神は本分を守らない者を嫌って棄てる


いたるところを、わたしは移動し、世の浮き沈みを経験した。わたしは人々の間を歩き回り、人々の中で長い間暮らした。しかし、人間の性質はほとんど変わらないようだ。そして、まるで人間の古い本質が根付き、成長しているようなのだ。彼らはけっして古い本質を変えられず、もともとの基礎にあったものを向上させているだけだ。よく言うように、本質は変わっていないが、外側はずいぶん変わっている。わたしに気に入られようとして、誰もがわたしを騙そうとし、惑わそうとしているようだ。


人間はみな自尊心のない無価値な恥知らずで、自分を大事にすることがないのだから、どうしてわたしが新たに慈悲と愛を示す必要があるのか。例外なく、人間は自分を知らず、自分がどれほどのものか、わかっていない。彼らは重さを測るために秤に乗らなければいけない。これはあなたがたの姿なのではないか、わが民よ。わたしの前で誓いを立て、後になってそれを捨てない人がいたか。わたしの前で、しきりにあれこれの誓いを立てることをしないで、長期間の誓いを立てたものがいるかどうか。人間はいつでも安楽な時には、わたしの前で誓いを立てるが、苦しい時には、それをみな取り消す。後になって、またその誓いを取り上げて、わたしの前に置く。


わたしは、まったく尊敬に値しないから、人間がゴミの山から拾ってきたクズを気楽に受け入れるというのだろうか。自分の誓いを堅持する人間は、ほとんどいない、慎み深い人は、ほとんどいない。また、最も大事なものをわたしのために犠牲にする人も、ほとんどいない。あなたがたはみな、こういうふうではないのか。もしわたしの国でわが民の一人として自分の本分を果たせないのなら、その人はわたしに嫌われ捨てられる。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十四章」より編集

前へ: 善悪を測る神の基準

次へ: あなたの本分を尽くすことだけが神を満足させることができる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神は天におり、地にもいる

地にいる時の 神は 人の心の中の 実際の神 天にいる時の 神は あらゆる被造物の 支配者 かつて神は 山と海を巡り 人類の間を そっと歩んで来た 誰が逆らえよう 実際的な神に 誰が逃れられよう その支配から 誰が言い切れよう 神は天にいるのだと 誰が言い切れよう 神は地にいる…

神の愛

この人の海の中で 神が終わりの日に肉となるのを 誰が知っていようか 神は教会を巡って話し 神の働きをされる 静かに真理を表しながら 神は謙り隠れている 神は大きな屈辱に耐える ああ神よ あなたは肉となられ 人類を救うため 多くの苦難を味わわれた なぜ人類は あなたを否定し拒絶する…

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索