第六十七章

わたしの子らは公然と姿を現し、万民の前に現れる。わたしは彼らに公然と反抗する人々を厳しく罰する、それは間違いない。今日立ち上がって教会を牧養できる人々は、すべて長子の身分を獲得しており、今はわたしと共に栄光の中にいる──わたしのものはすべてあなたがたのものでもある。わたしに心から従うすべての人々に、わたしは豊かな恵みを与え、他の人々の力が及ばないほど強力にする。わたしの旨はそっくりそのままあなたがた長子に与えられる。わたしが望むのはただ、あなたがたができるだけ早く成熟し、わたしが委ねたことを完成させることだけだ。このことを知りなさい。わたしがあなたがたに委ねるものは、わたしの経営(救いの)計画における最後の企画だ。わたしが望むのはただ、あなたがたが存在のすべてを全身全霊でわたしに捧げ、すべてをわたしのために費やせるようになることだ。時は一切人を待ってくれない。誰も、どんなことも、どんな事物もわたしの働きを妨げることはできない。このことを知りなさい。わたしの働きはどの段階も、妨げられることなく順調に進展する。

わたしの足跡は宇宙と地の隅々まで行き渡っており、わたしの目はありとあらゆる人を絶えず細かく観察しており、さらにわたしは宇宙全体を見守っている。わたしの言葉は実際に宇宙の隅々で働いている。わたしに奉仕しようとしない者、わたしに不実であろうとする者、わたしの名に裁きを下そうとする者、わたしの子らを罵り中傷しようとする者──真にそのようなことができる者は誰であれ、厳しい裁きを受けなければならない。わたしの裁きは完全に下される。すなわち今は裁きの時代であり、注意深く観察すれば、わたしの裁きが宇宙世界全体に及ぶことがわかるだろう。もちろんわたしの家も例外ではない。考えや言葉、行動がわたしの旨に一致しない者は裁かれることになる。このことを理解しなさい。わたしの裁きは全宇宙世界に向けられており、特定の人々や物事に向けられているのではない。このことに気づいただろうか。心の奥でわたしについての考えが葛藤を起こしているなら、あなたはただちに内面で裁かれることになるだろう。

わたしの裁きはあらゆる形と形式をとって行われる。このことを知りなさい。わたしは宇宙世界で唯一の賢い神である。わたしの力に勝るものはない。わたしの裁きはすべて露わにされる。思考の中でわたしについて葛藤しているなら、わたしはあなたを啓く。それは警告だ。それを聞こうとしなければ、わたしはただちにあなたを見捨てる(これはわたしの名を疑うということではなく、肉の快楽に関連する外的な行動を意味している)。わたしに対する考えが反抗的で、わたしに不平を言い、何度もサタンの意見を受け入れ、いのちの感覚に従わないなら、あなたの霊は暗闇に入り、肉体は痛みに苦しむだろう。あなたはもっとわたしに近づかなければならない。わずか一日か二日で正常な状態を回復することなど絶対に不可能であり、あなたのいのちは目に見えて大きく後れを取るだろう。自堕落に話す人々よ、わたしはあなたの口と舌を懲らしめ、あなたの舌を取り扱いの対象とする。抑制なく自堕落な行動をしている人々よ、わたしはあなたの霊に警告し、聞こうとしない者は厳しく罰する。公然とわたしを裁き反抗する人々、つまり言葉や行為で不従順を示す人々は、完全に排除し見捨て、滅びに至らしめて最高の祝福を失わせる。これは選ばれた後に排除されることになる人々だ。無知な人々、つまりビジョンが明確でない人々は、まだ啓示を与えて救うが、真理を理解していながら実践しない人々は、無知であろうとなかろうと、先に述べた規定に従って処罰されることになる。最初から誤った意図を持っていた人々は、永久に現実を把握できないようにし、最終的には徐々に一人ずつ排除していく。一人として残ることはないが、彼らはまだ今はわたしの采配によって残っている(わたしは物事を急がず、秩序立てて行うからだ)。

わたしの裁きは完全に明らかにされ、さまざまな人々に向けられている。人々はみな所定の位置につかねばならない。わたしは人々がどの規定を破ったかに従って、彼らを管理し裁く。この名によらない者、終わりの日のキリストを受け入れない者には、ただ一つの規定が適用される――逆らう者は誰であれ、ただちにその霊、魂、体を取り上げ、ハデスに投げ入れるだろう。逆らわない者は皆、成熟するのを待ってから第二の裁きを行う。わたしの言葉はすべてを完全に明確に説明し、何も隠されることはない。わたしが望むのはただ、あなたがたが常にわたしの言葉を心に留めておけるということだけだ。

前へ: 第六十六章

次へ: 第六十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

二度の受肉が、受肉の意義を完成させる

神による各段階の働きには実際的な意義がある。当時、イエスは男性として来たが、今回来る際、神は女性である。このことから、神は自身の働きのために男性と女性の両方を造ったが、神には性の区別がないことがわかる。神の霊が来るとき、それはいかなる肉体でも意のままにまとうことができ、その肉体は…

序文

神を信じている人はたくさんいるが、神への信仰とは何を意味するか、神の心に従うためには何をしなければならないかを理解している人はほとんどいない。人々は「神」という言葉や「神の働き」のような語句はよく知っているが、神を知らないし、ましてや神の働きなど知らないからである。それなら、神…

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを享受することができず、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めてきた者は…

第十九章

わたしの言葉を自身の生存の基盤とするのが人類の正しい責務である。人間はわたしの言葉の各部分において、各自の分を確立しなければならない。そうしなければ、滅びと軽蔑を自ら招くことになる。人間はわたしを知らない。そして、そのため、引き換えに自分の生命をわたしに捧げるのではなく、わたしの…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索