第五十八章

わたしの旨を把握すれば、わたしの重荷を考慮することができるようになり、光と啓きを得て、解放と自由に至ることができる。それはわたしを満足させ、わたしのあなたに向けた旨が遂行され、すべての聖徒に養いをもたらし、地上にあるわたしの国を固く揺るぎないものにする。今、最も重要なことは、わたしの旨を把握することである。これはあなたがたが入るべき道であり、さらに、一人ひとりが果たすべき本分である。

わたしの言葉はあらゆる病を治す良薬である。わたしの前に喜んで来ることを望む限り、わたしはあなたを癒し、わたしの全能性、素晴らしい業、義、威厳をあなたに見えるようにする。さらに、あなたがたに自分の堕落と弱点をいま見ることができるようにする。わたしはあなたの中のあらゆる状態を完全に理解している。あなたはいつも心の中で物事を行い、外には見せない。わたしはあなたが行なうあらゆることについて、さらに明確に理解している。しかし、あなたはわたしが何を賞賛し、何を賞賛しないかを知っているはずである。この二つを明確に区別すべきであり、これをいいかげんに扱ってはならない。

「我々は神の重荷への配慮を示さなければならない」とあなたはただ口先で言うだけである。しかし事実に直面すると、神の重荷が何であるかを十分に知っているにもかかわらず、まったく考慮しない。あなたは極めて混乱しており、愚かで、さらには極端なまでに無知である。人間を取り扱うことがいかに難しいかは、これで説明がつく。人間は、「どうしても神の意図を把握できないが、把握できれば、それに従って必ず行動する」などと、聞こえの良い言葉を口にするだけである。これがあなたがたの実状ではないのか。誰もが神の意図を、病気の原因が何であるかを知っているが、極めて重大な問題は、進んで実践しないことである。これが人間の最大の困難である。直ちにこれを解決しなければ、いのちにとっての最大の妨害となる。

前へ: 第五十七章

次へ: 第五十九章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

受肉の奥義(2)

ユダヤで働きを行なっていた当時、イエスは公然とそうしたが、今、わたしはあなたがたのあいだで秘かに働きを行ない、そして語る。未信者はまったくこれに気づいていない。あなたがたのあいだにおけるわたしの働きは、部外者には閉ざされている。これらの言葉、刑罰、そして裁きはあなたがただけに知ら…

第三十八章

人類に本来備わっている特徴、すなわち、人類の真の姿を考えてみると、今日まで人類が存続できたことは本当に簡単ではなかった。そしてこのことを通して初めて神の偉大な力が明らかになった。人の肉の本質、およびこれまでの赤い大きな竜の腐敗に基づいて考えると、神の霊の導きがなければ、人が今日生…

七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

わたしは異邦人の国々に働きを広めている。わたしの栄光は全宇宙に閃く。わたしの旨は星のように点々と散らばる人々の中に具現化され、皆がわたしの手によって導かれ、わたしが与えた仕事をしている。この時点からわたしは新しい時代へと入り、すべての人々を別の世界へ連れて行く。わたしは自分の「故…

あなたは信仰について何を知っているか

人は信仰という不確かな言葉だけは知っているが、人は何が信仰を構成しているかを知らないし、ましてやなぜ信仰を持っているのかも知らない。人はあまりにも少ししか理解していないし、あまりにも欠乏している。人はあまり考えず認識もないままわたしを信仰しているに過ぎない。人は信仰とは何かもなぜ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索