第六十六章

わたしの働きは現在の段階まで継続され、全てわたしの手による知恵ある采配に従い、同時にわたしは偉大な成功を収めた。人間でそのような事ができる者などいるだろうか。むしろ人間はわたしの経営の妨げになるのではないか。わたしに代わってわたしの働きをすることができる者などおらず、まして妨害できる者など一人もいないことを、あなたは知らなければならない。わたしがする事を出来る者はおらず、わたしの言うことを言える者もいないからだ。それでも尚、人々はわたし──知恵ある全能神を知らない。あなたは、表面では公にわたしを否定こそしないものの、その思いと考えにおいては、わたしに逆らっている。愚か者よ。わたしは人の心の奥深くまで見る神であることを知らないのか。わたしはあなたの言動のひとつひとつを見ていることを、あなたは知らないのか。あなたに言う。二度とわたしは、この口で優しい言葉を発しない。代わりに、その言葉は厳しい裁きの言葉となる。あなたがそれに耐えられるかどうかを見よう。今後、心がわたしの近くにない者、つまりわたしに対する心からの愛がない者は、公然とわたしに反抗する者である。

今日、聖霊の働きは、これまでのやり方は採用されない時点に達し、新たなやり方へと移行するのである。積極的かつ活発にわたしと協力しない者は、ハデス──死の淵へと落ちるであろう(その者たちは永遠の地獄で苦しむ)。新たなやり方とは次のようである。もしあなたの思いと考えが正しくなければ、わたしの裁きは直ぐさまあなたに下る。それには、この世にしがみつくこと、富、家族、夫、妻、子ども、両親、食べることや飲むこと、着ることといった、霊の世界の外にある全てのものが含まれる。聖徒たちへの啓きは益々目に見えるようになる。つまり、いのちの感覚がそれまでになく明白になり、絶えず動き続けるようになる。僅かでも妨げになる者は誰でも酷い倒れ方をすることになり、いのちの走路で大きく遅れをとることになる。生ぬるい者、心を尽くして求めない者は、わたしに完全に見捨てられ、例外なくわたしに無視され、1000年間災いの中で苦しみながら過ごす事になる。熱烈に求める者、つまり、常にわたしを妨害する者は、わたしがその者の無知を捨て去り、わたしに忠誠を尽くすようにする。更には、そのような者は知恵と知性を得、さらに大きな信仰をもって求めるようになる。わたしの全ての長子に対して、わたしの祝福を二倍にして与え、わたしの愛は常にその者たちの上に留まる。わたしはあなたがたをいつも見守り、サタンの網に掛からないようにする。わたしは万民の間でわたしの働きを開始した。つまり、わたしは働きのプロジェクトをもうひとつ追加したのである。これらの人々は1000年間にわたってキリストに奉仕する者たちであり、膨大な数の人々がわたしの国に押し寄せるだろう。

子どもたちよ。あなたがたは自分の鍛錬を強化しなければならない。あなたがたを待っている働き、あなたがたが引き受けて完了させなければならない働きは数多い。わたしは、あなたがたが急いで成熟し、あなたがたに託した働きを完成させることだけを願っている。これはあなたがたの神聖なる責務であり、わたしの長子であるあなたがたによってなされるべき本分である。わたしはあなたがたを旅路の最後まで守り、永遠にわたしと至福を享受できるよう、あなたがたを守る。わたしが多くの犠牲を用意し、様々な環境を整えたのは、すべてあなたがたを完全するためであるという事実について、あなたがたひとりひとりが識見を持つべきである。これらはみなわたしからの祝福であることを、あなたがたは知っているのではないか。あなたがたはみなわたしが愛する子どもたちだ。あなたがたがわたしを心から愛する限り、わたしはあなたがたをひとりとして見捨てない。ただ、あなたがたがわたしと調和し、協力することができるかどうかに拠るのだが。

前へ: 第六十五章

次へ: 第六十七章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

あなたがたは自分の行いを考慮すべきである

あなたがたの生活における行いや行動はどれも、わたしの言葉の一節が毎日あなたがたに施され、あなたがたを補給しなければならないことを示している。と言うのも、あなたがたに欠けているものがあまりに多く、あなたがたの認識と受け取る能力があまりに乏しいからである。あなたがたは日常生活の中で、…

宗教的な奉仕は一掃されなければならない

宇宙全体にわたる神の働きが始まって以来、神は多くの人々を神に仕えるように運命づけてきたが、そこにはあらゆる社会的地位の人々が含まれている。神の目的は、自身の旨を満たすことと、地上における自身の働きを滞りなく完了させることである。これが神に仕える人々を神が選ぶ目的である。神に仕える…

第十一章

人間は誰もみな、わたしの霊による観察を受けなければならない。自分のすべての言葉と行動を細かく調べ、さらに、わたしの驚くべき行いを見なければならない。神の国が地上に来るとき、あなたがたは、どのように感じるだろうか。わたしの子らと民がわたしの玉座に流れ込んで来るとき、わたしは大きな白…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索