完全にされた人々への約束

神はどのような道をたどって人を完全にするのだろうか。そこにはどのような側面が含まれているのだろうか。あなたには神によって完全にされる覚悟があるのか。神の裁きと刑罰を受け入れる覚悟があるのか。このような問いについてあなたは何を知っているのか。あなたに語るべき認識がないのなら、このことは、あなたが依然として神の働きを認識せず、聖霊によってまったく啓かれていないことを証明している。そのような人が完全にされるのは不可能である。わずかな恵みを与えられてほんのひととき享受するだけであり、それが長続きすることはない。神の恵みを享受するだけなら、人は神に完全にしてもらうことができない。一部の人たちは、自身の肉が平穏と喜びの中にあり、人生が安楽で逆境や不運がなく、家族全体が調和して暮らし、争いやいさかいがなければ満足し、それは神の祝福だと信じさえする。実を言えば、それは神の恵みにすぎない。あなたがたは、神の恵みを享受するだけで満足してはいけない。このような考え方は非常に低俗である。たとえ神の言葉を毎日読み、日々祈りを捧げ、あなたの霊が大きな喜びを感じ、ひときわ穏やかであるとしても、結局のところ、神や神の働きについて語るべき認識はなく、何一つ経験していない。そして神の言葉をどれほど飲み食いしたとしても、あなたの感じるのが霊の平安や喜びだけで、神の言葉は比類なく甘美であり、享受してもし尽くせないとしか感じず、神の言葉について実際の経験が一切なく、神の言葉の現実をまったく欠いているなら、あなたはそのような神への信仰から何を得られるだろうか。神の言葉の本質を生きられないなら、あなたがそれらの言葉を飲み食いして祈ったとしても、それは宗教的な信仰にすぎない。そのような人が神によって完全にされることはできず、神のものとされることもできない。神のものとされる人とは、真理を追い求める人である。神のものとされるのは、人の肉でもなければ、その人に属するものでもなく、人の内にある、神に属する部分である。ゆえに、神は人を完全にするとき、その人の肉ではなく心を完全にするであり、そうすることで、人の心が神のものとなるようにする。つまり、神が人を完全にするのは本質的に、人の心を完全にすることで、その心が神のほうを向き、神を愛するようにさせることである。

人の肉体はみな肉のものである。人の肉を得ることは、神のいかなる目的にも役立ちはしない。人の肉は必ずや衰え、神からの嗣業や祝福を受け取ることができないものだからである。仮に人の肉が得られ、人の肉だけがこの流れの中にあるとしたら、名目上、人はその流れの中にいることになるが、その心はサタンに属するだろう。そうであれば、人は神を表わせないばかりか、神の重荷になってしまい、ゆえに人を選ぶ神の行為は無意味になるはずだ。神が完全にしようと意図している人たちはみな、神の祝福と嗣業を受け取る。すなわち、そのような人たちは、神が所有するものと神そのものを取り入れるので、それが、彼らが内部に持つものとなる。つまり、神の言葉が彼らに組み入れたすべてのものを所有しているのだ。神という存在が何であれ、あなたがたは、その存在のすべてをまさにそのまま受け入れることができ、そうすることで、真理を生きられる。これが、神によって完全にされ、神のものとされた人である。そのような人だけが、次に挙げる、神が授ける祝福を受け取る資格がある。

1. 神の愛の全部を得ること。

2. 万事において神の旨に沿って行動すること。

3. 神の導きを得て、神の光の中で生き、神の啓示を得ること。

4. 神が愛する姿を地上で生きること。すなわち、ペテロと同じように真に神を愛すること、神のために十字架にかけられ、死んで神の愛に報いるのにふさわしい存在となること、そしてペテロと同じ栄光を受けること。

5. 地上の誰からも愛され、敬われ、称賛されること。

6. 死やハデスの束縛のあらゆる側面を克服すること、サタンに働く機会を与えず、神のものとされていること、新鮮でいきいきとした霊的状態であること、そして疲労を感じないこと。

7. 一生を通じ、あたかも神の栄光の日の到来を目の当たりにした人のように、言語を絶する高揚感や気持ちの高まりを抱くこと。

8. 神とともに栄光を勝ち取ること、神の愛する聖人たちに似た容貌を持つこと。

9. 神が地上で愛するもの、すなわち神の愛する子になること。

10. 姿を変え、神と共に第三の天に昇り、肉を超越すること。

神の祝福を受け継げる人だけが、神によって完全にされ、神のものとされる。あなたは今、何かを獲得してきたのか。神はどの程度まであなたを完全にしてきたのか。神は手当たり次第に人を完全にしない。神が人を完全にするにあたっては条件があり、そこには目に見える明確な結果がある。人が想像するように、神への信仰がある限り、神によって完全にされ、神のものとされ、神の祝福と嗣業を地上で受け取れる、ということではないのだ。そのようなことは極めて難しく、人が姿を変えることについては言うまでもない。現在、あなたがたが主として追求すべきことは、万事において神によって完全にされること、あなたがたが向かい合っているすべての人、事柄、物事を通して、神によって完全にされることである。そうすることで、神という存在がさらにあなたがたの中へ取り込まれる。あなたがたはまず、神の嗣業を受け取らなければならない。そうして初めて、神からのより大きな祝福をさらに受け継ぐ資格が得られる。これらはすべて、あなたがたが追求すべきことであり、何よりも先に理解すべきことである。万事において神によって完全にされることを求めれば求めるほど、何事においても神の手を見られるようになり、その結果、様々な観点を通じて、また様々な事柄において、神の言葉の存在に入ること、そして神の言葉の現実に入ることを積極的に求めるようになる。単に罪を犯さない、あるいは観念を抱かない、処世哲学を一切持たない、人間としての意思を持たないといった、消極的な状態に甘んじてはいけない。神は多数の方法で人を完全にする。あらゆる事柄に完全にされる可能性が潜んでいるのであって、神は肯定的な面だけでなく、否定的な面においてもあなたを完全にすることができ、結果的にあなたが得るものをより豊富にする。神によって完全にされる好機、神のものとされる機会は毎日ある。そのような経験をしばらくすると、あなたは大きく変わり、それまで知らなかった多くの事柄を自然と理解するようになる。誰かから教えられる必要はなく、神があなたを知らぬ間に啓き、それによってあなたは万事において啓示を受け取り、自分のあらゆる経験に詳しく入るようになる。神はあなたを、左右どちらにもふらつかないように導くはずだ。こうしてあなたは、神によって完全にされる道へと足を踏み入れるのである。

神によって完全にされることは、神の言葉の飲み食いによって完全にされることに限定されない。そのような経験の仕方はあまりにも偏っていて、含まれるものが少なすぎ、人を非常に狭い範囲に閉じ込めるだけだろう。そうであれば、必要な霊の養分が大いに欠けていることになる。あなたがたが神によって完全にされることを望むなら、万事においてどう経験すべきかを学び、どのようなことが我が身に降りかかっても、そこから啓示を得られるようにならなければならない。良いことであれ悪いことであれ、それはあなたに益をもたらさなければならず、あなたを消極的にさせることがあってはならない。いずれにせよ、あなたは神の側に立ちつつ物事を考えられるようになる必要があり、人の観点から分析あるいは検討してはならない(これは、あなたの経験における逸脱と言えよう)。あなたがそのように経験するのであれば、あなたの心はいのちの重荷で一杯になるだろう。あなたは常に神の顔の光の中で生き、実践において容易に逸脱することはない。そのような人の前途には、明るい未来がある。人が神によって完全にされる機会は数多く存在する。そのすべては、あなたがたが神を真に愛する人かどうか、そして神によって完全にされ、神のものとされ、神の祝福と嗣業を受け取る決意があるかどうかにかかっている。決意だけでは十分でなく、多くの認識を持たなければならない。さもなければ、実践においていつも逸脱してしまうだろう。神は、あなたがた一人ひとりを完全にしたいと思っている。現在、大半の人が長きにわたって、神の働きをすでに受け入れてきたものの、彼らは単に神の恵みに浴することだけにとどまり、神が自分にささやかな肉の慰めを与えることしか望まず、より高度な啓示をさらに受け取ることには熱心でない。それは、人の心が依然として、いつも外側の世界に属していることを示している。人の働き、奉仕、そして神を愛する心は、以前ほど不純でないにしても、人の内なる本質と後ろ向きな考え方に関する限り、人は依然として、肉の平安と喜びを絶えず求めるだけで、神が人を完全にする条件と目的が何であるかには関心を持たない。このように、大半の人の生活はいまだ俗悪かつ退廃的であり、ほんの少しも変わっていない。神への信仰を重要な問題とはまったく見なさず、他人のために信仰を持っているかのように、目的もなくふらつきながら、動作を繰り返し、いい加減に乗り切るだけである。万事において神の言葉へ入ることを求め、より豊かな物事をさらに獲得し、そして今日、神の家のより大きな富となり、神の祝福をさらに多く受け取れる人はほとんどいない。万事において神によって完全にされることを求め、地上で神が約束したものを受け取れるなら、また、万事において神に啓かれることを求め、年月が怠惰に過ぎ去るままにしないなら、それこそが、積極的に入るべき理想の道である。そうして初めて、あなたは神によって完全にされる価値と資格のある人間になる。あなたは真に、神によって完全にされることを求める者か。あなたは真に、万事において勤勉な者か。ペテロと同じく、神を愛する心を持っているか。イエスと同じく、神を愛する意志を持っているか。あなたは長年にわたり、イエスへの信仰を持ち続けてきた。では、イエスがどのように神を愛したかを理解しているのか。あなたが信仰しているのは、本当にイエスなのか。あなたは、今日の実践の神を信じている。では、肉にある実践の神が天なる神をどのように愛するかを理解しているのか。あなたは、主イエス・キリストへの信仰を持っている。それは、人類の罪を贖うためにイエスが十字架にかけられたことと、彼の行った奇跡が、広く受け入れられた事実だからである。しかしながら、人の信仰は、イエス・キリストについての認識や真の理解から生じるものではない。あなたはイエスの名前だけを信じ、彼の霊は信じていない。イエスがどのように神を愛したかなど気にも留めないからである。あなたの神への信仰は、あまりにも純朴である。長年にわたるイエスへの信仰にもかかわらず、あなたは神をどう愛すべきかを知らない。このことは、あなたを世界一の愚か者にしてしまわないだろうか。このことは、あなたが長年にわたり、主イエス・キリストという食べ物を無駄に食べてきたことを証明している。わたしはそのような人を嫌うだけでなく、あなたが崇拝する主イエス・キリストもまたそのような人を嫌うと確信する。一体どのようにして、そのような人が神によって完全にされ得るだろうか。あなたは恥ずかしさのあまり赤面しないのか。恥ずかしく思わないのか。あなたには依然として、あなたの主イエス・キリストに顔を向ける厚かましさがあるのか。あなたがたはみな、わたしが述べたことの意味を理解しているのか。

前へ: 正常な霊的生活は人を正しい道へ導く

次へ: 悪人は必ず罰を受ける

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪い。神に反対する悪魔になり、人による神への反抗は歴史書に記録されるほどになり、本人でさえその反抗的な振る舞いを完全に説明することができなくなっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよいかわ…

もっと現実に集中しなさい

神に完全にされる可能性はすべての人にあるので、どのような奉仕が最も神の旨に適っているのかを皆が理解する必要がある。ほとんどの人は神を信じるということの意味を知らず、なぜ神を信じるべきなのかも理解していない。つまり、ほとんどの人は神の働きや神の経営(救いの)計画の目的をまったく理解…

過ちは人間を地獄へ導く

わたしはあなたがたに何度も警告し、あなたがたを征服するための真理を数多く与えてきた。現在、あなたがたはみな、以前よりもはるかに豊かであると感じ、人間のあるべき姿の原則を多数理解し、誠実な人がもつべき常識を多数備えるようになってきた。そのすべてが、あなたがたが長年かけて得てきた収穫…

聖書について(2)

聖書は旧約・新約聖書とも呼ばれる。あなたがたは「約」の意味を知っているだろうか。「旧約」の「約」は、ヤーウェがエジプト人を殺し、イスラエル人をパロから救ったときの、ヤーウェとイスラエルの民との契約に由来する。もちろん、この契約の証しは鴨居につけた子羊の血であり、神はそれをもって人…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索