第七十二章

あなたは、自分の欠点や弱点を見つけたらすぐにわたしに頼って取り除かなければならない。先延ばしにしてはいけない。さもないと、聖霊の働きがあなたからはるか遠くに離れてしまい、あなたはすっかり遅れを取ってしまうだろう。わたしがあなたに任せた仕事は、あなたがしばしばわたしのいる所に近づき、祈り、わたしと交わりを持つことによってのみ成し遂げることができる。さもなければ、何の結果も得られず、すべては無駄になるだろう。今日のわたしの働きは以前と同じではない。わたしが愛する人々のいのちの範囲は以前とはまったく異なる。彼らは皆わたしの言葉をはっきり理解し、わたしの言葉を深く洞察している。これがもっとも明らかな側面で、わたしの働きの奇妙をもっともよく反映している。わたしの働きのペースは加速しており、この働きは確かに以前と異なっている。人々には想像しにくく、それ以上に、理解することは不可能である。あなたがたにとっては、もはや神秘的なものは何もなく、むしろ、すべてが知らされ、明らかなのである。遮るものはなく、開かれ、その上、完全に自由である。わたしが愛する者たちは、いかなる人からも、出来事からも、物事からも、あるいはどのような空間や地形からもまったく制限を受けないだろう。彼らはどのような環境による抑圧も超越し、肉から出てくるだろう。これがわたしの偉大な働きの完成である。残されるものは何もないだろう。完全に終了するのだ。

偉大な働きの完成は、すべての長子たちと、わたしが愛するすべての人々に当てはめて語られる。今後、あなたがたはどんな人からも、出来事からも、物事からも支配されることがないだろう。あなたがたは世界の様々な国を旅し、宇宙全体を横断するので、あなたがたの足跡は至る所に残るだろう。これが遠い先のことだと思ってはいけない。今すぐにもあなたがたの目の前で実現することである。わたしが行うことはあなたがたに任されるだろう。わたしが歩む場所にはあなたがたの足跡が残るだろう。これが、あなたがたとわたしが共に王として支配することの本当の意味である。わたしが与える啓示がさらに明確になり、ますます明らかになり、ほんのわずかでも隠されることがないのは何故なのかを、よく考えたことがあるだろうか。なぜわたしが最高の証しをして、すべての奥義、すべての言葉をあなたがたに語ったのか。その理由は上に述べた働きのために他ならない。しかし、現在あなたがたの働きの速度はあまりにも遅い。あなたがたはわたしの歩みについてくることができず、わたしにうまく協力できない。そして今のところ、あなたがたはまだわたしの旨を達成することができない。わたしはあなたがたをもっと熱心に訓練し、あなたがたを完成する速度を速め、あなたがたができるだけ早くわたしの心を満足させることができるようにしなければならない。

今もっとも明らかなのは、長子たちの群れが完全な形となり、皆わたしによって承認されたことだ。そして、彼らは世界の創造のときからわたしによって定められて選ばれていたのであり、わたし自身の手によって一人ひとりが推奨されたということである。このことに人間が考慮する余地はなく、あなたの力の及ぶところではない。おごり高ぶってはいけない。すべてはわたしの優しさと憐れみによるのだから。わたしの見るところでは、すべてはすでに完成されている。あなたがたの目があまりにもぼやけていて、今となっても、あなたがたがわたしの行動の奇跡をはっきり見ることはできないだけなのだ。あなたがたはわたしの全能性、わたしの英知、わたしのすべての行い、すべての言葉と行動について完全には確信しておらず、本当に理解しているのでもない。だから、わたしははっきりと言おう。わたしの子ら、わたしの愛する者たちのために、わたしは進んであらゆる犠牲を払い、進んで骨を折って働き、進んで全力を尽くす。あなたはわたしの言葉を通してわたしを理解しているだろうか。わたしはもっとはっきり話さねばならないのか。これ以上自堕落になってはいけない。わたしの心を理解しなさい。これほど素晴らしい神秘があなたがたに語られた今、あなたがたは何と言うだろうか。まだ何か不満があるのだろうか。あなたがたが代価を払わず、一生懸命働くこともしないのなら、あなたがたは、わたしのすべての苦労に相応しいと言えるだろうか。

今日の人々は自分を制御できない。わたしがその人を好まなければ、彼らがいくら望んでも、わたしを愛することはできない。しかし、わたしが運命づけて、選んだ人々は、いくら望んでもわたしから逃れることはできない。どこへ行こうとも、彼らはわたしの手のひらから逃れることはできない。これがわたしの威厳であり、さらにはわたしの裁きである。すべての人々はわたしの計画に従って、そしてわたしの旨に従って自分たちの諸事に取り組まなければならない。今から後のすべては間違いなくわたしの手に戻り、彼らの思い通りにはならない。完全にわたしに支配され、定められる。もし人がわずかでも関与したら、わたしはその者たちを簡単には解放しないだろう。今日を出発点とし、わたしはすべての人々にわたしを知らせ始める──わたしはすべてを創造した唯一の真の神であり、人々のところへ来て、彼らに拒絶され、中傷された神、すべてを支配し、定める神、神の国を管理する王、宇宙を支配する神自身、さらには、人間の生死を支配する神、ハデスの入り口の鍵を持っている神である。わたしはすべての人々(大人であれ子供であれ、霊を持っていてもいなくても、あるいは愚か者であってもなくても、障害をもっていてもいなくても、など)に対して、わたしを知らしめる。誰もわたしのこの働きから逃れることはできない。これはもっとも厳しい働きで、わたしが十分に準備してきた働きであり、まさに今始まった働きである。わたしが言うことは必ず実行される。あなたの霊の目を開き、自分の観念は捨て去り、わたしが宇宙を支配する唯一の真の神であることを知りなさい。わたしは誰からも隠れず、すべての人に向かってわたしの行政命令を実行する。

自分の事柄はすべて脇へ置きなさい。あなたがわたしから得るものの方が価値があり、重要なのではないか。わたしから得るものとあなた自身が自分で得るクズ同然のものとの間には雲泥の差があるのではないか。無駄なものをすべてすぐに放棄しなさい。祝福が得られるか、不幸に出会うか、今決まるのだ。まさに今が、重大な、決定的な瞬間なのである。あなたはこれを理解できるだろうか。

前へ: 第七十一章

次へ: 第七十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人に固有の身分と人の価値とはいったい何なのか

あなたがたは泥から取り出され、何であれ、くだらない汚物から選ばれたものでできており、それは不潔で神に嫌われている。あなたがたはサタンに属しており、かつてはサタンに踏みにじられ汚された。だから、あなたがたは泥から取り出されたと言われるのである。また、あなたがたは聖くあるどころか、長…

どのように地上の神を知るか

あなたがたはみな、神の前で報われ、神の寵愛を受けたいと願っている。神を信じ始めた者は誰でもそのようなことを望むものである。誰もが高尚な物事を追い求めることに夢中になり、誰ひとり他者に後れを取りたくないからである。これが人というものである。まさにそれゆえに、あなたがたの多くが絶えず…

新時代の戒め

神の働きを経験する中で、あなたがたは神の言葉をじっくり読み、真理を備えなければならない。しかし、あなたがたが何をしたいのか、どのようにそれをしたいのかについて言えば、あなたがたの熱心な祈りや嘆願は不要であり、実のところそれらは役に立たない。しかし現在、あなたがたがまさに今直面して…

第十八章

稲光の中、すべての動物は真の姿を明らかにする。そして、わたしの光に照らされて、人間もまた、かつての聖さを取り戻した。ああ、過去の堕落した世界よ。それはついに汚い水の中へと崩れ去り、水面の下に沈み、溶けて泥となった。ああ、わたしの創った全人類が、ついに再び光の中でよみがえり、存在の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索