道……(3)

自身の生活において、わたしは常に自分の身も心も喜んで神に捧げる。そうすることでのみ、わたしは良心の呵責を感じず、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を残らず神に捧げなければならない。これが必須条件である。わたしは、兄弟姉妹がわたしと共に、神にこう祈ることを望む。「神よ、わたしの心が残らずあなたに向かい、わたしの霊があなたに動かされ、わたしが心と霊においてあなたの愛しさを見、地にある者があなたの麗しさを見るという祝福を受けられるよう、天にあられるあなたの御霊が、地にある人々に恵みを授けてくださいますように。神よ、わたしたちの愛が永遠に続いて不変であるよう、あなたの御霊が再びわたしたちの霊を動かしてくださいますように」神はわたしたち全員の中において、最初にわたしたちの心を試す。そして、わたしたちがひとたび自らの心を神に注ぐと、神はわたしたちの霊を動かし始める。神の愛しさ、至高、偉大さを目にできるのは、自身の霊の中においてのみである。これが人々の中における聖霊の道である。あなたにはこのような生活があるか。あなたは聖霊の生活を経験したことがあるか。あなたの霊は神に動かされたことがあるか。聖霊が人々の中でいかに働くかを見たことはあるか。あなたは自らの心を残らず神に捧げてきたか。心を残らず神に捧げると、聖霊の生活を直接経験することができ、神の働きが絶えずあなたに明かされる。この時、あなたは聖霊に用いられる者となる。あなたはそのような者になることを望むか。わたしが聖霊に動かされて自分の心を初めて神に捧げた時、神の前に崩れ落ち、こう叫んだことを憶えている。「神よ、あなたはわたしの目を開き、あなたの救いを認識できるようにしてくださいました。わたしは自身の心を残らずあなたに捧げることを望み、あなたの御旨が行われることだけを求め、わたしの心があなたの御前で認められることだけを願い、あなたの御旨に従うことだけを求めます」わたしはこの祈りを決して忘れないだろう。深く感激し、神の前で号泣したのだ。それは、救われた者としてわたしが神の前で最初に成功させた祈りであり、またわたしが心に抱いた最初の念願だった。その後、わたしは聖霊によって頻繁に動かされた。あなたはこうした経験をしたことがあるか。聖霊はあなたの中でどのように働いたのか。神を愛することを求める者はみな、程度の差こそあれ、こうした経験があるとわたしは思うが、単に彼らがそれを忘れてしまうのだ。このような経験をしたことがないと誰かが言った場合、その人がいまだ救われず、サタンの領域に留まっていることを示す。わたしたち全員に共通する聖霊の働きは聖霊の道であり、神を信じて求める者たちの道でもある。聖霊が人において行う働きの第一歩は、彼らの霊を動かすことである。その後、人は神を愛し始めていのちを追い求め、この道を歩む者はみな聖霊の流れの中に存在する。これは中国本土のみならず、全宇宙における神の働きの動態である。神はあらゆる人においてこのように働きを行う。これまで動かされたことがない場合、それはその人が復興の流れの外部にいることを証明する。わたしは心の中で絶え間なく神に祈り、ありとあらゆる人が神によって動かされ、この道を歩むよう、神がすべての人を動かすことを願う。おそらく、これはわたしから神への取るに足らない願いかもしれないが、神はそれを行うとわたしは信じる。わたしの兄弟姉妹全員がこのために祈りを捧げ、神の旨が行われ、神の働きが間もなく完了して天なる神の霊が安らげるように祈ることを、わたしは望む。これはわたし自身のささやかな望みである。

神は悪魔の砦のひとつで働きを始めることができるのだから、宇宙の至るところに無数にあるその他の砦でも働きを行えるに違いないと、わたしは信じる。わたしたち最後の時代の人間は、「最後まで付き従う者が救われる」と言われるように、必ずや神の栄光の日を目の当たりにする。神の働きのこの段階において神に取って代われる者はいない。その働きを行えるのは神だけである。なぜなら、働きのこの段階は、征服の段階の働きという並外れたものであり、人間が他の人間を征服することは不可能だからである。神が自らの口で語り、自らの手で業をなさなければ、人は征服されない。全宇宙の中で、神は赤い大きな竜の国を試験の場として用い、その後は宇宙の至るところでこの働きに乗り出す。このようにして、神は宇宙全体で一層大いなる働きを行い、宇宙のすべての人が神の征服の働きを受ける。あらゆる宗教、あらゆる教派の人々が、この段階の働きを受けねばならない。これは通らねばならぬ道であり、誰も避けられない。あなたは神から託されたものを進んで受け入れるか。聖霊による委託を受け入れるのは栄えあることだと、わたしは常に感じてきた。わたしの見るところ、それは神から人類に与えられる最大の委託である。神が宇宙の至るところで、そして上の領域において栄光を得て、わたしたちの人生が無駄にならないよう、わたしの兄弟姉妹がわたしと共に懸命に努力し、神からのこの委託を受け入れることを願う。わたしたちは神のために何かしらの行動を取るか、あるいは誓いを立てるべきである。神を信じていても何らかの目標を追い求めていなければ、人生は無意味である。そして死ぬ時が来ると、見えるのは青空と埃っぽい地だけである。それは有意義な人生だろうか。神の要求を生きているうちに満たせるのであれば、それは素晴らしいことではないか。あなたが常に自ら問題を招き、かくも意気消沈しているのはなぜか。そのように振る舞うことで、神から何かを得られたのか。また、神はあなたから何か得られるのか。神に対するわたしの誓いの中には、自分の心の約束だけがあり、言葉で神を騙そうとはしなかった。わたしは決してそのようなことをしない。天なる神の霊に安らぎをもたらせるよう、心から愛する神を慰めたいだけである。心は貴重かもしれないが、愛はそれ以上に貴い。わたしが持つ最も美しいものを神が享受し、またわたしが神に捧げる愛によって神が満足するように、わたしは自分の心の中で最も貴い愛を神に捧げようと思う。あなたは神に愛を捧げ、神に喜ばれることを望んでいるか。そうすることを自分自身の生存の資本にすることを望んでいるか。わたしは自分の経験の中で、神に捧げる愛が多ければ多いほど、生きていることに喜びを感じるのだと理解した。さらに、わたしの力に限度はなく、わたしは自分の心身のすべてを喜んで捧げ、神を愛しても愛しきれないと常に感じている。では、あなたの愛は取るに足らない愛か。それとも無限で計り知れない愛なのか。神を愛したいと真に願うなら、常に一層多くの愛で神に報いるだろう。その場合、いかなる人や物事が神に対するあなたの愛を阻めるだろうか。

神はあらゆる人の愛を大事にする。神を愛する者全員に対して、神の祝福は倍増する。なぜなら、人間の愛は極めて得がたく、極めて寡少であり、感じることがほぼ不可能だからである。宇宙全体において、神は自らの愛に応えるよう、人々に対して求めようとしてきたが、現在までのあらゆる時代を通じて、神の愛に真実の愛で応えた者はわずかであり、一握りに過ぎない。わたしが覚えている限りでは、ペテロもそのひとりだったが、ペテロはイエス本人に導かれており、自分の愛をすべて神に捧げたのは自身の死の時であり、その時点でペテロの人生は終わった。ゆえに、こうした忌まわしい条件の下、神は宇宙における働きの範囲を狭め、赤い大きな竜の国を実証の場として用いると共に、自身の活力と努力のすべてを一箇所に集中させた。自身の働きをより効果的にし、自身の証しにより大きな益をもたらすためである。これら二つの条件の下、神は宇宙全体における自身の働きを中国本土の人々、素質が最も低い人々へと移し、愛による征服の働きを開始した。そして、それらの人々がみな神を愛するようにさせた後、神は次の段階の働きを行う。これが神の計画である。こうすることで神の働きは最大の効果を得られる。神の働きの範囲には中核と限度の両方がある。わたしたちの日が来るよう、神がいかに大きな代価を支払ったか、わたしたちに対して働きを行う際にどれほど努力を費やしてきたかは明らかだ。これはわたしたちに与えられた祝福である。ゆえに、人の観念を混乱させるのは、わたしたちが好ましい場所に生まれたことを西洋人が羨望している一方で、わたしたちの誰もが自分を賤しくみすぼらしいと考えていることである。これは、神がわたしたちを引き上げているのではないのか。常に踏みつけられてきた赤い大きな竜の子孫が西洋人から仰ぎ見られている。これはまさにわたしたちに与えられた祝福である。このことを考えると、わたしは神の優しさ、尊さ、近しさに圧倒される。これは、神が行うすべてのことは人間の観念と相容れないことを示している。そのような人はみな呪われているにもかかわらず、神は律法による制限に縛られておらず、働きの中心を意図的にこの地域へと移した。わたしが喜びと限りない嬉しさを感じるのは、そのためである。イスラエルの民の祭司長と同様、この働きを主導する役を担う者として、わたしは霊の働きを直接行い、神の霊に直接仕えることができる。これがわたしの祝福である。誰があえてこのようなことを想像するだろうか。しかし現在、それがわたしたちに予期せずして起きた。それはまことに大いなる喜びであり、祝うにふさわしいことである。この糞土の中で生きるわたしたちが大いに神のために役立ち、そうして神の愛に報いることができるよう、神が引き続きわたしたちを祝福し、引き上げることをわたしは願う。

わたしが今歩む道は神の愛に報いる道だが、それは神の旨でも、わたしが歩むべき道でもないと常に感じている。神のために大いに役立つこと。これこそが神の旨であり、聖霊の道である。わたしは誤解しているかもしれないが、これこそがわたしの道だと思う。と言うのも、わたしは神による導きを願い、歩むべき道に急いで踏み出し、できるだけすぐに神の旨を満たすと、神に誓ったからである。他人がどう思おうと、神の旨に従うことが何より重要だとわたしは信じる。わたしの人生でこれより重要なことは何一つないし、この権利をわたしから奪える者はいない。これはわたし個人の考え方であり、それを理解できない者もいるだろうが、誰に対してもそれを正当化する必要があるとは思わない。わたしは進むべき道を進むつもりである。ひとたび進むべき道に気づいたら、その道を進み、引き下がるつもりはない。ゆえに、先に述べた通り、わたしは神の旨を行おうと決心したのである。兄弟姉妹はわたしを非難しないものと確信する。全体として、わたしの個人的見解では、他人は好きなように言うだろうが、神の旨に従うことが何より重要であり、それについてわたしを妨げるものは何一つないとわたしは感じる。神の旨に従うのは間違っているなど、決してあり得ないことである。それに、それは自分の利益を基に振る舞っているのではない。神はわたしの心の中を見通していると、わたしは信じる。では、あなたはこれをどう理解すべきか。神のために自分を捧げる覚悟はあるか。神に用いられる覚悟はあるか。神の旨に従うと誓うか。わたしの言葉が我が兄弟姉妹にとっていくらかでも支えになることを望む。わたしの識見に深遠なものなど何もないが、わたしたちが何の障壁もなく内奥の思いを共にし、神がいつまでもわたしたちの間にいるよう、わたしは自分の識見をあなたがたに伝える。これはわたしの心からの言葉である。さて、本日のわたしの心からの言葉は以上である。兄弟姉妹が引き続き懸命に努力し、神の霊が常にわたしたちを見守ってくれることを望む。

前へ: 道……(2)

次へ: 道……(4)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

祈りの実践について

あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあ…

聖書について(1)

神への信仰において、どう聖書に接するべきか。これは原則の問題である。なぜわたしたちはこの問いについて話し合っているのか。それは、将来あなたが福音を広め、神の国の時代の働きを広げるからであり、単に今日の神の働きについて話せるだけでは不十分なのである。神の働きを広げるには、人々の古い…

第十六章

人間に言いたいことは、実に数多くある。わたしが人間に言わなければならないことが実に多いのだ。しかし、人間の受け入れる力はあまりに限られている。わたしが語る言葉をそのまま完全に把握することができないのだ。そして、一面だけを理解し、他は知らずにいる。だが、人間が無力だからといって、死…

第三十八章

人類に本来備わっている特徴、すなわち、人類の真の姿を考えてみると、今日まで人類が存続できたことは本当に簡単ではなかった。そしてこのことを通して初めて神の偉大な力が明らかになった。人の肉の本質、およびこれまでの赤い大きな竜の腐敗に基づいて考えると、神の霊の導きがなければ、人が今日生…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索