180 死を賭して忠心を尽くし神に従う

私は福音を広め、神を証ししたため、中共に逮捕された

悪魔の巣窟に閉じ込められ、冷たい床によこたわる

彼らはあらゆる器具を用い、この衰えた身体(からだ)をさいなむ

悪魔に辱しめられて、死んだ方がましだと思われ

何度も弱気になり、苦痛にすすり泣き

何度も虐げられ、痛みにうめく

絶望と恐怖に取り囲まれ、心は泣いている

この拷問と責め苦がいつ終わるのか見当もつかず

真っ暗な夜中に神に何度も祈る

神の言葉が私に信仰を与え、しっかりと立たせてくれる

私は神と共に過ごした素晴らしい時を想う。

その幸福な時のことが心に浮かぶ

サタンを辱める勝利の証しをするという

あの時の誓いをどうして忘れられようか

たとえこの痛みがまだ取り去られず続いても

たとえ強風が吹き続け、暴風雨が突然襲ってきても

目を覚ました後で死んでも

私の生死は神の手の中にあると固く信じる

いかにサタンに苦しめられても決して屈せず

力強く証しして神に栄光を帰すと誓う

試練と患難を通して、私はついに目覚めた

サタンの卑劣さ、残虐さ、邪悪さがわかり

怒りの炎が心の中で燃え立つ

死を賭して赤い大きな竜に背き、神を証しすると誓う

いま終わりの日のキリストに従うことができるのは光栄

神に裁かれ、真理を得ることは最大の祝福

神の言葉が共にあるから、もはや孤独も恐れも感じない

神が患難を通して導いてくれるから、落ち着いて歩み続ける

試練と患難を通して、私は信仰に満ち

死を賭して最後までキリストに従う

前へ: 179 闇と弾圧のただ中で立ち上がる

次へ: 181 私は神に従うことを心に固く決めた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索