人に固有の身分と人の価値とはいったい何なのか

あなたがたは泥から取り出され、何であれ、くだらない汚物から選ばれたものでできており、それは不潔で神に嫌われている。あなたがたはサタンに属しており、かつてはサタンに踏みにじられ汚された。だから、あなたがたは泥から取り出されたと言われるのである。また、あなたがたは聖くあるどころか、長い間サタンの策略の対象であった人間ではない物である。これがあなたがたについての最適な評価である。魚や海老のように好ましい捕獲物とは対照的に、あなたがたは自分がもともとよどんだ水や泥の中にある不純物であることを知らなければならない。喜びをもたらすようなものは一切あなたがたから出ないからである。単刀直入に言えば、あなたがたは低層社会における最も低劣な獣であり、豚や犬にも劣っている。率直に言えば、このようにあなたがたを呼ぶのは言い過ぎでも誇張でもなく、それは問題を単純に表現する。このように呼ぶのは、あなたがたに敬意を表する方法であるとさえ言うことができる。あなたがたの人としての見識、話し方、振る舞い、生活におけるあらゆる側面――泥の中におけるあなたがたの地位も含め――は、あなたがたの身分が「並外れている」ことを証明するのに十分である。

前へ: 人の本質と身分

次へ: 学習せず、無知なままでいる者たち。彼らは獣ではなかろうか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

道……(1)

生涯において自分がどのような挫折を経験するのか、どのような精錬を受けるのかを知る者はいない。挫折や精錬が職業上のことである者もいれば、それらが将来の見通しに関連している者、生まれた家に関連している者、結婚に関連している者もいる。しかし、そうした者とわたしたちとの違いは、わたしたち…

あなたは信仰について何を知っているか

人には信仰という不確かな言葉しかないが、人は信仰を構成しているものを知らないし、ましてやなぜ信仰を持っているのかもわからない。人はあまりに理解しておらず、欠けているものが多すぎる。わたしへの信仰も思慮がなく無知である。信仰とは何か、なぜわたしを信仰しているのか、人はわかっていない…

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

第十六章

人間に言いたいことは、実に数多くある。わたしが人間に言わなければならないことが実に多いのだ。しかし、人間の受け入れる力はあまりに限られている。わたしが語る言葉をそのまま完全に把握することができないのだ。そして、一面だけを理解し、他は知らずにいる。だが、人間が無力だからといって、死…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索