第六十一章

自分自身の状態を知ったとき、あなたはわたしの旨を達成するだろう。実際、わたしの旨を把握するのは難しくない。過去にあなたはわたしの意図に沿って求めたことがないだけである。わたしが欲するのは、人間の観念や人間の思いではなく、ましてあなたのお金や財産ではない。わたしが欲しいのはあなたの心である。分かるだろうか。これがわたしの旨であり、それ以上に、それがわたしの得たいものである。人々はいつも心の中の観念を用いてわたしを裁き、自分の基準を使ってわたしの背丈を測定する。人間のうちにあるものでは、これは対処するのが最も難しいことである。そして、それはわたしが忌み嫌うもの、最も憎むものである。あなたは分かるだろうか。何故なら、これは最も一目瞭然なサタンの性質であるからだ。そして、あなたがたの霊的背丈は低いので、あなたがたは頻繁にサタンの狡猾な計略に陥る。あなたがたはどうしてもそれらを識別することができない。あなたがたがサタンに騙されないように、いかなる時もあらゆる面で用心するように、わたしはあなたがたに何度も告げた。しかし、あなたがたは耳を傾けず、わたしの言うことを平気で無視するので、あなたがたのいのちにおいて損失を被ることになり、後悔しても遅すぎることになるのである。とにかく、これをあなたの将来の探求のための教訓とすることは、あなたにとって良いことではないだろうか。わたしはあなたに言う。すぐに否定的になることは、あなたのいのちに損失をもたらす。そして、そのひどさは極みにまで達するであろう。これが分かったら、あなたは目を覚ますべきではないか。

人々は早く結果を出すことに待ち切れず、目先のものだけを見る。わたしは権力を持っている者を罰し始めたと言いうと、あなたがたはさらに不安になり、尋ねる。「なぜそれらの人たちはまだ権力を持っているのですか。神は空しい言葉を語ったのか。」人間の観念は非常に頑固である。あなたがたはわたしが言うことの意味を理解しない。わたしが罰するのは、それらの邪悪な者たち、わたしを否定する者たち、わたしを知らない者たちであり、わたしは、わたしを信じているだけで真理を求めない者を無視する。あなたがたは本当に非常に無知である。あなたがたはわたしが言ったことを全く理解していない。これが事実であるにもかかわらず、あなたがたは自分が成熟している、物事を理解している、わたしの旨を理解することができると考えて、今もなお自分で自分を励ましている。わたしはしばしば、すべての物事はキリストへの奉仕であると言うが、あなたはこれらの言葉を心から理解しているか。あなたは本当にこれらの言葉を知っているか。わたしは誰をも軽率に罰することはない、とわたしは以前言った。宇宙世界の一人ひとりの人間がわたしの適切な采配に従うのだ。わたしの罰の対象となる者、キリストのために奉仕する者(わたしは彼らを救わない)、わたしに選ばれた者、わたしに選ばれたが後になって排除の対象となる者、これら全ての者たちをわたしの手の中に持っている。わたしが選んだあなた――わたしが更に理解するあなたのことは言うまでもない。わたしがこの段階でやることと、次の段階でやることは、すべてわたしの賢明な采配に従う。あなたはわたしのために何かを事前に準備する必要はない。ただあなたの楽しみを待っていなさい。これは、あなたにふさわしいことである。わたしはわたしのものを支配し、わたしは厚かましくも不平を言う者や、わたしについて別の意見を持つ者をそう簡単には容赦しない。わたしが定めた行政計画がこの段階まで進んだので、最近わたしの怒りはしばしば燃え上がる。わたしに感情がないと思ってはならない。何故なら、どんな物も、どんな人間も、どんな出来事も、わたしの歩みを妨げることはできないとわたしは以前言ったからである。わたしはわたしの言うことを行うのであり、これがわたしそのものである。そしてさらに、それはわたしの性質の最も目に見えて明白な表明である。あなたがたは皆わたしの子であり、わたしはあなたがた全員を愛しているので、わたしはすべての人々を同じように扱う。自分の息子のいのちに責任を持たない父親がいるだろうか。息子の未来のために日夜労しない父親がいるだろうか。あなたがたの中の誰が知っているのか。誰がわたしの心に配慮を示すことができるのか。あなたがたは常に自分の肉の快楽のための計画を立て準備しており、わたしの心については何ひとつ悟ることがない。わたしは心が裂かれんばかりにあなたがたのために心配しているが、あなたがたは肉の快楽、食べたり飲んだりすること、眠ること、服装のことばかり渇望している――あなたがたには良心の欠片もないのか。そうであるなら、あなたがたは人間の服を着た獣である。わたしは言い過ぎてはおらず、あなたがたはそれを忍ぶことができるはずである。これがあなたがたを救う最善の方法であり、それ以上に、わたしの知恵がそこにある――サタンの致命的な弱点を狙い、サタンを圧倒的に敗北させ、完全に破壊する。あなたが悔い改めて、あなたの古い性質を取り除き、新しい人の姿を生きるためにわたしに拠り頼むことができる限り、わたしの心は完全に満足するだろう。それは、これこそが正常な人間性を生きることであり、わたしの名を証しすることであり、わたしを最も幸せにすることであるからだ。

あなたは絶えずわたしの近くにいなければならない。わたしの歩調は日々速くなることが分かるだろう。あなたがほんの束の間でも霊的な交わりを欠くなら、わたしの裁きが直ちにあなたの上に下されるだろう。この点について、あなたは深い認識をすでに得ている。あなたを懲らしめるのは、わたしがあなたを愛していないからではなく、あなたへの愛故にあなたを訓練するためであるからだ。さもなければ、あなたは成長せず、聖霊の抑制なしに常に放縦にふるまうだろう。これはわたしの知恵のさらなる一面である。

前へ: 第六十章

次へ: 第六十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第十九章

わたしの言葉を自身の生存の基盤とするのが人類の正しい責務である。人間はわたしの言葉の各部分において、各自の分を確立しなければならない。そうしなければ、滅びと軽蔑を自ら招くことになる。人間はわたしを知らない。そして、そのため、引き換えに自分の生命をわたしに捧げるのではなく、わたしの…

あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない

六千年にわたって行われてきた働きは、その全体が時代とともに徐々に変化してきた。この働きに見られる変化は、世界全体の情勢と、人類の全体的な発展の傾向に基づいて起こったものであり、経営の働きはただそれらに従って徐々に移り変わってきたのである。創世の当初からすべてが計画されていたわけで…

正常な状態へ入るには

神の言葉を受け入れれば受け入れるほど、人はより啓かれ、神を認識することの追求においてますます飢えと渇きを感じるようになる。神の言葉を受け入れる人だけが、より豊かで深遠な経験をすることができる。そしてそのような人は、いのちが胡麻の花のように成長し続けられる唯一の者たちである。いのち…

人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点へと導き入れる

人は現在の働きと将来の働きを少しは理解しているが、人類が入る終着点については理解していない。被造物として、人は自身の本分を尽くすべきである。つまり、神のなすことが何であれ、神に付き従うべきである。わたしがあなたがたにどのような道を示そうとも、その道を歩むべきなのだ。あなたには、物…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索