人の本質と地位

実のところ、イスラエル人は落胆しておらず、過去六千年間、神によって働きが為されるのを見守っていた。それは、わたしが彼らを見捨てなかったからである。むしろ、彼らの先祖が、悪魔の差し出した善悪の知識の木の実を食べて罪を犯したために、わたしを捨てたのだ。善は常にわたしに属し、悪は罪ゆえにわたしを騙す悪人に属す。わたしは人を責めたり、情け容赦なく全滅さたり、無慈悲に罰したりすることはしない。悪は元々、人間に属してはいないからだ。従って、イスラエルの民はわたしを公に十字架にかけたけれども、メシアとヤーウェを待ち望み、救い主イエスを切望した彼らは、わたしの約束を忘れてはいない。わたしが彼らを見捨ててはいないからだ。結局のところ、わたしは自らの血をもって人との契約の証としたのだから。この事実は、若者や純粋な人たちの心の中に焼き印のように押された血の契約となった。それは天と地の永遠の共存のようである。わたしは、わたしが贖い、獲得し、わたしによって運命付けられ、選ばれた後は、悪よりわたしを愛するようになった悲しみに満ちた魂を、一度も騙したことはない。従って、彼らはわたしの再臨を切望しており、わたしに会うことを心待ちにしているのだ。わたしが彼らと結んだ血の契約を取り消したことはないので、彼らが待ち望んでいるのは驚くことではない。長年道に迷ってきたこの小羊たちを、再びわたしは捕える。わたしはいつでも人間たちを愛してきたからだ。ただ悪の要素が人々の善に混ざり込んでしまっただけである。わたしを愛している哀れな魂、それはわたしも愛した魂なのだが、それらの魂をわたしは獲得するが、わたしを愛したこともなく、敵のように振舞った邪悪な者を、どうしてわたしの家に呼び入れることなどできようか。わたしは人と血の契約を結んだが、わたしを憎み、わたしに敵対し、抵抗し、攻撃し、罵る悪魔とヘビの子孫を、神の国に呼び入れることはしない。わたしがなぜ、そして誰のために働きをしたかを知るべきである。あなたの愛にあるものは善なのか、それとも悪なのか。ダビデやモーセがわたしを知っていたように、あなたもわたしを知っているか。アブラハムがわたしに仕えたように、あなたもわたしに仕えるか。あなたは確かにわたしによって完全なものとされた。しかしあなたは、誰を表わしているか、誰と同じ結果を得るのかを知っておくべきだ。そしてわたしの働きを経験することにより、喜びに満ち、収穫の多い人生を送るのか。それは豊かで実り多いものか。あなたは自らを検証すべきである。あなたは長年わたしのために骨折って働いたが、果たして何か得たものはあるだろうか。変化したことや得たものはあるだろうか。困難の代償として、磔になったペテロや、打たれて倒れた時に光を受けたパウロのようになるだろうか。そのようなことを知るべきである。からし種より小さく、砂粒ほどしかないあなたの命のことを常に話し、考えているわけではない。正直に言うと、わたしが管理するのは人間なのだ。しかし、以前は憎み、後に拾い上げた人の命を、わたしは自分の管理する最も重要な部分とは考えていない。あなたは、自分の以前の地位や、奴隷として誰に仕えていたかをはっきり知るべきである。それだから、わたしは人間の顔をサタンの顔のように原材料として使って人間を管理することはない。人は価値ある物ではないからだ。あなたがたは、わたしのあなたがたに対する当初の態度を思い起こし、当時現実的な意味のなかったわけではないわたしの言葉を思い起こすべきだ。あなたの頭の上の「帽子」は根拠がないわけではないことを知るべきである。あなたがたはみな元々神に属さず、遥か昔に悪魔に捕らえられて悪魔の忠実なしもべとして仕えていたことを知っているだろう。あなたがたは久しくわたしを忘れていた。あなたがたは長い間わたしの家から遠ざかっており、悪魔の手の中にいたからだ。わたしが救うのは、わたしが遥か昔にそのように運命づけた者たちであり、わたしによって贖われた者たちである。しかしあなたがたは、例外として人間の中に置かれた貧しい魂の者たちである。あなたがたはダビデやヤコブの家ではなく異邦人の部族であるモアブに属する者だということを知るべきだ。わたしはあなたがたと契約は結ばず、あなたがたの中で業を行い、語り、導いたのだ。わたしの血はあなたがたのためには流されなかった。わたしの証のためだけに、わたしは自分の業を行ったのだ。あなたがたはそれを知らなかったのか。わたしの働きは、あなたがたのために血を流して死んだイエスと本当に同じだろうか。あなたがたのためにそれほどの屈辱に耐える価値は無かった。全く罪の無い神は、これ以上ないほど忌まわしく不快な場所、人が住むのに適さない豚と犬の世界に公然とやって来た。しかし、わたしの父の栄光と永遠の証のために、わたしはこれらのむごい屈辱に耐えたのだ。あなたがたは自分の振る舞いを自覚し、自分が「裕福で権力のある家庭」に生まれた子供ではなく、非常に貧しいサタンの子孫でしかないことを知るべきだ。あなたがたは人間の中にあって創始者ではなく、あなたがたには人間の権利や自由はない。元来、あなたがたは人類からも神の国からも一切の祝福を受けていなかった。なぜなら、あなたがたは人類の底辺におり、わたしはあなたがたの将来について一切考えたことがなかったからだ。だから、今日あなたがたを完全にする信念を持ち合わせることはわたしの元々の計画の一部ではあるものの、これは前例のない業である。なぜなら、あなたがたの地位はあまりにも低く、あなたがたは元々人間として取り分がないからだ。これは人には祝福ではないのか。

わたしが救う魂は、遠い昔にわたしが煉獄から解放し、訪問して選んだ者たちの魂である。なぜなら、彼らはわたしが彼らの間に現れるのを待ち望んだからである。彼らはわたしを愛しており、わたしは血によって打ち立てた契約を彼らの心に刻み込んだ。彼らを愛していたからである。彼らは迷える羊のように何年もわたしを探し続けた。彼らは善良で、それゆえにわたしは彼らを善きイスラエルの民と呼び、愛すべき小さな天使とも呼ぶ。もしわたしがかれらの中にいたならば、そのような屈辱に耐えることはないだろう。それは彼らがわたしを自分の命以上に愛したからであり、万物の中で最も美しい彼らを、わたしが愛したからである。それは、彼らはわたしによって造られ、わたしに属しており、わたしを忘れたことがないからだ。彼らの愛はあなたがたの愛に優っており、あなたがたが自分の命を愛する以上に、彼らは偉大な献身をもってわたしを愛している。小さな白い鳩が空に服従するように彼らはわたしに服従し、しかもその献身の思いはあなたがたのそれ以上である。それは彼らがヤコブの子孫であり、アダムから出た者であり、わたしの選んだ者に属しているからであり、わたしは遥か昔に彼らを愛し、あなたがたを愛した以上に愛したからである。そしてあなたがたはあまりに反抗的だからであり、あなたがたの抵抗はあまりに強く、わたしをあまりに見下し、わたしに対してあまりに冷たく、わたしに対する愛はあまりに少なく、あまりにわたしを憎んだからである。あなたがたはわたしの働きと行いをひどく軽蔑した。彼らのように、あなたがたがわたしの行いを宝と感じたことは一度もない。むしろあなたがたは、あたかもサタンのように、わたしの行いを充血した不安げな視線とともに軽蔑する。あなたがたの服従の心はどこにあるのか。あなたがたの人格はどこにあるのか。あなたがたの愛はどこにあるのか。あなたがたはいつ自分の愛の要素を示したか。あなたがたはいつわたしの働きを真剣に受け止めたか。わたしを心待ちにし、わたしを待ちわびる間に多くの苦しみを受けた愛らしい天使達を哀れみなさい。わたしは彼らを心から愛したからだ。だが、わたしが今日見るものは、人間らしくない世界で、そのような天使たちとは無関係である。あなたがたの良心はとっくに無感覚になり、無感情になったとは思わないか。あなたがたは自分がわたしと愛らしい天使の再会を阻む屑だとは思わないか。彼らがわたしの再臨を待っていない時があっただろうか。彼らが再びわたしと一緒になることを待っていない時があっただろうか。わたしと美しい日々を過ごし、共に食事をすることを彼らが待ちわびない時があっただろうか。あなたがたが今日何を行っているのか自覚したことがあるだろうか。世界中で暴れ回り、互いに陰謀を企て、騙し合い、こっそりと、恥じ入ることもなく不誠実に振舞い、真理も知らず、ひねくれて、人を欺き、お世辞を言い、自分は常に正しく他人よりも優れていると思い、自惚れ、山の野生動物のようにどう猛な振る舞いをし、獣の王のように荒っぽい。――これが人間の姿だと言えるのか。あなたがたは無礼で理不尽だ。あなたがたはわたしの言葉を宝としたことはなく、軽蔑的な態度をとった。このようなことで、何かを達成することや、真の人生と美しい希望はどこからくるのか。あなたの過剰な想像力が、本当にあなたを虎の口から救うのか。本当にあなたを燃える炎から救うのか。わたしの働きを真に価値ある宝と見なしていたら、あなたはここまで堕落していただろうか。あなたの運命はほんとうに変えられないということだろうか。そのような後悔を抱いたまま死にたいと思うのか。

前へ: 人類の経営の目的

次へ: 人に固有の身分と人の価値とはいったい何なのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

神の働き、神の性質、そして神自身 3

これまで数回の交わりは、あなたがた一人ひとりに大きな影響を与えてきました。いま、人々は神の真の存在と、実際には神が人と極めて近しいことを、ようやく実感できるようになったのです。人々は長年にわたり神を信じてきたかもしれませんが、神の思いと考えを現在ほど深く理解したことはなく、また神…

堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である

神が受肉したのは、その働きの対象がサタンの霊や肉体を持たない何かではなく、人間、つまり肉体をもち、サタンに堕落させられた存在だからである。人間の肉体が堕落しているからこそ、神は肉体をもつ人間を働きの対象とした。さらに、人間は堕落の対象であるため、神は救いの働きの全段階で、人間をそ…

唯一無二の神自身 6

神の聖さ(3)前回の交わりの主題は神の聖さでした。神の聖さは神自身のどの側面に関連しますか。神の本質に関連しますか。(はい。)それではわたしたちが話し合った神の本質のおもな側面とは何ですか。神の聖さですか。神の聖さは、神だけの独特な本質です。わたしたちが前回話し合ったおもな内容は…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索