日々の神の御言葉: いのちへの入り | 抜粋 374

万物の長である全能神は、玉座から王としての権力を振るう。神は宇宙と万物を支配し、全地でまさに私たちを導いている。私たちはどの瞬間にも神に近づき、静かに神の前に出て、一瞬の時も逃すことなく、いつでも教訓を学ばねばならない。私たちの周りの環境から、人々、出来事、事物までを含むすべてのものは、神の玉座に許可されて存在している。どんなことがあっても心に不平不満を抱いてはならない。さもないと、神はあなたに恵みを授けない。病を患ったなら、それは神の愛によるもので、神の善意が必ずその背後にある。体は多少の苦しみに耐えることになるかもしれないが、サタンによる思いは一切抱いてはならない。病気の只中で神を賛美し、賛美の只中で神を楽しみなさい。病気に直面しても気を落とさず、何度も繰り返し求めて諦めることがなければ、神はあなたに光を当てるだろう。ヨブの信仰はどうだったか。全能神は全能の医者なのだ。病の中に留まれば病気になるが、霊の中に留まれば健やかになるのだ。あなたに最後の息があるかぎり、神はあなたを死なせはしない。

 私たちの内にはキリストの復活したいのちがある。私たちは間違いなく、神の前で信仰に欠けている。神が私たちの内に真の信仰を与えて下さいますように。神の言葉はまことに甘美だ。神の言葉はよく効く薬であり、悪魔やサタンを恥じ入らせる。神の言葉を把握すれば支えを得ることができ、私たちの心はすぐに救われるだろう。神の言葉はすべてのものを一掃し、すべてに平和をもたらす。信仰とは一本の丸太橋のようなもので、卑屈に命にしがみつく者がそれを渡るのは困難だが、自らを犠牲にする覚悟のある者は自信を持って不安なく渡ることができる。臆病な恐れに満ちた思いを抱く者は、サタンに騙されているのだ。サタンは私たちが信仰の橋を渡って神の中に入ることを恐れているため、あらゆる手段を講じて私たちにサタンの考えを送り込もうとする。私たちは絶えず神の光に照らしてもらえるよう祈り、常に私たちの中からサタンの毒が清められるよう神に拠り頼み、常に神に近づく方法を霊の中で実践し、全存在を神に支配してもらわなければならないのだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

病気の始まりは神の愛

全能神、万物の主は玉座から王権を振るう、万物を支配し、私たちを導く、神の前に来て、いかなる時も学びなさい。全ての人々や物、全ての出来事は、神の玉座から来る許しによって存在する。だからもし病が降りかかったとしても、神には正しい意図がある。不平を言ってはならない。神は恵みを授けるだろう。肉体に苦しみを受けても、サタンの思いを抱いてはならない。病の中で神を誉め讃えよ。落胆して諦めてはならない。あなたが心から探し求めれば、神は必ず光を照らすだろう。

ヨブのことを考えてみなさい。どんなに信仰深かったかを。神は大いなる力を持つ医者である。病のことばかり考えればあなたは病み、霊の中に留まればあなたは良くなる。あなたに息があるなら、神はあなたを死なせはしない。復活したキリストのいのちが、私たちの内にあるにもかかわらず、神への信仰が全く欠けている。神が信仰を与えますように、神の言葉はとても甘美であり、全ての人のための薬である。

悪を辱めよ!サタンを辱めよ!神の言葉は私たちの支えであり、私たちの心を救ってくれる。それは全ての悪を一掃し、あらゆることに平和をもたらす。信仰は一本の丸太橋のようで、臆病者は渡れない。だが犠牲を払う者は必ず渡ることができる。サタンは臆病な思いで人々を欺き、あらゆる方法で悪い思いをもたらそうとするので、私たちの毒を清めてくれるよう神の光を求めて祈りなさい。神に近づき、支配してもらおう!

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「キリストの初めの言葉:第百二十章」抜粋97

シオンよ! 歓呼せよ! シオンよ! 大声で歌え! わたしは勝ち誇って戻ってきた。わたしは勝利して帰って来た。すべての民よ、急いで整列せよ。すべての被造物よ、動きを止めなさい、わたしの本体が全宇宙に向き合い、世界の東に現れるからだ。ひざまずいて崇めようとしない者などあるだろうか。わ…

日々の神の御言葉: 神の性質、および神が所有するものと神そのもの | 抜粋 261

この世界にあるすべてが、全能者の思いによって、全能者の目の下で、急激に変化している。人類が一度も聞いたことのない事が、突然到来する一方、人類が常に所有してきたものが、知らないうちに消え去ってしまう。誰も全能者の所在を推し量ることはできないし、まして全能者の生命力の超越性や偉大さを…

日々の神の御言葉「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋292

自分の古い観念を捨ててこそ、新しい認識を得ることが可能であるが、古い認識は古い観念であるとは限らない。「観念」とは、人が想像したことで、現実と反するもののことを言う。もし古い認識が古い時代にもう時代遅れとなり、それが新しい働きの中に入るのを阻んでいたなら、そのような認識も観念であ…

日々の神の御言葉「真理を実践しない人への警告」抜粋604

どの教会にも、教会に迷惑をかけ、神の働きの邪魔をする人がいる。こうした人はみな変装して神の家に潜入したサタンである。彼らは演技に優れている。目的を果たすために、畏敬の念をもってわたしの前に来て、うやうやしく頭を下げ、みすぼらしい犬のように振る舞い、自分の「すべて」を捧げる。しかし…