神を仰ぎ見て神にすがるのが最も偉大な知恵

人がどれほど多くの真理を理解していようと、どれほど多くの本分を尽くそうと、それらの本分を尽くす間にどれほど経験しようと、霊的背丈が大きかろうと小さかろうと、あるいはどんな環境に身を置いてようと、何をするにしても神を仰ぎ見ず、神にすがらないでいることはできない。これは最も偉大な知恵である。多くの真理を理解したとしても、神にすがらないでいるべきだろうか。より長く神を信じてきた人の中には、多少の真理を理解し、数度の試練を経る人もいる。少しは実践的な経験を重ねたかもしれないが、いかに神を仰ぎ、神にすがるべきかは知らない。このような人に知恵はあるか。彼らは最も愚かな人であり、自分は賢いと考え、神を畏れて悪を避けることをしない。

霊の理論について語るべきことが数多くあっても、それで真理を理解していることにはならず、ましてや万事において神の旨を理解しているわけではない。ここにはとても重要な教訓がある。人は何をするにしても神を仰がなければならない。万事において神を仰げば神にすがることができ、神にすがる人だけが前進する道をもつ。ここに深刻な問題がある。多くの物事において、人は自分が理解している経験や規則、および自分の想像に基づいて行動する。ゆえに、人が神を仰いで神にすがるのは難しく、自分の欲望に基づいて行動しやすくなる。このような人は悪事を犯さないかもしれないが、神はそれでも満足しない。したがって、万事において神を仰いで神にすがることが最も偉大な知恵なのである。

『キリストの言葉の記録』の「信者はまず世界の悪しき風潮を見通さなければならない」より編集

前へ: 真の祈りなしには真の奉仕はない

次へ: 神の前で静まる者だけがいのちに集中する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索