に導く。わたしが義なる神自身であることを信じなさい。わたしの言ったことは必ず達成される。わたしは信頼に値する神自身である。全ての国々、全ての地、そして全ての教派はわたしのところに戻り、わたしの玉座に集まって来る。これはわたしの偉大な力であり、わたしは反逆の子たちの一人ひとりを裁き、火と硫黄の池に投げ込み、一人の例外なくすべての者が退かなくてはならない。これがわたしの経営(救いの)計画の最後の段階であり、これが完了する時、わたしは安息に入る。なぜなら、全てが完了し、わたしの経営計画は終了するからだ。

わたしの働きの速度が速まったため(わたしの心は騒いではいないが)、わたしは、わたしの言葉をあなた方に毎日現わし、わたしが持っている奥義をあなた方に毎日現わし、あなた方がわたしの歩みにしっかり付いて来られるようにする。(これは、人々を完全にし、また人々を打ち倒す言葉を用いるわたしの知恵である。全ての人はわたしの言葉を読み、わたしの言葉にあるわたしの旨に沿って行動する事ができる。消極的な者たちはみな消極的になり、暴露されるべき者たちはその真相を現わし、反抗的な者たちは反抗し、わたしを忠実に愛する者たちは更に忠実になる。このように、全ての者はわたしの歩みに従うことができる。わたしが説明した幾つかの状況は、どれも皆わたしの働き方の方法であり、わたしが達成したい目的である。)過去にわたしは次のように言った。「わたしがあなた方をどのように導こうが、あなた方はいつもと同じように追い求めなければならない。わたしが何を言おうと、あなた方は聞かなければならない。それはどういう意味だったのか。あなた方に分かるだろうか。わたしの言葉の目的と意義は何だろうか。あなた方にはそれが分かるだろうか。どれだけの人たちがこれを明瞭に説明できるだろうか。「わたしがあなた方をどのように導こうが、あなた方はいつもと同じように追い求めなければならない。」とわたしが言う時、それは、わたしと言う人間の導きだけを意味するのではなく、わたしが語る言葉とわたしが歩む道をも指している。今日、この言葉は真に成就された。わたしがわたしの言葉を語るやいなや、あらゆる悪魔のような顔がわたしの存在の光に照らされて露わになり、あなた方はそれら全てをはっきりと見ることができるようになる。わたしのこの言葉はサタンへの通告であるだけでなく、あなた方全員への委任である。あなた方のほとんどは、この言葉を無視し、それはあなた方に対する委任だと信じてはいるが、あなた方はそれが裁きの言葉であり、権威を有する言葉であることを理解しない。わたしの言葉の目的は、サタンがわたしに対して適切に奉仕し、完全にわたしに服従するように命じることである。過去にわたしが現わした奥義には、あなた方がまだ理解していないものが多くあるので、わたしは今後さらにあなた方に明らかにし、あなた方がもっとはっきりと完全に理解できるようにする。

災難が来ると人々は驚愕し、悲しみに泣き叫び、自分が過去にした邪悪な事を憎むが、時既に遅い。なぜなら、もう怒りの時代になっているからだ。それはもう人々を救い、恵みを施す時ではなく、全ての効力者を排除し、わたしの子どもたちに、わたしに代わって支配させる時なのだ。それは無論これまでとは異なり、世界創造の始めから、このような前例はない。わたしは一度世界を創造したから、世界をもう一度滅ぼす。わたしが予め定めた事は誰にも変えられない。「団体的基督者」と「団体的宇宙新人」というふたつの表現が度々出て来たが、これらはどのような意味だと説明できるだろうか。団体的基督者とは、長子たちを意味するのだろうか。団体的宇宙新人も、長子たちを意味するのだろうか。そうではない。人々はこれらの言葉を正しく解釈してこなかった。人間の観念はこの程度しか理解できないため、わたしはあなた方に今ここで明らかにしよう。「団体的基督者」と「団体的宇宙新人」の意味は同じではなく、それぞれ別の意味がある。文字上はそれ程変わらず、同じように思えるが、現状は全く逆である。「団体的基督者」とは、正確には誰を指しているだろうか。また、何を指しているだろうか。基督者と言うと、誰もがわたしの事を想像する。それは疑う余地のない事だ。更に、人間の観念によると、「者」は間違いなく人間を指し、他の何かに関連付けるものはいない。「団体的」という表現に関しては、大勢の人々の集まり、ほとんどひとつになっていることを想像する。したがって、それは「団体的」と呼ばれる。ここで分かるのは、人間の考え方は余りに単純で、人間にはわたしが言う意味が全く理解できない。それでは、「団体的基督者」の意味に関して、正式に交わろう。(しかしみな自分の持つ観念を脇に置く必要がある。そうでなければ誰も理解することができず、わたしが説明したところで、人々は信じることも理解することもないだろう。)わたしが語るやいなや、わたしの長子たちは皆わたしの旨に沿って行動し、わたしの旨を表現することができるので、長子たちは同一の心、同一の口なのである。彼らが全ての国々と全ての人々を裁く間、彼らはわたしの義を行うことができ、わたしの行政命令を執行することができる。彼らはわたしの表現であり、わたしの現れである。それ故、団体的基督者は、長子たちがわたしの行政命令を執行している事実の現れであり、長子たちの手にある権威であると言ってよい。また、これは全てキリストに関連しているので、基督者という用語を使うのである。更に、全ての長子はわたしの旨に従って行動することができるので、わたしは「団体的」という表現を使うのである。「団体的宇宙新人」は、わたしの名にある全ての人々という意味であり、つまりわたしの長子であり、子どもたちであり、わたしの民である。「新しい」という言葉はわたしの名を指す。彼らはわたしの名にあるので(わたしの名はすべてを含み、永遠に新しく、決して古くなることはなく、人間によって変えられることはない)、彼らは今後永遠に生き続ける。彼らは宇宙新人である。ここで言う「団体的」とは、人々の数に関係しており、既に述べた場合とは異なる。わたしの言葉が語られる時、全ての人はそれを信じなければならない。疑ってはならない。あなた方の人間的な観念と人間的な考えを取り除きなさい。奥義を現わすわたしの今の過程とは、正に人間の観念と考えを取り除く過程なのである。(人々は自分の観念を用いてわたしとわたしが言うことを測るので、わたしは、わたしが現わす奥義を用いて人間の観念と思考を取り除く。)この働きは間もなく完了する。わたしの奥義がある段階まで現わされると、人々はわたしの言葉に対する思考過程をほとんど持たなくなり、自分の観念を使ってわたしを測ることを止める。彼らが日々考えることをわたしは露わにし、そして反撃する。ある時点までくると、人々はもはや考えることをしなくなり、頭が空っぽになって何の思考も持たなくなり、完全にわたしの言葉に従うようになる。それが、あなた方が霊的領域に入る時である。これこそが、あなた方が霊的領域に入ることをわたしが許す前の、わたしの働きの段階である。あなた方は、聖く染みのないものとなって霊的領域に入る前に、人間の観念を取り除かなければならない。これこそが、「わたしは聖い霊的体である。」という言葉の元来の意味である。しかしあなた方はわたしの段階に従って行動しなければならず、あなた方が気づく前に、わたしの時は来る。

前へ:第百五章

次へ:第百七章