367 神は地上における地獄の生活から人を救い出す

1 数千年にわたり、中国人は奴隷生活を送ってきたため、考え方や観念、生活、言語、振る舞い、行動が大いに制限され、少しも自由がなかった。数千年にわたる歴史は、霊を備えた活気ある人々を捕らえて疲弊させ、霊のない屍も同然にした。多くの人がサタンの肉切り包丁の下で暮らし、獣の巣のような家に住み、牛や馬と同じものを食べ、「冥界」で感覚を失い、混乱した状態で横たわっている。人々の見た目は原始人と変わらず、彼らの安らぐ場所は地獄のようであり、ありとあらゆるけがれた悪魔や悪霊に囲まれている。

2 人間は外見こそ高等「動物」のように見えるが、実際にはけがれた悪魔と共に暮らしている。そうした人間を世話する者はおらず、人々はサタンが待ち伏せする中で暮らし、その網にかかり、そこから逃げ出す術をもたない。そのような人たちは、居心地のよい家で愛する者と共に暮らし、幸福で満たされた生活を送っていると言うよりも、陰府に住み、悪魔と取引し、悪霊と付き合っていると言うべきだろう。事実、人々は依然としてサタンに拘束されており、けがれた悪魔が集うところで生活し、それらけがれた悪魔に操られ、人々の寝床は屍が惰眠を貪る場所、居心地のよい巣のようである。人間は、この冥界で数十年、数世紀、あるいは数千年にわたって暮らし、朝早くに出かけて夜遅くに戻ってきた。神は人間を変え、救い、死の墓から救出すること、そして人間が陰府や地獄で送る生活から脱出できることを望んでいる。

『神の出現と働き』「働きと入ること(5)」(『言葉』第1巻)より編集

前へ: 366 神の働きについて来れない者は排除される

次へ: 368 幾時代にも及ぶ憎しみは忘れられたのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索