第七十五章

わたしの言葉が話されるやいなや、ほんの少しも逸脱することなく、全てのことが成就される。今から後、隠された全ての奥義は、はっきり見えなくなったり隠されたりすることは全くなく、あなた方──わたしの愛する子ら──に明らかにされるだろう。わたしは、わたしの中でさらに大きなしるしと不思議をあなたに見せ、さらに大きな奥義を見せよう。これらのことは必ずあなた方を驚かせ、全能なる神であるわたしをより良く理解させ、その中にあるわたしの知恵を悟らせるだろう。今日、あなた方は創造以来、人間が一度も見たこともない唯一の真の神と顔を合わせるようになった。そして、わたしには何も特別なことはない。わたしはあなた方と食べ、暮らし、話し、笑い、わたしはいつもあなた方の中に住み、また同時にあなた方のただ中で動いている。信じていない者や、自分自身の深刻な観念を持っている者にとって、これは躓きの石である。これがわたしの知恵である。わたしは、わたしの普通の人間性が知らないことについても、ある人たちに明らかにするが、これは、わたしが神自身ではないことを意味するのではない。それどころか、この点は、わたしが全能なる神であることを証明するに十分である。信じる人たちにとって、この点には決定的な効果があり、正にこの点の故に、彼らはわたしのことを百パ-セント確信するのである。余り心配しなくてもよい。わたしはあなたに物事を一つずつ現そう。

あなた方のために、わたしは開かれており、隠されてはいない。しかし、未信者たち―不実な者たち、ある程度までサタンによって堕落させられた者たち―にとっては、わたしは隠されたままである。しかしながら、前にわたしが全ての人々にわたし自身を現すことについて話したとき、わたしは、わたしの義と裁きと威厳のことに言及していたのだ。それは、彼らが受ける結果から、わたしが宇宙と万物を支配していることを彼らが知るようになるためである。勇気を持って行動しなさい。頭を上げなさい。恐れてはならない。わたし──あなた方の父──がここであなた方を支えているので、あなた方は苦しむことはないだろう。あなた方がわたしの前で頻繁に祈り、懇願する限り、わたしはあなた方に全ての信仰を授けるだろう。権力を持っている者たちは、外側から見ると悪質に見えるかもしれないが、恐れることはない。それは、あなた方の信仰があまりに僅かだからである。あなた方の信仰が成長する限り、難しいことは何もない。心ゆくまで歓呼し跳び上がりなさい。全てがあなた方の足の下にあり、わたしの掌中にある。物事の達成も破壊も、わたしの一言によって決定されるのではないのか。

わたしが今用いている者たちは皆、ずっと前に、わたしによって一人ずつ認められたのだ。つまり、長子の群れの中の人々は、すでに決定され、わたしが世界を創造して以来、定められているのである。誰もこれを変えることはできず、全てはわたしの命令に従わなければならない。人間にはそれを為すことはできない。これらは全てわたしの采配である。わたしと共にあれば、全てが安定し、安全である。わたしと共にあれば、ほんの少しの努力を費やすこともなく、全てのことが適切かつ正しく行われるであろう。わたしが話せば、それは確立され、わたしが話せば、それは成し遂げられる。国際情勢が混乱の中にあるというのに、あなた方は何故急いで訓練を始めないのか。あなた方はいつまで待つのだろうか。あなた方は、外国人が中国に殺到しあなた方に会う日まで待つのだろうか。あなた方は、以前は少し遅かったかもしれないが、もう自堕落であり続けることはできない。わたしの子らよ。わたしの苦心の意図に配慮しなさい。わたしにもっと頻繁に近づく者は、すべてのものを得るだろう。あなたはわたしを信頼しないのだろうか。

わたしの働きのペースは雷の閃きであるが、決して雷の轟きではない。これらの言葉の真の意味が分かるだろうか。あなた方は、わたしにより良く協力し、わたしの意図に配慮しなければならない。あなた方は祝福を受けたがっているが、それと同時に苦しみを恐れている。これはあなたの方の曖昧な態度ではないのか。あなたに告げよう。今日祝福を受けることを望んでも、その目的のために全てを犠牲にしないのであれば、彼らが受けるのは、罰とわたしの裁きだけである。しかし、全てを犠牲にする者は、あらゆる事の中で平安を体験し、全てのものを豊かに持ち、彼らが受ける全てが、わたしの祝福になるだろう。今日、緊急に必要とされるのは、あなた方の信仰であり、あなた方が代価を払うことである。わたしの意図を誤解してはならない。全てのことが起こるであろう。そして、あなた方は自分の目でそれを見て、それを直接経験しなければならない。わたしには、偽りの言葉や嘘は一つもない。わたしが言うことは全て真実であるが、知恵に欠けてもいない。半信半疑になってはならない。あなた方の間で全てを成し遂げたのはわたしである。また、悪を行う者を裁き処分するのもわたしである。わたしはあなた方を愛している。そして、あなた方を完全にする。しかし、彼らには、わたしは全く反対である。つまり憎しみと破壊であり、何の余裕も与えず、彼らの痕跡を残すこともない。わたしの豊かさは、わたしが言うこと為すことのすべてに内在している。あなた方はそれらを少しずつ調べただろうか。幾つかの言葉をわたしは何度も言ったが、どうしてあなた方は、わたしが意味することを理解できないのか。あなた方が、わたしの言葉を読んだ後、全てのことは、なるべきようになるのか。全てのことは、その時成し遂げられるのか。あなたにはわたしの心を配慮する意図が少しもない。何故わたしは完全なる権威があり、全ての知恵を持ち、人々の心の奥を見る唯一の真の神である、とわたしは言いうのか。あなたは、まだこれらの言葉の意味を理解していないのか。あなたは、わたしが強調した言葉を一つひとつ暗記したか。それらは実際、あなたの行動の仕方の原則になったのか。

わたしは全てのものの上に立って、宇宙全体を見渡す。わたしは、わたしの大いなる力と全ての知恵を全ての国々と人々に示す。今すぐ楽しみを追い求めるためにだけ、ただ全力を尽くしてはならない。世界の全ての国々が一つになる時、あなた方のものにならないものがあるだろうか。それでも、わたしは、今あなた方が何かに欠けることを許さず、あなた方が苦しむことも許さない。わたしが全能なる神であることを信じなさい。全てのことが成し遂げられ、ますます良くなるであろう。わたしの長子たちよ。全ての祝福があなた方のところへ来る。あなた方はそれらを尽きることなく享受し、それは無尽蔵で、豊かに満ち溢れ、十分に補うであろう。

前へ: 第七十四章

次へ: 第七十六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

二度の受肉が、受肉の意義を完成させる

神による各段階の働きには実際的な意義がある。当時、イエスは男性として来たが、今回来る際、神は女性である。このことから、神は自身の働きのために男性と女性の両方を造ったが、神には性の区別がないことがわかる。神の霊が来るとき、それはいかなる肉体でも意のままにまとうことができ、その肉体は…

ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識

ペテロが神により罰せられた時、ペテロは祈って言った。「神よ、私の肉は不従順で、あなたは私を罰し、裁かれます。私はあなたの刑罰と裁きの中で喜び、たとえあなたが私を求められなくとも、私はあなたの裁きの中に、あなたの聖なる義のご性質を目の当たりにします。あなたの裁きの中に他の人たちがあ…

第十一章

人間は誰もみな、わたしの霊による観察を受けなければならない。自分のすべての言葉と行動を細かく調べ、さらに、わたしの驚くべき行いを見なければならない。神の国が地上に来るとき、あなたがたは、どのように感じるだろうか。わたしの子らと民がわたしの玉座に流れ込んで来るとき、わたしは大きな白…

第二十二章

人間は光の中に生きていながら、光の貴さには気づいていない。人間は光の本質、光の源、さらに、光が誰のものであるかについては、無知である。わたしが人間たちに光を与えるとき、直ちに人間たちの状態を調べる。光があるので、人々はみな変わりつつあり、成長し、闇を去っている。わたしは全宇宙の隅…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索