イスラエルの民のように神に仕える

今日、多くの人は、他の人々と協調していくにあたり学ぶべき教訓は何であるかということに注意を払っていない。わたしはあなたがたの多くが、他の人々と協調していく上で何の教訓も学ぶことができず、大半の人は自分の意見に固執していることに気づいた。教会で働くとき、あなたは自分の意見を言い、他の人はその人の意見を言い、それぞれが他人と何の関わりも持たず、実際には何の協力も行われていない。あなたがたは皆、ただ自分の見識を伝えたり、自分の内に抱えている「負担」を解消したりすることにあまりにも夢中で、いのちを追求することは少しも行っていない。ただおざなりに仕事をし、他の誰が何を言おうと何をしようと、自分は自分の道を歩まねばならないと常に信じているようだ。他の人々の状況がどうであろうと、自分はただ聖霊の導かれるままに人と交わるべきだと考えている。他の人々の長所を見つけることはできず、自分自身をよく観察することもできない。あなたがたは物事を受け容れるということにおいて、実に常軌を逸しており、誤っている。あなたがたはいまだに多くの独善性を示していると言える。まるで、あの昔の病に逆戻りしたかのように。あなたがたは互いに完全に心を開けるようなやり方で付き合っていない。たとえば特定の教会での仕事においてどのような成果が得られたかや、自分の最近の内的状態、その他諸々の事柄について、とにかく一切話し合おうとしない。自分自身の観念を手放したり、自分自身を放棄したりといった行為に、あなたがたがいそしむことは一切ない。リーダーや働き手たちは、如何にして兄弟姉妹たちが消極的にならないようにするか、如何にして彼らを積極的に従わせるかということしか考えていない。しかし、あなたがたは皆、ただ積極的に従うだけで十分だと考えており、自分自身を知り、自分自身を捨てるということが何を意味しているのかを根本的に理解しておらず、ましてや他人と協調して奉仕することの意味など知るよしもない。ただ自分自身が神の愛に報いる意志を持ち、自分自身がペテロのように生きる意志を持つことだけを考えている。それら以外には何も考えていない。あなたは、他の人々が何をしていようとも自分は盲目的にそれに従うことはしないし、他の人々がどのようであろうとも自分自身は神によって完全にされることを求める、そしてそれで十分だ、とさえ言う。しかし実際には、あなたの意志が現実において、どのような形であれ具体的に表されたことはない。あなたがたが現在示している態度は、こういったものではないか。あなたがたはそれぞれ自分自身の見識に固守しており、皆が完全にされることを望んでいる。あなたがたはこれほどの長い間、大した進歩もなく神に仕えてきている。特に、この調和してともに働くという学びについては、何一つ成し遂げていない!教会に入ると、あなたは自分のやり方で他者と交わり、他の人々は彼らのやり方で交わっている。調和のとれた協調はめったに行われず、目下の信者に至ってはさらにその傾向が顕著である。これはつまり、あなたがたの中で、神に仕えるということはどういうことか、あるいはどのように神に仕えるべきなのかを、理解している者は非常にまれだということだ。あなたがたは混乱しており、この類の学びをつまらないものと考えている。真理をこういう角度から実践していないばかりでなく、分かっていながら間違ったことをしている者さえ多い。長年神に仕えている者たちでさえ、喧嘩し、互いに陰謀をめぐらし、嫉妬し、競争している。皆一様に自分自身のためであり、協力ということを一切していない。こうしたことすべてが、あなたがたの実際の霊的背丈を表しているのではなかろうか。日々ともに奉仕するあなたがたは、神殿で毎日神自身に直接仕えていたイスラエル人に似ている。神に奉仕するあなたがたが、如何にして協調していくか、如何にして神に奉仕するかを知らないとはどうしたことか。

当時、イスラエル人は神殿で直接ヤーウェに仕えており、祭司という身分を持っていた(もちろんすべての人が祭司だったわけではなく、神殿でヤーウェに仕える者のみがその身分を有していた)。彼らはヤーウェより授けられた冠をかぶった(つまり、彼らがその冠をヤーウェの要求に従って作ったということであり、ヤーウェが直接彼らにその冠を与えたわけではない)。またヤーウェより授けられた祭司の職服も身に着けており、神殿で直接、裸足で朝から晩まで神に仕えていた。彼らのヤーウェに対する奉仕に無計画なところは一切なく、盲目的に没頭して堂々巡りをすることもなく、むしろ、すべてが規則に従って行われ、神に直接仕える者は誰もその規則を破ることができなかった。彼らは全員がこうした規則に従わねばならず、そうでなければ神殿に入ることを許されなかった。誰かが神殿の規則を破った場合、すなわち、誰かがヤーウェの戒めに背いた場合、その人物は神が定めた律法に従って処遇を受けねばならず、誰もそれに異議を唱えたり、違反者をかばったりすることは許されなかった。神に何年奉仕しているかに関わらず、全員が規則に従うことを命じられた。こうした理由から数多くの祭司が、祭司の職服を身に着けて、一年中このようにヤーウェに仕え続けた。神は彼らを一切特別扱いしなかったにもかかわらず、である。彼らは祭壇の前で、そして神殿の中で、一生を過ごしさえしたのである。これは彼らの忠誠と従順との表れであった。そのため、ヤーウェが彼らにあのような祝福を与えたのは自然なことであり、ただ彼らの忠誠がゆえに、彼らは優遇されヤーウェのすべての行いを目にしたのである。当時、ヤーウェがイスラエルにおいて、その選民の間で働きを行ったとき、ヤーウェは彼らに非常に厳しい要求をつきつけた。彼らは皆非常に従順で、律法による制約を受けた。こうした律法は、彼らがヤーウェを敬い畏れる能力を保つために役立った。これらはすべてヤーウェの行政命令であった。こうした祭司の誰かが安息日を守らなかったり、ヤーウェの戒めを破ったりした場合、そしてそれが民衆に見つかった場合、その人物はただちに祭壇の前に引き出され、石打ちによる死刑に処された。その屍を神殿の中や周囲に置くことは禁じられていた。ヤーウェがそれを許さなかったのだ。そのような行為を行った者は誰もが、「俗の生贄」を捧げる者として処遇され、大きな穴に投げ込まれて処刑された。当然ながら、そのような人々は一人残らず命を失うことになり、助命される者は一人もいなかった。中には「俗の炎」を捧げたものもいた。すなわちヤーウェが定めた日に生贄を捧げなかった人々は、捧げ物とともに神の炎によって焼かれたのである。そうした捧げ物は、祭壇に残すことも許されなかった。祭司に対する要求とは次のようなものであった。彼らはまず足を洗ってからでないと、神殿に立ち入ることはおろか、神殿の外の中庭にも立ち入ることも許されなかった。祭司の職服を身に着けなければ神殿に入ることはできず、また祭司の冠をかぶらなければ神殿に入ることができなかった。死体によって汚れている場合は神殿に入ることができず、罪深い人物の手に触れた後は、まず手を洗ってからでないと神殿に入ることができなかった。さらに女性によって自分の身を汚した後は、神殿に入ることもできなければ(3ヶ月間、永遠にではない)、ヤーウェの顔を見ることも許されなかった。その期間が過ぎると―すなわち3ヶ月が経過して初めて、彼らは清潔な祭司の職服を身に着けることを許されたのだが―まず7日間は外の中庭で奉仕してから、その後神殿に入り、ヤーウェの顔を見ることができた。こうした祭司の衣装はいずれも、神殿の中でのみ身に着けることが許され、ヤーウェの神殿を汚すことがないよう、神殿の外では一切着用できなかった。祭司である者は皆、ヤーウェの律法に違反した罪人を神の祭壇の前に引き出す義務があり、罪人はそこで民衆の手によって死刑に処せられた。そうしないと、その悪行を目撃した祭司に火の粉が降りかかるのである。このため彼らはいかなるときもヤーウェに忠実であった。神の律法は非常に厳しいものであり、あえて神の行政命令に平然と違反する気など彼らには一切なかったからである。イスラエル人がヤーウェに忠実だったのは、彼らが神の炎を目の当たりにし、神が人々を罰するその手を目にしたからであり、また彼らが当初神に対してそのような畏敬の念を抱いていたからでもあった。そのため、彼らが得たものはヤーウェの炎のみでなく、神の世話と保護、そして祝福であった。彼らの忠誠とは、すべての行いにおいてヤーウェの言葉に従うということであり、誰もそれに背く者はなかった。誰かが背くことがあったとしても、他の者たちは依然としてヤーウェの言葉を守り続け、ヤーウェに逆らった者を誰であろうとも死刑に処し、神に対してその人物を隠すことは一切なかった。安息日を守らなかった者、乱交の罪を犯した者、そしてヤーウェへの捧げ物を盗んだ者は、特に厳しく罰せられた。安息日を破った者は例外なく、彼ら(民衆)によって石打ちの刑に処刑されるか、むち打ちによって処刑された。姦淫の罪を犯したもの ― 単に魅力的な女性に劣情を抱いた者、悪女に対してみだらな考えを起こした者、若い女性を目にして淫欲を抱いた者も ― は、すべて死刑に処せられた。若い女性が身を覆うものやベールを身に着けておらず、男性を不義の行為に誘い込んだ場合は、その女性が死刑に処せられた。こうした類の律法に違反した者が祭司(神殿で神に仕える者)であった場合は、十字架に張り付けられるか、絞首刑に処された。このような者は生きることを許されず、誰一人としてヤーウェの御前で引き立てを受けることはなかった。このような男の親類は、彼の死後3年間はヤーウェの祭壇に生贄を捧げることを許されず、ヤーウェから民衆に与えられた生贄の分け前を得ることも認められなかった。この期間が終了して初めて、彼らは最高級の牛や羊をヤーウェの祭壇に供えることができた。それ以外の過ちを犯した場合は、ヤーウェの御前で3日間断食を行い、神の恵みを請わねばならなかった。彼らがヤーウェを崇拝したのは、神の律法がそれほどまでに厳しく厳格だったからだけではなく、神の恵みと、神に対する彼らの忠誠の結果でもあった。そのため彼らは今日に至るまで、ずっと同じように忠誠を尽して神に奉仕してきており、ヤーウェの前での嘆願を撤回したことは一度もない。現在、イスラエルの人々はいまだに神の世話と保護を受けており、神は今もなお彼らの恵みとして、常に彼らとともにある。彼らは皆どのようにヤーウェを敬い畏れ、どのように神に仕えるべきかを知っており、神の世話と保護を受けるにはどのように行動しなければならないかを知っている。それは彼らが皆、心の中で神を敬い畏れているからである。彼らの奉仕がすべて成功していることの秘訣は、この畏敬の念以外の何物でもない。では、今日のあなたがたはどうか。このイスラエルの民に少しでも似ているだろうか。現在の神への奉仕は、優れた霊的指導者の導きに従うことに相通じるところがあると思うか。あなたがたはとにかく、何の忠誠も畏敬の念も持ち合わせていない。あなたがたは大いに恵みを受けており、皆が直接神に仕えているという意味でイスラエル人の祭司と同等である。あなたがたは神殿に入ることはないが、あなたがたが受け取るもの、そして、あなたがたが目にするものは、神殿でヤーウェに仕えた祭司が受け取ったものよりもはるかに多い。しかしあなたがたは、彼らよりもはるかに頻繁に反逆し反抗している。あなたがたの畏敬の念は微々たるものであり、その結果として、ごくわずかの恵みを受け取っているのだ。あなたがたは献身的になることがほとんどないが、あのイスラエル人たちが受け取ったものよりもはるかに多くを受け取っている。このすべてにおいて、あなたがたは慈悲深く扱われていないか。イスラエルで働きが行われていたとき、人々が大胆にも意のままにヤーウェを裁こうとするようなことはなかった。しかしあなたがたはどうか。わたしがあなたがたの間で行う働きがあなたがたを征服するためのものでないとしたら、わたしの名を汚すあなたがたの怪しからん行為にどうして耐えることができようか。もしあなたがたの生きている時代が律法の時代であったなら、あなたがたのような行動をし、あなたがたのような言葉を吐けば、あなたがたのうち誰一人として生き残りはしなかっただろう。あなたがたの畏敬の念はほんのわずかだ!あなたがたはわたしが多くの恵みを与えないとして常にわたしを非難し、さらには、わたしが十分な祝福の言葉を与えず、わたしからは呪いの言葉しか出ないとさえ言い張っている。わたしに対してそのようにわずかな畏敬の念をもってしては、わたしの祝福を受け取ることなど不可能だと知らないのか。あなたがたの奉仕の状態がお粗末なために、わたしが常にあなたがたに呪いと裁きを投げかけていることを知らないのか。あなたがたは皆、自分が不当な扱いを受けたと思っているのか。反抗的で素直に従わない人々に、どうやってわたしの祝福を与えろというのか。わたしの名を汚す人々に、どうしてわたしの恵みを気軽に与えられようか。あなたがたはこれまで、すでにこの上なく優しく扱われてきた。もしイスラエル人が今日のあなたがたのように反抗的だったなら、わたしはとっくに彼らを滅ぼしていたであろう。しかし、わたしはあなたがたをただただ寛容に扱っている。これは慈愛ではないのか。これ以上の祝福を望むのか。ヤーウェは自分を敬い畏れる者だけを祝福する。自分に反逆する人々は罰し、誰一人として許すことはない。神に仕える方法を知らない現代人であるあなたがたは、心を完全に入れ替えるために、刑罰と裁きをより一層必要としていないか。そのような刑罰と裁きこそが、あなたがたに与えられる最良の祝福であり、あなたがたに対する最高の保護ではないか。それらなくして、あなたがたのうち一人でも、ヤーウェの燃え盛る炎に耐えうる者がいるであろうか。あなたがたが真にイスラエル人と同じくらい忠実に神に仕えることができるなら、同時に自分自身の忠実な友として、優しさを持つのではないだろうか。しばしば喜びを感じ、十分な親切心を持つのではないだろうか。あなたがたは皆、どのように神に仕えるべきかを知っているのか。

今日のあなたがたに対する要求 ― 協調してともに働くこと―は、ヤーウェがイスラエル人に求めた奉仕に似ている。それをしないなら、奉仕などやめることである。あなたがたは神に直接仕える身であるがゆえに、最低限としてその奉仕においては忠誠と従順を保たねばならず、同時に実践的な方法で教訓を学ぶこともできなければならない。特に教会で働いている人々に問うが、あなたがた目下の兄弟姉妹の誰かが、あえてあなたがたを取り扱おうとするだろうか。誰かがあなたがたの間違いを、面と向かって指摘してくるだろうか。あなたがたは他のすべての人々の上に立ち、王のように君臨している。このような類の実践的な教訓を学んだり始めたりすることさえしないにもかかわらず、なおも神への奉仕について語っているのだ!現在、あなたは多くの教会を指導するよう求められているが、自分自身の身を完全に捧げていないどころか、独自の観念や意見に執着し、「これはこのように行うべきだと思う、神は他者に抑えつけられるべきではないと言っているし、今日では盲従すべきではないからだ」などと言ったりする。そのため皆がそれぞれ自分の意見に固執し、誰も互いに従おうとはしない。自分の奉仕が行き詰まっていることは明らかに知っていながら、やはりこのように言うのだ。「私の見るところでは、私のやり方はそれほど的を外れていない。いずれにしても、皆にそれぞれの立場というものがある。あなたはあなたの立場で、私は私の立場で話す。あなたは自分の視点について説教し、私は自分のいのちの入りについて語るのだ」。取り扱わなければならない多くのことについては一切責任を持たず、あるいは、ただ間に合わせで対処し、一人ひとりが自分の意見をぶちまけ、用心深く自分自身の地位、評判、体面を守っている。誰も謙虚になろうとはせず、いずれの側も、いのちをより迅速に進歩させられるよう率先して自分の身を捧げ互いの不足を補い合おうとすることがない。あなたがたがともに調和して働くとき、あなたがたは真理を探し求めることを学ぶべきである。あなたがたは、このように言うこともできる。「真理のこの側面について、自分は明確に理解していない。それについて、あなたはどのような経験を持っているだろうか。」あるいは、このようにも言えるだろう。「これについてはあなたのほうが経験豊富だから、少し手ほどきをしてもらえないだろうか。」それが良いやり方というものではないか。あなたがたはこれまでに多くの説教を聞いてきて、奉仕においてもいくらかの経験がある。あなたがたが教会で働くとき、互いに学び合い、助け合い、欠点を補い合うことなくして、どうして教訓を学ぶことができようか。あなたがたは何かに遭遇するたびに、あなたがたのいのちに利益を与えられるように互いと交わらなければならない。そればかりでなく、どのような事柄についてであれ、なんらかの決断を下す前には、慎重に交わり合うべきである。そうして初めて、ただおざなりに形ばかりの行動をするのでなく、教会に対して責任を持つことになるのである。すべての教会を訪ね終えたら、皆で集まって、見出したすべての事柄や仕事の中で直面したあらゆる問題について説教を行い、そしてあなたがたが得た啓きと照らしについて話し合いなさい。これは奉仕において絶対に欠くことのできない実践である。あなたがたは神の働きのため、教会の利益のため、そして兄弟姉妹たちを激励して前進させるために、調和の取れた協力関係を作り上げなければならない。互いに協調し、それぞれが相手を正してより優れた成果を成し遂げることで、神の旨に配慮すべきである。それが真の協力というものであり、それに取り組む者のみが、真のいのちの入りを遂げるのである。協力を行う中で話す言葉には不適切なものもあるかもしれないが、それは問題ではない。後でそれについて交わりを持ち、明確な理解を得るようにしなさい。その問題を放置してはいけない。そのような交わりを持った後で、兄弟や姉妹の不足を補うことができる。このように深く自分の仕事に携わって初めて、より優れた成果を成し遂げることができるのである。あなたがたは一人ひとりが神に仕える者として、自分自身の利益のみを考えるのではなく、そのあらゆる行いにおいて教会の利益を守ることができなければならない。常に互いを暗に批判しながら、一人だけで行動するということは認められない。そのように行動する人々は、神に仕える者としてふさわしくない!そのような人々はひどい性質を持っており、彼らの中にはわずかな人間性も残っていない。彼らは完全にサタンである!彼らは獣である!現在でさえ、いまだにこのようなことがあなたがたの間で起こっている。しまいにあなたがたは、交わりの最中に互いを攻撃し合い、わざと口実を探しては顔を真っ赤にしてつまらないことで言い争い、どちらも自分が引き下がろうとはせず、それぞれが心の内を隠しつつ、一心に相手を警戒して常に身構えている。そのような性質が、神への奉仕にふさわしいと言えるだろうか。そのような仕事が、兄弟姉妹たちに何かを与えることになるだろうか。あなたは人々を正しいいのちの道に導くことができないばかりでなく、実際自分自身の堕落した性質を兄弟姉妹たちに刷り込んでいるのだ。あなたは他者を傷つけていないか。あなたの良心はひどいもので、芯まで腐っている。あなたは現実に入ることもなければ、真実を実践することもない。さらに、自分の極悪な本性を恥もなく他者にさらけ出している。あなたはとにかく恥というものを知らない。こうした兄弟姉妹たちはあなたに託されたものであるのに、あなたは彼らを地獄へと導いている。あなたは良心の腐りきった者ではなかろうか。完全な恥知らずである!

前へ: 実践(8)

次へ: 素質の向上は神の救いを授かるためである

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

神の働きのビジョン(2)

悔い改めの福音は恵みの時代に宣べ伝えられ、人は信じる限り救われると説いた。現在では、救いの代わりに征服と完全にすることだけが語られる。誰かが信じればその人の家族全体が祝福されるとか、いったん救われればいつまでも救われるなどといったことは決して言われない。今日では誰もこのような言葉…

神とその働きを知る者だけが神の心にかなう

受肉した神の働きは二つの部分から成る。最初に神が肉となった時、人々はそのこと知りも信じもせず、イエスを十字架につけた。二度目も、人々は神を信じないで、まして、知りもせず、またしてもキリストを十字架につけた。人間は神の敵ではないだろうか。もし人間が神を知らないのなら、どうして神の知…

道……(7)

私たちの実際的な経験において、神自らが何度も私たちのために道を切り開くのを目にしてきた。私たちの足下にある道がさらに強固で現実的になるようにである。それは神がはるか昔より私たちのために切り開いてきた道であり、何万年もの時を経て私たちの世代へと受け継がれてきた道だからである。このよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索