第二章

新たな取り組みに着手した後、わたしの働きは新しい段階に入る。神の国なので、わたしは直接神性によって物事を行い、極めて詳細に至るまで正確にあらゆる段階を導き、人間の意図によって汚されることは一切ない。実際の実践方法の概略は以下のとおりである。苦難と精錬を経た人々が「民」という称号を得たのであり、また、彼らはわたしの国の民なので、わたしは彼らを厳しい要求のもとに留めておかなければならないが、この要求はかつての世代にわたしが行ったやり方よりも厳しい。それは言葉に関する現実だけでなく、さらに重要なことに、実践に関する現実であり、これが最初に達成されなければならない。すべての言葉と行いにおいて、彼らは神の国の民に要求される基準を満たさなければならず、わたしの名前に傷がつくのを避けるため、違反者は誰でも直ちに排除されるだろう。しかし、はっきり見ることができず、理解することのできない無知な者たちは例外である。わたしの国の建設にあたっては、注意してわたしの言葉を飲み食いし、わたしの英知を理解し、わたしの働きを通して確信を強めなさい。わたしのものではない書物の言葉に心を向ける者は誰であれ、わたしにはまったく必要ではなく、わたしに反抗的な、いわば売春婦である。使徒として、家に長く留まりすぎてはならない。これができない者をわたしは切り捨て、もはや使いはしないだろう。無理強いはしない。使徒たちは家には長く留まらないから、彼らが教化されるのは長期間教会で過ごすことによるのだ。教会で集会が二度開かれる場合には、使徒は少なくとも一度は参加しなければならない。そこで、同労者たちの集会は定期的なものにしなければならない(同労者の集会に含まれるもの:すべての使徒の集会、すべての教会指導者の集会、明確な洞察力を持つ聖者のためのすべての集会)。少なくともあなたがたの何人かは各集会に出席しなければならず、使徒たちは教会を見守ることに注意を払うだけである。かつて聖者たちに向けられた要求はいっそう広範囲なものになった。わたしがわたしの名前を証しする前に過ちを犯した者たちに関しては、その者たちの献身ゆえに、一度試練に遭った後に、今後も用いるだろう。しかし、わたしの証しのあと、またしても過失を犯し、その後心を入れ替えた者たちに関して言えば、そのような者たちは教会内にただ留まるだけである。それでも、彼らは不謹慎であったりふしだらであったりしてはならず、むしろほかの人々よりも制約された生活をしなければならない。わたしが声を発した後もやり方を改めない人々に関しては、わたしの霊はただちに彼らから離れ、教会はわたしの審判を実行し、彼らを教会から去らせる権利を持つだろう。これは絶対的なものであり、考慮する余地などない。人が試練に失敗したなら、すなわち、離れてしまったなら、その人に対して誰も注意を払うべきではない。それは、わたしを試すことを避けるためであり、また、サタンが狂喜して教会に入り込むのを防ぐためである。これが、その人に対するわたしの審判である。離脱した者だけでなく、不正を行い、自分の感情に基づいて行動する人は誰であれ、わたしの民には数え入れられない。使徒たちのもう一つの役目は、福音を広めることに重点を置くことである。もちろん、聖人たちもこの働きを行うが、彼らは賢くそれを行い、面倒を引き起こさないようにしなければならない。上記は現在実践されているやり方である。また、人々の記憶に残るように、あなたがたは自分の説教をより深みのあるものにするよう注意しなければならない。そうすればすべての人がわたしの言葉の現実性において成長するからだ。あなたがたはわたしの言葉に注意深く従い、すべての人々がわたしの言葉を明確に、曖昧さを残さず理解できるようなにしなければならない。これは最も重要である。わたしの民の中で裏切りの考えを抱いている者たちは追放されなければならず、わたしの家に長く留まることを許してはならない。わたしの名前を侮辱させないようにするためである。

1992年2月21日

前へ: 第一章

次へ: 第三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

道……(4)

人々が神の愛しさを見出し、現代において神を愛する道を探求できること、そして現在における神の国の訓練を喜んで受け入れていることは、いずれも神の恵みであり、それ以上に神が人間を高めているのである。このことを考えるたび、わたしは神の愛しさを強く感じる。神はわたしたちを心から愛している。…

真心で神に従う者は確かに神のものとされる

聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過…

第二十六章

誰がわたしの家に住んだのか。誰がわたしのために立ち上がったのか。誰がわたしのために苦しんだのか。誰がわたしの前で誓ったのか。誰が今までわたしに従い、それでいて無関心にならなかったのか。なぜ人間はみな冷たく無情なのか。なぜ人間はわたしを捨てたのか。なぜ人間はわたしに飽いたのか。なぜ…

第二十八章

わたしがシオンから来た時、あらゆるものがわたしを待っていた。そして、わたしがシオンに戻る時、すべての人間に迎えられた。わたしが往来する時、けっして敵意あるものに歩みを妨げられることがない。したがって、わたしの働きは滞りなく進んだ。今日、わたしがすべての被造物の間に来ると、すべての…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索