第六十九章

わたしの旨が発せられる時、あえて抵抗しようとする者、あえて裁いたり疑ったりする者は誰であれ、わたしはただちに追放する。今日、わたしの旨に従って行動しない者、あるいはわたしの旨を誤解する者は誰でも、わたしの国から追放され、排除されなければならない。わたしの国にいるのはすべてわたしの子ら、わたしが愛し、わたしに思いやりのある者たちである――他には誰もいない。さらに、彼らはわたしの言葉に従って行動する者たち、わたしの代わりに権力を持って支配し、すべての国々、すべての民族を裁くことができる者たちである。そのうえ、彼らは長子たちの集団で、穢れなく生き生きとしており、素朴で率直であり、正直で賢い。わたしの旨はあなたがたの中に満たされ、わたしがしようとすることはあなたがたの中で、ひとつの誤りもなく、完全に公に、明らかに成就する。誤った意図や目的を持つ人々――このような人々をわたしは見捨て始めており、彼らを一人ずつ転落させる。彼らが生き残れないところまで、わたしは彼らを一人ずつ滅ぼすのであるが、それは彼らの霊、魂、そして体を指している。

わたしの手が何を行っているかを理解しなさい――貧しい人々を助けること、わたしを愛する者たちを慈しみ、守ること、わたしの経営を邪魔しない無知で熱心な者たちを救うこと、わたしに抵抗する者たちやわたしに積極的に協力しない者たちを罰すること――これらのことすべてはわたしの語ったことに従って一つずつ確認されるだろう。あなたは本当にわたしを愛する者なのか。あなたはわたしのために忠実に尽くす者なのか。あなたはわたしの言葉に耳を傾け、それに従って行動する者なのか。あなたはわたしに逆らう者なのか。それともわたしと相容れる者なのか。あなた自身の心はこれらのことについてはっきりわかっているのだろうか。あなたは今わたしが語ったこれらのことに一つ一つ答えることができるだろうか。答えられなければ、あなたはわたしの旨を熱烈に追い求めていても理解しない人である。このような人はもっとも安易にわたしの経営を妨害し、わたしの旨を誤解する。このような人が一時的に誤った意図を持つならば、わたしによる追放と破壊の対象となる。

わたしの中には無限の神秘があり、それは計り知れない。わたしはそれらを自分の計画に従って一つ一つ、人々に明らかにする。つまり、わたしの長子たちに明らかにする。わたしを信じない者たち、わたしに反抗する者たちに対して、わたしは彼らのなすがままにしておくが、最後には彼らにわたしが威厳であり裁きであることをわからせなければならない。今日わたしを信じない者たちは自分の目の前で起こることだけは知っているが、わたしの旨は知らない。わたしの子ら、わたしの愛する子らだけが、わたしの旨を知り、理解する。わたしの子らに対しては、わたしは公然と現れ、サタンに対しては、わたしは威厳であり裁きであり、決して隠されることはない。今日、わたしの旨を知るのに価するのはわたしの長子たちだけであり――ほかの誰もその資格はない――このことはわたしが創造より前に用意しておいたことである。誰が祝福を受け、誰が懲らしめを受けるかは早い段階にすべてわたしによって適切に用意されていた。わたしはこのことについてはっきり決めており、今日、それはすでに十分明らかにされている。祝福を受けた人々は祝福を享受し始めており、懲らしめられた人々は災害に苦しみ始めている。懲らしめを受けたくなくても懲らしめられる。これはわたしが定めたことであり、わたしの行政命令が予め定めたことだからである。正確には、どのような人が祝福を受け、どのような人が懲らしめられるのだろう。わたしはすでにこれらのことを明らかにしている。これはあなたがたにとって神秘ではなく、むしろ公然と示されているのだ。わたしを受け入れるがその意図が間違っている人々、わたしを受け入れるが追い求めない人々、わたしを知っているが従わない人々、わたしをだますために曲がったことや不信行為に関わる者、わたしの言葉を読むが否定的な言葉を吐く人々、自分自身を知らず、自分が何であるかを知らず、自分は偉大だと考え、自分は成熟していると考える人々(サタンの典型である)――このような人々は懲らしめの対象である。わたしを受け入れ、意図がわたしの方を向いている人々(もし彼らが妨害するような場合、わたしは彼らの罪を覚えていることはないが、彼らの意図は正しくなければならない。そして、彼らは常に用心し、注意深くし、自堕落であってはならない。彼らはいつもわたしの言うことに耳を傾け、わたしに従うことを心に留めておかなければならない)。純粋な人々、率直な人々、正直な人々、誰にも、どのような物事にも支配されない人々、いのちは成熟しているが幼子のようである人々、これらの人々はわたしの愛する者たち、わたしの祝福の対象となる人々である。今、各々その条件に応じて自分のいるべき場所につかなければならない。あなたは自分が祝福されるか、懲らしめられるかを知るだろう――わたしがはっきり言う必要はない。祝福を受けた人々は喜び、幸せを感じ、懲らしめに苦しむべき者たちは動揺するべきではない。どちらもわたしの手によってすでに用意されているが、そのためにわたしを責めてはならない。あなたが積極的にわたしに協力せず、わたしが人の心の奥底を探る神であることを理解しないからだ。それはわたしが前もって決めたことである。あなたは自分の愚かなやり方で自分を傷つけた――自業自得だ。あなたがハデスに落ちても、それはあなたに対する虐待ではない。それがあなたの結末である。それがあなたの結果なのだ。

祝福を受けた長子たちよ。すぐに立ち上がって歓呼しなさい。すぐに立ち上がって賛美しなさい。これから後は苦しみも困難もなく、すべてはわたしたちの手の中にある。わたしと一致する者は誰でもわたしの愛する者であり、災害の苦しみを被ることはないだろう。あなたの心の望むことが何であれ、わたしはそれを成就する(それは決して気まぐれではない)。これがわたしの働きである。

前へ: 第六十八章

次へ: 第七十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(10)

人類がここまで発展してきたことは、前例のない状況である。神の働きと人の入りは肩を並べて進むのだから、神の働きもまた比類なき壮観な出来事である。人による今日までの入りは、人間がかつて想像し得なかった不思議である。神の働きはその絶頂に達し、それに続いて人間の「入り」[1]もまた頂点に…

終着点について

 終着点の話になると、いつもあなたがたは話をとりわけ真剣に受け止める。さらに、それはあなたがた全員が特に敏感になるである。好ましい終着点を得るために、地面に頭を打ち付けて神にひれ伏さずにはいられない人たちもいる。あなたがたが切望する気持ちはわたしにも理解でき、それを言葉で表すこと…

唯一無二の神自身 4

神の聖さ(1)前回の集会では神の権威について追加の話をしましたが、今は神の義については話しません。きょうは、神の聖さという全く新しい題目について話します。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この題目についてここで話す必要性が大いにあります。これから話す神の本質に…

道……(1)

生涯において自分がどのような挫折を経験するのか、どのような精錬を受けるのかを知る者はいない。挫折や精錬が職業上のことである者もいれば、将来の見通しに関する者、生家に関連する者、結婚に関する者もいる。しかし、そうした者と本集団に属するわたしたちとの相違点は、現在わたしたちは神の言葉…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索