言葉は肉において現れる

目次

三番目の言葉

私の民と呼ばれるあなたたちにとって、物事はかつてと同じではない。あなたたちは私の霊の語りかけに耳を傾け、従い、私の働きに厳密に従うべきであり、私の霊と人の姿になった私を分けてはならない。私たちは本質的に一つであり、別々のものではないからである。霊と人の姿の神を分ける人は誰でも、どちらを大切にしたとしても、失ったものを惜しみ自分自身の苦い杯からしか飲むことはできないだろう――そして言うべきことはそれだけである。霊と人の姿の神を分けることのできない全体としてみることができる人々だけが私についての十分な知識を得ることになり、そうして初めて次第に彼らの心の中の命に変化が生じる。私の働きの次の段階が順調に妨害なく進むように、私は言葉の浄化を行い、私に従う人々を試すための作業方法を用いて私の家にいるすべての人々を試す。こういう状況では、当然、彼らすべてが望みを失うと言える。人間なので、自分を取り巻く空間がすべて変わってしまったかのように、すべての者が自分の状況に否定的となり消極的となってしまう。天と地を罵る人もいれば、失望してもまだ歯を食いしばって頑張り、私の言葉の試練を受け入れる人もいる。空を見上げて深くため息をつき、目に涙を浮かべ、まるで生まれたばかりの赤子を折悪しく死なせて取り乱しているかのような人もいる。なかにはこのように生きていくのは恥だと感じ、神にすぐ連れ去ってくれるよう祈る人もいる。ちょうど重病にかかっていて、まだ意識が戻らないかのように一日中ぼうっとしている人もいる。また、文句を言った後、静かに去る人もいる。自分たちの場所から動かず、まだ私を賛美しているが、それでも少し否定的な人もいる。今日、すべてが明らかにされた時、私は過去のことをこれ以上話す必要はない。もっと重要なのは、あなたたちが、今日私の与える場所から最大の忠誠をまだ示せることであり、そうすればあなたたちが行うすべては私の承認にかない、あなたたちの言うことすべては私の啓発と啓蒙の成果となり、最終的にあなたたちが実現するものは私の姿であり、完全に私の心の表現となるのである。

私の言葉はいつでも、どこでも公表され、表現されるので、あなたたちはいつでも私の前で自分自身を知るべきである。というのも、今日は結局以前来たものとは異なり、あなたはもはや望むことを何でも達成できるわけではないからである。それどころかあなたは私の言葉の指図の下に自分の体を制圧することができなければならないし、私の言葉を頼みの綱として使わなければならず、無鉄砲に行動してはならない。教会のための本当の実践へのすべての道は私の言葉の中に見つけることができる。私の言葉に従って行動しない人々は直接私の霊に不快感を与えるから、私は彼らを滅ぼすだろう。物事が今日に至っているのだから、あなたたちは過去の自分の行為や行動について悲嘆に暮れすぎたり、後悔しすぎたりする必要はない。私の度量は海や空のように果てしなく広いから――人の行動の範囲や私についての知識の範囲などを、私は自分の手の甲を知るほどに良く知っている。人はみな私の手の中にいるのだ。あなたは私があなたの能力がどのくらい大きいか知らないとでも思うのか。あなたは私がこのことを全く知らないと信じているのか。それはありえないことだ。したがって、すべての人々がもっとも絶望的な時、彼らがもはや待つことができず、新たなスタートを切りたい時、彼らが私にこれからどうなるか聞きたい時、一部の人が放蕩にふけったり、反乱を望んだりする時、一部の人がまだ忠実に奉仕活動を行っている時、私は審判の第二段階の時代を開始する。すなわち私の民の浄化と審判を行う。つまり、私は正式に私の民の訓練を開始し、あなたたちが私に美しい証しをするのを許すだけではなく、さらに重要なことには、私の民の席から私のための戦いで見事に勝利することを許す。

私の民は常にサタンのずるい計画に注意を払い、私のために私の家の門を守り、お互いを支え合い、養い合わなければならない。そうすれば、あなたたちがサタンの罠に陥ることはなくなり、もう遅いと後悔することはないだろう。なぜ私はそんなに急いであなたたちを訓練しているのだろう。なぜ私はあなたたちに霊の世界の事実を語るのだろう。なぜ私はあなたたちに何度も思い出させ、強要するのだろう。あなたたちはかつてこのことについて考えたことがあるだろうか。あなたたちは理解したことがあるだろうか。このように、あなたたちは過去の基盤に基づいて慣れることが必要なだけでなく、さらには今日の私の言葉に従って自分自身の中の不純物を追い出し、私の言葉の一語一語を根付かせることが必要だ。そのうえ、あなたたちの精神に花を咲かせ、さらに重要なことには、実を結ばせることも必要である。私が求めるものは明るく、繁茂した花ではなく、豊富な果実――しかも、腐らない果実である。私の言葉の本当の意味がわかるだろうか。温室の花は星の数ほど無数にあり、すべての旅行者を惹きつけるが、いったん萎れるとサタンの偽りの計画のようにぼろぼろになり、誰も興味を示さなくなる。しかし、風に激しく揺すぶられ、太陽に焼かれたことがあり、私に証しをする人々にとって、これらの花は美しくはないが、萎れた後には果実が実る。これこそ私が求めるものだ。私がこれらの言葉を話す時、あなたたちはどのくらい理解するだろうか。いったん花が萎れ、実を結んだら、いったんこの果物のすべてが私を喜ばせるために用意されたら、私は地上における私の働きのすべてを終え、私の英知の結晶を楽しみ始めるだろう。

1992年2月22日