真の信者の責任


本当に良心があるなら

重荷と責任感をあなたは持たなくてはならない

たとえ征服されようと

完全にされようと

しっかりこの段階の証しを担いなさい

神の被造物として

全く神に征服されて

最終的に神を満足させ

愛をもって神の愛に報い

神に全く献身する

それは人の責任だ

これが尽くすべき本分

彼らが負うべき重荷

この任務を果たすべきだ

こうして彼らは神の真の信者になる


この働きをみな経験し

もし人が征服され

そして真の認識を持つなら

前途や運命に関わらず

彼らは従順になれるだろう

こうして神の偉大な働きは全て実現するだろう

神の被造物として

全く神に征服されて

最終的に神を満足させ

愛をもって神の愛に報い

神に全く献身する

それは人の責任だ

これが尽くすべき本分

彼らが負うべき重荷

この任務を果たすべきだ

こうして彼らは神の真の信者になる

人の、人の責任

神に与えられた人の責任

神の真の信者

人が果たすべき責任

この任務を果たすべきだ

こうして彼らは神の真の信者になる

『言葉は肉において現れる』の「実践(3)」より

前へ: 神への信仰を第一にするべきだ

次へ: 神は人が真の信仰を持つことを願う

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索