第三章

今やわたしの民と呼ばれるあなたがたにとって、物事はかつてと同じではない。あなたがたはわたしの霊の語りかけに耳を傾け、従い、わたしの働きにしっかりと従うべきであり、わたしの霊と人の姿になったわたしを分けてはならない。わたしたちは本質的に一つであり、ふたつの別のものではないからである。霊と人の姿の神を別々のものとし、どちらかに心を注ぐ者は、誰であっても損害を受け、自分自身の苦い杯からしか飲むことはできない。言うべきことはそれだけである。霊と人の姿の神を不可分なものとして見ることができる人々だけが、わたしに対する認識を確実に得る。そのような認識を得て初めて、そのような人々の中にあるいのちに変化が生じる。わたしの働きの次の段階が順調に、そして妨害されることなく進むよう、言葉の精錬を通してわたしの家に住む全ての者たちをわたしは試す。それを、働きという手段を用いて行い、そうしてわたしに従う者たちを試す。このような状況の中で、当然彼らはみな望みを失うと言える。人々は自分を取り巻く空間がすべて変わってしまったかのように、すべての者が否定的となり消極的となってしまう。天と地を激しく非難する者たちがあれば、絶望の中にあっても歯を食いしばり、わたしの言葉による試練を受け入れる者たちもある。空を見上げて深くため息をつき、目に涙を浮かべ、あたかも生まれたばかりの赤子の早すぎる死に取り乱さんばかりの者たちもあれば、自分の生き方を恥じ入り、自分をすぐに取り去ってくれるよう祈る者たちもいる。また、まるで重病にかかっていて、まだ意識が戻らないかのように一日中ぼうっとしている者たちもいれば、文句を言った後に静かに去る者たちもあり、わたしを依然褒めたたえはするが、少し否定的な者たちもいる。すべてが明らかにされた今、わたしは過去のことをこれ以上話す必要はない。もっと重要なことは、あなたがたが、今日わたしの与える場所から最大限の忠誠を変わらず示すことができることである。そうすればあなたがたが行うすべてをわたしは認め、あなたがたの言うことすべてはわたしの啓きと照らしの成果となり、最終的にあなたがたはわたしの姿を生き、完全にわたしを現すのである。

わたしの言葉は時間や場所を問わずに発せられ、現され、あなたがたはいつでもわたしの前で自分自身を知るべきである。なぜなら、つまるところ今日という日は以前のどのようなものとも異なり、あなたはもはや望むことが何であれそれを達成するとこはできないからである。それどころかあなたはわたしの言葉による導きの下に、自分の体を制圧することができなければならず、わたしの言葉を柱としなければならず、無鉄砲に行動してはならない。教会にとって真の実践への道は全て、わたしの言葉に見出すことができる。わたしの言葉に従って行動しない人々は、わたしの霊に直接怒りを引き起こす。故にわたしは彼らを滅ぼす。物事が今日あるまでに至ったのだから、あなたがたは過去の行為や行動をひどく悲嘆したり後悔したりする必要はない。わたしの寛大さは海や空のように果てしない――人の能力と、人のわたしに対する認識の範囲は、わたし自身の手の甲ほどにはわたしにはなじみがないのだろうか。わたしの手中にない人間などいるだろうか。あなたはわたしがあなたの霊的背丈を知らないとでも思うのか。あなたはわたしがこのことを全く知らないと思い込んでいるのか。それはありえないことだ。こうして、すべての人々が絶望の底にいる時、新たなスタートを待ちわびている時、何が起きているのかとわたしに聞きたい時、一部の人が放蕩にふけったり、抵抗しようとしたりする時、そして一部の人々が引き続き忠実に奉仕している時、わたしは裁きの時代の第二段階、すなわちわたしの民に対する清めと裁きを始める。つまり、わたしは正式にわたしの民の訓練を開始し、そうすることで、あなたがたはわたしに対する美しい証しとなるばかりか、わたしの民の席から、わたしのための戦いに見事勝利する。

わたしの民は常にサタンの狡猾な企みを警戒し、わたしの家の門をわたしのために守り、互いに支え合い、施し合わなくてはならない。そうすることで、あなたがたはサタンの罠に陥ることがなくなるだろう。その時は、もう後悔しても手遅れなのだから。なぜわたしはこれほど早急にあなたがたを訓練しているのか。なぜ霊の世界に関してあれこれ語るのか。なぜあなたがたに何度も思い出させ、熱心に忠告するのか。あなたがたはかつてこのことについて考えたことがあるだろうか。あなたがたは理解したことがあるだろうか。このように、あなたがたは過去の基盤に基づく熟練が必要なだけでなく、さらには今日のわたしの言葉に従って自分自身の中の不純物を追い出し、わたしの言葉の一語一語を根付かせ、あなたの霊において花咲かせ、さらに重要なことには、もっと多くの実を結ばせなくてはならない。わたしが求めるものは明るく、繁茂した花ではなく、豊富な果実――さらには、悪くならない果実だからである。わたしの言葉の本当の意味がわかるだろうか。温室の花は星の数ほどあり、旅行者たちを惹きつけるが、いったん萎れるとサタンの偽りの計画のようにぼろぼろになり、誰も興味を示さなくなる。しかし、風に打たれ、太陽に照らされ、わたしに証しを立てる人々にとって、これらの花は美しくはないが、花が萎れると実がなる。これがわたしの要求だからだ。わたしが語るこれらの言葉を、あなたがたはどのくらい理解しているだろうか。いったん花が萎れ、実を結び、その実った実のすべてがわたしの喜びとして供されたならば、その時わたしは地上におけるわたしの働きのすべてを終え、わたしの英知の結晶を楽しみ始めるだろう。

1992年2月22日

前へ: 第二章

次へ: 第四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

唯一無二の神自身 4

神の聖さ(1)前回の集会では神の権威について追加の話をしましたが、今は神の義については話しません。きょうは、神の聖さという全く新しい題目について話します。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この題目についてここで話す必要性が大いにあります。これから話す神の本質に…

道……(4)

人々が神の愛しさを見出し、現代において神を愛する道を探求できること、そして現在における神の国の訓練を喜んで受け入れていることは、いずれも神の恵みであり、それ以上に神が人間を高めているのである。このことを考えるたび、わたしは神の愛しさを強く感じる。神はわたしたちを心から愛している。…

働きと入ること(1)

人々が神への信仰の正しい道を歩み始めて以来、不明瞭なままになっている事柄が多くある。人々は神の働きについて、また自分たちがなすべき働きの多くについて、いまだ完全な混乱状態にある。それは、一方では人々の経験における逸脱と理解力の限界によるものであり、他方では、神の働きがまだ人間をそ…

第三十二章

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりは微塵もなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の観念に向けられているのではなく、人を遠ざけ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索