道……(4)

人々が神の愛しさを見出し、現代において神を愛する道を探求できること、そして現在における神の国の訓練を喜んで受け入れていることは、いずれも神の恵みであり、それ以上に神が人間を高めているのである。このことを考えるたび、わたしは神の愛しさを強く感じる。神はわたしたちを心から愛している。そうでなければ、誰が神の愛しさを見出せるだろう。こうして初めて、この働きがどれも神自身により直接行なわれていること、および人々が神により導かれ、指揮されていることを理解できる。わたしはこれについて神に感謝し、兄弟姉妹もわたしと共に神を讃美してもらいたいと思う。「至高の神よ、あなたにすべての栄光がありますように。あなたの栄光が倍増し、選ばれてあなたのものとなったわたしたちのうちにその栄光が現われますように」。神はわたしを啓いた。わたしたちが遠い昔に予定されていたこと、および神が終わりの日にわたしたちを得て、それによって宇宙と万物がわたしたちを通して神の栄光のすべてを見られるようにしたいと望んでいたことを、神はわたしに示したのである。ゆえに、わたしたちは六千年にわたる神の経営(救いの)計画の結晶であり、宇宙全体における神の働きの見本であり標本である。神がどれほどわたしたちを愛しているか、そして神がわたしたちにおいて行なう働きや神が語ることは、過去の時代に比べて百万倍以上であることを、わたしはいま初めて認識した。イスラエルにおいて、あるいはペテロにおいてさえも、神はこれほど多くの働きを自ら行なったり、ここまで多くの言葉を語ったりはしなかった。そのことは、わたしたち、すなわちこの集団が極めて恵まれていること、過去の聖徒たちとは比較にならないほど恵まれていることを示している。最後の時代の人々は祝福されていると神が常に述べてきたのはこのためである。他人が何と言おうと、わたしたちは神に最も祝福されているとわたしは信じている。わたしたちは、神から授かった祝福を受け入れるべきである。神に不平を言う者もいるかもしれないが、これらの祝福が神に由来するものなら、そのことは、わたしたちがそれにふさわしいことを証明しているとわたしは信じる。他人がわたしたちに不平を言ったり、わたしたちに不満だったりしても、他の誰も神からわたしたちに与えられた祝福を受け継いだり、それをわたしたちから取り去ったりすることはできないと、わたしはいまなお信じている。神は他ならぬわたしたちにおいて働きを行い、差し向かいで語るのだから、自分の望み通りにしている。それに人々が納得していないのであれば、それは自ら問題を引き起こしているだけなのではないか。そうすることで、自分が軽蔑されるようにしているのではないか。わたしがそのようなことを言うのはなぜか。それは、わたしはそのことを深く理解しているからである。神がわたしにおいて行なう働きを例にとろう。その働きを引き受けられるのはわたししかいない。他の誰にできようか。わたしはこの使命を神から託されるほど幸運だったわけだが、他の誰がそれを思いつきでできようか。しかしわたしは、兄弟姉妹がわたしの心を理解してくれることを願う。わたしは自分の実績を自慢しているのではなく、一つの問題を説明しているのである。わたしたちの心が神の前で清められるよう、すべての栄光が神に帰すこと、そして神がわたしたち一人ひとりの心を見守ることをわたしは望む。自分が完全に神のものとされ、祭壇の上に捧げられる純粋な乙女となること、そしてそれ以上に、羊の従順さを備え、全人類の前に聖なる霊体として現われることを、わたしは心から願う。これはわたしの約束であり、わたしが神の前で示した誓いである。わたしはその約束を果たし、これを通して神の愛に報いることを望む。あなたも喜んでそうするだろうか。わたしのこの約束はより多くの若い兄弟姉妹に活力を与え、より多くの若者に希望を与えると信じる。わたしにとって、神は若者をとりわけ重要視しているように思える。わたしの偏見かもしれないが、若者には将来への見込みと希望があると常に感じる。神は若者に対してより多くの働きを行なうように思える。若者には洞察と知恵がなく、生まれたての子牛のように威勢がよくて軽薄かもしれないが、長所がまったくないわけではないと思う。若者には若さの純真さがあり、新しい物事をすぐに受け入れるのが見て取れる。若者は傲慢で激しがちであり、衝動的になる傾向が確かにあるものの、そうしたことは新たな光を受け取る若者の能力に影響しない。なぜなら、若者が時代遅れの古い物事にしがみつくことは滅多にないからである。わたしが若者に無限の将来性を見出し、また彼らの活力を見るのはこのためであり、そうしたわけで彼らに対して優しい気持ちになるのである。わたしは年長の兄弟姉妹を嫌ってはいないが、彼らに関心を抱いているわけでもない。そのことについては心から謝罪する。今述べたことは失礼で配慮に欠けた発言かもしれないが、あなたがた全員がわたしの無鉄砲さを許してくれることを望む。なぜなら、わたしは若すぎて自分の話し方に注意を払うことができないからである。しかし、本当のことを言うと、年長の兄弟姉妹もやはり役割を果たしており、まったく役に立たないということはない。なぜなら年長の兄弟姉妹は問題を扱う経験があり、着実に物事に対処し、あまり多くの間違いを犯さないからである。これらは年長の兄弟姉妹の強みではないだろうか。神の前で全員がこう言おう。「神よ、わたしたちがみなそれぞれの立場で自分の役割を果たし、あなたの御旨のために最善を尽くせますように」。それが神の旨に違いないとわたしは信じる。

わたしの経験から言うと、この流れに公然と反対する人、つまり神の霊に直接反対する人の多くは年長者である。これらの人たちは非常に強い宗教的観念をもっており、事あるごとに神の言葉と陳腐な物事を比較し、過去に受け入れられた事柄を神の言葉と一致させようとする。彼らは馬鹿げてはいないだろうか。そのような人たちが神から託された働きを行なえるだろうか。神は自分の働きにおいてそのような人たちを使えるだろうか。聖霊には日々働くにあたっての方法がある。人々が時代遅れの物事に固執するのであれば、彼らが歴史の舞台から押しのけられる日が来るだろう。神は自身の働きの各段階において、新しい人々を用いる。廃れた物事で他人に指導する人は、人々に破滅をもたらすのではないか。その人たちは神の働きを遅らせているのではないか。そうであれば、神の働きはいつ完了するのか。わたしが今述べたことについて、何らかの観念を抱く人がいるかもしれない。おそらく彼らは納得しないだろう。しかし心配しないでほしい。近い将来、このようなことが数多く生じ、それらは事実でしか説明できない。重要人物や一流の牧師、あるいは聖書の解説者を訪ねて、この流れを彼らに説こう。最初、彼らが公然と抵抗することはないに違いない。しかし、聖書を取り出してあなたに挑むだろう。彼らはあなたにイザヤ書とダニエル書を説明させ、さらに黙示録も説明させるだろう。あなたが説明できなければ、彼らはあなたを拒み、偽キリストと呼び、馬鹿げた道を広めていると言うだろう。一時間後、あなたは濡れ衣を着せられ呼吸もままならない。それは公然たる抵抗ではないだろうか。しかし、それはまだ始まりに過ぎない。彼らが神の働きの次なる段階を妨げることはできず、程なくして聖霊が彼らに受け入れることを強いるだろう。それは止めようのない流れであり、人間には行なうことも想像することもできない。神の働きは妨げられることなく宇宙全体に広まるとわたしは信じる。それが神の旨であり、止められる者はいない。神がわたしたちを啓き、わたしたちにより多くの新たな光を受け入れさせ、その点に関してわたしたちが神の経営を邪魔することのないように。わたしたちが神の栄光の日の到来を目の当たりにできるよう、神がわたしたちを憐れむように。神が全宇宙で栄光を受ける時はまた、わたしたちが神と共に栄光を得る時でもある。またその時は、共に歩んで来た人々とわたしが別れる時でもあると思われる。兄弟姉妹がわたしと共に大きな声で「神の大いなる働きがすぐに完了し、わたしたちが生きているうちに神の栄光の日を見られますように」と嘆願することをわたしは望む。わたしは生きている間に神の旨を成し遂げることをいまなお望み、また神がわたしたちにおいて働きを続けること、邪魔するものが何もないことを望んでいる。これがわたしの永遠の念願である。神がいつもわたしたちと共にあり、神の愛によってわたしたちのあいだに橋が架けられ、わたしたちの親交がより貴重なものとなるように。愛がわたしたちのあいだの理解を深め、愛がわたしたちをより一層親密にして一切の距離を取り除き、わたしたちのあいだの愛がますます深く、広く、甘美なものになることをわたしは願う。これこそが、わたしの神の旨に違いないとわたしは信じる。兄弟姉妹がわたしと一層近づき、わたしたちが共に過ごす束の間の日々を大切にし、それがわたしたちにとって美しい思い出となることを願う。

中国本土における神の働きにはさらに多くの段階があったかもしれないが、それらは複雑なものではない。そのことを考えると、神の働きの各段階には道理があり、それぞれが神によって直接実行され、誰もがこの働きの中で役割を演じてきた。「一幕一幕」が本当に笑えるものであり、これらの人たちがこうした劇を演じ、その演技が一つひとつの試練において極めて忠実であり、ありとあらゆる人が神の筆によって鮮明かつ完璧に描写され、各人が白日の下に多くを晒されようとは誰が想像しただろうか。しかしわたしは、神が自身の働きを通して人々をからかっていると言っているのではない。それは無意味なことだろう。神の働きには目的があり、神は意義や価値のないことは決して行なわない。神が行なうすべてのことは、人々を完全にし、彼らを得るために行なわれる。そのことから、神の心がひとえに人間の恩恵のためであることをわたしは真に理解している。わたしはそれを劇と呼んだかもしれないが、その劇は実生活からとられたものだとも言える。その劇の総合監督である神にとって、人々は神に協力してその働きを完了させるためにいる、というだけのことである。しかし別の意味では、神はこれを用いて人々を自分のものとし、彼らが神をさらに愛するようにさせる。それが神の旨ではないのか。ゆえに、わたしは誰も懸念を抱かないことを願う。あなたは神の旨をまったく知らないのか。わたしは多くのことを話したが、兄弟姉妹がそれを残らず理解し、わたしの心を誤解しなかったことを願う。あなたがた全員が神のものとされることに、わたしは疑いを抱いていない。人はそれぞれ異なる道を歩む。あなたがたの足許の道が神によって開かれた道であり、そしてあなたがたが神に祈って「神よ、わたしの霊があなたのもとに還れるよう、あなたがわたしを得てくださることを望みます」と言うように。あなたは自分の霊の奥底で神の導きを求める準備ができているのか。

前へ: 道……(3)

次へ: 道……(5)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第二十四章

わたしの刑罰はすべての人間に下るが、それはまた、すべての人間から遠いままである。すべての人の生活全体は、わたしへの愛と憎しみで満たされているが、誰一人、わたしを知らなかった。そこで、人間のわたしへの態度は熱くも、あるいは冷たくも吹き、普通の状態であることがない。しかし、わたしはい…

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

第十七章

わたしの声は雷のように轟き、四方すべてと地上全体を照らす。そして雷鳴と稲光の中、人類は打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光が来るのを見て恐れて我を失い、どうしていいかわからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、…

唯一無二の神自身 4

神の聖さ(1)前回の集会では神の権威について追加の話をしましたが、今は神の義については話しません。きょうは、神の聖さという全く新しい題目について話します。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この題目についてここで話す必要性が大いにあります。これから話す神の本質に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索