第三十三章

わたしの国には、正直で、偽善的でなく、偽りのない人々が必要だ。誠実で正直な人々は、この世では好かれないのではないか。わたしはまったくその逆だ。正直な人たちがわたしのところに来るのは受け入れられる。わたしはそのような人を喜び、そのような人を必要としてもいる。それこそがわたしの義である。一部の人々は無知で、聖霊の働きを感じることができず、わたしの旨を把握することができない。彼らは自分の家族やその周囲が存在している環境をはっきり見ることができず、ものごとを盲目的に行い、恵みを得る多くの機会を失っている。幾度となく自分の行動を後悔するが、問題にぶつかるとやはりそれをはっきりと見ることができない。時には神に拠り頼んで、なんとか勝利を得ることができるが、後に同じような問題に遭遇すると古い病気が再発し、わたしの旨を把握することができないのだ。しかし、わたしはそうしたことに目を留めず、あなたがたの過ちを思い出さない。むしろ、あなたがたをこの淫らな地から救い、そのいのちを新たにさせたいと思っている。わたしはあなたがたを何度も赦してきた。しかし、今は最も重要な段階である。もはやあなたがたは混乱している場合ではなく、これ以上そのような行きつ戻りつのやり方で進むことはできない。あなたがたはいつになったら目的地に到達できるのか。最大限の努力をして、止まることなく決勝線に向かって走らねばならないのだ。この最も重大な時に、気を緩めることなく勇敢に前進すれば、豊かな祝宴が目の前にある。急いで礼服と義の衣をまとい、キリストの婚礼の席に着きなさい。家族の至福を永久に楽しみなさい。もはや以前のように落ち込んだり、悲しんだり、ため息をついたりすることはない。当時のものはすべて煙のように消え去り、キリストの復活したいのちだけが、あなたの中で力を持つことになる。あなたの中には浄化によって清められた神殿が存在し、あなたが得た復活のいのちは永遠にあなたの中に住み続けるだろう。

前へ: 第三十二章

次へ: 第三十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよい…

神の働き、神の性質、そして神自身 1

本日の交わりのテーマは重要なものです。このテーマは神の働きが始まってからずっと議論されてきたものであり、すべての人にとって極めて重要な意味を持ちます。言い換えれば、これは信仰の道を歩むすべての人が直面する問題であり、同時に皆が直面しなければならない問題なのです。これは人間である以…

第十七章

わたしの声は雷のように轟き、四方すべてと地上全体を照らす。そして雷鳴と稲光の中、人類は打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光が来るのを見て恐れて我を失い、どうしていいかわからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、…

真心で神に従う者は確かに神のものとされる

聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索