言葉は肉において現れる

目次

器量を向上させることは、神の救いを授かるためである

人間の器量を向上させる上で、人間が自分の受け取る能力を自ら向上させる事が必要とされている。あなたがたに対する最も基本的な要求は、あなたがたに対して述べられた言葉を明確に受け止めることである。あなたがたが私の言うことを理解せずに、私に付き従っているならば、それは混乱した信仰ではなかろうか。あなたがたの器量は低すぎる。あなたがたが述べられた事を少しも理解できないのは、あなたがたに受け取る能力が無いからである。そうしたわけで、所期の結果を達成するのは極めて困難である。あなたがたに対して多くの事を語ることはできず、元来の効果を実現出来ない。ゆえに、私の業に、任務を追加する必要がある。この「人間の器量を向上させる」任務を、あなたがたに対して開始する必要がある。何故なら、あなたがたの受け取る能力、物事を理解する能力、生活水準が、過度に劣っているからである。これが必要な指示である。代替手段は無く、この方法で行い、結果の一部が実現するようにしなければならない。この方法を採らなければ、私が述べた言葉は、全て無に帰すであろうし、あなたがたは罪人としての歴史を重ねてゆくことになるのではなかろうか。あなたがたは、退化した者となるのではなかろうか。この、あなたがたに対して行われている業は何であろうか。あなたがたに対して何が要求されているであろうか。あなたがたは知らないであろうか。あなたがたは、自分の器量を知るべきである。その器量は、全く私の要求に達し得ない。そのことにより、御業が遅れるのでは無かろうか。現在のあなたがたの器量と性格では、私のために証に立つのに適した者は、誰も居らず、私の今後の業の重い責任を負う務めを担うだけの者も居ない。あなたがたは、このことについて非常に恥ずかしく感じないであろうか。この状態が続くのであれば、どうして私の望み全てを満たす事が可能であるというのか。あなたがたは、自分の生活を、充実した実りあるものとする必要がある。時間を無駄にしてはならない。そうすることには、無価値である。あなたがたは、自分が備えるべき物事を知る必要がある。自分のことを何でも屋のように考えてはならない。あなたがたは何でも屋の足許にもおよばない。あなたがたに、人間性に関する最も基本的な知識さえ無かったとしたら、どのような話題があるというのか。そうした話題は全て無駄話ではなかろうか。私が人間の能力に要求する物事に関して、完全に基準を満たす者は、あなたがたの中に一人も居ない。用いるのに適した者を探し出すのは困難である。あなたがたは、自分が一層大規模な業を私のために行うことが出来る者であると考えている。実際には、あなたがたの目の前にある課題の多くについて、どのようにして真摯な取り組みを行えば良いかさえ知らないのであるから、どうして一層深い真理に取り組むことが出来るというのか。あなたがたの真摯な取り組みは方法論的なものである。それを系統立てずに行ってはならない。それは好ましいことでは無い。最も浅い所から取り組み、これらの言葉を明瞭に理解するまで1行ずつ読む必要がある。兄弟姉妹は、それぞれ少なくとも読む能力を備える必要がある。読み飛ばさず、読む動作をするだけではだめである。通常は、参考文献 (文法や修辞関連書) を読むのもよい。精神を刺激しすぎる書物 (恋愛小説、官能小説、雑誌、偉人の伝記) は、利益よりも被害の方が多いので、読む必要が無い。あなたがたは、自分が真摯に取り組んで理解すべき物事全てを習得する必要がある。器量を向上する目的は、人間が自分の本質、身分、地位、価値を知る上で支援をすることのみである。下の教会が真摯に取り組むべき主要な物事は、何であろうか。人間は、自分の器量を向上させて居ないであろうか。こうした教育を受けることに対する取り組みを続けることが不可欠であり、忘れてはならない。ひとつの側面として、あなたがたは、人間の器量を向上させる必要がある理由、器量を向上する方法、どのような側面に取り組むかを理解する必要がある。あなたがたは正常な人間性の意義、その業を行う必要があるのは何故か、そしてそれをどのように計画すべきかを理解する必要がある。教育を受けるにあたり、どの側面を学び、どのように取り組むべきであろうか。あなたがたは皆、教育を受ける目的を知る必要がある。それは、神の御業を理解し、真理に取り組むことではなかろうか。教会に現在浸透しているのは、どのような状況であろうか。あなたがたが誰かに対して教養を身に付けるよう求める時、そうした者は神の御言葉の享受を忘れる。あなたがたが正常な人間性について話をするのであれば、そうした者は自分の家を整頓して床を掃き、料理をして台所を掃除し、調理用具を買うことに専念する。そうした者は、そうした事だけに注意し、教会生活を正常に送る方法を知らない。そのほか、そうした者は単に辞書で言葉を調べて新しい言葉を学ぶが、そのほかには何もしない。あなたがたは、現状が変わらないならば、逸脱している。それでは、あなたがたが霊的生活に取り組むよう求められているのは、何故だろうか。あなたがたが学ぶのは、そのように、自分に対する要求を満たす上で役に立たない物事だけである。最も重要な物事は、依然として、いのちの享受である。この業を行う理由は、人間が自分の経験の中で遭遇する困難を解決させることにある。器量を向上させ、人間の本性と本質を知る事の主な目的は、人間の霊的生活の成長と、人間の性情の変化を実現することである。あなたがたは、外観を美しく着飾る方法を知っているかも知れない。また識見や知恵があるかも知れない。しかし最終的に、自分が業を行うべき日が来ると、その業を行うことが出来ない。したがって、あなたがたは、器量を向上すると同時に、自分のなすべき物事について知る必要がある。目標は、あなたがたを変化させることである。器量を向上させることは付随的なものである。自分の器量が向上しなければ、だめである。自分の性状を変化させられないのならば、それ以下である。一方だけで、他方が実現しないのであれば、不十分である。正常な人間性を持つとは、あなたがたが明白な証に立ったことを意味するものでは無い。あなたがたに対して要求されている物事は、それほど単純では無い。

ある者の器量が向上され、その者が正常な人間性の理知と生活様式を身に付け、いのちの享受もある場合のみ、その者は変化して証に立つことが出来るであろう。証に立つ日が来たとき、人間のいのちの変化と、神の内面的知識についても話をする必要がある。これら両方の側面の組み合わせのみが、真の証であり、あなたがたの真の利益である。あなたがたの外面が変化しただけであり、内面的理解が無いのであれば、不十分である。あなたがたが内面的理解と真理を備え、しかし正常な人間性を行動で示すことを軽視したならば、それは不十分である。現在あなたがたに対して行われている御業は、他人に見せることではなく、あなたがたを変化させるためのものである。あなたがたは、ひたすら自分を変化させることに留意する必要がある。毎日あなたがたは書き物をしたり聞いたりするであろうが、自分の生活の他の側面に取り組まないのであれば、うまく行かないであろう。あなたがたは、あらゆる側面に取り組む必要がある。あなたがたは、聖人の正常ないのちを備える必要がある。姉妹の多くが裕福な女性のように着飾り、兄弟は富裕な男性や君主のように着飾っているが、聖人の品位を完全に失っている。人間の器量の向上は一側面であり、付随的に実現可能である。もう一つの重要な側面は、神の御言葉を食べ飲みすることである。あなたがたの器量が向上したが、あなたがたが神の御言葉を食べ飲みしないために、それを用いないのであれば、学識が無駄になるのでは無かろうか。両側面を組み合わせる必要がある。神に関する知識が、あなたがたに要求されている物事の話で採り上げられているのは、何故だろうか。それは、将来の御業の結果のためでは無かろうか。あなたがたが征服された後、あなたがたは、自分の経験から証に立つ必要がある。あなたがたの外観が正常な人間性であったとしても、自分の口で自分の経験を表せないのであれば、それは不十分である。あなたがたは、自分が正常な霊的生活を送っているのであれば、正常な人間性を得ることが出来る筈であり、正常な人間性の多くの側面を付随的に学ぶことが出来るようになるであろう。あなたがたは、床を掃くために特別な訓練が必要であると言うであろうか。あなたがたが箸を持って食べる方法を練習するのに1時間を要するとすれば、それは一層認めがたい。正常な人間性には、識見、理知、良心、そして性格が含まれる。こうした側面それぞれについて、あなたがたが正常性を実現出来るならば、あなたがたの人間性は基準に達している。あなたがたは、正常な人間の像を備え、神を信仰する者らしく行動すべきである。あなたがたは、極めて高度な水準に達することや外交手腕を要求されているのではない。あなたがたは、単に正常な人間の理知を備え、物事を洞察できる、正常な人間である必要があり、少なくとも正常な人間のように見える必要があるのみである。それで十分であろう。現在あなたがたに要求されている物事は、全てあなたがたの能力の範囲内であり、あなたがたが出来ないことを強制的に行わせることは決して無い。あなたがたに対し、無益な御言葉が述べられることも、無益な御業が行われることも無い。あなたがたの生活において現れる醜悪さを、全て捨て去る必要がある。あなたがたはサタンにより腐敗させられて来たので、サタンに毒され過ぎている。あなたがたに求められているのは、そうした腐敗したサタンのような性情を捨て去ることであり、高い地位を得ることでも、有名人や偉人になることでも無い。それは役に立たない。あなたがたに行われる御業は、あなたがたが生来備えている物事に即したものである。私が人間に要求する物事には、限度がある。現在の人間が全員、中国政府の幹部のようであり、中国政府の幹部のような口調で、中国政府の高官のような話し方をする訓練を受けたとしたら、あるいは随筆家や小説家のような身振りや話し方の訓練を受けたとしたら、それもまた無益であろう。それは実現不可能であろう。そうした者は、最低限度として自分の器量に従って知恵を用い、機転を利かせて話をして、物事を明瞭に説明すべきである。そうすれば、そうした者は条件を満たすであろう。少なくとも、識見と理知を身に付ける必要がある。現在の主要事項は、腐敗した性情を捨て去ることである。あなたがたは、自分達が表す醜悪さを捨て去る必要がある。あなたがたが未だにそうした醜悪さを捨て去って居ないのであれば、どうして至高の理知や識見に感激させられることがあろうか。多くの者が、時代が変わったことを知っているので、慎ましさや忍耐を実践しないので、そうした者は愛や聖人のような品位を備えて居ないのも、もっともである。そうした人々は過度に不合理である。そうした者には、正常な人間性がほんの少しでも有るであろうか。そうした者には語るべき証があるだろうか。そうした者には識見や理知が一切無い。無論、人間の実践に関する一部の側面のうち、逸脱したものや誤っているものについては修正する必要がある。人間の堅実な霊的生活や、従前の愚鈍さなどは、全て変える必要がある。変化とは、あなたがたを自堕落にさせたり、肉に耽溺させるということでも、言いたいことを言うことでも無い。不注意な発言をしてはならない。正常な人間のように行動するということは、筋の通った話をするということである。是は是、非は非を意味する。事実に忠実に、適切な話しかたをする必要がある。ずるをしたり、嘘をついてはならない。性状の変化に関し、どのような限界に普通の人間が到達しうるかが知られている必要がある。それが不明な場合、あなたがたは真理に対して真摯な取り組みを行うことは出来ないであろう。