神の御言葉を鏡として使う

2017年12月20日

終わりの日の神様の働きを受け入れ、神様の御言葉を飲み食いするようになって以来、自分を認識することが非常に大切なのだと私ははっきり理解するようになりました。そのため、神様の御言葉を飲み食いしつつ、神様が人を露わになさる御言葉に照らし合わせて自分自身を確認するようにしました。たいていの場合、自分の欠点や短所に気づくことができ、自分自身を本当の意味で認識できるようになったと感じていました。しかし、神様に暴かれることで初めて、自分が神様の御言葉にしたがう形で自分を真に認識していないことがわかりました。

ある日、私は地区リーダーと共に資金を引き出しにある場所へ向かいました。引き出す金額を確認して領収書が発行されたとき、中国共産党政府による宗教信仰への苛烈な弾圧が最近一段と激しさを増し、あらゆる手段を駆使して教会の資産を差し押さえようとしていることを思い出しました。そこで安全策をとろうと、以前の領収書をすべて処分するよう提案しました。すると地区リーダーは「その領収書を処分してしまえば、証拠がなくなる。あなたがお金を取ったらどうなるかしら」といきなり口にしました。これをどう受け止めていいのかわかりませんでしたが、私の人格をひどく侮辱された気がして飲み込むのにとても苦労しました。「いったい私をどんな人だと思っているの。長年神様に従ってきた善良な人よ。私がそんなことをするわけがない。しかも、この業務はもう何年も担当していて、財務の仕事でミスしたことは一度もない。私がどうして教会のお金を盗むっていうの。私の何がユダに似ているというの……」考えれば考えるほど怒りが募り、彼女は私を蔑み、顎で使っているという思いが強くなっていきました。あまりにも傷ついた私は、思わず泣きそうになりました。

心が痛む中、私は急にこの神様の御言葉を思い出しました。「私たちの周りの環境、人々、事柄、事物のすべては神の玉座によって許可されている。」(『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第六章」より)そしてこう思いました。「なぜ神様は、この姉妹があんなことを言う状況を生み出されたのだろう。神様は私に何を教えようとなさっているのだろう」こう考えているうちに気持ちが穏やかになってきました。すると、姉妹の発言に対する苦痛に満ちた自分の反応について、次のような疑問を抱き始めました。「あなたがお金を取ったらどうなるかしら」と言った彼女は間違っていたのだろうか。人はいつでも、どこにいても、義を裏切り、神様から距離をおくものだと、神様はおっしゃいました。本当に信頼できる人などいないのです。私はその例外でしょうか。それに、自分の性質はどれだけ変わったでしょうか。どれだけ真理を得たでしょうか。真理を得ることも、性質を大いに変えることもなければ、どうして人がそのように自分を見るのは許せないのでしょうか。何を基準に自分自身を高潔で純粋な人と見なせるでしょうか。そして、自分は決して捧げ物を盗んだりしないと、どうして自信をもっていられるでしょうか。神様はかつてこうおっしゃいました。「人の本性にはサタンの本性が満ちており、まったく自己中心的で、利己的で、強欲で、法外である。」(『キリストの言葉の記録』の「人は神にあまりに多くの要求をする」より)これは他の人に当てはまることで、私には該当しないと言えるでしょうか。人の本性は強欲ですが、私は例外なのでしょうか。姉妹が言ったことは事実と矛盾しているでしょうか。神様の御言葉を普段読むとき、私は神様の御言葉の暴きに照らし合わせながら意識的に自己評価することができていると思っています。しかし、あの姉妹が何ら感情的にならず、人の本性と本質に関する神様の御言葉の暴きにしたがう形で私のことを見て、物事を扱ったとき、私はとても腹を立てました。これは、神様の御言葉に即して自分自身を理解できていないということではないでしょうか。自分の中に潜むサタンの本性を真に認識していないことを意味しているのではないでしょうか。私はそれまで、神様の御言葉を飲み食いして自分自身を知ることは、単なる理論的な認識、皮相な理解でしかないことに気づいていませんでした。神様の御言葉による暴きを基にして、自分の真の本性と本質を理解していたのではないのです。そのため、こういった状況が私の身に起こりました。交わりをするとき、私は自分を知ることについて明確かつ説得力をもって話し、人の堕落した本質を露わにする神様の御言葉にうなずき、賛成しますが、現実に直面すると、自分は神様のお示しになるような人間であると認めるくらいなら、死んだほうがましだと考えます。過去を振り返ると、自分には理知がないと口にしながら、他の人にそれを指摘されるとすぐさまそれを否定し、最後まで自己弁護することを何回繰り返してきたでしょう。自分は本分をおざなりに尽くしていると白状しておきながら、他の人にそれを指摘されると、常にありとあらゆる手段で自分を弁護し、責任を免れるために自分を正当化することを何度してきたでしょう。自分には何の価値もないと人前で認めておきながら、他人から何もちゃんとできない人だと言われると、元気を失ってしまうほど落胆して否定的になることが何回あったでしょう。自分は素質に乏しく、働きをこなす能力が足りないと自ら宣言しておきながら、あなたは素質が乏しく、絶対に優れたリーダーにはなれないと他人から言われたとたん、諦めてさぼりだしてしまうということが、今まで何度あったでしょうか……私は明らかに偽善者です。私は堕落していると自分で言うのは構わないが、他の人が私について何かを言うと、それを受け入れられずに反発してしまうのです。このことは、私の自己認識が口先のものに過ぎないことを十分に示しています。それは人を騙すことであり、偽善です。私は神様の御言葉による暴きを通して、自分の真の本性を本当に分析し、理解できたことが一度もないため、依然として自己認識へと真に入っておらず、私の性質も変わっていないままなのです。

その時、自分の自己陶酔的な態度を振り返り、それが本当に恥ずべきことだとわかりました。神様の啓示のおかげで、真の意味で自分を理解できていないことを納得し、その事実をはっきり見つめることができました。すぐにでも自分の性質を変えられるよう、これからは、神様が人の本性を露わになさる御言葉を通して自分の堕落した本質を認め、勇気を出して現実と向き合い、自分自身を真に理解できるよう努めます。

山東省臨沂市 ウー・シァ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

純真な人は必ずしも正直だとは限らない

私は自分を社交的で率直な人だと思い、人とはとても正直に話しをします。言いたいことは何でもそのまま口にしてしまいます。回りくどい言い方はしないタイプです。人とは正直に交流するようにしています。ですが、私はあまりにも簡単に人を信用してしまうので、頻繁に騙されたり、からかわれてしまう…

正直であることには大きな幸福がある

正直な人々はわかりやすく、隠し立てせずに欺瞞なく話す。正直な人々は鋤を鋤と呼ぶ。正直な者は他人を欺かず、おざなりに行動せず、決して神を騙さず、神に嘘をつかない。正直な人々の心は正直で、不実や背徳がない。話し行動するとき、正直な人々は邪念や隠された動機を心に抱かない。

正直な人になることは簡単ではない

神様の御言葉を読んだり説教に耳を傾けたりすることを通じ、信仰において正直な人になることを追い求める重要性と、人は正直な人になって初めて神様に救っていただけることを理解するようになりました。かくして自分も実生活で正直な人になろうと実践を始めました。

嘘の背後にあるもの

正確に話すことは私が思っていたほど簡単ではないことが分かりました。人々の見方における誤った思い込み、真理や真実性の欠如、腐敗した性質など、人々が不正確に話す多くの要因があります。

コメントを残す