第三十三章

わたしの国には、正直で、偽善的でなく、偽りのない人々が必要だ。誠実で正直な人々は、この世では好かれないのではないか。わたしはまったくその逆だ。正直な人たちがわたしのところに来るのは受け入れられる。わたしはそのような人を喜び、そのような人を必要としてもいる。それこそがわたしの義である。一部の人々は無知で、聖霊の働きを感じることができず、わたしの旨を把握することができない。彼らは自分の家族やその周囲が存在している環境をはっきり見ることができず、ものごとを盲目的に行い、恵みを得る多くの機会を失っている。幾度となく自分の行動を後悔するが、問題にぶつかるとやはりそれをはっきりと見ることができない。時には神に拠り頼んで、なんとか勝利を得ることができるが、後に同じような問題に遭遇すると古い病気が再発し、わたしの旨を把握することができないのだ。しかし、わたしはそうしたことに目を留めず、あなたがたの過ちを思い出さない。むしろ、あなたがたをこの淫らな地から救い、そのいのちを新たにさせたいと思っている。わたしはあなたがたを何度も赦してきた。しかし、今は最も重要な段階である。もはやあなたがたは混乱している場合ではなく、これ以上そのような行きつ戻りつのやり方で進むことはできない。あなたがたはいつになったら目的地に到達できるのか。最大限の努力をして、止まることなく決勝線に向かって走らねばならないのだ。この最も重大な時に、気を緩めることなく勇敢に前進すれば、豊かな祝宴が目の前にある。急いで礼服と義の衣をまとい、キリストの婚礼の席に着きなさい。家族の至福を永久に楽しみなさい。もはや以前のように落ち込んだり、悲しんだり、ため息をついたりすることはない。当時のものはすべて煙のように消え去り、キリストの復活したいのちだけが、あなたの中で力を持つことになる。あなたの中には浄化によって清められた神殿が存在し、あなたが得た復活のいのちは永遠にあなたの中に住み続けるだろう。

前へ: 第三十二章

次へ: 第三十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第十五章

人間はみな自己認識をもたない生き物であり、自分を知ることができずにいる。それにもかかわらず、掌を指すかのごとく他の全員のことを知っており、他人のすべての言動はまず彼らの目の前で「吟味」され、承認を得てからなされたかのようである。結果として、他の全員のことを心理状態まですべて知り尽…

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

真理を実践しない人への警告

兄弟姉妹のうち消極性をいつも発散している人は、サタンの僕であり、教会を乱す。そのような人は、いつか追放され、淘汰されなければならない。神への信仰において、人間に神を敬い畏れる心と神に従順な心がなければ、神のために働くことができないだけでなく、反対に神の働きを阻害し、神に反抗する者…

神の前で心を静めることについて

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。2.神の前で静まった心で…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索