真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

四十三番目の言葉

おそらく、人々がわたしの言葉に大きな「関心」を持ったのはわたしの行政令のためである。わたしの行政令によって統治されていなければ、人々はちょうど起こされた虎のように吠えているだろう。日々わたしは雲の上をさまよい、わたしの行政令をとおしてわたしの拘束を受けながら動き回り地球を覆う人々を見る。このようにして人類は秩序ある状態に保たれ、わたしの行政令は永遠となる。これ以降、地上の人々はわたしの行政令のためにあらゆる刑罰を受け、こうした刑罰が人々に下ると、人々はみな大きな叫びを上げ、あらゆる方向に逃げる。この瞬間において、地球の国々はたちどころに滅び、諸国間の境界は消滅し、もはや一つの場所は別の場所から分割されず、人と人を引き離す何物もない。わたしは人のただ中で「思想的な働き」を始め、それゆえ人々は平和に共存し、もはや戦わず、わたしが人々のただ中で橋を築き、つながりを確立するにつれ、人々はひとつになる。わたしの働きの表出は天空に満ち、わたしの力の下で地上のあらゆるものはひれ伏し、「世界統一」のわたしの計画を実行し、わたしのひとつの願いを実現する。それゆえ人々は地の表を「さまよう」ことはなくなり、すぐに適切な終着点を見つける。あらゆる方法でわたしは人を熟慮し、全人類がすぐに平和と幸福の地に住むようになり、人々の生活の日々はもはや悲しくも惨めでもなく、わたしの計画が地上で無になることはないようにする。人がそこに存在するので、わたしは地上にわたしの国を建てる。わたしの栄光の表出の一部は地上にあるためである。天上では、わたしの都市を良い状態に戻し、それゆえ地上と天上ですべてを新しくする。地上と天上に存在するものをすべてひとつにするので、地上のすべてのものは天上のすべてのものとひとつになるだろう。これはわたしの計画であり、わたしが最後の時代に達成するものである。誰もわたしの働きのこの部分に干渉させはしないでおこう。わたしの働きを異邦人の諸国に拡大することは、わたしの地上の働きの最後の部分である。わたしが行う働きを理解することは誰にもできず、それゆえ人々は完全に混乱する。わたしは地上での働きに忙しく取り組んでいるので、人々はこの機会に「遊び回る」。人々が手に負えなくならないように、わたしは当初人々をわたしの刑罰の下におき、火の湖の鍛錬に耐えるようにした。これはわたしの働きの一過程であり、火の湖の力を使ってわたしの働きを達成する。さもなければわたしの働きは実行できないだろう。宇宙のいたるところの人々をわたしの玉座の前に服従させ、わたしの裁きに従って人々を様々な範疇に分別し、これらの範疇に沿って人々を分類し、さらに人々を家族に整理し、それゆえ人類全体がわたしにそむかなくなり、代わりに、わたしが名づけた分類に沿ってきれいで整然とした配列に収まる。何者も恣意的に動かせはしない。宇宙の上と下でわたしは新しい働きを行った。宇宙の上と下で、全人類がわたしの突然の出現に呆然とし、驚きで口がきけなくなり、わたしの公の突然の出現により人々の地平はかつてないほどに爆発した。今日はまさにこのようなものではないか。

わたしは第一歩を踏み出し、諸国と諸国民のもとでのわたしの働きの最初の部分を始めた。わたしは計画を中断して始めなおすようなことはしない。天上でのわたしの働きの手順に従って、異邦人の諸国での働きの順序が確立された。人がみな目を上げわたしの仕草や行動を見つめるのは、わたしが世界に霧をかけるときである。たちどころに人々の目は曇り、砂漠の荒地にいる羊のように方向がわからなくなる。大風がうなり出すと、人々の叫び声は唸る風にかき消される。風の波のただ中にあり、人の姿はかすかに見えるものの、人の声は聞こえない。人々が声をかぎりに叫んでも、その努力はむだである。このとき、人々は大声で泣き叫び、救い主が突然空から下り、無限の砂漠から人々を導き出してくれることを望む。しかし、人々の信仰がどれほど大きくても、救い主は不動であり、人の希望は打ち砕かれる。灯した信仰の火は砂漠からの疾風に吹き消され、人は不毛で無人の場所にあお向けに横たわり、燃える松明をもはや掲げることもなく、意識なく昏睡に至る…機に乗じて、わたしは人の目前にオアシスを出現させる。しかし、人の心は大いに喜ぶものの、人の体は応答するにはあまりにも虚弱で四肢はすみずみまで弱々しい。美しい果物がオアシスで成長しているのを見ても、人には摘む力がない。人の「内なる資源」はすっかり消費されて、何も残っていないからである。わたしは人が必要とするものを取り人に提供するが、人がするのははかない笑顔を浮かべることだけで、顔にはまったく活気がない。人の活力は跡形もなく消え去り、移動する空気の上で消滅する。このため、人の顔にはまったく表情がなく、血走った目からは、子供を見守る母親のような優しい慈悲と共に、一条の愛が放たれるのみである。人の乾燥したひびの入った唇は時々震えるように動き、話そうとするかのようであるが、そうするに強さはない。わたしが水を与えても人は頭を振るのみである。こうした不規則で気まぐれな行動から、人がすでに自身への希望をすべて失い、何かを訴えるかのような嘆願の目つきでわたしを見つめるのみであることを知る。しかし、人の慣習や習俗を知らず、わたしは人の表情や行動に惑わされる。人の存在の時代が急速に終末に近づいていることを突然発見するのはこの瞬間に至ってのことである。そして、わたしは同情的な視線を人に向ける。そして、人があたかもあらゆる願いを清算したかのようにわたしに向かって頷きながら、喜びの笑みを浮かべるのは、この瞬間に至ってのことである。人はもはや悲しまない。地上で、人々はもう人生の空しさを訴えず、「人生」とのあらゆるやり取りを断念する。それ以降、地上にはもうため息はなくなり、人が生きる日々は喜びで満たされる…

わたし自身の働きに取り掛かるに先立ち、人の問題を適切に処分する。人がわたしの働きを妨害し続けないようにである。人の問題はわたしの主要課題ではなく、人の問題はあまりにも取るに足りない。人の度量はあまりに狭く、人は蟻にすら慈悲を見せたがらないように見え、あるいは蟻が人の敵であるようにも見えるが、人の間では常に騒ぎが起きている。人が起こす騒ぎに耳を傾けつつ、わたしは再び人から離れ、人の話にもはや注意を払わない。人の目には、わたしは「住民」の間の「家庭紛争」の解決を専門とする「住民委員会」である。人々がわたしの前に来ると、いつも個人的な理由を持ち込み、横柄なくらい熱心に自らの「異常な経験」を事細かに語り、話が進むにつれ自らの注釈を付け加える。わたしは人の異常なふるまいを熟視する。人々の顔はほこりで覆われている。汗の「灌漑」により、汗との化合物をただちに形成するので、ほこりはその「独立性」を失い、足跡が散見される海岸の砂のように人の顔はさらに「豊かに」なる。人々の髪は死者の幻影の髪に似て、光沢がなく、球体に刺さった藁くずのようにまっすぐに立っている。人の気性はあまりにも激しく、興奮は激怒に至るほどで、その顔は散発的に「蒸気」を放ち、それは汗の「渦巻」のようである。人を綿密に調べると、燃えさかる太陽のような「炎」で人の顔が覆われていることがわかる。顔から熱いガスの雲が立ち昇っているのはそのためである。人自らは気にしていないようだが、人の怒りが顔を焼き尽くすのではないかと心配になる。この時に当たり、少し怒りを和らげるよう人に促す。こうして何の役に立つのだろうか。なぜこのようになるのか。怒っているため、この「球体」の表面の藁の茎は、太陽の炎によって実質燃え尽きている。このような状況では、「月」も赤くなる。怒りを和らげるようわたしは人に促す。人の健康を守ることは重要である。しかし、人はわたしの忠告を聞かず、わたしに「不平不満を申し立て」続ける。それでどうするのか。確かに、わたしの恩恵は人の喜びにとって不十分ということではないはずである。それとも、わたしが与える恩恵を人は拒否するというのか。腹立ちまぎれに、わたしは机をひっくり返し、そのため、人は自分の話の中から興奮する逸話を語らなくなる。わたしが人を「収容センター」に連れていき、そこで数日待たされるのではないかと恐れるからである。わたしの癇癪がもたらした機会を利用してそっと立ち去ろうとする。さもなければ、人は決して休もうとせず、長口上を早口で続けるだろう。わたしはそのすべての音にうんざりしている。人が心底でああまで複雑なのはなぜか。わたしがあまりにも多くの「部品」を人の構造に組み入れたということなのか。いつもわたしの前で人が芝居を打つのはなぜか。まさか、わたしが「民事紛争」の解決のための「コンサルタント」というわけではないのだが。わたしの元に来るようにとわたしが人に頼んだのか。まさか、わたしが郡の行政官ではないのだが。人の問題がいつもわたしに報告されるのはなぜなのか。人が自らことを自分で管理しようと決め、わたしの邪魔をしないことがわたしの望みである。わたしにはなすべき多くの働きがあるからである。

1992年5月18日

前へ:四十二番目の言葉

次へ:四十五番目の言葉

他のお気に入り