裁きを経験して後悔する

キリストの裁きを経験して、心は感情に圧倒される

神の御言葉はすべて真理であり、人類の堕落の実態を明かす

自分の行いとふるまいを振り返り、心は後悔に満たされる

傲慢で、うぬぼれ、利己的で、卑劣で、人間らしさがない

神の裁きがなければ、いまだに自分が善だと信じていただろう

神の御言葉が私を警告する。 なぜ目を覚まさないのか

神は何度も私を諫める。その愛は母の愛をも超える

神はすべての人が御言葉を実践し、神に従うことを願う


神は実に多くの言葉を語り、御心が完全に明かされた

人類への神の愛はとても大きく、現実であるのを私は見る

自分の行いとふるまいを省みて、心は後悔に満たされる

幾度も頑なになって逆らい、神の心を痛めている

私たちが歩んだ道は、神の血と涙から成っている

神は私たちの性質がすぐに変わることを願う

神の裁きが来ても、私はもはや逃げない

清められ、完全にされるために、裁きと刑罰を喜んで受け入れよう

神は私たちにそれほどの期待をかけている

人々が心を捧げるのを待っている

私は人類への神の切なる期待を知った

神の苦心の尽力に応えなければ

永久に神を愛し、御心を慰めよう

前へ: 神の裁きは祝福である

次へ: 心から悔い改めたい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索