人に固有の身分と人の価値とはいったい何なのか

あなたがたは泥から取り出され、何であれ、くだらない汚物から選ばれたものでできており、それは不潔で神に嫌われている。あなたがたはサタンに属しており、かつてはサタンに踏みにじられ汚された。だから、あなたがたは泥から取り出されたと言われるのである。また、あなたがたは聖くあるどころか、長い間サタンの策略の対象であった人間ではない物である。これがあなたがたについての最適な評価である。魚や海老のように好ましい捕獲物とは対照的に、あなたがたは自分がもともとよどんだ水や泥の中にある不純物であることを知らなければならない。喜びをもたらすようなものは一切あなたがたから出ないからである。単刀直入に言えば、あなたがたは低層社会における最も低劣な獣であり、豚や犬にも劣っている。率直に言えば、このようにあなたがたを呼ぶのは言い過ぎでも誇張でもなく、それは問題を単純に表現する。このように呼ぶのは、あなたがたに敬意を表する方法であるとさえ言うことができる。あなたがたの人としての見識、話し方、振る舞い、生活におけるあらゆる側面――泥の中におけるあなたがたの地位も含め――は、あなたがたの身分が「並外れている」ことを証明するのに十分である。

前へ: 人の本質と地位

次へ: 学習せず、無知なままでいる者たち。彼らは獣ではなかろうか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(7)

人間は、自らに欠落しているものが霊的いのちの供与と神を知る経験だけでなく、それ以上に重要な事として、自らの性質の変化であることを現在になってようやく認識した。人類の歴史や古代の文化について完全に無知であるために、人間は神の働きについても認識がない。人間は皆、心の奥深くで神を慕いう…

呼び名と身分について

神に用いられるに相応しい者となりたいのであれば、神の働きを理解しなければならない。神が過去に行なった(新約聖書と旧約聖書に記されている)働きを知り、さらに、神の今日の働きを知らなければならない。つまり、六千年に渡る神の三段階の働きを知らなくてはならない。もしあなたが福音を広めるよ…

第十八章

稲光の中、すべての動物は真の姿を明らかにする。そして、わたしの光に照らされて、人間もまた、かつての聖さを取り戻した。ああ、過去の堕落した世界よ。それはついに汚い水の中へと崩れ去り、水面の下に沈み、溶けて泥となった。ああ、わたしの創った全人類が、ついに再び光の中でよみがえり、存在の…

聖書について(4)

聖書を理解して解釈できることは、真の道を見つけるのと同じことだと多くの人が信じている。しかし、物事は本当にそれほど単純だろうか。聖書の実情を知る人はいない。つまり、聖書は神の働きに関する歴史的記録に過ぎず、神による以前の二段階の働きについての証しであること、また聖書は神の働きの目…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索