言葉は肉において現れる

目次

モアブの子孫を救うことの重要性

直近2年から3年にわたる業において、あなたがたに対する裁きの業で実現すべきであった物事は、基本的に実現されている。殆どの者が自らの将来的展望と運命を既に捨て去っている。しかし、あなたがたがモアブの末裔であると述べられた時、多くの者がそれに我慢ならずに顔を歪め、唇を曲げ、眼光が鈍る。そうした者は、自分がモアブの子孫であることを全く信じられない。モアブは呪われた後、地上から消滅した。モアブの子孫の系譜は現在も続いており、あなたがたは皆モアブの子孫である。それについて、私はどうすることも出来ない。あなたがたをモアブの家に生まれるようにしたのは、誰だろうか。私はあなたがたを哀れみ、あなたがたがそうなることを望まないが、その事実は人間が変えられないものである。あなたがたはモアブの子孫であり、私はあなたがたがダビデの子孫であると言うことは出来ない。あなたがたが誰の子孫であったとしても、あなたがたは創造物のひとつである。あなたがたは明らかに地位の低い創造物であり、生まれの賤しい創造物である。あらゆる創造物は、神の業を受けなければならず、神の征服の対象であり、神の義なる性情を見る必要があり、神の知恵と全能性を経験する必要がある。あなたがたはモアブの子孫であり、その裁きと罰を受け容れる必要があるので、仮にあなたがたがモアブの子孫でなかったとしても、あなたがたはその裁きと罰を受ける必要があるのではなかろうか。あなたがたは、それを認める必要がある。事実、現在モアブの子孫に業を行うことは、最も貴く重要な事である。この業はあなたがたに対して行われているので、その業には極めて大きな重要性がある。仮に、その業がハムの子孫に対して行われたとしたら、その業は重要ではないであろう。なぜなら、ハムの子孫はそれほど生まれが賤しくなく、ハムの子孫の生まれは、モアブの生まれとは異なるからである。ノアの次男であるハムの子孫は、単に呪われているのであって、不品行により生まれたのではない。ノアがハムの子孫を呪い、ハムの子孫は、しもべたちのしもべであるため、ハムの子孫は身分が賤しいというだけのことである。ハムの子孫は身分が賤しいが、元来の価値は低くは無かった。モアブについて、人間は、モアブが不品行により生まれたので元来賤しい地位のものであることを知っている。ロトの地位は極めて高かったが、モアブはロトとその娘から生まれた。ロトは義なる者であったが、モアブは呪いの対象であった。モアブは価値や身分が低く、モアブが呪われなかったとしても、モアブは不浄であったので、ハムとは違う存在であった。モアブはヤーウェを認めずに反抗し、反逆したので、最も暗い闇の場所に落ちた。今、モアブの子孫に対して業を行うということは、最も暗い闇に落ちた者を救うということである。モアブの子孫は呪われたが、神はモアブの子孫から栄光を得ることを望んでいる。なぜなら、モアブの子孫は皆、当初は心に神の無い者であったからである。真の征服は、そうした者を神に従い、神を愛する者にすることのみであり、そのような業の成果が最も貴重であり、最も確信を与えるものである。栄光を得ることとは、そのことのみであり、終わりの日に神が得ることを望む栄光は、その栄光である。そうした人々は、地位が低いものの、現在極めて大きな救いを得ることが出来る。それはまさに神の奉挙である。この業は極めて有意義であり、神がモアブの子孫を得る手段は、裁きである。神は故意にモアブの子孫を罰しておらず、神はモアブの子孫を救うために来た。仮に神が終わりの日に依然としてイスラエルを征服する業を行っているとすれば、それは価値の無いものである。よしんばその業に成果があったとしても、その成果には価値も大きな重要性も無く、神は全ての栄光を得られないであろう。神は、最も暗い闇の地に落ち、最も遅れている、あなたがたに対して業を行っている。そうした者は神が存在することを認めず、神が存在することを未だに知らずに居る。こうした創造物は、神のことを忘れるほどまで、サタンにより堕落させられている。そうした者はサタンにより盲目にされているので、天に神が存在することを全く知らない。あなたがたは皆、心の中で常に偶像、サタンを崇拝している。あなたがたは最も賤しく、時代遅れな者ではなかろうか。あなたがたは最も賤しい肉であり、個人的な自由を欠き、困難も経験する。また、あなたがたはこの社会の中で最も賤しい者であり、信仰の自由さえ欠いている。これが、あなたがたに対して業を行う重要性である。現在において、モアブの子孫であるあなたがたに対して業を行うことの目的は、故意にあなたがたを辱めるためではなく、業の重要性を表すためである。このことは、あなたがたにとって大いに励みになる。理知と識見を備えている者は「自分はモアブの子孫だ。自分は、自分が現在授かっている、神の大いなる激励や恵みを授かるに値しない。自分の言動と地位、価値に基づけば、私はそうした大いなる神の恵みを受けるに値しない。イスラエル人には神に対する大いなる愛があり、イスラエル人が授かっている恵みは神が授けたものだが、イスラエル人の地位は我々よりも遙かに高い。アブラハムはヤーウェに大いに献じ、ペトロはイエスに大いに献じた。そうした者の献身は、我々の献身の100倍以上であり、我々の行動に基づけば、我々は神の恵みを授かるに値しない。中国におけるそうした者の奉仕は、神の御前に出すことが全く出来ない。それは極度の混乱でしか無く、あなたがたが現在授かっている神の恵みは、純粋に神の奉挙である。何時、あなたがたは神の業を求めたであろうか。何時、あなたがたは自らのいのちを神のために犠牲にしたであろうか。何時、あなたがたは自らの家族や両親、子を捨てたであろうか。あなたがたのうち、大いなる代償を払った者は、居ない。仮に、聖霊があなたがたを連れ出さなかったとしたら、あなたがたのうち何人が全てを犠牲に出来たであろうか。あなたがたが現在まで付き従ってきたのは、ひとえにあなたがたが強制されてきたからである。あなたがたの献身は、どこにあるだろうか。あなたがたの服従は、どこにあるだろうか。あなたがたの行動に基づくと、あなたがたは遙か以前に滅ぼされ、一掃されていたに違い無い。あなたがたにどのような権利があって、そうした大いなる恵みを授かることが出来るというのか。あなたがたには、絶対的にその価値が無い。あなたがたのうち、誰が自分の道を固めたであろうか。あなたがたのうち、誰が真の道を自分で見出したであろうか。あなたがたは皆、怠惰で貪欲であり、貪欲に快楽をむさぼる無価値な恥知らずである。あなたがたは自分がそれほど偉大だと考えているだろうか。あなたがたに、何か自慢すべき物事があるだろうか。あなたがたがモアブの子孫であるほか、あなたがたの本性や出生地は最も高貴であろうか。あなたがたがモアブの子孫であるほか、あなたがたは皆、真にモアブの子ではなかろうか。事実の真相を変えることができるだろうか。今あなたがたの本性を表すことは、事実の真相に反するであろうか。あなたがたは、自分がどれほど卑屈かを認識し、自分の生活や性格を検討する必要がある。あなたがたは、自分が人類の中で最も賤しいことを知らないというのだろうか。あなたがたに、何か自慢すべき物事があるだろうか。あなたがたは、自分の社会的地位を確認すべきである。あなたがたの地位は最低ではないだろうか。あなたがたは、私の言葉が足らないと思うだろうか。アブラハムはイサクを捧げた。あなたがたは、何を捧げたであろうか。ヨブは全てを捧げた。あなたがたは、何を捧げたであろうか。極めて多くの人々が、真の道を追求するために、いのちを賭け、首を差し出し、血を流してきた。あなたがたは、そうした代償を支払ったであろうか。それに比べ、あなたがたには、そうした大いなる恵みを授かる資格が無い。そうであるならば、今あなたがたがモアブの子孫であると言うことは、あなたがたを中傷することであろうか。あなたがたは、自分を高尚であると考えすぎてはならない。あなたがたが自慢できることはひとつも無い。極めて大いなる救いや恵みが、無償であなたがたに授けられている。あなたがたは何も犠牲にせず、恵みを授かるばかりである。あなたがたは、恥辱を感じないだろうか。その真の道は、あなたがたが自分で追求して見つけたものであろうか。あなたがたに対して、真の道を受け容れることを強制したのは、聖霊ではなかろうか。あなたがたには追求精神、とりわけ真理を追求する精神も、真理を望む精神も無い。あなたがたは単に寛ぎながら真理を授かるだけであり、あなたがたは自分で全く努力せずに、その真理を得た。あなたがたには、何か不平を言う権利があるだろうか。あなたがたは、自分達が最も価値の高い存在であると考えているのではないか。いのちを犠牲にした者や、血を流した者に比べて、あなたがたは何か不満を言うべき物事があるだろうか。あなたがたは、今すぐ滅ぼされて当然である。服従することと付き従うこと以外に、あなたがたに選択肢は無い。あなたがたは明らかに無価値である。あなたがたのうち殆どの者が呼び出されたが、環境により余儀なくされなければ、あるいはあなたがたが呼び出されなければ、あなたがたは出てくることを全く望まなかった。そのように物事を捨て去ることを、誰が望んでいるであろうか。肉の悦楽を捨て去ることを、誰が望んでいるであろうか。あなたがたは皆、貪欲に快楽をむさぼり、豪奢な生活を求める者である。あなたがたは、それほどまで大いなる祝福を受けたが、その上何か言うべき事があるだろうか。あなたがたには、どのような苦情があるというのか。あなたがたは、天における最大の祝福と、最大の恵みを授かり、地において嘗て無いほどまでに、あなたがたに対して業が明らかにされている。これは祝福ではなかろうか。あなたがたは神に反抗し、反逆したので、現在は然るべき重さの罰を受けている。この罰のおかげで、あなたがたは神の憐れみと愛を理解し、それ以上に神の義と聖さを理解した。この罰と人間の不浄が原因で、あなたがたは神の大いなる力と、神の聖さと偉大さを知った。それは最も希有な真理ではないだろうか。これは有意義な生活ではなかろうか。神が行う業は、意味で満たされている。したがって、あなたがたの地位が低ければ低いほど、その地位により神の奉挙が一層示され、現在における神のあなたがたに対する業がどれほど貴重であるかが一層明らかに証明される。それはまさしく、計り知れない価値のある宝である。それは、他の場所では得られず、現在までの各時代を通して、それほど大いなる救いを授かった者は居ない。あなたがたの地位が低いという事実により、神の救いがどれほど大いなるものかが示され、神が人間に対して忠実であること、すなわち、神は救うのであって、滅ぼさないということが示される。

中国の人々は、嘗て神を信じたことが無く、ヤーウェに仕えたことも、イエスに仕えたことも無い。中国の人々は、香を焚くこと、叩頭すること、紙銭を焚くこと、仏陀を崇拝することしか出来ない。中国の人々は偶像を崇拝するだけであり、極度に反逆的であるため、人々の地位が低ければ低いほど、それは神があなたがたから得る栄光が一層大きいことを示す。一部の者は、自分の観点から「神よ、あなたが行う業は、どのようなものでしょうか。極めて高尚で聖い神であられるあなたは、不浄の地に来られました。あなたは自らのことを殆ど気にかけないのでしょうか。私達は極めて汚れていますが、あなたは私達と共に居ることを望まれているのでしょうか。あなたは、私達と共に暮らすことを望まれているのでしょうか。私達は極めて地位の低い者ですが、それでもあなたは私達を完全にされることを望まれているでしょうか。そして、あなたは私達を規範として用いられるのでしょうか。」と言うであろう。私は「あなたがたは私の旨を知らない。あなたがたは、私が実行したい業や、私の性情を全く理解していない。あなたがたは、私が行う業の重要性に達することが出来ない。私の業は人間の観念に則したもので有り得ようか。人間の観念によると、私は自らが高い地位にあること、自らに大いなる価値があること、自らの高貴さ、聖さ、偉大さを示すため、私には好ましい国に生まれる必要があることになる。仮に、私の存在が認められる地で、上層階級家庭に私が生まれ、私の地位や身分が高かったとしたら、私は極めて好ましい待遇を受けるであろう。そのことは、私の業に対して何の利点も無い。そうした状況でも、そのような大いなる救いは明示され得るであろうか。私を見る者全てが私に従い、そうした者が不浄で汚れることは無い。私は、そのような地に生まれるべきである、ということになる。それが、あなたがたの考えである。しかし考えて欲しいのだが、神が地に来たのは、楽しむためであろうか、それとも業を行うためであろうか。仮に、私がそのような気楽で快適な地で業を行ったならば、私は自らの栄光を完全に得られるであろうか。私は、自らの創造物を全て征服出来るであろうか。神が地に来たとき、神はこの世のものではなく、この世を楽しむために受肉することもなかった。業により神の性情を最適に示す地、そして業が最も有意義となる地が、神が生まれた地であった。その地が聖いか汚れているかを問わず、また神が何処で業を行うかを問わず、神は聖い。この世の万物は神により造られた。ただし、そうした万物は全てサタンにより腐敗させられている。しかしながら、万物は依然として神のものであり、神の掌中にある。神が不浄の地に来て業を行ったのは、神の聖さを示すため、そして神の業のため、つまりこの不浄の地の人々を救うために神が大いなる屈辱を受け、そのようにして業を行うためであった。それは、証しのためであり、全人類のためである。この種の業により人間が理解できることは、神の義である。またその業により、神の至高性を一層示すことが出来る。神の偉大さと高潔さは、誰もそれほど気にかけないような賤しい人間の集団を救うことによって示される。不浄の地に生まれる事が、神が賤しいことを示すことは一切なく、その事によって、神の偉大さと、人間に対する真の愛を万物が理解できるようになるのみである。神がこのように業を行えば行うほど、その業が示す神の人間に対する純粋な愛、完璧な愛が一層はっきりと示される。神は聖く、義である。ちょうどイエスが罪人と暮らしたのと同様に、神は不浄の地に生まれ、汚れに満ちた人々の中で暮らしているが、神の業は、全て全人類の生存のためではなかろうか。それは、全て人間が大いなる救いを得ることが出来るようにする為ではなかろうか。2000年前、神は何年も罪人と暮らした。それは贖いのためであった。現在、神は不浄で賤しい人間の集団と共に暮らしている。それは救いのためである。神の業は、全てあなたがた人類のためではなかろうか。仮に、神の業が人間を救うためでなかったとしたら、神が飼葉おけで生まれ、罪人と何年も共に暮らし、苦しむ必要があったのであろうか。そして、仮にそれが人間を救うためで無かったとしたら、神が二度肉に還り、悪魔の集うこの地に生まれ、サタンにより深く堕落させられている人々と共に暮らすのは、何故だろうか。神は誠実ではなかろうか。神の業のうち、どれが人間のためでは無かったであろうか。そのうちどれが、あなたがたの運命のためでは無かったであろうか。神は聖い。これは変わることが無い。神は不浄の地に来たが、不浄に汚されていない。それはとりもなおさず神の人間に対する愛が極めて無私であること、そして神が受ける苦難と屈辱が極めて大きいことを意味する。あなたがた全員のため、そしてあなたがたの運命のために、神は極めて大きな屈辱を受ける。あなたがたはそのことを知らないであろうか。神は偉大な人々も裕福な者や有力な家族の息子も救わないが、ことさらに賤しく、他の者から見下されている者を救う。そうしたことは、全て神の聖さではなかろうか。そうしたことは、全て神の義ではなかろうか。神は、全人類の生存のために、むしろ不浄の地に生まれ、そうした大いなる屈辱を全て受ける。神はまさに現実であり、誤った業を一切行わない。神の業の各段階は、このように実践的に行われてきたのではなかろうか。人間は神を中傷して、神は罪人と共に卓に着いたと言ったり、神を嘲笑して、神は不浄の息子や最も賤しい者と共に暮らしたと言うが、神は依然として無私に自らを献じるが、依然として人間からそのようにして拒まれている。神が受けている苦難は、あなたがたの苦難よりも大いなるものではなかろうか。神の業は、あなたがたが払った代償よりも大いなるものではなかろうか。あなたがたは不浄の地に生まれたが、神の聖さを授かった。あなたがたは悪魔が集う地に生まれたが、大いなる守りを授かった。あなたがたには、その他にどのような選択肢があるだろうか。あなたがたには、どのような苦情があるというのか。神が受けた苦難は、あなたがたが受けた苦難よりも大いなるものでは無かろうか。神は地に来たが、人間の世の快楽を決して得ることが無かった。神はそうした快楽を忌み嫌う。神が地に来たのは、人間から実質的利益を得るためでも、人間の食べ物や衣類、装身具のうち、好ましいものを得るためでも無い。神はそうした物事には全く関心が無い。神が地に来たのは、人間のために苦難を受けるためであり、この世の良い物事を得るためでは無い。神は苦難を受け、業を行い、神の統御計画を完了するために来た。神は、好ましい場所を選ぶことも、大使館や豪華なホテルに住むことも無かった。また神は自分に仕える召使いを得ることも無い。あなたがたは、自分が理解した事から、神が来たのは業を行うためか、楽しく過ごすためかが分かるのではなかろうか。あなたがたの目は機能していないのではないか。神はどれほどあなたがたに与えてきたであろうか。仮に、神が快適な場所に生まれていたならば、神は栄光を得ることが出来るであろうか。神は業を行えるであろうか。そのことに何かしら重要性はあるだろうか。神は人間を完全に征服することが出来るであろうか。神は人間を不浄の地から救うことが出来るであろうか。人間の観念によると神は聖いのであるから、神がそのような不浄の地に生まれたのは何故だろうか。「あなたは私達のような不浄な人間、そして私達の反抗性や反逆性を忌み嫌われていますが、それならば、あなたが私達と共にあられるのは、何故でしょうか。あなたは極めて偉大な神であられますが、あなたは何処で生まれてもよいということはなく、この不浄の地に生まれる必要があったというのでしょうか。あなたは毎日私達を罰し、裁かれ、私達がモアブの子孫であることを知っていますが、あなたはそれでも私達と暮らされているのは、なぜでしょうか。あなたがモアブの子孫の家庭に生まれたのは、何故でしょうか。あなたがそのような事をなさったのは、なぜでしょうか。」あなたがたが持つ、この種の知識には、全く理知が欠如している。神の偉大さや謙遜、内密性を人間が理解できるようにするのは、この種の業のみである。神は自らの業のために、全てを犠牲にすることを望み、あらゆる苦難を受けた。神は、神の支配にあらゆる生き物が服従するよう、人間のため、またそれ以上にサタンを征服するために、そうした業を行う。こうした業のみが、有意義で価値のある業である。仮に、中国の地に生まれていたのがヤコブの子孫であって、あなたがたが皆その子孫であったとしたら、あなたがたに対して業を行うことの重要性は何であっただろうか。サタンは何と言うであろうか。サタンは「神よ、中国人は嘗てあなたを畏れていましたが、もう長いこと誰もそれを受け継いでいません。しかし、中国人の祖先は当初あなたを畏れ、あなたを裏切ったことは全くありません。時間が経って、それが受け継がれなくなったということだけです。中国人は人類の中で最も邪悪でも、最も賤しくも、最も遅れてもいません。中国人は当初、あなたを認めていました。そのようなやり方は全く重要ではありません。本当にそのようなやり方で行われたのであれば、この業で誰が確信するでしょうか。」と言うであろう。全宇宙の中で、中国人は最も遅れた人間である。中国人は賤しく、誠実さが乏しく生まれ、愚鈍であり、野蛮で退廃的である。中国人にはサタンのような性情が浸透し、不浄で放蕩である。あなたがたには、その全てが備わっている。そうした堕落した性情に関しては、この業が完了した後、人間はその性情を払拭して完全に付き従って完全にされることが出来るようになるであろう。創造物の中の証しと呼ばれるのは、この種の業による成果のみである。あなたがたは、いわゆる証しを理解しているだろうか。実際に、どのようにして証しに立つべきであろうか。この種の業により、あなたがたは引き立て役や奉仕者とされ、さらには救いの対象となった。あなたがたは現在、神の民であり、後に規範となるであろう。この業において、あなたがたは様々な役割を担い、最終的には救いの対象となるであろう。多くの者が、このことに否定的である。そうした者は盲目ではなかろうか。あなたがたは、何も明瞭に理解できない。その役名は、あなたがたにとって耐え難いというのか。あなたがたは、神の義なるご性質とは何を指すか知っているであろうか。あなたがたは、救いとは何かを理解しているだろうか。あなたがたは、神の愛とは何かを理解しているだろうか。あなたがたには、誠意が全く無い。あなたがたは、良い役名を与えられると、満足する。良い役名を与えられなかった場合、あなたがたはそれを望まずに退散する。あなたがたは何のつもりだろうか。あなたがたは真の道を求めていない。あなたがたは、すぐに追求を止めた方が良い。それは恥辱である。それほど些細な事で、あなたがたは耐えられなくなってしまう。それは恥辱の徴候ではなかろうか。

あなたがたは自分に関する知識を多少身に付けたほうが良い。自分を過度に高尚であると考えたり、天に昇ることを夢見たりしてはならない。ひたすら本分を守り、地の上で征服されるべきである。実在せず非現実的な夢を見てはならない。誰かが「自分はモアブの子孫だが、神のために努力することを望み、将来は自分の祖先と訣別するつもりだ。自分の祖先は私を産み、また私を踏みにじった。そして現在まで私は闇の中で暮らしてきた。現在、神が私を解放しており、私はやっと天の光を見た。神の暴露により、私はやっと自分がモアブの子孫であることを知った。それ以前、私は闇に居て、神が極めて多くの業を行ったことを知らなかった。それは、ひとえに私が年老いたサタンにより盲目にされていたからである。私はサタンと訣別し、サタンに完全な屈辱を与えるつもりだ。」と言った場合、それは熱意と信念のある者の言葉である。しかるに、あなたがたには信念があるだろうか。あなたがたは皆、人間の像を備えて居るようであるが、その事実に反し、あなたがたは他の誰よりも先に崩れ去り、この問題について最も敏感である。あなたがたがモアブの子孫であると言われるとすぐに、あなたがたは膨れ面をする。それは、豚の性情ではなかろうか。それは無価値である。あなたがたは、自らの名声と富のために自らのいのちを犠牲にすることを望んでいる。あなたがたはモアブの子孫になることを望まないが、あなたがたはモアブ子孫ではないか。私は今、あなたがたがモアブの子孫であって、あなたがたはそれを認める必要があると言っている。私は事実に反かない。それが原因で否定的な者も居るが、あなたがたは何に対して否定的なのであろうか。それは、赤い大きな竜の子でもある、あなたがたではないか。あなたがたがモアブの子孫であると言ったら、それは不当であろうか。あなたがたが内面的に、そして外面的に態度で示している事柄を検討する必要がある。頭から足まで、何も自慢すべきことは無い。あなたがたの性情には、放蕩、不浄、盲目さ、反抗、反逆性といった部分が全て含まれているのではなかろうか。あなたがたは常に不浄の地で暮らし、あらゆる邪悪を行っている。あなたがたは、自分が極めて聖いと考えているが、自分が従前した事柄を比較する必要がある。あなたがたは信じられないほど自己満足しているが、あなたがたが自慢すべき事として、何があるだろうか。あなたがたは獣のようであり、人間性が全く無い。あなたがたは獣と交わり、邪悪と不浄な考えの中で暮らしている。あなたがたには、どの程度足りない部分があるだろうか。あなたがたは自分が赤い大きな竜の子であることを認め、奉仕することを望むが、その後あなたがたがモアブの子孫であると言われると、否定的になる。それは真理ではないだろうか。あなたがたは自らの父と母から生まれたならば、あなたがたの父母がどれほど酷かったとしても、あなたがたが自らの父母から生まれたということには変わらない。たとえあなたがたが継母を見つけて、家を出たとしても、あなたがたは依然として自らの産みの親の子ではなかろうか。その事実は、変わり得るであろうか。私はあなたがたを出鱈目にそのように分類しただけであろうか。「どうか、それとは違う呼称にしてくれませんか。」と言う者も居る。私は「それでは、引き立て役という呼称はどうだろうか。」と答える。そうした者は引き立て役になることも望まない。それでは、あなたがたは何になりたいのであろうか。あなたがたは、引き立て役や奉仕者ではなかろうか。あなたがたは、それ以外に何を選ぶであろうか。あなたがたは赤い大きな竜の国で生まれた者ではなかろうか。あなたがたが自分はダビデの子であると何度言ったとしても、それは事実に反する。それが、あなたがたが選ぶ選択肢であろうか。あなたがたは、自分の呼称として響きの良い名称を用いることが出来るだろうか。従前、赤い大きな竜の子と呼ばれたのは、堕落した者の集団である、あなたがたでは無かろうか。前述した奉仕者もまた、堕落した者である、あなたがたのことでは無かろうか。征服された規範と呼ばれたのもまた、あなたがたでは無かろうか。完全にされる道というのは、あなたがたのために言われたことではなかろうか。罰と裁きを受けるのはあなたがたであり、後に完全にされるのも、あなたがたのうち、一部の者ではなかろうか。この呼称に何か問題があるだろうか。あなたがたは無分別すぎて、そのような些細な事でさえ明瞭に理解できない、ということだろうか。あなたがたは誰が誰の子孫であるか知らないが、私はそれを明瞭に理解している。あなたがたに言っておくが、あなたがたが今それを認められないというのであれば、それでよい。自分をそれほどまで卑下するばかりであるべきではない。あなたがたが否定的になって逃げ出せば逃げ出すほど、それは、あなたがたがサタンの末裔であることを一層示す。ある歌をあなたがたが誰かに聴かせた時に「モアブの子孫はテープレコーダーを使うだろうか。私はその歌を聴かない。私にはその資格が無い。」と言う者がいる。あなたがたがその者に歌わせると、その者は「モアブの子孫が歌を歌うと、神はそれを聞くことを望むだろうか。神は私を忌み嫌っている。私は恥ずかしすぎて、神の御前に行って神の証しに立つことは出来ない。私は決して歌わない。歌ったとしたら、神はそれを聴いて不快になられるであろう。」これは、この問題に対処する否定的な方法ではなかろうか。創造物のひとつとして、あなたがたは不浄の地に生まれた赤い大きな龍の子であり、モアブの子孫である。あなたがたは昔の祖先、年老いたサタンと訣別する必要がある。そうする者のみが、神を真に求める者である。

当初、私があなたがたに神の民の役割を与えた時、あなたがたは飛び跳ねて誰よりも喜んだ。しかし、私があなたがたに、あなたがたがモアブの子孫であると伝えた直後は、どうだろうか。あなたがたは皆、意気消沈した。あなたがたは、自分の器量がどの程度であると考えているであろうか。あなたがたは、役割を重視し過ぎている。殆どの者が元気を回復できない。商売を営む者も居れば、従業員として雇用される者も居る。あなたがたがモアブの子孫だと私が伝えると、あなたがたはすぐに逃げ出したくなる。これが、あなたがたが叫び続けてきた、神の証しに立つということではなかろうか。サタンはそのようにして確信させられるであろうか。それは恥辱の標示ではなかろうか。あなたがたを得ることが、何の役に立つというのか。あなたがたは皆、屑である。あなたがたは酷く虐げられたと感じているが、それではあなたがたは、どのような苦難を受けて来たというのか。あなたがたは、あたかも神は故意に自分を咎めるために来て、あなたがたを咎めて滅ぼしたときに神の業が完了するかのように、神があなたがたをある程度まで折檻した後、神は満足するであろうと考えている。私はそう述べたであろうか。それは、あなたがたの盲目さに起因するのではなかろうか。それは、あなたがた自身が向上のために努力していない、あるいは私が故意にあなたがたを咎めているということであろうか。私はそのようなことをした事が無い。それは、あなたがたが自分で考え出した事である。私はそのような方法で業を行う事も、そうした意図も全く無い。私が本当にあなたがたを滅ぼす必要があるならば、私はそれほどまで苦難を受ける必要があるだろうか。私が本当にあなたがたを滅ぼす必要があるならば、私はそれほどまで熱心にあなたがたと話をする必要があるだろうか。私の旨は、私があなたがたを救った時が、私が休むことの出来る時である、ということである。ある者が賤しければ賤しいほど、その者は一層私の救いの対象となる。あなたがたが積極的に取り組むことが出来れば出来るほど、私は一層満足する。あなたがたが砕け散れば砕け散るほど、私は一層不快になる。あなたがたは楽をして王座に就くことを常に求めている。しかし言っておくが、あなたがたを不浄から救う道は、そのようなものではない。王座に就く妄想によって、あなたがたが完全にされることは有り得ない。それは非現実的である。私が、あなたがたはモアブの子孫である言うと、あなたがたは不服になる。あなたがたは「あなたは私を底なしの穴に落とした。私があなたのために証しに立つことも、苦難を受けることも無い。」と言う。あなたがたは、そうすることで、私に反抗しているのではなかろうか。それはあなたがたにとって有益だろうか。私はあなたがたに極めて多くの恵みを与えたことを、あなたがたは忘れたであろうか。愛情深い母のような神の心は、あなたがたのせいで冷水になり凍った。サタンはあなたがたを逃すであろうか。あなたがたが私の証しに立たなくても、私はあなたがたに強制しないが、あなたがたは最終的に滅びの対象となるであろうということを知っておくべきである。私があなたがたの中の証しを得られないのであれば、私は他の者から証しを得るであろう。それは私にとって問題ではない。しかし、あなたがたは最終的にそれを後悔し、その時あなたがたは既に長いこと闇に陥っているであろう。その時、誰があなたがたを救えるであろうか。あなたがた無しでは業が完了しないと考えてはならない。あなたが居ても多すぎるということは無く、あなたが居なくても少なすぎるということも無い。自分自身を過度に高貴であると考えてはならない。あなたがたが私に付き従うことを望まないならば、それはあなたがたが反逆的であり、あなたがたには望ましい部分が一切無いことを示しているに過ぎない。あなたがたが雄弁であるならば、それはあなたがたが私の業によりもたらした言葉を身に付けているからではなかろうか。あなたがたに、何か自慢すべき物事があるだろうか。あなたがたは、自らの想像を抱いて逃げ出してはならない。モアブの子孫であるあなたがたから私が栄光を得られなかったならば、私が栄光を得るまで、私は2度、3度と、別のモアブの子孫の集団を選び続けるであろう。あなたがたが私の証しに立つことを望まないのであれば、出て行くが良い。私は強制しない。私はあなたがた無くして次の段階へと進むことが出来ないだろうと考えてはならない。中国の地で、私の業に適した対象を見出すことは、全く困難ではない。この地で、それ以外の物事を見出すことは出来ない。不浄で堕落した人々が随所に存在するので、私の業は随所で実行出来る。あなたがたは尊大になりすぎてはならない。あなたがたがどれほど尊大であるかを問わず、あなたがたは依然として不品行により生まれた子ではなかろうか。あなたがたが自分の価値を確認した時、あなたがたには、その他にどのような選択肢があろうか。あなたがたを生かしておくことだけでも、大いなる奉挙であるのだから、あなたがたは何について傲慢になっているのだろうか。仮に、この時代に終止符を打つ私の業が無かったとしたら、あなたがたは遙か以前に天災や人災に見舞われていたのではなかろうか。あなたがたは、それほどまでに快適に暮らせるであろうか。あなたがたは、未だにこの問題について常に議論する。私がモアブの子孫の話をして以来、あなたがたは常に膨れ面をしている。あなたがたは学ぶことも読むこともないが、誰の見解にも我慢ならない。あなたがたは、他人が学んでいるのを見ると、その者を混乱させ、その者に対して意欲を奪うような事を言う。あなたがたは極めて向こう見ずである。あなたがたは「モアブの子孫は、何を学んでいるのか。私は神のために学ばない。」と言う。これは獣が言うような言葉ではなかろうか。あなたは、人間としてさえみなされるであろうか。私は極めて多くの物事をあなたがたに伝えたが、その成果は全く無い。私が行った業は、全て無駄だというのか。私が述べた言葉は、全て無駄だというのか。仮にあなたがたが犬であったとしても、あなたがたは尾を振るであろうから、そのような者は犬にも及ばない。あなたがたは何度も膨れ面をし、疑念を表しているが、あなたがたの中で行われた業は、全て無駄であったであろうか。私がモアブの子孫の話をするとすぐに、自分の品性を落とす者も居る。そうした者は従前とは異なる身なりをして、人間とは思えないほどだらしなくなり、「私はモアブの子孫のならず者だ。どうせ私には良いところが全く無く、恵みを受けたいとも全く思わない。とにかく、それが事実だ。どうしてモアブの子孫が完全にされ得ようか。」と呟く。私がモアブの子孫の話をするとすぐに、殆どの者が希望を失い、「神は私達がモアブの子孫だと仰るが、それは何を意味するだろうか。神の口調から考えると、贖いの余地は無い。神の御言葉には愛が無い。私達は滅びの対象ではなかろうか。」と言う。あなたがたは、以前に述べられた事を忘れたのだろうか。現在、あなたがたが覚えているのは「モアブの子孫」という語だけであろうか。事実、多くの言葉が何かを達成するためのものであるが、その言葉により、事実の真理も明らかにされている。殆どの者が、それを信じない。あなたがたは、そのようにして私のために苦難を受けることを望まない。あなたがたは死を怖れており、常に逃げ出すことを望む。あなたがたが去りたいのであれば、私は留まるよう強制しないが、ひとつだけ明確にしておく必要がある。すなわち、生涯を無駄にしてはならず、従前私が述べた物事を忘れてはならない。創造物のひとつとして、あなたがたは創造物の本分を尽くすべきである。あなたがたの良心に反する行動を取ってはならない。あなたがたが取るべき行動は、創造主のために献身することである。モアブの子孫もまた、明らかに創造物に含まれる。ただし、モアブの子孫は呪われている。いずれにせよ、あなたがたは創造物のひとつである。あなたがたが「たとえ自分がモアブの子孫であっても、私は従前、神の恵みを大いに授かったのだから、良心を持つべきだ。私はそう認めるが、それを思索しない。自分がこの流れの中で苦難を受けるならば、最後まで苦難を受け続けよう。自分がモアブの子孫であるならば、それでよい。それでも最後まで付き従おう。」と言うならば、あなたがたはそれほど大きく誤ってはいない。あなたがたは、最後まで付き従う必要がある。あなたがたが逃げ出したならば、あなたがたには将来の見通しが全く無く、滅びの道へと歩み始めたということである。

あなたがたが自分の由来を理解することは好ましいことであり、あなたがたに事実の真理を理解させることは、業に有益である。さもなければ、実現すべき結果は達成されないであろう。これは征服の業の一環であり、業において必要な段階である。それは事実である。この業の実行は、人間の霊を目覚めさせ、良心の感覚を目覚めさせて、この大いなる救いを人間に得させることを目的とする。ある者に良心があるならば、その者が賤しい身分であることを理解した時、その者は特に神に感謝すべきである。そうした者は神の言葉や、神から自分に授けられた恵みをしっかりと掴み、大いに涙を流して「私達の地位は極めて低く、この世で何も得ていない。賤しい私達を敬う者は居ない。私達は、母国で迫害を受け、自分の夫から拒否され、妻から罵られ、子に見下され、年老いると義理の娘にも虐げられる。私達は少なからず苦難を受けて来たので、現在神の大いなる愛を授かって、大いに満足している。神の私達に対する救いが無かったならば、私達はどうして人間の苦難を明瞭に理解することが出来るであろうか。私達は依然として罪の泥沼に陥っているのではなかろうか。それは神が私達を励まされているのではないか。自分は最も賤しい人間のひとりであり、神は私を極めて強く励ました。たとえ自分が滅ぼされるとしても、私は神の愛に報いる必要がある。神は極めて賤しい私達を高貴だと考え、対面して話をされるかも知れないので、神が私を罰したとしても、私は何も言えない。罰もまた、神の励ましではなかろうか。たとえ自分が罰を受けたとしても、私は依然として神の大いなる力を認めることが出来る。私は良心を欠いてはならず、神の愛に報いる必要がある。私は神に対し、大いに反逆的であってはならない。神は私に会って話をされ、私の手を取って教えられている。神は私に匙で食べさせ、私と共に暮らし、私と共に苦難を受けられる。」と言う。神の地位と身分は人間の地位や身分とは異なるが、神が受ける苦難や食べ物、衣服は、人間のものと同じである。ただし人間は皆、神を敬うという点だけが異なる。それ以外に授かった物事全ては、同じではなかろうか。それならば、あなたがたにどのような権利があって、そうした物事に対して極めて多くの文句を言うのか。神は極めて大いなる苦難を受け、極めて大いなる業を行ったが、あなたがたは、蟻や虫よりも賤しく、現在極めて大いなる奉挙に与っている。あなたがたが神の愛に報いられないのであれば、あなたがたの良心はどこにあるというのか。心を込めて「神から離れることを考えるといつも、自分の目が涙で溢れ、自分の良心が咎めるのを感じる。私は神に負債がある。私は離れられない。私は神に対し、そのようであってはならない。私は、自分が死ぬことで神の御業に栄光がおよぶのであれば、私はこの上なく満足であろう。さもなければ、私は生きていても安らぎを感じ無いであろう。」と言う者も居る。こうした言葉を聞く必要がある。それが、創造物が尽くすべき本分である。ある者が、自分の中に常にこうした構想を備えているならば、その者には内面的な問題が無く、安らかであろう。そうした者は、この問題について確信するであろう。あなたがたは「神は私を傷つけたり、故意に私をからかったり、辱めたりしておられない。神はいささか厳しい口調であり、心を打つが、それは私のためである。神は辛辣に語られるが、同時に私を救われ、依然として私の弱い部分に配慮されている。神は事実で私を罰しているのではない。神は救いであると思う。」と言うであろう。あなたがたに真にこうした構想があるならば、あなたがたは逃げ出すまでには至らないであろう。あなたがたは、自らの良心において、自分が誤っていると感じ、咎めを感じ、神をそのように扱ってはならないと感じるであろう。あなたがたは、自らが得た恵みの全て、聞いた言葉の全てを想う時、あなたがたはそれを無駄に出来るであろうか。誰が逃げ出したとしても、あなた方自身は逃げ出せない。他の者は信じないが、あなたがたは信じているはずである。他の者は神を見捨てるが、あなたがたは神を崇め、神の証しに立つはずである。他の者は神を罵るであるが、あなたがたにはそれが出来ない。神がどれほどあなたがたに対して不親切であったとしても、あなたがたは神に適切に接するに違い無い。あなたがたは神の愛に報いるべきであり、良心を備える必要がある。なぜなら、神は純真だからである。人間の中で業を行うために神が天から地に来たことは、それだけで大いなる屈辱である。神は聖く、汚れが全く無い。不浄の地に来ることで、神はどれほどの屈辱を受けたであろうか。あなたがたの中で業を行うことは、あなたがたのためである。あなたがたが神を扱う際に、あなたがたに良心が無かったとしたら、早死にした方が良いであろう。

現在、殆どの者が構想のこうした側面を欠いており、この業のことを全く推し量ることが出来ず、この業によって神が本当に求めている物事を知ることが出来ない。特に、思考が混乱している者にとって、それは迷宮に入ってすぐに茫然とするようなものである。あなたがたが神の統御計画の目的を完全に説明出来るならば、そうした状態にはならないであろう。多くの者は、それを推し量ることが出来ず、神の業は人間を折檻することだと考えている。そうした者は、神の業の知恵と奇しさを理解できず、また神の業が神の大いなる力を表し、またそれ以上に人間を救うためのものであることを理解できない。そうした者は、これらの事柄を全く理解できず、自分に将来の展望があるか、天国へ入ることが出来るかを見ているだけである。そうした者は「神の業は常にまわりくどい。神が私達に対して、神の知恵を直に示されたなら、それで事足りるであろう。神は、そのようにして私達を折檻すべきではない。人間は能力が極めて不足しており、神の旨を理解できない。神が直接私達に語り、業を行うならば、極めて有り難いのだが。神は私達に詮索させるが、私達は詮索できない。神がとりいそぎ神の栄光を私達に見せてくれたならば、それで事足りるであろう。物事をそのようにまわりくどく行う必要性があるのであろうか。」と言う。現在、あなたがたに最も欠乏しているのは、良心である。そのことに一層注意し、自らの目を見張って、この業を段階的に行っているのは、本当は誰かを確認すべきである。結論に飛躍してはならない。これで、あなたがたは自分が経験すべき人生の道の路面のほぼ全てを理解した。しかし、あなたがたが経験しなければならない真理が、まだ多く残されて居る。そして、あなたがたがそれを完全に理解する日が来た時、あなたがたはそうした事を言わなくなり、苦情も言わなくなるであろう。また、それを軽率に定義することも無いであろう。あなたがたは「神は極めて賢明であられ、聖い。神は極めて強大な力を持っておられる。」と言うであろう。