神は地獄の生活から人を救うことを望む

数千年にわたり、中国人は奴隷生活を送ってきたため、考え方や観念、生活、言語、態度、行動が大いに制限され、少しも自由がなかった。数千年にわたる歴史により、霊を備えていた活気のある人々は、疲弊して霊のない屍のような状態になった。多くの人々がサタンの肉切り包丁の下に置かれ、獣の巣のような家に住み、牛や馬の餌同様の物を食べ、「冥界」で感覚を失い、混乱した状態で横たわっている。人々は外観上、原始人と変わらず、彼らの安らぐ場所は地獄のようであり、様々な汚れた悪魔や悪霊に囲まれている。

外側からは、人間は高等「動物」のように見えるが、実際には汚れた悪魔と共生している。そうした人間を世話する者は居らず、サタンが常に待ち伏せする中で暮らし、その網にかかり、そこから逃げ出すことは出来ない。そうした者は、居心地のよい家で愛する者と共に幸福で満たされた生活を送っていると言うよりも、陰府に住み、悪魔と取引し、悪霊と付き合っていると言うべきであろう。事実、人々は依然としてサタンに拘束されており、不浄の悪魔が集うところで生活し、その汚れた悪魔に操られ。人間は、この冥界で数十年あるいは数世紀、数千年にわたり暮らし、神は人間を変化させ、救い、死の墓から救出することと、人間が陰府や地獄で送る生活から脱出出来ることを望む。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(5)」より編集

前へ: 神の働きについて来れない者は排除される

次へ: 幾時代にも及ぶ憎しみは忘れられたのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索