真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

モアブの子孫を救うことの意義

この二、三年にわたる業において、あなたがたに対する裁きの業の中で達成されるべきことは、基本的に成し遂げられた。ほとんどの人々が自分の将来の展望と運命を既に捨て去っている。しかしながら、あなたがたがモアブの末裔であることが言及されると、あなたがたのうちの多くの者たちがそれに我慢ならず、顔を歪め、唇を曲げ、にらみつける。あなたがたは、自分がモアブの子孫であることをどうしても信じられない。モアブは呪われた後、この地に追放されたのだ。モアブの子孫の系譜は現在も続いており、あなたがたは皆彼の子孫である。それについてわたしはどうすることもできない。あなたをモアブの家に生まれるようにしたのは誰だろうか。わたしは、あなたを哀れみ、あなたがそうなることを望まないが、その事実は人間には変えられない。あなたはモアブの子孫なのだ。そしてわたしは、あなたがダビデの子孫であると言うことはできない。誰の子孫であったとしても、あなたは創造物のひとつである。ただそれは、あなたが地位の低い創造物であり、生まれの賤しい創造物であるということだ。あらゆる創造物は、神の全ての業を体験しなければならない。彼らは皆、神の征服の対象であり、神の義なる性質を見、神の知恵と全能の力を体験しなければならない。あなたはモアブの子孫であり、その裁きと刑罰を受け入れなければならないが、仮にあなたがモアブの子孫でなかったとしても、あなたはその裁きと刑罰入れなければならないのではなかろうか。あなたはこのことを認識すべきである。事実、現在モアブの子孫に業を行うことは、最も貴く意義のある事である。この業はあなたがたに対して行われているので、それには極めて大きな重要性がある。もしその業がハムの子孫に対して行われたとしたら、それは意義のある事ではないであろう。なぜなら、ハムの子孫はそれほど生まれの賤しい者ではなく、ハムの子孫の生まれはモアブの生まれとは異なるからである。ノアの次男であるハムの子孫は、単に呪われているのであって、不品行によって生まれたのではない。ノアがハムの子孫を呪い、ハムの子孫はしもべたちのしもべであるためハムの子孫は身分が賤しいというだけのことである。ハムの子孫は身分が賤しいが、元来の価値は低くはなかった。モアブについて言えば、人々は、彼が不品行によって生まれたので、元来賤しい地位の者であることを知っている。ロトの地位は極めて高かったが、モアブはロトとその娘から生まれた。ロトは義なる者であったが、モアブは呪いの対象であった。モアブは価値の低い者であり、身分も低かった。モアブは呪われなかったとしても、穢れた者であったので、ハムとは違う存在であった。モアブはヤーウェを認めずに反抗し、反逆したので、最も暗い所へ落ちた。今モアブの子孫に対して業を行うということは、最も暗い所へ落ちた者たちを救うということである。モアブの子孫は呪われたが、神は彼らから栄光を得ることを望んでいる。なぜなら、モアブの子孫は皆、当初は心に神の無い人々であったからである。そのような者たちを神に従い神を愛する者にすることだけが真の征服であり、そのような業の成果が最も貴重であり、最も説得力のあるものである。ただそれだけが栄光を得るということであり、それこそが終わりの日に神が得ることを望んでいる栄光である。これらの人々は、地位が低いものの、今こんなにも大きな救いを得ることができる。それはまさに神によって高められることである。この業は極めて意義深く、神は裁きを通してこれらの人々を獲得するのである。神は彼らを故意に罰しようとしているのではなく、彼らを救うために来たのだ。仮に神が終わりの日に依然としてイスラエルで征服の業を行っているとすれば、それは価値の無いことである。たとえその業に成果があったとしても、それには少しの価値も、大きな意義も無く、神は全ての栄光を得ることはできないであろう。神は、最も暗い所に落ち最も遅れているあなたがたに対して業を行っている。これらの人々は神が存在することを認めず、神が存在することを未だに知らずにいる。これらの創造物は、神のことを忘れてしまうほどまで、サタンにより堕落させられている。彼らはサタンによって盲目にされているので、天に神が存在することを全く知らない。あなたがたは皆、心の中で偶像、サタンを崇拝している。あなたがたは最も賤しく、時代遅れの者ではなかろうか。あなたがたは最も賤しい肉であり、個人的な自由を欠き、また苦難も受けている。また、あなたがたはこの社会の中で最も地位の低い者たちであり、信仰の自由さえない。これが、あなたがたに業を行うことの意義である。今モアブの子孫であるあなたがたに業を行うことは、故意にあなたがたを辱めるためではなく、業の重要性を明らかにするためである。それはあなたがたを大いに高めるだろう。理性と識見を備えている者なら次のように言うだろう。「私はモアブの子孫の一人だ。私は、今授かっている神によって大いに高められることや大きな祝福を受けるに値しない。私の言動、または地位と価値に基づけば、私は絶対そのような大きな祝福を神から受けるに値しない。イスラエル人たちには神への大きな愛があり、彼らが授かっている恵みは神が授けたものだが、彼らの地位は我々よりも遙かに高い。アブラハムはヤーウェにとても献身的であり、ペテロはイエスにたいへん献身的であった。彼らの献身は、私たちの献身の百倍であり、私たちの行動に基づけば、私たちは神の恵みを享受するに全く値しない。」中国におけるこれらの人々の奉仕は、神の前にさし出すことが全くできない。それは全くの混乱でしかなく、あなたがたが今享受している神の豊かな恵みは、まさしく神によって高められることである。あなたがたは何時神の業を求めたであろうか。あなたがたは何時自らの命を神のために犠牲にしたであろうか。あなたがたは何時自分の家族や両親、子をためらうことなく捨てたであろうか。あなたがたのうち大きな代価を払った者は一人もいない。もし聖霊があなたがたを連れ出さなかったとしたら、あなたがたのうち何人が全てを犠牲にできたであろうか。あなたがたが今日まで従ってきたのは、ただあなたがたが強制され、従わざるを得なかったからである。あなたがたの献身はどこにあるだろうか。あなたがたの服従はどこにあるのだろうか。あなたがたの行動に基づくと、あなたがたは遙か以前に滅ぼされ、一掃されていたはずである。あなたがたにどのような権利があって、これほど大きな祝福を享受することができるというのか。あなたがたは絶対にそれに値しない。あなたがたのうち、誰が自分の道を固めたであろうか。あなたがたのうち、誰が真理の道を自分で見出したであろうか。あなたがたは皆、怠惰で貪欲であり、むさぼるように快楽にふける無価値で卑劣な者たちである。あなたがたは自分がそれほど偉大だと考えているのだろうか。あなたがたには何か自慢すべきことがあるのか。たとえわたしが、あなたがたがモアブの子孫であることを言わなかったとしても、あなたがたの本性や出生地は最も高貴であろうか。あなたがたが彼の子孫であることを言わなかったとしても、あなたがたは皆、ほんとうはモアブの子ではなかろうか。事実の真相を変えることができるだろうか。今あなたがたの本性を暴露することは、事実の真相に反するであろうか。あなたがたは、自分の卑屈さと生活と人格を見てみなさい。あなたがたは、自分が人類の中で最も賤しいことを知らないとでもいうのだろうか。あなたがたに何か自慢すべきことがあるのか。社会におけるあなたがたの地位を見てみなさい。あなたがたは最も低い地位にあるのではないだろうか。あなたがたは、わたしが失言したとでも思っているのだろうか。アブラハムはイサクを捧げた。あなたがたは、何を捧げたのであろうか。ヨブは全てを捧げた。あなたがたは、何を捧げたであろうか。幾人もの人々が、真理の道を追求するためにいのちを捧げ、首を差し出し、血を流してきた。あなたがたは、そのような代価を払ったであろうか。それに比べ、あなたがたには、そうした大きな恵みを享受する資格が無い。それ故、今あなたがたがモアブの子孫であると言うことは、あなたがたを中傷することであろうか。あなたは自分を高く評価し過ぎてはならない。あなたが自慢できることは何もない。このような大きな救いと豊かな恵みが、無償であなたがたに与えられたのだ。あなたがたは何も犠牲にせず、恵みをただで享受するばかりである。あなたがたは恥ずかしくないのか。この真理の道は、あなたがたが自分で求めて見つけたものであろうか。あなたがたに対して、それを受け入れることを強いたのは聖霊ではなかろうか。あなたがたには追求精神、とりわけ真理を追求する精神も、真理を渇望する心も無い。あなたがたはただ座ってくつろぎながらそれを楽しんでいるだけで、自分では何の努力もせずにその真理を得た。あなたがたには何か不平を言う権利があるだろうか。あなたは、自分が最も価値ある者だとでも思っているのか。命を犠牲にした者や、血を流した者たちに比べて、あなたがたは何か不満を言うべきことがあるのだろうか。あなたがたは、今すぐ滅ぼされて当然である。服従することと従うことは別として、あなたがたに選択の余地は無い。あなたがたは全く何にも値しない。あなたがたのうちのほとんどの者たちが呼び出されたが、状況に強いられなかったら、あるいは、あなたがたが呼ばれなかったら、あなたがたには出てくる気は全くなかったはずである。そのように物事を捨て去る意欲があるのは誰であろうか。肉の快楽を捨て去る意欲があるのは誰であろうか。あなたがたは皆、貪欲に安逸をむさぼり、贅沢な暮らしを求める人々である。あなたがたは、これほど大きな祝福を受けたが、その上何か言うべき事があるのだろうか。あなたがたには、どんな不満があるというのか。あなたがたは、天の最大の祝福と恵みを享受したのだ。そして、地においていまだ嘗て為されたことのない業があなたがたに今明らかにされている。これは祝福ではなかろうか。あなたがたは神に抵抗し反逆したので、今はこのように多くの刑罰を受けている。この刑罰のおかげで、あなたがたは神の憐れみと愛を知り、そして何よりも神の義と聖さを知った。この刑罰の穢れ果てた状態の故に、あなたがたは神の大いなる力を見て、神の聖さと偉大さを知った。これは真理の中でも最も希有な真理ではないだろうか。これこそ意義ある人生ではなかろうか。神が為す業は意味で満ち溢れている。したがって、あなたがたの地位が低ければ低いほど、あなたがたが神によって高められたことが一層示され、また、今日における神のあなたがたに対する業がどれほど貴重であるかが一層明らかに証明される。それはまさしく、計り知れない価値のある宝である。それは、他の場所では得られず、全時代を通してこれほど大きな救いを享受した者は一人もいない。あなたがたの地位が低いという事実により、神の救いがどれほど大きいものであるかが示され、神が人間に対して忠実であること、すなわち、神は救うのであって、滅ぼすのではないということが示される。

中国の人々は、かつて神を信じたことが全くなく、ヤーウェに仕えたことも、イエスに仕えたことも全くない。中国の人々は、香を焚き、叩頭し、紙銭を燃やし、仏陀を拝むことしかできない。彼らは偶像を崇拝するだけであり、皆極度に反逆的であるため、人々の地位が低ければ低いほど、それは神があなたがたから得る栄光が一層大きいことを示す。ある人々は自分たちの観点から次のように言うであろう。「神よ、あなたが行う業とは、いったいどのようなものでしょうか。いと高き聖い神であるあなたが穢れた地に来ました。あなたは自分のことを少しも気にかけないのでしょうか。私たちは汚れ果てていますが、あなたは私たちと共にいることを望んでいるのでしょうか。あなたは、私たちと共に暮らすことを望んでいるのでしょうか。私たちは極めて地位の低い者ですが、それでもあなたは私たちを完全にすることを望んでいるのでしょうか。そして、あなたは私たちを模範や見本として用いるのでしょうか。」わたしは次のように言う。あなたにはわたしの意志が解かっていない。あなたは、わたしが行いたい業やわたしの性質を全く理解していない。あなたは、わたしが為そうとしている業のの意義に到達することができない。わたしの業が人間の観念に迎合することなど有り得ようか。人間の観念によると、わたしは、自らが高い地位にあること、自分に大きな価値があること、自分の高貴さ、聖さ、偉大さを示すために、どこか立派な国に生まれていなければならないことになる。仮にわたしが、わたしの存在が認められる所で、上層階級の家庭に生まれ、わたしの地位や身分が高かったとしたら、わたしはたいへん良い待遇を受けるであろう。しかしそれは、わたしの業のためには何の利点もない。これほど大きな救いが、そのようにして現されることなど在り得ようか。そうであるならわたしを見る全ての者がわたしに従い、彼らが汚辱に穢されることはなかったであろう。わたしは、そのような場所に生まれるべきだったのだ。あなたがたはそう信じている。しかし考えてみなさい。神が地上に来たのは、娯楽のためであろうか、それとも業を行うためであろうか。仮にわたしがそのような気楽で快適な場所で業を行ったならば、わたしは自分の栄光を完全に得られるであろうか。わたしは、自分の創造物の全てを征服できるであろうか。神が地上に来た時、神はこの世のものではなく、この世を楽しむために肉となったのではない。神の働きが、神の性質を最もよく現し、また、その働きが最も意義のあるものとなる所は、神が生まれた場所であった。それが聖なる地であれ穢れた地であれ、神がどこで業を為すかに関わらず神は聖い。この世界のあらゆるものは神によって造られたのだ。ただ全てのものがサタンによって堕落させられてしまったのである。しかしながら、万物は依然として神のものであり、全ては神の掌中にある。神が穢れた地に来て業を行うのは、神の聖さを現すためである。神は自分の業のためにそうするのだ。即ち、この穢れた地の人々を救うために神はひどい辱めを耐え忍び、このような業を為すのである。それは、証しのためであり、全人類のためである。この種の業によって人々が見ることができるのは神の義である。更にそれは神の至高の権威を示すことができる。神の偉大さと正義は、誰も顧みないような賤しい人々の群れを救うことを通して示される。穢れた地に生まれることは、決して神が賤しいことを証明するものではない。それは専ら神の偉大さと人類への真の愛を万物が見るようになるためである。神がこのように業を行えば行うほど、それは神の人間への純粋な愛、完璧な愛が一層現される。神は聖く義である。ちょうどイエスが恵みの時代に罪人たちと暮らしたのと同様に、神は穢れた地に生まれ、汚れ果てた人々と共に暮らしているが、神の全ての業は全人類の生存のためではないのか。その全ては、人類が大いなる救いを得ることができるためではなかろうか。二千年前、神は何年も罪人たちと暮らした。それは贖いのためであった。神は今日穢れて賤しい一群の人々と共に暮らしている。それは救いのためである。神の全ての業はあなたがた人類のためではなかろうか。もしそれが人間を救うためでなかったとしたら、何ゆえに神は、飼葉おけで生まれた後、罪人たちと何年も共に暮らし、彼らと共に苦しんだのか。そして、もしそれが人間を救うためでなかったとしたら、神が再び肉に戻り、悪魔が集まるこの地に生まれ、サタンによりひどく堕落させられている人々と共に暮らすのは何故だろうか。神は実に忠実ではないか。神の業で人類のためでない業などあったろうか。また、あなたがたの運命のためでないような業があったろうか。神は聖なる方である。これは変わることがない。神は穢れた地に来たが、穢れに汚されることはない。この全てがことさら意味するのは、神の人間への愛は全く無私であり、神が受ける苦難と屈辱は極めて大きいということである。あなたがた全員のため、そしてあなたがたの運命のために、神はこのように大きな辱めを受けるのだ。あなたがたはそれを知らないのか。神は偉大な人々や裕福で有力な家系の息子たちは救わないが、中でも賤しくて他の者たちから見下されている人々を特別に救う。この全ては神の聖さの故ではなかろうか。この全ては神の義を示しているのではなかろうか。神はむしろ全人類の生存のために、穢れた地に生まれ、全ての屈辱を受けることを選ぶのだ。神は非常に現実的であり、誤った業を一切行わない。神の各段階の業は、このように実践的に行われてきたのではなかろうか。人々は皆、神を中傷して、神は罪人と共に食卓に着くと言ったり、神を嘲笑して、神は穢れた息子たちや最も賤しい者たちと共に暮らしていると言うが、神はなおも自分を無にしてその身を捧げ尽くす。そして、神は依然として人間の間で拒まれている。神が耐え忍んでいる苦難は、あなたがたの苦難よりも大きいのではないか。神の業は、あなたがたが払った代価よりも多いのではないか。あなたがたは穢れた地に生まれたが、神の聖さを得た。あなたがたは悪魔が集う地に生まれたが、大いなる守りを受けた。あなたがたには、その他に選択の余地があるのか。あなたがたは、何の不満があるというのか。神が耐え忍んだ苦難は、あなたがたが耐えた苦難よりも大きいではないか。神は地上に来たが、人間の世の快楽を決して楽しむことはなかった。神はそうした快楽を忌み嫌う。神が地上に来たのは、人間から物質的恩恵を被るためでも、人間の食べ物や衣類などの贅沢を楽しむためではない。神はそういった物には全く関心が無い。神が地に来たのは、人間のために苦難を受けるためであり、この世の良い物を楽しむためではない。神は苦難を受け、業を行い、神の救いの計画を完了するために来たのである。神は、好ましい場所を選ぶことも、大使館や豪華なホテルに住むこともなかった。また神は自分に仕える幾人もの召使いたちを抱えることもない。あなたがたは、自分の目で見て、神が来たのは業を行うためか、楽しむためかが分かるのではないか。それともあなたがたの目は機能していないのではないか。神はどれほどあなたがたに与えてきたであろうか。もし神が快適な場所に生まれていたならば、神は栄光を得ることができるだろうか。神は業を行えるであろうか。それには何か意義があるだろうか。人間を完全に征服することができるであろうか。人々を穢れた地から救うことができるであろうか。人間の観念によると、「神よ、あなたは聖なる方であるのに、どうしてこのような穢れた場所に生まれたのですか。あなたは私たち穢れた人間を憎み忌み嫌うはずです。あなたは私たちの抵抗と反逆を忌み嫌われています。それなら何故あなたは私たちと共に暮らすのでしょうか。あなたはこのように偉大な神です。あなたは何処ででも生まれることができたはずなのに、この穢れた地に生まれなければならなかったのでしょうか。あなたは日々私たちを罰し、裁き、私たちがモアブの子孫であることを確かに知っていますが、それでは何故あなたは私たちの間で暮らすのでしょうか。あなたは何故モアブの子孫の家庭に生まれたのでしょうか。どうしてあなたはそうしたのでしょうか。」あなたがたのこのような理解の仕方には全く理性が欠けている。神の偉大さや謙遜、隠された存在を人々が知るようにするのは、この種の業のみである。神は自分の業のためなら何でも進んで犠牲にする。また神は自分の業のために全ての苦難を耐え忍んだ。神は、人類のためにそうするのだ。そして何よりも、あらゆる創造物が神の支配のもとに服従するよう、サタンを征服するためである。これのみが有意義で価値のある業である。仮に中国の地に生まれていたのがヤコブの子孫であって、あなたがたが皆その子孫であったとしたら、あなたがたに業を行うことの意義は何であろうか。サタンは何と言うであろうか。サタンはこう言うであろう。「彼らはかつてあなたを畏れていましたが、もう長らく誰もそれを受け継いでいません。しかし、彼らの祖先はあなたを畏れ、始めからあなたに従い、あなたを裏切ったことは全くありません。しばらくの時間を経て、それが受け継がれなくなったということだけです。彼らは人類の中で最も暗く、最も賤しく、最も遅れた者たちではありません。彼らは最初からあなたを認めていました。そのようなやり方には全く意義がありません。本当にこのようなやり方で行われたのであれば、この業で誰が確信するでしょうか。」全宇宙の中で、中国人は最も遅れた人々である。彼らは賤しい生まれで、誠実さが乏しく、愚鈍であり、俗悪で退廃的である。中国人にはサタンのような性質が浸透し、穢れ果てており放縦である。あなたがたは、それら全ての性質を持っている。それらの堕落した性質に関しては、この業が完了した後、人々はその性質を投げ捨て完全に従うことができるようになり、完全にされるであろう。唯一この種の業から得られる実だけが、創造物の間での証しと呼ばれるのだ。あなたは、どういうことを証しと呼ぶのか理解しているだろうか。実際に、どのようにして証しすべきであろうか。この種の業により、あなたがたは引き立て役や奉仕者の対象とされ、何よりもあなたがたは救いの対象となった。あなたがたは現在、神の民であり、後には模範と見本になるであろう。この業において、あなたがたは様々な役割を担い、最終的には救いの対象となるであろう。多くの人々がこのために否定的である。彼らは全く盲目ではなかろうか。あなたは、何もはっきりと見ることができない。あなたはこの呼び名に圧倒されてしまったのか。あなたは、神の義なる性質とは何のことであるか解かっているだろうか。救いとは何か理解しているだろうか。神の愛とは何であるかを理解しているだろうか。あなたには、誠実さが全く無い。あなたは、良い呼び名を見ると喜ぶ。良い呼び名が見えないと、あなたは意欲を失い後ずさりしてしまう。あなたは何者なのか。あなたは真の道を追い求めていない。あなたは、今すぐ追求するのを止めてしまった方が良い。恥ずかしいにもほどがある。それほど些細な事であなたは耐えられなくなってしまう。それは恥の印ではなかろうか。

あなたは、もう少し自分自身のことを知った方が良い。自分を過度に高尚であると考えたり、高く評価し過ぎてはならない。そして、天国に行くことを夢見たりしてはならない。ひたすら使命を果たし、この地で征服されることを求めなさい。実在しない非現実的な夢を見てはならない。もし誰かが、「私はモアブの子孫の一人だが、自ら進んで神のために努力し、将来私の昔の祖先に背を向けるつもりだ。自分の祖先は私を産み、また私を踏みにじった。そして今まで私は闇の中で暮らしてきた。今日、神は私を解き放ち、私はやっと陽の目を見た。神の暴露により私はやっと自分がモアブの子孫であることを知った。私はその前は闇の中にいて、神がこんなに多くの業を行ったことを知らなかった。それは全て、私が相変わらずサタンによって盲目にされていたからである。私はサタンに背を向け、サタンに徹底的に屈辱を与えるつもりだ。」と言ったなら、それは熱意と気骨のある者の言葉である。しかるに、あなたがたには気骨があるだろうか。あなたがたは皆、人間の姿を備えているという事実にも関わらず、他の誰よりも先にくじけてしまう。そして、あなたがたはこのことに対して極めて繊細である。あなたがたは、モアブの子孫であると言われると、すぐに膨れ面をする。これでは豚の性質ではなかろうか。それは無価値である。あなたがたは、自分の名声と富のためなら喜んで自らの命を犠牲にする。あなたは、モアブの子孫になることをを望まないが、あなたがたはモアブ子孫ではないか。わたしは今、それがあなたの現状であると言っているのだ。だからあなたはそれを認めなければならない。わたしは事実に反することは言わない。それが原因で否定的な人々もいるが、あなたは何に対して否定的なのであろうか。それは、大きな赤い竜の子でもあるあなたではないか。あなたがモアブの子孫であると言うことは不当であろうか。あなたがたが内面的に、そして外面的に生きて示そうとしていることをよく見てみなさい。頭のてっぺんから足の先まで、何も自慢すべきことは無い。放蕩、穢れ、盲目、反抗、反逆、これらは全てあなたの性質の一部ではなかろうか。あなたは常に放縦の地で暮らし、あなたが行わなかった悪は一つもない。あなたは、自分が信じられないほど聖いと考えているが、あなたが以前したことを比較してみなさい。あなたは信じられないほど自己満足しているが、あなたには自慢すべきことがあるだろうか。あなたは獣のようであり、人間性が全く無い。あなたがたは獣と交わり、邪悪で淫らな思いの中で暮らしている。あなたがたには、どれだけのものが欠けているのだろうか。あなたがたは自分が大きな赤い竜の子であることに同意し、自ら進んで奉仕するが、その後であなたがモアブの子孫であると言われると、あなたは否定的になる。それは真実ではないだろうか。丁度あなたが自分の父と母から生まれたように、あなたの父母がどんなに酷くても、あなたが彼らから生まれたということには変わらない。たとえあなたが継母を見つけて家を出たとしても、あなたは依然として自分の産みの親の子ではなかろうか。その事実を変えることができようか。わたしはあなたをただ出鱈目に命名したのであろうか。ある人々は「どうか違う呼び名をくれませんか。」と言う。わたしは「それでは、引き立て役という呼び名を与えようか。」と答える。彼らは引き立て役になる意欲もない。それでは、あなたは何になりたいのか。あなたがたは、引き立て役や奉仕者ではなかろうか。あなたは、その他に何を選ぶというのか。あなたは大きな赤い竜の国で生まれた者ではなかろうか。あなたが、どんなに自分はダビデの子であると言っても、それは事実にそぐわない。こういうことは、あなたが自分で選択できることだろうか。あなたは、ただ好き勝手に聞こえの良い呼び名を使って自分を呼ぶことができるだろうか。過去に大きな赤い竜の子たちと呼ばれたのは、堕落した者たちの集団であるあなたがたではなかろうか。前述した奉仕者もまた、堕落した人々であるあなたがたのことではないのか。征服された模範、型と呼ばれたのもまた、これらの人々であるあなたがたではなかろうか。完全にされる道というのは、あなたがたのために言われたことではないのか。刑罰と裁きを受けるのはあなたがたであり、後に完全にされるのもあなたがたのうちの幾人かではないのか。この呼び名に何か問題があるだろうか。あなたがたは無分別過ぎて、そのような些細な事でさえはっきりと見ることができないのだろうか。あなたは誰が誰の子孫であるか知らないが、わたしはそれを明瞭に理解している。あなたがたに言っておく。あなたが今日それを認めるなら、それでよい。いつも自分をそんなに卑下しなくてもよい。あなたが否定的になって退けば退くほど、それは、あなたがサタンの末裔であることを一層示す。ある歌をあなたが誰かに聴かせると、その人は言う。「モアブの子孫はテープレコーダーを使うだろうか。私はその歌を聴かない。私にはその資格が無い。」あなたがその人に歌わせようとすると、彼は、「モアブの子孫が歌を歌っても、神はそれを聴きたがるだろうか。神は私を忌み嫌っている。私は恥ずかし過ぎて、神の前に出て神のために証しすることはできない。私は決して歌いはしない。神は私の歌を聴いたら不愉快になるだろう。」と言う。これは、この問題に対処するには否定的な方法ではなかろうか。創造物のひとつとして、あなたは穢れた地に生まれた大きな赤い竜の子であり、モアブの子孫である。あなたは昔の祖先に背を向け、昔からいるサタンと訣別しなければならない。そうする者のみが、神を真に求める者である。

当初、わたしがあなたがたに神の民の地位を与えた時、あなたがたは飛び跳ねて誰よりも喜んだ。しかし、わたしがあなたがたはモアブの子孫であると言った直後はどうだろうか。あなたがたは皆躓いてしまった。あなたは、あなたがたの器がどこにあると言うのか。あなたがたは、地位を重視し過ぎている。ほとんどの者たちが立ち上がることができない。ある者はビジネスを始め、またある者は仕事場に戻る。あなたがたはモアブの子孫だとわたしが言った途端、あなたがたは逃げ出したくなるのだ。これが、あなたがたがずっと叫び続けてきた、神のために証しするということなのか。そんなことでサタンが確信させられるであろうか。それは恥辱の印ではなかろうか。あなたがたを得ることが何の役に立つというのか。あなたがたは皆屑である。あなたがたは、酷く虐げられたと感じているが、どのような苦難を耐え忍んできたというのか。あなたがたは、神が故意にあなたがたを罪に定めるために来て、ある程度まであなたがたを苦しめたら満足し、あなたがたを罪に定め滅ぼした後神の業が完了すると思っているのか。そんなことをわたしは言ったであろうか。それは、あなたがたの盲目さに起因しているのではないか。それは、あなたがた自身がよく努力していないということなのか、それとも、わたしが故意にあなたがたを罪に定めようとしているということであろうか。わたしはそのようなことをしたことは絶対にない。それは、あなたがたが勝手に考え出したことである。わたしは、そのような方法で業を行ったことは一度もないし、そうした意図も全くない。わたしが本当にあなたがたを滅ぼしたいならば、わたしがあれほどまで苦しむ必要があるだろうか。わたしが本当にあなたがたを滅ぼしたいならば、こんなに熱心にあなたがたと話をする必要があるだろうか。わたしの意志は、わたしがあなたがたを救った時が、わたしが休むことのできる時になることである。ある人が賤しければ賤しいほど、その人は一層わたしの救いの対象となる。あなたがたが積極的に入ることができればできるほど、わたしは一層喜ぶ。あなたがたが躓けば躓くほど、わたしは一層不愉快になる。あなたがたはいつも悠々と王座に就くことを望んでいる。しかし言っておくが、あなたがたを穢れから救う道はそのようなものではない。王座に就く妄想によって、あなたがたが完全にされることは有り得ない。それは非現実的である。わたしが、あなたはモアブの子孫である言うと、あなたは不服になる。あなたは言う。「あなたは私を底なしの穴に落とした。私はあなたのために証しすることも、苦しむつもりもない。」と。あなたは、そうすることでわたしに反抗しているのではなかろうか。それはあなたにとって有益だろうか。わたしがあんなに多くの恵みを与えたことを、あなたは忘れてしまったのか。愛情深い母のような神の心は、あなたのせいで冷い水となり、氷になってしまった。サタンはあなたを逃すであろうか。あなたがわたしのために証ししなくても、わたしはあなたに強制しないが、あなたは最終的に滅びの対象となることを知っておくべきである。わたしがあなたの中で証しを得られないなら、わたしは他の人々から証しを得るであろう。それはわたしにとって問題ではない。しかし、あなたは最終的にそれを後悔し、その時は既に長いこと闇に陥っているはずである。その時、誰があなたを救えるであろうか。あなたなしでは業を完了することができないと考えてはならない。あなたがいても多過ぎるということはなく、あなたがいなくても少な過ぎるということもない。自分自身をことさら名誉ある者と見なしてはならない。あなたにわたしに従う意欲がないならば、それはあなたが反抗的であり、あなたには望ましいものが何も無いことを示しているに過ぎない。あなたが話し上手であるならば、それは、わたしがわたしの業によりもたらした言葉をあなたが身に付けているからではなかろうか。あなたに、何か自慢すべきことがあるだろうか。あなたは、自分の空想に振り回されてはならない。わたしは、モアブの子孫であるあなたがたから栄光を得られなければ、栄光を得るまで二番目の集団、そして三番目のモアブの子孫を選び業を為すであろう。あなたにわたしのために証しする意欲がないなら、出て行くがよい。わたしは強制しない。わたしがあなたがた無くしては一歩も先へ進むことができないなどと考えてはならない。この中国の地でわたしの業に適した対象を見つけるのはたやすいことである。この地では他に何も見出すことができない。穢れ果て堕落した人々は、全くそこら中にいるので、わたしの業はどこでもできるのだ。そんなに誇ってはならない。あなたがどんなに誇ろうが、あなたは依然として不品行によって生まれた子ではなかろうか。自分の価値を見てみなさい。あなたには、他にどんな選択の余地があるのか。あなたがたを生かしておくことだけでも、あなたがたを大いに高めることであるのだから、あなたが傲慢になる理由は何なのだ。この時代を終わらすわたしの業が無かったとしたら、あなたはずっと前に天災や人災に見舞われていたのではなかろうか。あなたは、まだそんなに快適に暮らせるであろうか。あなたは、未だにこの問題について常に議論している。わたしがモアブの子孫の話をして以来、あなたはいつも膨れ面をしている。あなたは学ぶことも読むこともしていないが、誰を見ても我慢がならない。あなたは、他の人々が学んでいるのを見ると、彼らを妨げ、落胆させるようなことを言う。あなたは実に厚かましい。あなたは「モアブの子孫が何を学ぶというのだ。私は神のために学ばない。」と言う。これは獣が言うようなことではなかろうか。あなたは人間だと言えるだろうか。わたしはあれほど多くのことをあなたに語ったが、何の成果もなかった。わたしが行った業は全て無駄だったというのか。わたしが語った言葉は全て無駄だったのか。仮にあなたが犬であったとしても、あなたは尾っぽを振るだろう。そのような人間は犬にも及ばない。あなたは膨れっ面をしている時があると思えば、今度はしかめっ面をしている、あなたの中で行われた業は、全て無駄だったのか。わたしがモアブの子孫の話をするやいなや、自分の品位を落とす人々もいる。彼らは前とは異なる身なりをして、人間とは思えないほどだらしなくなり、「私はモアブの子孫のならず者だ。どうせ私には良いところが全く無いし、恵みを受けたいとも全然思わない。とにかくそれが現状だ。どうしてモアブの子孫が完全にできようか。」と呟く。わたしがモアブの子孫の話をするとすぐに、ほとんどの人々が希望を失い、「神は私たちがモアブの子孫だと言うが、それはどういう意味だろうか。神の口調から判断して、贖いの余地は無い。神の言葉には愛が無い。私たちは滅びの標的ではなかろうか。」と言う。あなたは、以前に語られたことを忘れてしまったのだろうか。今日あなたが覚えているのは「モアブの子孫」という語句だけであろうか。事実、多くの言葉は何かを達成するためのものであるが、それらの言葉は又、事実の真相を明らかにもする。ほとんどの人々がそれを信じない。あなたは、そのようにしてわたしのために苦しむことを望まない。あなたは死を怖れて常に逃げ出すことを望む。あなたが去りたいのであれば、わたしは留まるよう強制しないが、ひとつだけはっきりさせておかなければならない。すなわち、生涯を無駄に生きてはならない。そして、過去にわたしが言ったことを忘れてはならない。創造物のひとつとして、あなたは創造物の使命を果たすべきである。あなたの良心に反することをしてはならない。あなたが為すべきことは、創造主に自らを捧げることである。モアブの子孫もまた、明らかに創造物の一部である。ただし、モアブの子孫は呪われている。いずれにせよ、あなたはなおも創造物のひとつである。あなたが、「たとえ私がモアブの子孫であっても、私は以前神の恵みをたくさん享受したのだから、良心を持つべきだ。私はただそれを認識するが、そのことでくよくよ思い悩んだりはしない。自分がこの流れの中で苦難を受けるならば、最後まで苦難を受け続けよう。自分がモアブの子孫であるならば、それでよい。それでも私は最後まで従おう。」と言うならば、あなたはそれほど間違ってはいない。あなたは、最後まで従わなければならない。あなたが逃げ出したならば、あなたには将来の見通しが全く無く、滅びへの道を歩み始めたということである。

あなたがたに自分の由来を理解させることは良いことであり、あなたがたに事実の真相を理解させることは、業のために有益である。さもなければ、達成すべき成果は得られないであろう。これは征服の業の一環であり、業において必要な一つの段階である。それは事実である。この業を為すことは、人間の霊を目覚めさせ、良心の感覚を目覚めさせて、この大いなる救いを人々に得させるためである。もし人々に良心があるならば、自分が賤しい身分であることを理解した時、彼らは特に神に感謝すべきである。彼らは神の言葉と神が授けた恵みをしっかりと掴み、大いに涙を流しさえして、こう言うだろう。「私たちの地位は極めて低く、この世界では何も得なかった。この賤しい民である私たちを敬う者は誰もいない。私たちは、家庭環境で迫害され、自分の夫から拒否され、妻から罵られ、子に見下され、年老いると義理の娘にも虐げられる。真に私たちは少なからず苦しんできた。そして今、神の大いなる愛を享受して本当に幸せだ。もし神の救いが私たちのために無かったならば、私たちはどうやって人間の苦難を明瞭に理解することができるだろうか。私たちは依然として罪の泥沼の中にいるのではなかろうか。それは、神が私たちを引き上げてくれることではないか。私は最も賤しい人々のひとりであるが、神は私をこんなにも高く引き上げてくれた。たとえ自分が滅ぼされるとしても、私は神の愛に報いなければならない。神はこれほど賤しい民である私たちのことを尊重し、私たちと顔と顔を合わせて話すことができる。だから神が私を罰したとしても、私に何が言えようか。刑罰もまた、神によって引き上げられることではなかろうか。たとえ刑罰を受けても、私はなおも神の大いなる力を見ることができる。私は良心を失うことはできない。そして、神の愛に報いなければならない。私は神に対しそんなに反抗的であってはならない。神は私と顔と顔を合わせて話し、私の手を取って教える。神は私に匙で食べさせ、私と共に生き、共に苦しむ。」神の地位と身分は、人間の地位や身分とは異なるが、神が受ける苦難や神が食べる物、着る物は人間のものと同じである。ただし人は皆神を敬うという点だけが異なる。その他享受されたものは全て同じではなかろうか。それなら、あなたがたにどのような権利があって、そのことについてそれほど多くの文句を言うのか。神はこのような大きな苦難を耐え忍び、こんなにも偉大な業を行ったが、蟻や虫よりも賤しいあなたがたは、今日このように大いに高められるのを獲得した。あなたが神の愛に報いられないのであれば、あなたの良心はどこにあるというのか。ある人々は自分の心の内を話しこう言う。「神から離れることを思う度、私の目は涙で一杯になり、自分の良心に責められるのを感じる。私は神に負債がある。私はそんなことはできない。私は神に対しそのようであってはならない。たとえ私が死ななければならなくとも、それが神の業の栄光となるのであれば、私はこの上なく満足である。さもなければ、私は生きていても平安を感じないであろう。」このような言葉に耳を傾けなさい。それが、創造物のひとつとして果たさなければならない使命である。人が、自分の中にいつもこのビジョンを持っているならば、その人の内面は明瞭で安らかであろう。彼らはこれらのことを確信するであろう。あなたは言うだろう。「神は私を傷つけたり、故意に私をからかったり、辱めたりしていない。神はいささか厳しい口調で話し、それは心を突き通すが、それは私自身のためである。神は辛辣に語られるが、依然として私を救おうとし、私の弱さを思い遣る。神は事実によって私を罰しているのではない。私は、神が救いであると信じる。」本当にこのようなビジョンを持っているならば、あなたは逃げ出すまでには至らないであろう。あなたは、良心において、自分が誤っていると感じ、罪に定められたと感じ、神をそのように扱ってはならないと感じるであろう。あなたは、自分が得た恵みの全て、聞いた言葉の全てを思う時、それを無駄にできるであろうか。誰が逃げ出したとしても、あなたは逃げ出せない。他の人々は信じないが、あなたは信じなければならない。他の人々は神を見捨てるが、あなたは神を支持し証しなければならない。他の者たちは神を罵るが、あなたは罵れない。神がどれほどあなたに不親切であったとしても、あなたはなおも神と正しく接っしなければならない。あなたは神の愛に報い、良心を持たなければならない。なぜなら、神は純真だからである。人間の中で業を行うために神が天から地に来たことは、それだけで大いなる屈辱である。神は何の穢れもない聖なる方である。穢れた地に来ることで、神はどれほどの屈辱に耐えたであろうか。あなたがたの中で業を行うことは、あなたがたのためである。あなたが神を扱う際に、良心が無かったとしたら、早死にした方がましだろう。

今のところ、ほとんどの人々がビジョンにおけるこの側面を欠いており、この業を全く把握することができず、この業によって神が本当に何を完成させたいのかが分かっていない。特に、思考が混乱している者たちにとって、あたかもそれは迷路に入ってしばらく右往左往した後めまいがするようなものである。あなたが神の救いの計画の目的を彼らに充分に説明すれば、そうはならないであろう。多くの人々は、それを把握することができず、神の業は人間を苦しめ苛むことだと思っている。彼らは、神の業の知恵と奇しさを理解せず、また神の業が神の大いなる力を現し、何よりも人類を救うためのものであることを理解しない。彼らは、これらの全てを見ず、ただ自分に将来の展望があるか、天国へ入ることができるかということだけを見ている。彼は言う。「神の業はいつもとてもまわりくどい。あなたが、私たちに直接あなたの知恵を見せてくれたら、それで事足りる。あなたは、私たちをこのように苦しめ悩ますべきではない。私たちの器はとても乏しくて、あなたの意志を理解できない。あなたが直接語り業を行うならば、とてもありがたいのだが。あなたは私たちに推測させるが、私たちにはそれができない。あなたがとり急ぎあなたの栄光を私たちに見せてくれたなら、それで良いのだが。物事をそのようにまわりくどく行う必要がるだろうか。」今あなたがたに最も欠けているのは良心である。そのことに一層注意し、目を大きく開いて、本当は誰がこの業を一歩一歩行っているのかを見るべきである。早急に結論を出してはならない。これで、あなたは、少なくとも自分が体験すべきいのちの道の表面を理解した。しかし、あなたが体験しなければならない真理がまだ多く残されている。そして、あなたがそれを充分に理解できる日が来た時、あなたはそのようなことを言わなくなり、不平も言わなくなるであろう。また、それを軽率に定義することもないであろう。あなたは「神はとても賢明で本当に聖い方だ。まことに神には力がある。」と言うであろう。

前へ:知的能力の向上は、神の救いを授かるためである

次へ:ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識

他のお気に入り