第五十七章

あなたは自分の一つひとつの思い、考え、そして行動を吟味したことがあるか。そのうちのどれがわたしの旨と一致しているかしていないか、はっきり理解しているのか。あなたにはこれらを見分ける能力が全くないのだ。どうしてわたしの前に来なかったのか。わたしがあなたに言わないからか。それとも何か他の理由があるのか。あなたはこれを知るべきである。怠慢な者は絶対にわたしの旨を把握することができず、大いなる照らしと啓示を受けることができないことを知りなさい。

あなたは教会が糧を得ることができず、真の交わりに欠けている理由を見つけたか。これにつながった要因のうち、幾つが自分に関係しているのか、あなたは気付いているか。わたしは、あなたがいのちを与え、わたしの声を放つように指示したではないか。あなたはそうしたのか。あなたは兄弟姉妹たちのいのちにおける進歩を遅らせることへの責任をとることができるか。あなたは、問題に直面すると、静かに落ち着いているのではなく、むしろ取り乱している。あなたは本当に無知である。わたしの声は聖徒たちに向かって発せられるべきである。聖霊の働きを抑制してはならない。また、わたしの時間を遅らせてはならない。それは誰の恩恵にもならない。わたしは、あなたが自らを、心も体も、完全にわたしに捧げることを願う。そうすれば、あなたのすべての思いや考えがわたしのためとなり、あなたがわたしの考えと気遣いを共にし、あなたの為す一切のことが自分のためではなく、今日のわたしの国とわたしの経営(救い)のためになるのだ。それのみがわたしの心を満足させる。

わたしが為したことは何であれ、証拠がないわけではない。なぜあなたはわたしに倣わないのか。なぜあなたは自分が為したことの証拠を求めないのか。あなたはわたしにこの上何と言って欲しいのか。わたしはあなたの手を取って教えたが、あなたは学ぶことができなかった――あなたは非常に愚かである。もう一度最初からやり直したいのか。落胆してはならない。あなたはもう一度立ち直って、聖徒たちと共有する希望と願いのために、自分自身を完全に捧げなければならない。次の言葉を憶えておきなさい。「わたしのために心から尽くす者を、わたしは必ず大いに祝福するであろう」。

何をやるにしても、あなたは、やみくもにではなく、秩序ある方法でやらなくてはならない。あなたは自分の手の甲を知っているように聖徒の状態を知っているとでもほんとうに言いたいのか。それは、あなたに知恵が欠けていること、このことをまったく真剣に受け止めておらず、そのことに少しも時間を費やしていないことを示している。あなたがそのことにほんとうに全部の時間を費やすことができれば、あなたの内的状態はどのようになるのか見てみなさい。あなたは主観的な努力をすることは求めず、ただ客観的な理由を探すだけで、わたしの旨に対して配慮の片鱗さえ示すことがない──それはわたしを深く傷つけた。このようなままでいてはならない。あなたは、わたしがあなたに与えた祝福を受け入れないということなのか。

ああ、神よ!あなたの子はあなたに負債を負っています。わたしは、あなたの働きを真剣に受け止めず、あなたの旨に考慮を示したことも、あなたの勧めに忠実だったこともありませんでした。あなたの子はこれらのすべてを変えたいと思っています。わたしを見捨てないでください。わたしを通してあなたが働きを為し続けますように。ああ、神よ!あなたの子をたったひとりにすることなく、いつもわたしと共にいてください。ああ、神よ!あなたの子は、あなたが愛してくださることを知っていますが、わたしはあなたの旨を把握することができず、あなたの重荷への配慮を示す方法を知りません。また、あなたがわたしに委ねられたことを達成する方法を知りません。教会を牧会する方法など、なおさら分かりません。あなたは、わたしがこのことで絶望し、悩んでいることを知っておられます。ああ、神よ!いつもわたしを導いてください。今になってやっと、わたしは自分にどれくらい欠けがあるかを感じることができます。それはあまりに多いのです。わたしはそれを言葉で言い表せません。あなたの全能の手によって、あなたの子に恵みを示し、あらゆる時にあなたの子を支え、あなたの子があなたの前で完全にひれ伏すことができるようにしてください。もう自分で選択することも、自分の思いや考えを抱くこともないようにしてください。ああ、神よ!あなたは、あなたの子がすべてを全くあなたのために、すべてを全く今の神の国のために為したいと願っていることを知っておられます。あなたは、わたしがこの瞬間何を考えているのか、わたしが何をしているのかを知っておられます。ああ、神よ!ご自分でわたしを探ってください。わたしはあなたがいかなる時にもわたしと一緒に歩き、わたしの人生の中でわたしと共にいてくださり、それによってあなたの力がわたしの行動に伴うことを、ただ願います。

前へ: 第五十六章

次へ: 第五十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

唯一無二の神自身 9

神は万物のいのちの源である(3)この期間、神を知ることに関する様々な主題を話してきましたが、最近はそれに関係する極めて重要な主題を話しました。その主題は何ですか。(神は万物のいのちの源である、です。)わたしが語った要点と題目は、みなさんにはっきりした印象を与えたようです。前回は神…

神への真の愛は自発的なものである

すべての人々は、神の言葉によって精錬を受けている。神が受肉していなかったなら、人類はそのような苦しみにあずかるという祝福を受けることなどなかっただろう。言い換えれば、神の言葉による試練を受け入れることができる人々は、みな祝福されている。人々はその元来の素質、行動、そして神に対する…

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを享受することができず、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めてきた者は…

第二十二章

人間は光の中に生きていながら、光の貴さには気づいていない。人間は光の本質、光の源、さらに、光が誰のものであるかについては、無知である。わたしが人間たちに光を与えるとき、直ちに人間たちの状態を調べる。光があるので、人々はみな変わりつつあり、成長し、闇を去っている。わたしは全宇宙の隅…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索