第五十八章

わたしの旨を把握すれば、わたしの重荷を考慮することができるようになり、光と啓きを得て、解放と自由に至ることができる。それはわたしを満足させ、わたしのあなたに向けた旨が遂行され、すべての聖徒に養いをもたらし、地上にあるわたしの国を固く揺るぎないものにする。今、最も重要なことは、わたしの旨を把握することである。これはあなたがたが入るべき道であり、さらに、一人ひとりが果たすべき本分である。

わたしの言葉はあらゆる病を治す良薬である。わたしの前に喜んで来ることを望む限り、わたしはあなたを癒し、わたしの全能性、素晴らしい業、義、威厳をあなたに見えるようにする。さらに、あなたがたに自分の堕落と弱点をいま見ることができるようにする。わたしはあなたの中のあらゆる状態を完全に理解している。あなたはいつも心の中で物事を行い、外には見せない。わたしはあなたが行なうあらゆることについて、さらに明確に理解している。しかし、あなたはわたしが何を賞賛し、何を賞賛しないかを知っているはずである。この二つを明確に区別すべきであり、これをいいかげんに扱ってはならない。

「我々は神の重荷への配慮を示さなければならない」とあなたはただ口先で言うだけである。しかし事実に直面すると、神の重荷が何であるかを十分に知っているにもかかわらず、まったく考慮しない。あなたは極めて混乱しており、愚かで、さらには極端なまでに無知である。人間を取り扱うことがいかに難しいかは、これで説明がつく。人間は、「どうしても神の意図を把握できないが、把握できれば、それに従って必ず行動する」などと、聞こえの良い言葉を口にするだけである。これがあなたがたの実状ではないのか。誰もが神の意図を、病気の原因が何であるかを知っているが、極めて重大な問題は、進んで実践しないことである。これが人間の最大の困難である。直ちにこれを解決しなければ、いのちにとっての最大の妨害となる。

前へ: 第五十七章

次へ: 第五十九章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第四章

わたしの前で仕えるわが民はみな、過去を思い返すべきである。あなたがたのわたしへの愛は、不純なもので穢されていなかったか。あなたがたのわたしへの忠実は純粋で心からのものだったか。あなたがたのわたしについての認識は真実であったか。あなたがたの心のどれほどの場所をわたしは占めていたか。…

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよい…

人が想像するほど神の働きは簡単なものか

終わりの日における神の働きと、神が今日あなたの中で行なっている、神の計画の働きとを受けることで、自分がいかに究極の称揚と救いを得てきたかを、神を信じる一人ひとりが正しく認識すべきである。神は人々のこの集団を、宇宙全体におよぶ神の働きの唯一の焦点に据えた。神はあなたがたのために、心…

信仰においては現実に焦点を合わせなければならない——宗教的儀式を行うことは信仰ではない

あなたは宗教的慣習をいくつ守っているだろうか。神の言葉に逆らって、自分の道に行ってしまったことが何回あるだろうか。神の重荷を真に考慮し、神の旨が成就されることを求めて、神の言葉を実行したことが何度あるだろうか。神の言葉を理解して、それを実行に移しなさい。すべての行動と行いに原則を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索