第七十七章

わたしの言葉に不確かであることは、わたしの行動に対して否定的な態度をとることと同じである。つまり、わたしの言葉はわたしの子の中から流れ出したが、あなたがたは、それを重視しない。あなたがたはあまりにも軽薄である。多くの言葉がわたしの子の中から流れ出したが、あなたがたは疑いを抱き、それらについて確信していない。あなたがたは盲目である。あなたがたは、わたしが為した一つひとつのことの目的を理解していない。わたしがわたしの子を通して表現する言葉は、わたしの言葉ではないのか。直接言いたくないことがいくつかあるので、わたしは、わたしの子を通して話す。しかし、なぜあなたがたは、愚かにも、わたしが直接話すように言い張るのか。あなたがたはわたしを理解しておらず、いつもわたしの行為と業について疑いを持っている。わたしのすべての動き、わたしのすべての行為と業は正しいと、わたしは前に言わなかったか。人々はそれらの吟味を止めなければならない。あなたのけがれた手を引っ込めなさい。わたしはあなたに告げよう。わたしが用いるすべての人々は、わたしが世界を創造する前に予め定められたのであり、彼らは今日もわたしから承認されている。あなたがたはこのようなことに絶えず労力を注ぎ、わたしという人間を吟味し、わたしの行動を研究している。あなたがたはみな商売人の考え方を持っている。もしこういうことがまた起きれば、あなたがたは必ずわたしの手によって打ち倒されるだろう。わたしが言っていることとはこうである。わたしを疑ってはならない。わたしがやったことを分析したり考えたりしてはならない。さらに、そのようなことに干渉してはならない。これはわたしの行政命令に関することだからである。これは些細な問題ではない。

わたしが指示したすべてのことをする時をつかみなさい。また、警告として、もう一度言う。外国人たちが中国に殺到しようとしている。これは絶対にほんとうである。わたしは、ほとんどの人々がこのことを疑わしく思い、確信がないのを知っている。ゆえに、あなたがたがいのちの成長をすぐに求め、わたしの旨を満足させることができるよう、わたしはあなたがたに何度も思い起こさせる。今から、国際情勢はさらに緊迫し、様々な国が内部から崩壊し始めるだろう。もはや中国では幸せな日々はないであろう。つまり、労働者たちはストライキを行い、学生たちは勉学を放り出し、ビジネスマンは市場を捨て、工場はすべて閉鎖され、生き残ることができなくなるだろう。幹部たちは脱出するための資金を準備し始めるだろう(これもまた、わたしの経営(救いの)計画に役立つことになる)。また、中央政府の各階層の指導者たちはみな準備をしているが、他の物事を犠牲にしてまである種の物事に夢中になりすぎている(これは次の段階に役立てるためである)。そのことをはっきりと見なさい。わたしの働きは全世界に向けられているので、これは中国だけでなく、宇宙全体に関することであるが、それはまた、一群の長子たちを王にするためでもある。あなたがたには、これがはっきりと見えるか。急いで求めなさい。わたしはあなたがたを不公平に扱わない。わたしは、あなたがたに心ゆくまで喜びを体験させよう。

わたしの行動は不思議である。世界に大きな災害があるとき、悪を為す者たちや支配者たちのすべてが罰を受けているとき──もしくは、もっと明瞭に言うと、わたしの名の外にいる悪を為す者たちが苦しむとき──わたしはあなたがたに祝福を授け始めるだろう。これは、わたしが過去に繰り返し言った、「あなたがたは必ずや災害による苦しみや危害を被らない」という言葉の本質的な意味である。あなたがたはこれを理解しているか。わたしが言う「今度」とは、言葉がわたしの口から出てくる時を指している。聖霊の働きは非常に急速なペースでなされる。わたしは一分一秒たりとも遅れたり、浪費したりすることはない。むしろ、わたしの言葉が話されたまさにその瞬間、その言葉どおりに行動する。わたしが、今日わたしは誰かを排除する、あるいは誰かを軽蔑すると言うなら、その人は即座に終わりになるだろう。つまり、わたしの聖霊は直ちに彼らから取り去られ、彼らは生きる屍となって、役に立たない人間になるだろう。彼らはまだ呼吸し、歩き、話し、わたしの前で祈っているかもしれないが、わたしが彼らから去ったことには、決して気づかないだろう。彼らは典型的な役立たずの人間である。これは絶対に真実で本当である。

わたしの言葉はわたしという人間を表している。これを覚えておきなさい。疑いを抱いてはならない。あなたがたは絶対に確信していなければならない。これは生と死の問題である。これは極めて深刻である。わたしの言葉が話されたまさにその瞬間、わたしがしたいことはすでに実現している。これらの言葉は、すべてわたしの子を通して話されなければならない。あなたがたのうちの誰が、この問題を真剣に熟考したことがあるのか。わたしは他にどのようにして説明できるのか。いつも怖れて臆病になってはならない。わたしは本当に他人の気持ちを全く考慮しない者であるのか。わたしが承認する者を、わたしはぞんざいに追放するだろうか。わたしが為す全てのことには原則がある。わたしは、わたし自身が定めた契約を破ることはしない。わたしは自分の計画を混乱させることはない。わたしはあなたがたのように未熟ではない。わたしの働きは偉大なことであり、人間にはできないことである。わたしは義であり、わたしを愛する者には、わたしは愛である、と言った。これが本当であることをあなたは信じないのか。あなたはいつも不安を抱き続ける。すべてのことについてはっきりした良心を抱いているなら、なぜあなたはまだそんなに恐れているのか。それはすべて、あなたが自らを縛っているからである。わが子よ。わたしは、あなたに悲しまないように、涙を流さないように、何度も思い起こさせてきた。そして、わたしはあなたを見捨てない。あなたはまだわたしを信頼できないのか。わたしはあなたをしっかりつかみ、あなたを去らせない。わたしはいつもあなたをわたしの愛の中で抱きしめよう。わたしはあなたを世話し、あなたを守り、あらゆることにおいて、あなたに啓示と見識を与え、わたしがあなたの父であり、支えであることをあなたに見せよう。あなたがあなたの父の肩の重荷を軽くする方法を常に思い巡らしていることを、わたしは知っている。これはわたしがあなたに与えた重荷である。それを肩から振り落とそうとしてはならない。今日何人の者がわたしに忠実であることができるだろうか。わたしは、あなたが訓練を速め、わたしの心を満たすために、すぐに成長することを願っている。父は昼も夜も子のために労する。だから、子も父の経営(救いの)計画のことを毎分毎秒考慮すべきである。これが、前にわたしが話していた、わたしとの積極的な協力である。

これはすべてわたしがやっていることである。わたしは、わたしが今日用いている人々に重荷を与え、知恵を与え、それによって彼らの行うことはすべてわたしの旨に適い、わたしの国が実現し、新しい天と地が現れるだろう。わたしが用いていない人々は全く反対である。彼らはいつもぼんやりしており、食べては眠り、眠っては食べ、重荷が意味するものをまったく分かっていない。これらの人々は聖霊の働きを欠いており、できるだけ早くわたしの教会から追放されるべきである。今わたしはビジョンの側面について、いくつかのことを伝えよう。教会とは神の国への前提条件である。教会がある程度建て上げられてから、人々は神の国に入ることができる。誰も神の国に直接入ることはできない(わたしによって約束されていないなら)。教会は最初の段階であるが、神の国は、わたしの経営計画の目的である。いったん人々が神の国に入ると、すべてが形をとり、恐れることは何もなくなる。今、わたしの長子たちとわたしだけが神の国に入って、すべての国々と人々を統治し始めた。すなわち、わたしの国は組織されつつあり、王や我が民になる者はみな公表されている。将来の出来事はあなたがたに段階的に、順番に伝えられるであろう。あまりにも心を騒がせたり、心配してはならない。わたしがあなたに言った一つひとつの言葉を覚えているだろうか。あなたが本当にわたしの味方なら、わたしはあなたに真実を語ろう。偽りや曲がったことを行う者たちについては、わたしもそのお返しとして彼らをいい加減に扱い、このような振る舞いがいったい誰に滅びをもたらすか、彼らにはっきりと見せよう。

前へ: 第七十六章

次へ: 第七十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第二十五章

時は過ぎ、瞬く間に今日が訪れた。わたしの霊の導きにより、すべての人はわたしの光の中で生き、もはや誰も過去のことを思わず、昨日のことを煩わない。誰が今を生きてこなかっただろう。誰が神の国ですばらしい月日を送らなかっただろう。誰が太陽の下で生きてこなかっただろう。神の国は人間たちの間…

成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている

多くの人は、自分がいずれ辿りつく終着点のため、あるいは一時的に楽しみにあずかるために神を信じている。神による取り扱いを経験したことのない者にとって、神を信じることは、天国に行くためであり、また見返りを得るためなのであって、完全にされるためでも、被造物としての本分を尽くすためでもな…

祈りの実践について

あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあ…

どのように地上の神を知るか

あなたがたはみな、神の前で報われ、神の寵愛を受けたいと願っている。神を信じ始めた者は誰でもそのようなことを望むものである。誰もが高尚な物事を追い求めることに夢中になり、誰ひとり他者に後れを取りたくないからである。これが人というものである。まさにそれゆえに、あなたがたの多くが絶えず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索