第七十一章

わたしは、わたしのすべてをあなたがたに明らかにしたが、あなたがたはなぜ心と霊を尽くしてわたしの言葉をじっくり考えることができないのか。なぜあなたがたは、わたしの言葉をゴミのように見なすのだろう。わたしの語ることは間違っているのだろうか。わたしの言葉はあなたがたの心の核心に触れただろうか。あなたがたはたえず先延ばしにしたり、たえずためらったりしているが、なぜそのように行動するのか。わたしは、はっきり語らなかっただろうか。わたしの言葉を慎重に熟考し、細心の注意を払うべきだと、わたしは何度も言ったではないか。あなたがたの中には素直で従順な子はいるだろうか。わたしが語ったのは無駄だったのだろうか。成果はまったくないのだろうか。あなたの心の中には、わたしの旨に適ったものがどのくらいあるのだろうか。たとえ一瞬でも、非難されないままでいれば、あなたは自堕落で自制がきかなくなる。どう行動するべきか、どう話すべきか、わたしがはっきりと述べなければ、あなた自身の心の中には何の考えもないということなのだろうか。あなたに言う。不従順な者、服従しない者、愚かなことを信じる者は損失を被るのだ。わたしの語ることに注意を払わず、その詳細を把握できないならば、わたしの旨を理解できないし、わたしに奉仕することもできないだろう。このような種類の人間はわたしに取り扱われ、わたしの裁きを受けるだろう。詳細に注意を払わないのは、極めてあつかましいことであり、自分勝手に軽率なふるまいをすることである。従って、わたしはこのような人を憎み、手加減しない。憐れみではなく、威厳を示し、裁きを下すだけである。それでもまだあなたはあえてわたしを欺くかどうか、考えてみよ。わたしは人の心の奥底を調べる神である。この点はすべての人に示されるべきである。さもなければ、彼らは適当に働きを行い続け、わたしをおざなりに扱うだけだろう。知らないうちにわたしに打ち倒される人がいるのは、このような理由によるのである。わたしは誰をも不当に扱わず、間違ったことはせず、すべてはわたしの手による賢明な采配に従って行われると言った。

わたしの裁きは、わたしを心から愛さないすべての人々に下され、その時、わたしが誰を予め定めて選んだか、誰がわたしによって排除されるかが明らかになるだろう。これらのことは、隠されることなく一つずつ明らかにされなくてはならない。すべての人々、出来事、物事は、わたしの言葉が成就するために成り立ち、存在し、わたしの口から語られる言葉を実現させるためにある。宇宙と地の隅々はわたしだけに支配されている。わたしは、わたしの言葉に逆らおうとする者や、わたしの行いを成立させない者は誰であれ打つだろう。したがって、そのような人はハデスに沈み、生存できないだろう。わたしの言葉はすべてふさわしく、適切で、不純なところは何もない。あなたがたの話し方はわたしの話し方に倣うものだろうか。あなたがたの話はすべて長たらしくて意味をなさず、明確な説明もないが、それでもあなたがたは、多少得たものがあるとか、大分うまくいったなどと考える。あなたに言おう。人は自己満足すればするほど、わたしの基準から遠ざかるのだ。彼らはわたしの旨を考慮しようとせず、わたしをだまし、わたしの名にひどい屈辱を与える。恥知らずだ。あなたは自分自身の霊的背丈に目を留めていない。なんと愚かで無知なのだろう。

わたしの言葉はあらゆる時にあらゆる所で物事を指摘する。あなたはまだ理解せず、まだはっきりしていないというのか。あなたはわたしを落胆させるつもりなのか。気力を掻き立て、勇気を奮い起こしなさい。わたしを愛する人をわたしはいいかげんに扱ったりはしない。わたしは人の心の奥底を探り、誰の心の中もすべてわかる。これらのことはみな一つずつ明らかにされ、すべての人はわたしによって吟味される。わたしは、わたしを本当に愛する者を一人も見逃すことはない。彼らはみな祝福を受ける者たちである。彼らは長子たちの群れであり、王になることをわたしによって予め定められた者たちである。わたしを本当に愛さない人々は、自分自身の計略の標的となり、不運をこうむる者たちであり、それもわたしが予め定めたことなのだ。心配することはない。わたしが一つずつ明らかにする。わたしはこの働きを前もって十分に準備し、すでにそれを始めた。すべては整然としており、混乱はまったくない。誰を選び、誰を除外するか、わたしはすでに決めている。あなたがたに分るように、彼らは一人ずつ明らかにされるだろう。この期間、あなたがたは、わたしの手が為すことを見るだろう。わたしの義と威厳に背いたり抵抗したりすることは誰にも許されず、背いた者は誰であれ厳しい罰を受けるということを、すべての人が知るだろう。

わたしはすべて人の心の奥底をつねに探る神である。わたしの外観だけを見てはならない。盲目な人間たちよ。あなたがたは、わたしがはっきり語った言葉に耳を傾けず、完全な神自身であるわたしをどうしても信じない。あえてわたしを騙したり、わたしから何かを隠そうとしたりする者は誰であれ、わたしは決して容赦しない。

あなたはわたしが語ったことのすべてを覚えているだろうか。「わたしを見ることは、隠されている奥義の一つ一つを、とこしえからとこしえまで見ることと同じである。」あなたはこの発言を注意深く熟考したことがあるだろうか。わたしは神である。わたしの奥義はあなたがたに現わされている。あなたがたにはそれが見えないのか。あなたがたはなぜわたしに注意を払わないのか。また、なぜ自分の心に抱いている漠然とした神をそのように崇拝するのか。わたし――唯一の真の神――が、何か間違いを犯すことなどどうしてあり得ようか。このことをはっきりと理解しなさい。このことを確信しなさい。わたしのすべての言葉と行動、わたしのすべての行為と動作、わたしの微笑み、わたしが食べることや着ること、すべては神自身によってなされている。あなたがたはわたしを裁くが、それは、わたしが来る前にあなたがたがすでに神を見たということなのか。それでは、なぜあなたはいつも、あなたの心の中にある神とわたしを比べるのか。それはすべて人間の観念なのだ。わたしの行いとふるまいはあなたの想像するものとは一致しない。そうではないか。わたしの行いとふるまいが正しいかどうか、意見を述べることなど誰にも許さない。わたしは唯一の真の神である。これは変えることのできない、絶対に正しい真理である。自らの計略に欺かれてはいけない。わたしの言葉がそのことを完全明瞭に語っている。わたしの中には人間らしさが片鱗もなく、わたしのすべては神自身であり、隠されたものは一切なく、あなたがたに完全に現されている。

前へ: 第七十章

次へ: 第七十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

もっと現実に集中しなさい

神に完全にされる可能性はすべての人にあるので、どのような奉仕が最も神の旨に適っているのかを皆が理解する必要がある。ほとんどの人は神を信じるということの意味を知らず、なぜ神を信じるべきなのかも理解していない。つまり、ほとんどの人は神の働きや神の経営(救いの)計画の目的をまったく理解…

受肉の奥義(2)

ユダヤで働きを行なっていた当時、イエスは公然とそうしたが、今、わたしはあなたがたのあいだで秘かに働きを行ない、そして語る。未信者はまったくこれに気づいていない。あなたがたのあいだにおけるわたしの働きは、部外者には閉ざされている。これらの言葉、刑罰、そして裁きはあなたがただけに知ら…

あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない

六千年にわたって行われてきた働きは、その全体が時代とともに徐々に変化してきた。この働きに見られる変化は、世界全体の情勢と、人類の全体的な発展の傾向に基づいて起こったものであり、経営の働きはただそれらに従って徐々に移り変わってきたのである。創世の当初からすべてが計画されていたわけで…

新時代の戒め

神の働きを経験する中で、あなたがたは神の言葉をじっくり読み、真理を備えなければならない。しかし、あなたがたが何をしたいのか、どのようにそれをしたいのかについて言えば、あなたがたの熱心な祈りや嘆願は不要であり、実のところそれらは無用である。しかし現在、あなたがたがまさに今直面してい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索