全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

学習せず知識なき者は野獣か

今日の生き方を追求するのに最も適切な方法は何か。追求において自らをどのような者とみなすべきか。あなたは自らに今降りかかってくるあらゆることに対応する術を知っておかねばならない。それが試練であれ、苦しみであれ、無慈悲な刑罰であれ、呪いであれ、これらの全てを慎重に考えねばならない。なぜわたしはこのようなことを言うのか。それは結局のところ、今あなたに降りかかっているのは、次から次に降りかかってくる小さな試練だからだ。おそらくあなたにとって今この試練は大きなストレスではないのだろう。だから自らの進歩を追求するための貴重な富として試練を考えて対応せず、物事をなすがまま流れに任せているのだ。あなたは迂闊すぎる。実際にはあなたは目の前を漂い流れゆく雲であるかのように、この貴重な富を捉えている。しかも、大打撃が次々に小さな出来事として起こるので、あなたにはそれほど辛く思えず、このような出来事を重要視していない。あなたは小さな出来事を冷静に傍観するだけで、真剣に受け止めていない。時折このような出来事が壁にぶつかって行き詰まるのをみているだけだ。あなたは傲慢すぎる。あなたは次から次に起こる激しく荒々しい攻撃に対して尊大な態度を取っているだけであり、時には冷静に微笑んで無関心な様子を露呈することさえある。これはあなたがなぜ自分がこのような「不運」に何度も苦しむのかについて考えたことがないからである。もしかするとわたしは人々にあまりに不公平だろうか。わたしはあなたのあら探しをしているだけだろうか。あなたの考えはわたしが説明したほど真剣ではないが、その冷静な態度はあなたの心の内面世界を鮮明に描き出している。言うまでもなく、あなたの心の奥深くに隠されているのは、無分別な悪口雑言と終わりなきかすかな悲しみ以外の何物でもない。これは他人にはほとんどわからないものである。これはあなたがこのような試練に苦しんでおり、それをとても不当だと感じているからだ。だからこそ、あなたはこのような方法で悪口雑言を浴びせているのだ。これはこれらの試練が原因で、あなたが世界は荒廃していると感じているからだ。だからこそ、あなたは憂鬱でたまらない。あなたは次から次へと降りかかる打撃や懲らしめを最高の保護として捉えておらず、天からの不当な挑発や自分に対する妥当な天罰であるとみなしている。あなたはとても無知である。あなたは容赦なく最高の時を暗闇に閉じ込め、素晴らしい試練と懲らしめを敵からの攻撃であるとみなすことが度々あるのだ。あなたはこのような環境に適応できないだけではなく、更に言えば、適応するつもりさえないのだ。これはあなたが次から次に起こる刑罰を無慈悲だとみなして、刑罰から何も得る気がないためである。あなたは求めもせず探求もしない。天の意思に身を任せている。あなたはその結果として、そこがどこであれ、今の場所にいるのだ。あなたが無慈悲とみなす懲らしめによって、あなたの心は全く変わらなかった。そのような懲らしめがあなたの心を占めたこともない。その代り、あなたの心が傷ついただけである。あなたはこの人生においてこの「無慈悲な刑罰」を敵視しただけで、何も得ていない。あなたは独り善がりすぎる。自分があまりに卑しいからこのような試練を課されているのだとあなたが考えることはまずない。むしろ、あなたは自分がとても不運だと考えている。更に、あなたはわたしがいつもあなたのあら探しをしていると言う。今までずっと、あなたはわたしの言葉や行動を実際にどのくらい理解してきたのか。自分を生まれながらの天才であり、自分は地上にそびえ立つ存在で、天に届くには高さが少々足りないだけだなどと考えないことだ。あなたは地上の他の人々より賢くはない。あなたは自分を過大評価しており、地上の他の分別ある人間より小生意気なほど愚かだと言えるだろう。未だかつてあなたが劣等感を持ったことなどないのだ。まるであなたが水晶のようにはっきりとわたしの全ての行動を見通しているかのようである。だが実際にはあなたは分別ある人にはほど遠い。これはわたしが何をしようとしているのかがあなたには全くわかっておらず、わたしが今していることについては更にわかっていないためである。だからこそわたしは言う。人生というものを自覚していないが、天からの恵みに農業を頼っている老練な農夫と比較することはできないのだと。あなたは自分自身の人生についてとても投げやりである。自分自身の評価がわかっていない。自己認識は更に乏しい。あなたは「横柄なお偉方」でありすぎる。わたしが本当に懸念しているのは、あなたのようなプレイボーイ達や優雅な淑女達が更に強くて荒々しい風や波の攻撃に耐えられるのかということだ。プレイボーイ達は今自分達が置かれているこのような環境について全く気にしていない。くだらないことに思えて、このようなことに関心がないのだ。彼らに否定的な発想はなく、自分達を卑しい存在であるとみなしていない。その代り、今でも涼みながら「並木道」をのんびり散歩したり歩き回ったりしている。学ばず何もわかっていないこれらの「大物たち」には、なぜわたしがこのようなことを彼らに言うのか見当もつかない。けんか腰の彼らは自分自身のことが少しわかっているだけなのだ。その後、彼らの悪の道に変化はない。彼らはわたしのもとを去った後も、世界の至る所に存在し、威張り散らして騙し続けるのだ。あなたの顔の表情はあまりに目まぐるしく変わる。そうやってあなたは今もわたしを欺いている。あなたは厚かましすぎる。そして優雅な若い淑女達は本当に滑稽だ。彼女達はわたしの切迫した発言を聞き、自分達がいる環境に気づいて、涙を流さざるを得ない。まるで魔法をかけようとしているかのように、自分の体をクネクネひねるのだ。これはあまりにおぞましい。彼女は自分の霊的背丈を見てベッドに横たわり、そのままベッドにいる。泣き止まずに。まるでほとんど窒息寸前であるかのようだ。このような言葉から自分自身の未熟さと卑しさに気づいた彼女は、その後、否定的な発想でいっぱいになる。うつろに見つめるその瞳には光がない。彼女は不満を言わない。わたしを憎んではいない――ただ動くことさえしないほど後ろ向きの発想なのだ。彼女もまた学ばず何も知らない。わたしのもとを去った後、彼女はまたジョークを言ったりふざけたりするようになる。その銀色のベルのような笑いは、まさしく「シルバー・ベルのお姫様」なのだ。双方ともあまりに脆く、自己憐憫がなさすぎる。人類のなかでも傷物といわれる人々よ、あなたがたは皆、あまりに人間性が欠けている。あなたがたは自己愛や自己保護というものを知らない。理性というものを理解していない。真の道を求めることをせず、真の光を愛することもしない。特に自分自身を大切にする方法を知らない。何度も心の片隅にわたしの教えの言葉を押しやり、遊びの時間に楽しむためにわたしの言葉を使うことさえしてきた。わたしの言葉をいつも自分自身のお守りとして使ってきた。悪魔に批判されたら、ちょっと祈るだけだ。後ろ向きの気持ちの時は眠り、幸せな気持ちの時には狂ったように走り回る。わたしに叱責されると頷いてお辞儀をするが、わたしのもとを去る時には残忍に笑う。人々の中ではあなたはいつも最高で、あなたが自分のことを最もうぬぼれが強い人間だと思ったことなど一度もない。あなたはいつも横柄なお偉方で、自己満足に浸っており、ひどく傲慢である。果たしてどのようにしたら、学ばず何も知らないこのような「若者」、「若い淑女」、「紳士」又は「淑女」がわたしの言葉を大切な宝物のように扱うことができるのだろうか。更にあなたに問う。今までずっとわたしの言葉とわたしの働きからあなたは何を本当に学んできたのかと。あなたのごまかしの方がもっと賢いのか。あなたの肉の方がもっと高尚なのか。あなたのわたしに対する態度の方がもっと尊大なのか。あなたに率直に言おう。昔あなたの勇気はネズミ程度の勇気だったが、わたしがこれほど大きな仕事をしたおかげで、今あなたの勇敢は実際にもっと偉大なものになったのだ。あなたのわたしに対する畏怖は日に日に弱くなっていく。なぜならわたしが慈悲深すぎるからだ。わたしは今まで暴力的な方法を使ってあなたの肉を罰したことがない。わたしは口できついことを言っているだけだと、おそらくあなたは思っているだろう。しかし、ほとんどの場合、わたしは微笑みながらあなたと対面しており、今まで面と向かってあなたを批判したことはほとんどない。これは特にわたしがいつもあなたの弱点に配慮しているからなのだ。それゆえ、あなたはまるで蛇が優しい農夫に対応するかのように、わたしに対応してきた。他人を慎重に品定めするという人類のスキルに、わたしは本当に感服している。本当に素晴らしい、最高である。あなたに真実を伝えよう。今日あなたが畏敬の念を持っているかどうかは、重要ではないのだ。わたしは神経質になっていないし、心配してもいない。しかし、あなたにこれも伝えよう。学ばず何も知らないあなたという「天才」は、最後には己の自画自賛というちっぽけな浅知恵で滅びるのだ。苦しむのはあなたである。そして罰されるのはあなたである。わたしは今後もあなたの道連れになって地獄に行き、苦しみ続けるほど愚かではない。なぜならあなたとわたしは同類ではないからだ。忘れるな。あなたはわたしに呪われた創造物であることを。そしてわたしから教わり、わたしに救われた創造物であることを。あなたの中にわたしが渇望する物はない。わたしがいつ働こうとも、わたしが人々や出来事、物事に操られることはない。人類に対するわたしの態度や見方はいつも同じで変化したことがなかったと言えるだろう。あなたに対して特にえこひいきはしない。なぜならあなたはわたしの経営の付属物だからだ。あなたは決して他の物よりも強くはない。あなたにアドバイスしよう。自分が創造物でしかないことをいつも覚えておけと。あなたはわたしと共に生きているが、自分の身分を知って自分自身をあまり高く評価しないことだ。たとえわたしがあなたを批判しなくても、あなたを取り扱わなくても、わたしが微笑みながらあなたに接していても、それであなたとわたしが同類だと証明されたわけではない。あなたは真理を求めているのであって、あなた自身は真理ではないと心得ておくべきである。あなたはわたしの言葉に従っていつ何時でも変わらねばならない――これから逃れることはできない。わたしはあなたにアドバイスしよう。素晴らしい時を過ごしている真っ最中に、この類まれな機会があるうちに、何かを学べと。そしてわたしを騙そうとするなと。わたしを欺くのにお世辞を言う必要はない。あなたがわたしを求めるのは、わたしのためではない――あなたのためである。

前へ:人が本来持つ身分と価値とは何か

次へ:中国の選ばれた人々はイスラエル部族の象徴ではない

他のお気に入り