日々の神の御言葉: いのちへの入り | 抜粋 420

神の実際の言葉を飲み食いすると同時に、神の言葉を熟考し、神の言葉について祈ることが、神の前で静まることの第一歩である。神の前で真に静まることができるなら、聖霊の啓きと照らしがあなたと共にあるだろう。すべての霊的生活は、神の前で静まることによって達成される。聖霊によって感動することができるためには、まず祈りにおいて神の前で静まらなければならない。神の言葉を飲み食いする際に神の前で静まることによって、啓きと照らしを受け、神の言葉を真に理解することが可能になる。通常の黙想と交わりにおいて、また自分の心で神に近づく際、神の前で静まって初めて、あなたは神と本当に親しくなり、神の愛と神の働きに関する真の認識と、神の意図に対する本当の思慮深さが得られるのである。神の前で普段から静まることができればできるほど、あなたは一層照らされることができ、自分の堕落した性質、自分に欠けているもの、自分が入るべきこと、自分が担うべき役割、そして自分の欠点がどこにあるのかをより理解できるようになる。それらはどれも、ひたすら神の前で静まることによって成し遂げられる。神の前にて静まる中で、本当にある程度の深みに達したなら、あなたは霊における何らかの奥義、神が今あなたに為したいと願っていること、神の言葉に関するさらに深い認識、神の言葉の真髄、神の言葉の本質、神の言葉の存在に触れることができ、実践の道をもっと深くかつ正確に理解できるようになる。もしも霊においてある程度の深さまで静まることができなければ、あなたは聖霊によって多少感動するだけだろう。自分の中で力といくらかの喜びや平安を感じるが、それ以上の深みに触れることはないのである。前にも言ったように、人が全力を尽くさないのなら、わたしの声を聞くことも、わたしの顔を見ることも難しい。それは外面的な努力ではなく、神の前にて静まる中で深みに達することを指している。神の前で本当に静まることができる人は、自分を世の一切のしがらみから解き放ち、神に自分を占めてもらうことができる。神の前で静まることができない人は、みな間違いなく自堕落かつ無節操である。神の前で静まることができる者たちは、みな神の前で敬虔な人々であり、神を待ち望む人々である。いのちに注意を払い、霊の交わりに気を配り、神の言葉を渇望し、真理を追求するのは、神の前で静まっている人だけである。神の前で静まることに一切注意を払わず、神の前で静まることを実践しない者はみな、完全に世に執着し、いのちをもたない見かけだけの人である。このような人たちが神を信じると言っても、それはただ口先だけのことである。最終的に神が完全にし、完成させる者たちとは、神の前で静まることができる人である。したがって、神の前で静まる人は、大いなる祝福の恵みを受けている人である。日頃神の言葉を飲み食いする時間を少ししか取らない人、外部の出来事にすっかり心を奪われている人、いのちの入りに注意を払わない人はみな、将来成長する見込みのない偽善者である。神の前で静まることができ、真に神と交わることができる者たちこそ神の民である。

『言葉は肉において現れる』より引用

神の前で静まる者だけがいのちに集中する

神の前で静まれる者は、世の束縛から解放された人であり、神に彼らを占めさせることが出来る。神の前で静まれない者は堕落していて、慎みがない人であり、彼らは身勝手でひどくわがままである。神の前で静まれる者は皆神を慕う、敬虔な人である。神の前で静まれる者は、いのちと霊の交わりを大切にする人であり、神の前で静まれる者は、神の言葉を渇望し、真理を追い求める人である。

神の前で静まることを無視したり、それを実行しない者は、世に執着する虚栄心の強い人である。彼らは命を持たず、神を信じていると主張しても真実ではなく、口から出まかせの空しい言葉である。静まれる者を神は完全にし 完成させ、祝福を授ける。神の前で静まれる者は、いのちと霊の交わりを大切にする人であり、神の前で静まれる者は、神の言葉を渇望し、真理を追い求める人である。

神の言葉をめったに食べ飲みしない者、いのちに入ることを気にかけず、外側のことに集中する者は偽善者であり、彼らに未来はない。神の民は神の前に静まり、神と心を通わせる人たちである。神の前で静まれる者は、いのちと霊の交わりを大切にする人であり、神の前で静まれる者は、神の言葉を渇望し、真理を追い求める人である。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉: いのちへの入り | 抜粋 434

もし人々が神を知ろうとしたら、人々はまず神が現実の神であることを知り、神の言葉を知り、肉となった神の現実的な出現、神の現実的な働きを知らなくてはならない。神の全ての働きが現実であることを知った後でのみ、あなたは神と実際に協力することができ、それを通してのみ、あなたはあなたのいのち…

日々の神の御言葉: 終わりの日における裁き | 抜粋 78

「裁き」という言葉を聞けば、ヤーウェがあらゆる場所に向けて語った言葉と、イエスがパリサイ人に語った非難の言葉を思い浮かべるだろう。こうした言葉は非常に厳しいものだが、神の人に対する裁きの言葉ではない。こうした言葉は、いろいろな状況、つまりそれぞれ異なる背景で神が語った言葉にすぎず…

日々の神の御言葉: いのちへの入り | 抜粋 448

人間が本分を尽くすということは、実際のところ、人間に本来備わっているもの、即ち、人間に可能なことをすべて成し遂げることである。すると、人間は自分の本分を尽くしたことになる。奉仕する最中の人間の欠点は、徐々に経験を積むことと裁きを体験する過程を通して少しずつ減少する。それらは人…

日々の神の御言葉: 終着点と結末 | 抜粋 590

一旦、征服の働きが完成すると、人は美しい世界に連れて行かれる。もちろん、この生活はまだ地上にあるが、今日の人の生活とは全く似ていない。それは全人類が征服された後の生活で、地上の人間にとって新しい始まりであり、人類にとってそのような生活を送ることは、彼らが新しく美しい領域に入ったと…