第六十章

いのちが成長することは簡単なことではない。それには、ある過程が必要であるが、更には、あなたがたが代価を払うことができ、わたしと一致して協力しなければならないのである。そうすれば、あなたがたはわたしに称賛されるだろう。天地万物はわたしが発する言葉により建て上げられ、完成される。そして、わたしにあって、全てのことは達成可能である。わたしの唯一の願いは、あなたがたが早く成長し、わたしの肩の荷を取って自分の重荷として担い、わたしに代わって労することである。そうすれば、わたしの心は満足するであろう。父の重荷を背負おうとしない子がいるだろうか。子のために昼夜労しない父親がいるだろうか。だがあなたがたはわたしの旨を理解しない。あなたがたはわたしの重荷について考慮せず、わたしの言葉はあなたがたにとっては重みがなく、あなたがたはわたしの言葉通りにはしない。あなたがたはいつでも自分が主人なのだ。何と利己的だろうか。あなたがたは自分の事しか考えていない。

あなたは本当にわたしの旨を理解しているのか。それともあなたは単に理解しないふりをしているのか。なぜいつもそのように気ままに振る舞うのか。自分がそのように行動する中でわたしを公平に扱っていると、あなたの良心は言っているのか。あなたは病の原因を知るや否や、なぜ癒やしを求めてわたしと交わらないのか。あなたに言おう。今後、あなたがたが肉体の病を患うことはない。もし体のどこかに不調を感じたならば、外部に原因を探して駆けずり回ってはならない。そうではなく、わたしの前に来て、わたしの意図を知ることを求めなさい。このことを覚えておくか。この日から、あなたがたは完全に自分の肉体を離れて、霊の世界に入る。つまり、あなたがたの体は二度と病に侵されることはない。これはわたしの約束である。あなたがたはこれを喜ばしく思うだろうか。嬉しいだろうか。これがわたしの約束であり、さらには、あなたがたが長く待ち望んだことだ。恵まれた人々よ、今日それがあなたがたの上に成就されたのだ。なんと素晴らしく、計り知れないことか。

わたしの働きは日夜前進し、一瞬も止まることがない。それは、わたしの差し迫った願いとは、あなたをわたしの心に適う者にすることだからであり、わたしの心はあなたがたによってすぐに慰められるためであるからだ。わが子よ!あなたがたがわたしの善き祝福にあずかる時がきた。過去に、あなたがたはわたしの名のために苦しんだが、あなたがたの試練の日々は終わった。誰かが、わたしの子らの髪の毛一本でも傷つけるのなら、わたしはその者を簡単には赦さず、その者が再び立ち上がれることも決してない。これがわたしの行政命令であり、これに違反する者は誰であれ、自らに危険を招くことになる。わが子たちよ。心ゆくまで楽しむが良い。喜びに歌い、歓呼せよ。あなたがたは二度といじめられたり、虐げられたりすることはなく、二度と迫害されることもない。わたしへの信仰においてこれ以上恐怖に囚われてはならない。あなたがたは自分の信仰を公に宣言すべきである。宇宙と地の隅々を震わせるほどの大声で、わたしの聖なる名を呼びなさい。彼らに見下され、痛めつけられ、拷問を受けた者たちが、彼らの上に立ち、彼らを支配し、治め、更に重要な事に、彼らを裁くようになることを、彼らに見せるのだ。

あなたがたは自分の霊的成長のことだけを考えなさい。そうすれば、わたしは更に素晴らしい祝福をあなたがたに与え、あなたがたがその祝福を享受するようにする。そしてその祝福によってあなたがたはその比類なき甘美さを更に味わうようになり、それらの祝福の限りない奥義と、それが計り知れないほど深遠であることを強く感じるようになるのだ!

前へ: 第五十九章

次へ: 第六十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

堕落した人間は神を体現できない

人は常に闇のとばりに覆われて、サタンの影響にとらわれたまま、逃れることができずに生きてきた。その性質はサタンに操られて、ますます堕落している。人は常に堕落したサタン的な性質の中に生きており、真に神を愛することができないのだと言える。そのため神を愛したいと願うなら、独善、自尊心、高…

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを享受することができず、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めてきた者は…

第十五章

人間はみな自己認識をもたない生き物であり、自分を知ることができずにいる。それにもかかわらず、掌を指すかのごとく他の全員のことを知っており、他人のすべての言動はまず彼らの目の前で「吟味」され、承認を得てからなされたかのようである。結果として、他の全員のことを心理状態まですべて知り尽…

第二十二章

人間は光の中に生きていながら、光の貴さには気づいていない。人間は光の本質、光の源、さらに、光が誰のものであるかについては、無知である。わたしが人間たちに光を与えるとき、直ちに人間たちの状態を調べる。光があるので、人々はみな変わりつつあり、成長し、闇を去っている。わたしは全宇宙の隅…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索