第六十二章

わたしの旨を把握するということは、単にあなたがそれを知るためではなく、あなたがわたしの意図に従って行動するためでもある。人々はわたしの心を理解しない。わたしが「東だ」と言えば、行ってそれを検討し、思い巡らしながら言う。「本当に東だろうか。たぶん違うのではないか。そんな簡単には信じられない。自分の目で見る必要がある。」あなたがたという人々は本当に扱い難い。また、あなたがたは真の従順が何かを知らない。わたしの意図を知ったなら、ためらわずにただそれを行いなさい。考える必要などないのだ。あなたはいつでもわたしの言うことを疑ってかかり、馬鹿げた解釈をする。それではどうやって本当に識見を得ることなど出来ようか。あなたは決してわたしの言葉によって成長しようとはしない。以前にも言った通り、わたしが望むのは、大勢の人々ではなく、選ばれた僅かな人達なのだ。わたしの言葉によって成長することを重視しない者は、キリストの良き兵士となるに値せず、代わりにサタンの手下として行動し、わたしの働きを妨害するのだ。これを些細なことと考えてはならない。わたしの働きを妨げる者は誰でも、わたしの行政命令に違反するものであり、わたしはそのような者を絶対に厳しく懲らしめる。つまり、今後あなたが一時でもわたしから離れるなら、わたしの裁きがあなたに下るのである。わたしの言葉を信じないのであれば、わたしの顔の光りの中に生きるときにあなたがどのような状態であるか、また、わたしから去るときには、あなたがどのような状態であるのかを知るために、あなたは自分で試して見るがよい。

あなたが霊の中に生きていなくても、わたしは恐れない。わたしの働きは現段階まで継続されてきた。それならば、あなたに何ができるだろうか。わたしはわたしの段階に応じて事を行うのだから、あなたが心を騒がせることはない。わたしの働きはわたし自身が行う。わたしが何かをすれば、人々はみな完全に納得する。そうでなければ、わたしは人々を更に厳しい刑罰によって取り扱う。これはわたしの行政命令にもっと深く関わっている。わたしの行政命令は既に発布され、執行されていることが分かる。もう隠されてはいないのだ。あなたはそれをはっきりと見なくてはならない。全ての側面はわたしの行政命令に関連しており、わたしの行政命令に違反する者は誰でも多大な損害を被る。これは勿論、些細なことなどではない。あなたがたは本当にこのことに関する識見を持っているか。この側面をあなたがたは完全明瞭に理解しているか。それでは交わりを始めよう。世界の全ての国々と全ての人々は、わたしの手の中で管理されており、彼らの宗教に関係なく、みなわたしの玉座に集って来なければならない。勿論、裁きを受ける人々の中には、底なしの穴に投げ込まれる者もいれば(彼らは滅びの対象であり、完全に焼き尽くされて無くなるのである)、裁きの後にわたしの名を受け入れて、わたしの国の民となる者たちもいる(彼らは1000年間だけそれを享受する)。あなたがたは永遠にわたしとともに王位を持つ。また、あなたがたはこれまでわたしのために苦しんできたが、その苦しみに変えて、わたしはあなたがたに尽きることのない祝福を与える。わたしの民である者たちは残り、ひたすらキリストに奉仕する。享受するというのはただ楽しむことだけを意味するのでなく、この人々が災いから守られることも意味する。それが、あなたがたに対するわたしの今の要求がかくも厳しく、万物に対する要求がわたしの行政命令に関連していることの内なる意味である。何故なら、もしあなたがたがわたしからの訓練を受け入れないなら、あなたがたが相続すべきものを、わたしがあなたがたに与えることなどないからである。そうは言っても、あなたがたはまだ苦しむ事を恐れており、魂が傷つくことを恐れ、常に肉の事に思いを馳せ、いつも自分のために準備したり計画したりしている。わたしはあなたがたに相応しい計画を立てたのではないか。それなのになぜ、あなたは自分のために準備し続けるのか。あなたはわたしをそしっている。そうではないか。わたしはあなたのために計画するが、あなたはそれを拒絶して自分の計画を立てるではないか。

あなたがたは口先では良いことを言うかもしれないが、実際には、わたしの旨を全く気にしない。あなたに言う。あなたがたの中に、心からわたしの旨に配慮を示すことができる者がいるなどとは、決してわたしは言わない。たとえあなたの行いがわたしの旨と一致しているとしても、絶対にあなたを褒めたたえなどしない。これがわたしの救いの方法なのだ。これが現状であるのに、あなたがたはいまだに自己満足している時があり、自分だけが素晴らしいと考え、自分以外の全ての人を軽蔑している。これは人間の堕落した性質の一側面である。あなたがたはみなわたしが指摘するこの点を認めるが、それは表面的である。ほんとうに変わることができる為には、わたしに近づかなくてはならない。わたしと交わりなさい。そうすればわたしはあなたに恵みを施す。ある者たちは何もしないで座ったまま、他の誰かが蒔いたものを刈り取ることだけを望む。手を伸ばすだけで服を着せてもらえ、口を開けるだけで食べさせてもらえると思い、その食べ物でさえ、飲み込もうとする前に誰かが噛み砕いてくれるのを待つのである。そのような人達は最も愚かで、他の誰かが食べたものを好んで食べる。そして、これこそが人間の最も怠けた側面の現れなのである。これらのわたしの言葉を聞いたあなたがたは、これ以上聞き流してはならない。細心の注意を払うこと、それこそが正しい道である。そうして初めて、わたしの旨は満たされるのである。そしてこれこそが最善の服従なのだ。

前へ: 第六十一章

次へ: 第六十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の働きと人間の実践

人間の間で為される神の働きは、人間から切り離すことができない。なぜなら、人間はこの働きの対象であり、神によって造られたもののうち、神を証しすることができる唯一の創造物だからである。人間の生活と人間のあらゆる活動は、神から切り離すことができず、すべて神の手によって支配されており、神…

唯一無二の神自身 6

神の聖さ(3)前回の交わりの主題は神の聖さでした。神の聖さは神自身のどの側面に関連しますか。神の本質に関連しますか。(はい。)それではわたしたちが話し合った神の本質のおもな側面とは何ですか。神の聖さですか。神の聖さは、神だけの独特な本質です。わたしたちが前回話し合ったおもな内容は…

招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

わたしは地上において、わたしの追随者となる多くの者を求めてきた。これらの追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、神の子、神の民、奉仕をする者たちがいる。彼らがわたしに示す忠誠に基づき、わたしは彼らを分類する。すべての者が種類に準じて分類されたとき、つまり、人間のそれぞ…

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索