全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第六十八章

わたしの言葉はすべての国、場所、民族、宗派において実行され、いつでも所定の時間にあらゆる場所で成就する。至る所で起こる災害は人々の間の戦いではなく、武器を用いた争いでもない。以後、これ以上戦争はないだろう。すべてはわたしの手中にある。すべてはわたしの裁きに遭い、災害のただ中で衰えるだろう。わたしに抵抗する人々と率先してわたしに協力しない人々は様々な災害の苦しみを受けることになる。いつまでも泣いて歯ぎしりし、永久に暗やみの中に留まるがよい。彼らは生き残れない。わたしは率直に機敏に行動し、かつてあなたがわたしにどれほど忠実だったかについては考慮しない。あなたがわたしに抵抗するかぎり、わたしの審判の手はたとえ一秒たりとも遅れることなく、容赦もなく、あなたに向けて素早く怒りを爆発させるだろう。わたしは己の約束を守る神であるとずっと言い続けてきた。わたしの語るすべての言葉は成就する。あなた方はそのことをすべて見るだろう。すべてにおいて現実に入るという言葉が指しているのはこのことである。

わたしの子ら、わたしの愛する者たちの上には、この大災害が降りかかることがないのは確実である。わたしは一分一秒も欠かさずわたしの子らの面倒をみるだろう。あなた方はその痛みや苦しみにはきっと堪えられないだろう。だが、むしろそれはわたしの子らを完成させるためと、彼らの中でわたしの言葉を成就するためであり、あなた方がわたしの全能を知り、いのちにおいてさらに成長し、少しでも早くわたしの重荷を背負い、わたしの経営(救いの)計画が完成するようにひたすら尽くすようになるためである。わたしのこのやり方によって、あなた方は幸せになり、喜ぶはずである。わたしはすべてをあなた方に引き渡し、あなた方に支配させる。わたしはすべてをあなた方の手に委ねる。子供が父親の全財産を相続するのであれば、わたしの長子たち、すなわち、あなた方の場合はなおさら全てを相続するはずではないだろうか。あなた方は本当に祝福されている。大災害に苦しむのではなく、あなた方は永久に続く祝福を享受するのである。何という栄光だろう。何と素晴らしい栄光だろう。

歩みの速度を速めなさい。そして、いつでも、どこにあってもわたしの足跡に従い、遅れてはならない。あなたの気持ちをわたしの気持ちに従わせ、あなたの心をわたしの心に従わせなさい。精神も心もわたしと一つにして協力しなさい。わたしと共に食べ、わたしと共に生き、わたしと共に楽しみなさい。享受し、受け取るべき素晴らしい祝福があなた方を待っている。わたしの中にあるものは比類なく豊富である。他の人にはごくわずかでさえ用意されていない──わたしはこのことをすべてわたしの子らのために行う。

わたしが考えていることが、今後成就されることである。あなた方に向かって語り終えた時には、それらの事柄はすでに完了している。わたしの働きはそれほど速やかに進み、いつも変化しているのだ。あなたの注意が一瞬でも横道に逸れれば、「遠心的な」現象が生じて、あなたはかなり遠くまで放り出され、この流れから外れてしまうだろう。真剣に探し求めなければ、あなた方はわたしの骨の折れる努力をむだにしてしまうことになるだろう。後に、様々な国の人々がいつでもどっと押し寄せてくるだろう。現在の段階であなた方は彼らを導くことができるだろうか。わたしが与える任務を完全に遂行できるように、わたしはこの短期間内にあなた方が良い兵士になるよう徹底的に訓練する。わたしはあなた方があらゆる点でわたしの名を賛美し、わたしに対して立派に証しすることを願う。彼らに軽蔑された人々を今日彼らの上に立たせ、彼らを導かせ、支配させよう。わたしの意図が理解できるだろうか。わたしの骨の折れる努力がよくわかっただろうか。わたしがこのようにするのはすべてあなた方自身のためである。それはあなた方がわたしの祝福を享受できるかどうかによって決まる。

人の精神と心を探る神であるわたしは地球の果てまで行く。あえてわたしに奉仕しようとしない者がいるだろうか。すべての国家間に緊張感が高まり、激しくもがいても、結局彼らはわたしの支配から逃れないだろう。わたしはもちろん彼らを簡単には放免しない。わたしはそれぞれの人の行動、この世における地位、この世の快楽に基づいてひとりひとりに裁きをもたらす。誰に対しても容赦はしない。わたしの怒りは明らかになり始めており、それはすべて彼らに降りかかるだろう。すべては彼らの一人ひとりに遂行される。これは完全に彼ら自らが自分にもたらしたことである。かつてわたしを知り得なかった人々、あるいは軽蔑した人々は今わたしの裁きに直面する。かつてわたしの子らを迫害した人々に関しては、彼らの語ったこと、行ったことに応じて特に刑罰を与える。子供たちに対しても容赦はしない。彼らは皆サタンの仲間なのだから。彼らが何も語らず、何もしなくても、わたしの子らを憎む気持ちがあるならば、わたしは彼らを一人として容赦しない。わたしは、今日支配し、権力を有するのはわたしたち、すなわち、この一群であり、絶対に彼らではないことを彼ら全員にわからせる。このようなわけで、あなた方はいっそう全力でわたしのために心から尽くし、あらゆる場所、地域、宗教、宗派においても、わたしの名をたたえ、証しをし、全宇宙の果てまでその名を広めるべきである。

前へ:第六十七章

次へ:第百十三章

他のお気に入り