生存者になることを追求すべきです

私はあなたがたを一つ道、あなたがたの前途を保証する道へと導きます。それは生存することを追求する道です。将来どんな立場や地位にあるか案じてはいけません。生存しようとする際、何をすべきかだけを考えるべきです。これこそ人々が追求すべきことです。それは正当であり、贅沢な願いではありません。生き残る者は間違いなく良い人だからです。その人は必ず神のためによい証をし、神の意志を必ず満たすでしょう。だから、生存を追求するのは贅沢な願いではありません。むしろ誰もが目指すべきことです。これは神の救いの働きにとても適っています。

あなたがたは、効力者、神の民の一人、神の子の一人、または地位の高い人として、将来生存するために、最も基本的な計画を立てるべきです。あなたが考えなければならないのは、神の承認を得て生存するには何をすべきかだけです。神はより多くの人を生存せることを願っているからです。これはあなたがたの追求を簡単にしないでしょうか。あなたがたは理解すべきです――正常な追求は贅沢な望みではありません。神への信仰において、人は贅沢な願いをもたず、正常な追求をすべきです。

『キリストの言葉の記録』より編集

前へ: すべての問題は真理を追い求めることで解決できる

次へ: 真理の追求に必要な決意

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索