神が肉となって初めて人は救いの機会を得る

あなたがたは経験を積むうちに、ある日、神の受肉、普通の人間の肉となることが全人類に必要であると理解するまでになります。神の受肉、人間性、神が明かす全てのことが普通であるほど、私たちの救いは偉大なものになります。またそれらが普通であるほど、私たちにとっての必要性が増します。神の受肉が超自然のものであれば、私たちの誰一人として、たとえ神に選ばれたとしても救われることはないでしょう。人に救いの機会があるのは、まさに神が謙り隠れているため、一見平凡なこの神が普通で実際的であるためです。人の中には不服従と、堕落したサタン的性質の本質があるので、神に対するあらゆる観念、誤解、敵意が生み出されます。またそれらの観念の結果として、人が常にキリストを否定し、その普通の人間性を否定することさえあります。それは大きな間違いです。


神に救われ、神の裁きと刑罰を受けたいと願うなら、まずキリストに関する様々な観念や誤った定義、キリストについての様々な見解や意見を捨て去り、彼がもたらす全てのものを受け入れるべきです。そのときはじめて、彼が語る言葉と表わす真理があなたの心に入り、あなたのいのちとなります。キリストに従いたければ、キリストに関係するすべてのものを受け入れなければなりません。キリストに対立したり、自分の観念にしがみついて絶えずキリストを誤解して疑ったり、果てはキリストに抵抗して逆らったりしてはいけません。そのような態度であれば自分を傷つけるだけであり、まったくあなたのためになりません。


『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: 神は全ての愛を人類に与えた

次へ: 神の愛は最も真実である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索