第五十九章

あなたが遭遇する環境において、さらにわたしの旨を求めなさい。そうすれば、必ずわたしの承認を得られる。探し求めることをいとわず、わたしへの畏敬を持ち続ける限り、あなたに欠けているものをすべてあなたに授ける。教会は今、正式な訓練に入り、すべてが正しい経路にある。それが未来に起こることの前触れであった時とは、事情はもはや違う。あなたがたは混乱してはならず、識別力を欠いていてはならない。あなたがたがあらゆることにおいて現実に入ることをわたしはなぜ要求するのか。あなたは本当にこれを経験したのか。わたしがあなたがたを満足させるように、わたしのあなたがたへの要求において、あなたがたはわたしを本当に満足させることができるのか。偽ってはならない。わたしはあなたがたに寛容であり続けるが、あなたがたはいつになっても善悪の区別ができず、感謝を表せない。

わたしの義、わたしの威厳、わたしの裁き、わたしの愛。わたしが所有し、わたしの存在そのものであるこれらのものを、あなたは本当に味わったことがあるのか。あなたがたは本当に思慮がなく、わたしの旨をどうしても察知しない。わたしが用意する祝宴はあなたがた自身が味わわなければならないと、わたしはあなたがたに繰り返し告げた。しかし、あなたがたはそれを何度もくつがえし、環境の良し悪しを見分けることができない。これらの環境のうちのどれが、あなたがた自身によるのか。どれがわたしの手によるのか。自己弁解は止めなさい。わたしにはすべてが完全に明瞭に見える。事実は、あなたがどうしても探し求めないということである。これ以上何が言えるのか。

わたしの旨を察知する者をわたしは常に慰め、彼らが苦しみ害を被ることを許さない。今最も重要なことは、わたしの旨に従って行動できることであり、これを行う者は必ずわたしの祝福を受け、わたしの保護の下に置かれる。誰が、本当に完全にわたしのために自らを費やし、わたしのために全てを捧げることができるのか。あなたがたは皆、中途半端である。家や、外の世界のこと、食べ物、衣服のことをいつも考えている。わたしの前で、わたしのために何かをしていようと、心の奥ではまだ家にいる妻や子供、両親のことを思っている。それらは皆あなたの所有物なのか。なぜそれらをわたしの手に委ねないのか。わたしを十分に信じていないのか。それとも、わたしがあなたに不適切な手配をすることを恐れているのか。どうしていつも肉の家族のことを心配するのか。あなたは常に家族を恋しがっている。あなたの心の中にはわたしの場所があるのか。まだわたしにあなたの内面を支配させ、あなたの全存在を占めさせることについて話している。これらはみな欺瞞的な嘘である。あなたがたのうち何人が心から教会のために尽くしているのか。誰が自分のことは考えずに、今日の神の国のために行動しているのか。このことを注意深く考えなさい。

わたしが自らの手であなたがたを打ち、駆り立てるしかないところまで、あなたがたはわたしを追い詰めた。わたしはもはやあなたがたをなだめて説得しない。それはわたしが知恵ある神だからである。わたしへの忠実さに従って、わたしは人をそれぞれ取り扱う。わたしは全能なる神である。誰がわたしの前進を阻もうなどとするであろうか。これからは、わたしに忠実でない者にはすべて、わたしの行政命令が必ず下り、彼らはわたしの全能性を思い知る。わたしが望むのは多数の人間ではなく、優秀な者たちである。誰であれ不忠実な者、不誠実な者、曲がった行為や欺瞞に関わる者をわたしは見捨て、罰する。いまだにわたしが憐れみ深いとか、愛にあふれて優しいなどと思ってはならない。そのような思いは放漫である。わたしがあなたに調子を合わせるほど、あなたは否定的、受動的になり、自己を捨て去ることに気が進まなくなることを知っている。人がここまで難しくなると、わたしにできることは絶えず人を駆り立てて引きずることだけである。このことを知りなさい。これからは、わたしは裁きの神である。もはや人間が想像するような憐れみ深く、優しく、愛にあふれた神ではない。

前へ: 第五十八章

次へ: 第六十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神が人間を用いることについて

聖霊から特別な指示と導きを与えられている人を除けば、自立して生きられる人間は一人もいない。なぜなら人間には、神に用いられている人々の働きと牧養が必要だからである。そのため神は各時代に様々な人を起こし、神の働きのために教会を牧養するという仕事に没頭させる。つまり神の働きは、神が好ま…

宗教的な奉仕は一掃されなければならない

宇宙全体にわたる神の働きが始まって以来、神は多くの人々を神に仕えるように運命づけてきたが、そこにはあらゆる社会的地位の人々が含まれている。神の目的は、自身の旨を満たすことと、地上における自身の働きを滞りなく完了させることである。これが神に仕える人々を神が選ぶ目的である。神に仕える…

第二十六章

誰がわたしの家に住んだのか。誰がわたしのために立ち上がったのか。誰がわたしのために苦しんだのか。誰がわたしの前で誓ったのか。誰が今までわたしに従い、それでいて無関心にならなかったのか。なぜ人間はみな冷たく無情なのか。なぜ人間はわたしを捨てたのか。なぜ人間はわたしに飽いたのか。なぜ…

働きと入ること(5)

現在、あなたがたはみな、誰もがそれぞれ自由な世界で生きていけるように、神が人間を人生の正しい道へと導いていること、もう一つの時代への次なる一歩を踏み出すよう人間を導いていること、この暗く古い時代を超えるように人間を肉の外へ導き、闇の勢力の抑圧とサタンの影響から遠ざけていることを知…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索